Shopifyの初心者向け!事前準備や登録手順をわかりやすく解説!

Shopifyの初心者向け!事前準備や登録手順をわかりやすく解説!

「社内でShopifyの運用を検討している」、「ECに詳しい人に相談したら、Shopifyを勧められた」など、Shopifyの導入を検討している方が年々増加傾向にあります。

そこで、この記事ではその登録手順やメリット、注意点など詳しくお伝えしますので、導入する際の参考にして下さい。

Shopifyとは

Shopify

Shopifyとは2004年にカナダで創業されたECプラットフォームのことです。2017年には日本法人を設立し、徐々に日本語対応している最中です。

2019年6月時点では、既に175カ国100万店舗以上で導入されており、世界の流通領域は10兆円を超え、ECサイト作成サービスでは世界No1のシェアを誇っています。

多種多様な決済方法、SNS連携、アプリストアの充実など、ECサイトを運営する上でマーケティングプランを立てやすく、法人でも個人でも、大変、運用のしやすいプラットフォームと言えます。

これからECサイトを立ち上げようと考えている方にとって、Shopifyは最有力候補の1つになるはずです。そこで、この記事ではその導入手順やメリット、注意点など詳しく解説していきますので参考にして下さい。

【初心者向け】Shopifyはこんな人におすすめ

Shopify

Amazonや楽天市場とは違って、独自の店舗を持てること。そしてSNSや有料広告など、マーケティングとの相性が良いShopifyですが、具体的にどういった人にお勧めなのでしょうか?

順番にお伝えします。

1.簡単にECサイトを構築したい

デザイン性の高いECサイトを構築しようと思ったら、通常、複雑なプログラミングを必要とします。

しかし、Shopifyはコードを書かなくてもデザイン性の高いテーマを選択できたり、機能を拡張させるアプリをインストールするだけで、高機能なECサイトを構築できます。

従来のECサイトと比較して、構築にかかる手間や労力が大幅に削減されていると言えます。「初心者でも高機能で、デザイン性の高いECストアを使いたい」と願っている人には打ってつけのツールです。

2.海外での販売を考えている

Shopifyは、多言語、多通貨に対応しています。そのため、海外向け商品も販売しやすい環境となっており、越境ECに向いています。

日本郵便の「海外配送サービス」など、初心者でも安心できるサービスが多くあり、Shopifyを利用することで、海外販売のハードルを大幅に下げることができます。自社の商品を世界中で販売したいと思っている人にとって、Shopifyは有力な選択肢の1つになります。

3.低コストでECサイトを運用したい

後ほど詳しくお伝えしますが、運用コスト面で考えても国内大手の楽天市場やアマゾンと比べて、かなり安価です。

ECショップに挑戦したいけれど、コストをかけたくないという人にとってShopifyは最適なプラットフォームと言えます。

4.売上額に応じてECサイトの機能を強化したい

Shopifyには、連携できるアプリが豊富にあり、必要に応じてECサイトの機能を拡大・強化していく事が出来ます。

例えば、分析ツールやSNSとの連携、有料広告を出すなど、Shopifyには売上を最大化するためのツールが揃っています。

最初は必要ないと思っていた数々の機能も、売上額が増えるに従い「あの機能を加えたい」ということも出てくると思います。そんなときに気軽に機能を拡張していけるのがShopifyの優れた点の1つです。

自社の販売規模が拡大するとともに、無理なくECサイトを育てていくことができます。

【初心者向け】Shopifyを始める前の事前準備

Shopifyの事前準備

早速、ShopifyでECサイトを構築しようと思っているかも知れませんが、先に事前準備をしておくと、よりスムーズにお店をオープンさせることが出来ます。

事前準備するべきものは大きく分けて4つあります。

1.商品データのCSV化

Shopifyで販売したい商品数が数個程度であれば、それほど問題ありませんが、数十個以上存在する場合、事前にCSVファイルで商品データを整理しておきます。

Shopifyには商品の一括登録機能が用意されています。CSVファイルがあれば、それを利用することで、素早く商品情報を格納することが出来ます。

2.ロゴの準備

自社のロゴがある場合は、その画像ファイルを準備しておきます。画像サイズとしては最大450×250ピクセルとなっています。このサイズを超えないように注意してください。

