Shopifyの構築は難易度高め?難しいポイントや解決策を解説

Shopifyの構築は難易度高め?難しいポイントや解決策を解説

ECサイトを構築することができるプラットフォームは数多くリリースされていますが、もっとも利用者が多いプラットフォームはShopifyです。Shopifyを使えばECサイトを構築することだけでなく、様々なアプリを導入してECサイトを自分好みにカスタマイズすることができます。

そこで今回は、Shopifyの構築難易度や難しいポイントなどを解説します。

そもそもShopifyとは何か

Shopify

まずはShopifyについて解説をします。

Shopifyとは、カナダ・オタワに拠点を置いているeコマース企業が開発しているECサイト構築・運営プラットフォームです。現在、世界175ヶ国以上が利用しており100万以上のECサイトが構築されています。みなさんが目にするECサイトもShopifyで構築されているかもしれません。

ちなみに、Shopifyは、

  • カナダロイヤル銀行
  • トロント・ドミニオン銀行

などの時価総額を超えており、カナダで最大のeコマース企業となっていますので、これからもどんどんShopifyの利用者は増えていくことでしょう。

もともとShopifyが誕生する前まではECサイトの構築難易度は非常に高いものでした。

今のようにメールアドレスと電話番号だけで登録をしてパパッとECサイトができることはなく、サーバーの用意からパッケージの導入まで非常に手間暇がかかっていたのです。その状態からShopifyが誕生し、一気にユーザーが流れ込みました。

カナダの企業が開発していますが、多言語・多通貨に対応しており日本語も使えますので日本人でも気軽にShopifyでECサイトを構築することができます。

Shopifyの特徴

Shopify

Shopify以外でもBASEやSTORESなど、ECサイトを構築することができるプラットフォームはたくさんあります。BASEに関しては無料で利用することができますのでShopifyよりも重宝している方も多いのではないでしょうか。

しかし、ShopifyにはShopifyにしかない特徴がいくつかあります。

高品質なデザインが簡単に制作できる

まずは、高品質なデザインが簡単に制作できることです。

Shopifyには、公式が提供している「テーマ」というものがあり現在数十提供されています。
この「テーマ」はECサイトの大まかな部分を決めるパッケージのようなもので、「テーマ」を反映させることでECサイトを一気に仕上げることができます。

もちろん、1からプログラミングを書いてもいいのですが、Shopifyが提供している「テーマ」をインストールすることでその工程をすっ飛ばすことが可能。今まではプログラマーやITエンジニア、デザイナーなどを雇ってECサイトをゴリゴリ開発するということがメインでしたが、Shopifyはその必要がありません。

さらに、Shopifyには「アプリ」というサードパーティ開発者が提供しているプラグインのようなものがあります。それをインストールすればShopifyのデフォルトで不足しているような機能を簡単に実装することができます。

プロが作ったかのようなECサイトを仕上げるのに1時間もかかりません。

低コストでECサイトの運用が可能

多くのECサイト構築プラットフォームは初期費用を必要としますが、Shopifyは初期費用がかかりません。
Shopifyのプランとしては、

  • ベーシック:$29 / Month
  • スタンダード:$79 / Month
  • プレミアム:$299 / Month

の3つが用意されており、それぞれ初期費用がかかりません。

毎月毎月低コストでECサイトを運用することができますので、EC事業を安定的に軌道に乗せるチャンスがたくさんあります。資金力がない状態で初期費用がかかってしまうとどうしてもEC事業へ乗り出せないものですが、Shopifyはその悩みをうまく解決しています。

SNSとの連携が可能

ECサイトを大きくしていくためにはSNSの存在が欠かせません。今やGoogle検索から商品が売れていくよりもSNS流入で商品が売れていくことの方が多いため、SNSとの連携は非常に大切です。

Shopifyはその重要さに目をつけており、

  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • FaceBook

などとワンクリックで連携させることが可能になっています。

Shopifyへ商品を公開すればSNSで自動的に投稿してもらうようなアプリもありますので、それらを活用すれば効率的に集客ができます。販売チャネルをECサイトだけに止まらせることはなく、TwitterやInstagramなどに幅を利かせることができます。

越境ECにも対応している

ECサイトを運営する上で、日本人だけを相手にしていてはいけません。

コロナウイルスが収束しかかっている今、越境ECにも乗り出す企業が増えており、Shopifyもデータとして越境ECが増えていることを公開しています。そのため、越境ECはこれからチャレンジすべきものの1つであると言えるのです。

Shopifyはそういった越境ECにも対応しており、

  • 多言語
  • 多通貨

を活用することが可能になっています。

訪れてくれたユーザーの国籍に合わせて言語を自動的に変更したり、通貨を変更させたりすることができますので、さらなる売上UPが期待できるでしょう。それだけでなく、決済方法も多種多様に揃えてあるのでそのユーザーにあった決済方法を提供することができます。

今や海外の顧客から注文が入ることは珍しくありませんのでShopifyを使って越境ECを成功させましょう。

Shopifyを構築する際の3つの方法

Shopify

さて、Shopifyは他のECサイト構築プラットフォームよりも群を抜いて素晴らしいことが理解できたかと思います。
ただ、実際にShopifyを使ってECサイトを構築するとなるとどんな方法を使って構築をすればいいのかがわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、Shopifyを使ってECサイトを構築する際の3つの方法をご紹介します。

自分で構築する

一番手っ取り早く、そして一番自由度が高いのが自分で構築する方法です。Shopifyはあらかじめいくつかテンプレートを用意してくれていますので、凝ったECサイト以外であれば自分で構築することができます。

もちろん、初めのうちは難しいかもしれませんが徐々に慣れていきます。ただ、決済方法の多様化やユーザーの認識などの機能を設置しようとすると自分で構築することが難しい場合が多いです。

多くのケースはプログラミングスキルが必要になり、構築するために1~2ヶ月期間が余裕でかかってしまうこともあります。

テンプレートを活用してそれっぽいECサイトを構築したい方は、自分で1から構築する方法をおすすめします。費用もかかりませんし自分でカスタマイズしようとした際にスムーズにカスタマイズをすることができます。

フリーランスへ構築依頼をする

自分で構築が厳しい場合は、フリーランスへ構築依頼をしてしまう方法もあります。フリーランスの中にはShopifyの構築をメインとしている人もいますので、その人に依頼をしてECサイトを構築してもらいましょう。

会社に所属しているわけではありませんので比較的、柔軟に対応してくれることも多いですしスムーズなコミュニケーションをはかることができます。今ではクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを活用してフリーランスを見つけることができますので、さほど難しいことはありません。

また、フリーランスは低コストで済む場合も多いです。制作会社に依頼をしてしまうとShopifyの構築に絡んでくる人が多いため、人件費がかさばりその分制作依頼費用が高くなりがちです。

一方で、フリーランスの場合はShopifyでのECサイト構築を1~2人で進めてくれますのでそこまで費用がかかりません。あなたの案件を即座にこなしてくれることも多いため、低コスト・ハイスピードでECサイトが構築されていきます。

ただ、デメリットとして、万が一のことがあった時に大変であることが挙げられるでしょう。
例えば、フリーランスの方が病気や事故に遭ってしまった場合、途中まで構築していると厄介です。

フリーランスによって構築の方法はバラバラですし、プログラミングをしている場合はプログラミング言語が全くバラバラになっていることもあります。そのため、新しいフリーランスの方に「続きからお願いします」と言っても対応してくれない可能性が高いのです。

1人のフリーランスに依頼をする場合は、そういったリスクがあることを許容しなければなりません。

制作代行業者へ依頼をする

以上の2つのリスクやデメリットを完全排除したい場合は、制作代行業者さんへ依頼をしてください。

制作代行業者は、ShopifyでのECサイト構築を生業としていますので、プロのデザインでECサイトが仕上がります。クオリティに関してはダントツで素晴らしいと言えるものが完成することは間違いありません。