ロゴはお店の看板でもあります。ロゴの設定によってECサイトのイメージがガラリと変わってきますので、慎重に選定してください。

またもし、ロゴを持っていないという場合、Shopifyの無料ロゴメーカー「hatchful」を利用すれば、数クリックでおしゃれなロゴを新規作成することも可能です。

3.ドメイン

Shopifyでは「○○○.myShopify.com」というサブドメインを利用することができます。

ただ、お客様から見てサブドメインよりは、独自ドメインの方が記憶に残りやすく、ブランディングの観点からも適しています。

独自ドメインとは自分の希望する文字列だけでつくられたもので、例えばYahoo!であれば「www.yahoo.co.jp」になります。

このような独自ドメインをどのような表記にするか?事前に検討しておいてください。また、独自ドメインの設定方法は簡単で、Shopifyの管理画面内で完了させることができます。

4.サイトのテーマ

テーマというのは、サイトの外観テンプレートのことです。Shopifyでは様々なテンプレートが用意されていますので、お店のイメージに合ったものを選定します。

Shopifyには、14日間の無料使用期間があります。その期間中にも、様々なテーマを着せ替えることができますので、気に入ったものをいくつか試してみてください。

無料のテーマだけでも、豊富なテンプレートが用意されていますが、中には有料のものもありますので、予算と相談の上、決めて下さい。

【初心者向け】Shopifyのプランと失敗しない選び方

Shopifyのプラン

Shopifyには使用する機能に応じて「ベーシック」、「スタンダード」、「プレミアム」という主に3つのプランが用意されています。

 ベーシックスタンダードプレミアム
月額利用料25$/月69$/月299$/月

※料金は全て米ドル

※上記以外にも、2つの特別なプランがあります。1つは、シンプルな決済サイトを作りたい人向けの「スタータープラン」。こちらはカートを設置するのみとなっています。もう1つは、大規模事業者向けの「Shopify Plus」。

ECサイトを初めてつくるという場合は、一番安価なプランである「ベーシックプラン」をお勧めします。ECサイトとしての基本的な機能に絞られているため、操作で迷う事も少ないと思われるからです。

 また、ECサイト運営に複数人が関わる場合や、マーケティング思考でデータを積極的に活用し、販売を本格的に拡大していきたいということであれば、スタンダードプラン以上がお勧めです。

スタンダードプラン以上であれば、初めてのお客様や国別のお客様の情報など、今後の展開を考える上で様々な情報が入手できるため、販売活動を拡大させる上で、非常に使いやすい条件となっています。

ただし、Shopifyのプランは、ダウングレードも、アップグレードも後から変更可能です。そのため、実際に運用を開始してから、販売状況などに応じて変更しても問題ありません。

では、詳しく各プランの違いを紹介しておきます。プランによって大きく異なるのは次の5項目です。

1.スタッフアカウント数

Shopify管理画面やShopifyPOSへのアクセス権があるメンバー数がプランによって異なります。

「ベーシック」は2人、「スタンダード」は5人、「プレミアム」は15人となっています。ちなみに、大企業向けの「Shopify Plus」プランは無制限となっています。

このように、お店の規模に応じて、プランの選定をする必要があります。

2.決済手数料

クレジットカード決済時の手数料がプランによって異なります。

日本のオンラインクレジットカード手数料の場合であれば「ベーシック」だと3.4%。「スタンダード」なら3.3%、「プレミアム」なら3.25%が適用されます。

0.1%の差など大したことないと感じるかも知れませんが、販売量が増えてくると、それなりの金額差になるので注意してください。

3.レポート内容

Shopifyでは、集客レポート、在庫レポート、売上レポートなど多種多様なレポートを表示させることができます。

そして、プランによって、作成できるレポートに差が出ます。プレミアムプラン以上で、全てのレポートを表示させることが出来ます。

レポートは今後、ECサイトのマーケティングに影響を及ぼしますので、極力、知る事ができる情報は知っておきたいところです。

配送料の表示

決済時に、お客様に計算済みの配送料を表示することができる機能です。こちらの機能はプレミアムプラン以上で使用できるようになっています。

販売している商品サイズが大きい場合や重量が重い場合など、配送料の負担がそれなりにかかるのなら、この機能の有無はコンバージョンに影響します。慎重に検討してみてください。