ただ、費用が大きくなってしまうことや制作納期が遅くなってしまうことがデメリットとして挙げられます。制作代行業者さんに依頼をする場合は、いくつかの業者さんに見積もりを取るようにしましょう。

1つの業者さんに依頼をしてしまうと、その業者が悪徳業者だった場合うまくECサイトが構築できなかったり思ったより予算をオーバーしてしまうことも考えられます。

コストが高くつきがちですがその分クオリティが高くなるメリットがありますので、デメリットをどこまで許容できるかが鍵になるでしょう。

Shopifyは構築難易度が高い?

Shopify

Shopifyを使ってECサイトを構築する場合、自分で構築したい!と思う方も多いのではないでしょうか。

自由度があり、自分好みのECサイトへ構築することができる利点は大きいですが、初心者の方がShopifyの構築を進めるのはほとんど不可能と言えます。そのため、Shopifyの構築難易度は非常に高いです。

Shopify構築で難しく感じる4つのポイントとその解決策

Shopifyの構築

実際に自分で1からShopifyの構築をしてみてください。

プログラミングに長けている人であればなんとなく理解をして、パパッとECサイトが完成してしまうかもしれません。ただ、初心者がShopifyの構築をするにあたり難しく感じるポイントが4つあります。

英語で書かれている

まずはこちらの画像をご覧ください。

Shopify

引用:https://tokyofreelance.jp/shopify-difficult/#outline__2

こちらはShopifyが提供している有料テーマの購入画面になります。

画面を見ていただくとわかりますが全て英語で書かれており、日本語は1つもありません。
Shopifyはカナダ初のプラットフォームになりますので、全ての表記が英語になっています。
そのため、英語に疎い方はShopifyの構築をスムーズに進めることができないことが多いです。

ちなみに、言語を英語から日本語に変えることはできます。
手順は以下の通り。

  1. Shopifyの管理画面を開く
  2. 「オンラインストア」→「テーマ」をクリック
  3. 「アクション」→「言語を編集」をクリック
  4. 「日本語」をクリックして「保存する」をクリック

これでShopifyの編集画面が全て日本語になりました。
英語で見にくい場合は、この方法を使って日本語へ切り替えてください。

プログラミングスキルが必要になる

Shopifyの構築の際に、フリーランスや制作代行業者へ依頼をする方法もあるとご紹介しました。
また、自分で構築する場合はShopifyが提供しているテンプレートを利用するのがベストであることもお伝えしました。

なぜこのようにお伝えしたかというと、Shopifyの構築にはプログラミングスキルが欠かせません。
Shopifyのテンプレートを利用しても、細かい設定を変更するためにはプログラミングスキルが必要です。

例えば、Shopifyのテーマ編集画面を見てみましょう。

Shopifyのテーマ編集画面

引用:https://tokyofreelance.jp/shopify-difficult/#outline__2

プログラミングを少しかじっている人であればこの画面を見て「なるほど」と理解できるところがあるかもしれません。ただ、プログラミングを一切していない方はこの画面を見てどこをどういじればテーマがどうなるのかを理解することはできないでしょう。

このようにShopifyでECサイトを自分好みに構築するためには、このようなプログラミングを自由にいじることができるくらいのスキルが必要になります。

決して、プログラミングができないからと言ってECサイトが構築できないわけではありません。
再三にわたってお話ししていますが、Shopifyにはテンプレートが用意されていますので、そちらを使えばECサイトをスムーズに構築できます。

カテゴリー分けがしにくい

普通のECサイトには商品のカテゴリーが存在しますが、Shopifyにはそのカテゴリーという概念がありません。そのため、カテゴリー分けをしたい場合は、Shopifyの管理画面から「メニュー項目」としてカテゴリーを登録してあげる必要があるのです。