【初心者向け】Shopifyの登録手順

Shopifyの登録手順

ここでは、Shopifyの登録手順についてお伝えします。大まかな流れとしては下記の通りです。

  1. 無料トライアルの手続き
  2. 初期設定

では、1から順に詳しくお伝えします。

1.無料トライアルに参加

まずは、Shopifyにアクセスして14日間の無料お試しを利用するのがお勧めです。この14日間は、どのプランを試しても料金が発生しません。

この期間に、設定を終わらせて、一通りの操作に慣れておくと良いでしょう。では、無料トライアルへの参加方法についてお伝えします。

Step1.Shopifyにアクセスする

まずは下記のURLにアクセスします。

Shopifyでネットショップを始める

Shopifyを始めよう

メールアドレス入力後、緑の「ショップを開設する」ボタンを押します。

Step2.アカウントの作成

「ショップを開設する」ボタンを押すと「それでは始めましょう。どこで販売を希望しますか?」という画面が表示されます。

「オンラインストア」などを選択して「次へ」ボタンを押します。

Shopifyの解説

次の画面では「あなたの最も当てはまる説明はどれですか?」と言う画面が表示されます。「これから始めます」などを選択して「次へ」ボタンを押します。

Shopifyの開設方法

次の画面では「ストア名を教えてください」という画面が表示されますので、ショップ名を記載します。

Shopifyの開設方法

またストア名を入力すると「ストアのURL」欄が表示されます。ここに希望するサブドメインのアドレスを入力します。

その後、「事業の所在地はどこですか?」という画面になりますので、日本で事業を行う場合は「日本」を選択します。

最後に「Shopify」アカウントを作成するという画面になります。ここでは既に登録したメールアドレスで今後もログインする場合は「メールアドレスで続行する」を選択します。

また、AppleアカウントやFacebookアカウントでログインする場合は、それぞれ該当のものを選択します。

Shopifyのアカウント作成

「メールアドレス」を選択すると、最後のステップとして「メールアドレス」と「パスワード」を入力するようになります。

パスワードなどを設定すれば、「Shopifyアカウントを作成する」というボタンが緑色になりアクティブな状態になりますので、このボタンを押します。

すると「ストアを構築中」という画面が数十秒表示され、それが完了すると無料トライアルの登録が完了します。
また、登録したメールアドレスには確認メールが届きますので、こちらで設定したURLなどがご確認頂けます。

2.初期設定

Shopifyの開設は完了しましたので、次に初期設定を行います。初期設定として行うべき事は次の5項目です。

  1. テーマをカスタマイズする
  2. 商品を追加する
  3. ドメインを追加する
  4. 決済方法を設定する
  5. 共有するデータの詳細を追加する

順番に解説します。

Step1.テーマ設定

Shopifyには無料で利用することのできるデザインが豊富にあります。早速テンプレートを選択し、ECサイトの外観を決めたいと思いますので「テーマをカスタマイズ」という緑のボタンを押してください。

Shopifyのテーマ設定

すると人気のある「無料テーマ」がお勧めされていますので、気に入ったテンプレートがあれば「追加」ボタンを押して「テーマライブラリー」に格納しておきます。

また、現在ショップがどのように表示されているのか確認する場合は右上の「ストアを確認する」というボタンを押します。すると、実際に表示される形でショップを直にみて頂く事が出来ます。

Step2.商品を追加する

次に行うことは、販売する商品の登録です。

管理画面左側のメニュー一覧から「ホーム」を選択します。すると、先ほどの「テーマをカスタマイズ」が完了し、次に「商品を追加する」という項目が表示されています。緑色の「商品を追加する」ボタンを押してください。

Shopifyのテーマをカスタマイズ

「商品を追加する」ボタンを押すと、画面が移動し「商品を追加する」というページが表示されます。ここで販売したい商品情報を入力していきます。

入力する情報としては「タイトル(商品名)」、「商品の説明」、画像などの「メディア」、「価格」、「在庫数」などです。

Shopify 商品を追加

商品情報の登録が終わったら、画面右下の「保存する」ボタンを押すのを忘れないようにして下さい。

Step3.ドメインを追加する

商品を一通り登録したら、Step2と同じ要領で「ホーム」に移動します。すると、設定ガイドが「3.ドメインを追加する」に移動していることが分かります。

ここで、独自ドメインを設定する場合、緑色の「ドメインを追加する」というボタンを押し、「新しいドメインを購入する」という画面で決済を行います。

独自ドメインを設定しない場合や、まだ検討中の場合は、この項目はスキップして問題ありません。独自ドメインは後からでも設定することができるからです。

Step4.決済方法を設定する

次に決済方法を選択します。

Step3と同様に「ホーム」ボタンを押します。そして、「4.決済方法を選択する」ボタンを押すと「ShopifyPaymentを設定する」という緑色のボタンが表示されます。

Shopify 決済方法

このボタンを押すと「ShopifyPayment」の画面に移動しますので、こちらで決済方法を設定します。

Shopifyペイメントを設定する場合は、「Shopifyペイメントを有効にする」というボタンを押します。これでクレジット決済を導入することができます。

Shopifyペイメント

決済方法は、Shopifyペイメント以外も使用できます。例えば、PayPalを利用したい場合などは、同じ画面で設定することが可能です。

Step5.共有するデータの詳細を追加する

最後に共有するデータの詳細を追加します。

こちらは、SNSとの連携機能の1つです。SNSでストアへのリンクを貼った場合、表示される画像の設定などができます。その他、ホームページのタイトルやメタディスクリプションなども記述できるようになっています。

ホームページタイトルやメタディスクリプションは検索エンジンで表示される際に重要になってきますので、慎重に記入して下さい。

Shopify設定

【初心者向け】Shopify公開後するべきこと

Shopify

ShopifyでECサイトを構築しても、アクセスがなければ商品を販売できません。そこで、公開後、自社のショップにアクセスを集めるための施策が必要です。

いくらアクセスが増えても、実際に購入してくれる確率が低ければ、なかなか売上に結びつきません。
そこで、Shopifyの拡張機能として様々なアプリが用意されていますので、ここで紹介しておきます。自社のマーケティングプランに合わせて導入を検討してみてください。

ちなみに、アプリの追加は管理画面のメニューから「アプリの追加」ボタンを押してください。そうすると「お勧めのアプリ」の画面が表示されます。

お勧め以外のアプリを検索する場合は「Shopify アプリストアでアプリをさらに探す」ボタンを押すことで、アプリストアに移動することが出来ます。

1.Facebook広告

Facebook広告は、自社サイトにアクセスを集める上で、効果的な方法の1つです。

また、Facebook広告では、Instagram広告の設定も行なえます。そのため、Instagramで広告をしたいと考えている場合も、Facebook広告の設定をすることになります。

Shopifyでは「Facebook Channel」というアプリがありますので、こちらでFacebook広告との連携を行います。

Facebook Channel

Shopify アプリストアで「Facebook Channel」を検索し、「緑色の「アプリの追加する」というボタンを押すだけでインストール完了です。

ただ、アプリは連携のために入れるだけであって、実際の広告運用は、Facebookのビジネスマネージャーから行うことになりますので注意してください。

2.Google広告

Google広告」は、検索エンジンやGoogle提携のWebサイトで広告が表示されることになり、Facebook広告とともに人気の高いものとなっています。

Shopifyでは「Google チャネル」というアプリを導入することで、Google広告との連携が可能です。

Google広告

アプリの追加方法は、FacebookChannelと同様で、アプリストアで検索後「アプリを追加する」という緑のボタンを押します。また、実際の操作もFacebookChannelと同様、Google広告の管理画面上で行うことになります。