カテゴリー分けをしたい場合は以下の手順で編集することができます。

  1. Shopifyの管理画面を開く
  2. 「オンラインストア」→「メインメニュー」をクリック
  3. 「メニュー項目を追加する」をクリック
  4. 「メニュー項目を●●に追加する」をクリック

これでECサイト上にカテゴリーが表示されるようになりました。
初めのうちは慣れないかもしれませんが、徐々に慣れていくようにしましょう。

画像追加が面倒

Shopifyで画像を追加しようとすると、まとめて追加をすることができませんので1枚ずつ追加するしかありません。

例えば、固定ページで画像を複数枚追加しようとすると「オンラインストア」→「ページを追加」をクリックして追加しなければなりません。この場合でも1枚ずつしか追加できませんので構築をする際には非常に厄介に感じます。

対策としては、

  1. Shopifyの「設定」を開く
  2. 「ファイル」をクリックし、画像を一括でアップする

ことで、Shopify内にある画像を複数枚使うことができるようになります。

PCから直接アップする場合に限り1枚ずつしかアップできませんが、一度Shopifyへアップしておくと複数枚アップすることができますので便利です。

Shopify利用者の声

Shopifyユーザー

Shopifyを利用しているユーザーからは、ほとんどポジティブな声しか聞こえません。

  • 初期費用がかからないのは助かる!
  • 月額費用が安い
  • 構築するためのテンプレートがあるのはありがたい

ただ、一方でまだまだShopifyに不満があるユーザーも一定数いました。

  • 月額費用が高すぎる
  • 構築難易度が高すぎる
  • Shopifyを使っても全然商品が売れない

確かにShopifyの構築難易度は高めになっていますが、プログラミングを少し学べばカスタマイズできる箇所は増えていきます。

あとは勉強次第でどうにかなる部分も多いので、Shopifyに不満を感じる前に自分のスキルをグレードアップさせる方向で考えましょう。

Shopifyの構築が難しいと感じたら

パソコン

さて、ここまでShopifyの構築について解説をしてきました。皆さんはShopifyの構築難易度についてどう感じましたでしょうか。

プログラミングを一切触ったことのない方からすると、Shopifyの構築は不可能に近いです。
HTMLやCSSのスキルはもちろんのこと、他にも勉強しなければならないプログラミング言語はたくさんあります。

正直、Shopifyの構築をするためだけに何ヶ月間もプログラミング言語を学習することはおすすめできません。ましてや、プログラミング言語の学習にも費用は膨大にかかります。

そこでおすすめしたいのがShopifyの構築代行です。
先ほど制作代行業者へ依頼をすると費用が高くなったりするとお伝えしましたが、ShopifyでのECサイト構築費用を安く抑える裏技があることをご存じでしょうか。

その方法こそ「補助金の活用」です。
ShopifyのECサイト構築に利用できる補助金は、

  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • ものづくり補助金
  • 小規模事業者持続化補助金

などがあり、これらを活用すればECサイトの構築費用を1/3以下まで下げることが可能です。

例えば300万円の制作費用だったものが補助金を活用すると100万円ほどまで下げることができるのです。

もちろん、補助金は国や自治体から出ているものですので怪しいものではありませんし、返済義務もありません。自由に使えるお金を手に入れつつ、ECサイトを構築することができるということになります。

まとめ:Shopifyの構築は難易度高め?難しいポイントや解決策を解説

Shopify

今回は、Shopifyの構築難易度について解説しました。Shopifyを利用しようか悩んでいる方は、まずShopifyの構築を自分でできるかどうかを考えてみましょう。

自分1人で構築できる場合はShopifyをささっと始めてしまった方がお得です。 ただ、構築できない場合は補助金などを活用してECサイトを構築してくれるフリーランスや制作会社に依頼をすることをおすすめします。


監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて5年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。