3.アフィリエイト

アフィリエイトというのは、成果報酬型の広告のことで、ブログやサイト運営者に自社の商品を紹介してもらうものです。

例えば、ブログ運営者があなたの商品を紹介し、そこから商品が売れれば、広告料をブログ運営者に支払うというものです。商品が売れてから広告料を支払うという仕組みのため、通常の有料広告よりも、リスクが低いと言えます。

こちらもアプリを利用することで、簡単に導入することが出来ます。Shopifyのアプリストアで「Affiliatly Affiliate Marketing」と検索すれば表示されますので、こちらを導入します。

アフィリエイト

こちらのアプリを使用すると、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)のような機能を使う事が出来ます。

4.SNSの活用

Facebook、Instagram、Twitterなど、様々なSNSからもアクセスを集めることが出来ます。

各SNSに記事や画像、動画などを投稿することによって、自社商品の認知拡大につながったり、実際にECサイトに訪問してくれたりします。

Shopifyでは「Facebook&Instagram AutoPost」というアプリを利用することで、FacebookとInstagramに自動投稿できるようになり、運用負担の軽減につながります。

Facebook&Instagram AutoPost

5.ページの読み込みスピード

折角、見込み客があなたのECサイトにアクセスしようと思っても、ページの表示速度が遅ければ、それだけ離脱されることになります。

そこで、Shopifyではページの表示速度を上げるためのアプリ「Page Speed booster」を利用します。こちらのアプリは特別な設定は不要で、ただ、インストールするだけで完了します。

Page Speed booster

6.画像自動圧縮

ECサイトで表示される画像サイズが重いと、やはり表示スピードが遅くなってしまいます。そこで、Shopifyでは「Image Optimizer & SEO Audit」というアプリを追加します。

Image Optimizer & SEO Audit

こちらのアプリを追加することによって、画像等の重いファイルを自動で圧縮してくれます。このアプリも追加するだけで完了しますので、その他の作業は必要ありません。

7.カート落ち対策

ECサイトでは商品をカートに入れても、そのまま購入せず、サイトを出てしまうユーザーが一定数存在します。そういった方に、後々メールなどでフォローアップしていくことで、購入に結びつけることができます。

そのためのアプリとしてShopifyでは「Abandoned Cart Recovery」があります。こちらはメールやSMS等で、複数回にわたりフォローアップ出来るようになっています。

Abandoned Cart Recovery

まとめ:Shopifyの初心者向け!事前準備や登録手順をわかりやすく解説!

Shopifyは、これからECサイトを構築し、自社商品を販売したいという人にとって導入しやすい工夫が随所に散りばめられています。

また、ECサイトの発展にともない、必要なアプリなどを導入し、機能を拡張していくこともできますので、導入から大規模展開まで、安心して活用していただけます。

14日間の無料トライアルから始めることができますので、早速、今回の記事を参考に導入を検討してみてはどうでしょうか?最後までお読みいただきありがとうございました。

よくある質問
Q.

Shopifyとは何ですか?

A.

Shopifyとは2004年にカナダで創業されたECプラットフォームのことです。2017年には日本法人を設立し、徐々に日本語対応している最中です。

Q.

Shopifyはどんな人におすすめですか?

A.

Shopifyは以下のいずれかに当てはまる方におすすめです。
・簡単にECサイトを構築したい方
・海外での販売を考えている方
・低コストでECサイトを運用したい方
・売上額に応じてECサイトの機能を強化したい方

Q.

Shopifyを構築する前に事前準備は必要ですか?

A.

Shopifyを構築する前に以下の事前準備を行いましょう。
・商品データのCSV化
・ロゴの準備
・ドメイン
・サイトのテーマ


監修者
黒岩俊児
黒岩俊児

shopify 制作チーム責任者・テクニカルディレクター 株式会社セルフプラスCEO

Shopifyサイト制作のスペシャリスト。本業であるサイト制作に加え、公認のShopify expertとして数々のShopifyサイトを手掛けている。2021年7月よりShopifyに関する様々な一次情報を得るため、自らShopify本社のあるカナダへ移住。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて5年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。