2021.7.30

2021.8.19

【越境ECプラットフォーム】越境ECサイト構築する際のECプラットフォームを比較

【越境ECプラットフォーム】越境ECサイト構築する際のECプラットフォームを比較

越境のECで事業の拡大を考える時に重要なのが、それぞれのECにおけるプラットフォームを比べる事が挙げられます。

比較する時には、色々な視点でプラットフォームの良い点や悪い点を考える必要があります。越境のプラットフォームでは、ある程度信頼性のあるサイトを選択する方法もあるでしょう。この記事では、越境のECサイトを利用する時のプラットフォームの比較を様々なポイントと共に紹介します。

越境ECサイト構築に適したグローバルECプラットフォームの比較

グローバルなECプラットフォームを比べる時に大切なのが、知名度だけでなくそれぞれのフォームの強みやサポート体制を理解する事です。

どんなに知名度の高いフォームを選択しても自社に合わないケースでは意味が無いでしょう。逆に知名度がそれほど高くなくても、フォームとのマッチングが良い場合は後悔のない選択となります。

どのフォームにするかの判断には、一定期間複数のフォームについてリサーチしてどの様なサービスを展開しているフォームか把握する必要もあります。

それぞれのプラットフォームの強みを把握する

個々のプラットフォームの強みを理解する事は、ECサイトを比べる時に基本的なポイントです。

一番気になる事の1つとして、フォームを利用する際のコストがありますが、サイトによって費用は様々なので、複数のサイトの費用をしっかりと把握する事が大事です。

キャンペーン等を実施しているサイトは、その時点において利用価値の高いサイトであるケースがあり、上手にキャンペーンを使うことも大切です。いくつかのサイトを比べてみると、それぞれのサイトの強みが見えてくるので、その上でどのサイトにするか判断すると良いです。

ECサイトは知名度だけでなく何が出来るかがポイント

ECサイトの選択では、知名度を優先したいと考える方もいますが、実際にそのサイトで何が出来るかも大切です。知名度が高くでも自分でイメージしているサイトでない場合もあり、結果的に売上につながらなければ後悔する可能性もあります。

ECサイトを比べる時は、商品を売る為の販売方法等のマーケティングをどうするか事前に考える必要があります。その後にどの様なフォームが必要なのか考えて、実際にフォームを選ぶ流れになります。

後悔の無いプラットフォームの選び方

どのサイトを利用するか慎重に判断しない場合は、後悔する可能性があります。良いプラットフォームの選び方は、最終的に自社の売上を良い状態に上げる事が出来る点がポイントです。使いやすいプラットフォームであっても売上が上がらないサイトは、後悔するでしょう。

フォームと自社で扱っている商品との相性にも注意が必要で、自社と同じ様な商品が良く売れているフォームの選択も1つの基準にすると良いです。売上だけを考慮すると使いにくさ等他の問題が発生する場合もあるので、トータルでどのフォームにするか決めるのも大事です。

サポート体制もプラットフォームを選ぶ際に大切

サポート体制はどのフォームも同じだと考えていると、後で問題になるケースがあります。フォームによってサポート体制は異なり、多くの時間帯でサポートを柔軟にしてくれるフォームがあるのに対して、十分なサポートを受けられないフォームあります。

事前にどの程度のサポートをしてくれるのか具体的に問い合わせてみるのも良いです。フォームの中には、サポート体制を売りにしている所もあるので、複数のフォームのサポートを比べてみると自分に合ったフォームを見つける事が可能です。

コストを抑えてプラットフォームの利用開始をするメリット

プラットフォームの利用にはコストが掛かりますが、少しでもコストを抑えて使う事が出来るメリットは大きいです。最初のコストを抑えて様々なマーケティングをフォーム上で実施出来れば、その結果を見てより良い販売方法を考える事が可能です。いくつかのフォームを比較検討する時に、キャンペーン等で安く利用出来る期間を把握しておけば、より効率的にフォームを決める事が出来るでしょう。

特に初めてフォームの利用を考えている企業では、最初のコストを抑える事はビジネスを展開する時に効果的です。

Shopify

Shopifyは、カナダのオタワにあるECサイトです。設立は2004年で、小売業者等にECプラットフォームを提供して、マーケティングや支払い、お客との関係を構築する様々なツールを準備しています。14間無料で試す事が出来るので、実際に利用を決める前の段階で様子を見るのが可能です。

サポートとしてお店の設定やデザインを頼む事が出来ます。初めてECサイトを利用する方でもスムーズに使える様に工夫されているのがShopifyです。

引用元:“Shopifyでネットショップを始めよう”

Shopifyのメリット

Shopifyのメリットは、様々なデザインのショップを出店出来る点です。消費者に自社の商品を売る時に重要なのがサイトのデザインですが、Shopifyではサイトの品質の高いサイトを構築可能です。

他のメリットは、無料でECサイトを作り運営に関するツールやサービスを体験出来る事も挙げられます。継続して利用するか迷っている方にとってお試し期間があり様々なサービスを受けられるのは大きな利点と言えます。

サポート体制

サポート体制はECサイトを決める時に非常に大切ですが、ShopifyはECでの販売が未経験でもプロにショップの設定を依頼出来るだけでなく、デザインも作ってもらえます。

ECの経験が無いケースでは、デザインをどうすれば良いか不明な点が多く、Shopifyの様にデザインを依頼出来るサイトは頼もしいです。他のサポートとして、今利用しているECサイトからShopifyに移行する作業もサポートしてくれます。移行する時には、かなりの仕事量が必要で時間も掛かりますが、Shopifyのサポートがあればスムーズに移れるでしょう。

必要な費用

Shopifyで要る費用はプランによって異なります。ベーシックでは月29米ドル、スタンダードは79米ドル、プレミムでは299米ドルとなっていますベーシックはECを始めたばかりの方で店舗での販売もする方に向いています。

スタンダードは、成長している最中におけるサイトと実店舗の両方で販売する方向けで、プレミアムは拡大中で細かなレポートの機能を必要とする方に向いています。それぞれのプランの内容は、サポート、レポート、スタッフアカウント数等が決まっているので、チェックした後に選択すると良いです。

利用方法

利用方法の具体的な手順については、Shopifyの公式サイトに掲載されていて概要を理解する事が出来ます。手続きは初めにブランドの構築を行い、次にプレゼンスを高くして最後にストアを作成します。ブランドの構築では、ロゴマークを作るので他の企業との差別化を図る事が出来ます。

プレゼンスを高めるステップでは、カスタムのURLを取得して消費者が簡単にストアサイトを見つけられる様にします。他にプレゼンスを高める為にフリー画像を使ってサイトをアレンジします。最後のストアの構築では、様々な商品のあるoberloを利用して販売する商品を探します。ストアを作る時には、無料や有料のテーマから選ぶ事でショップをクオリティーの高いものにします。

訪問者数等の分析ツール

他のECサイトでもありますが、Shopifyが提供するサイトへの訪問者の分析ツールは、とても親切に構成されていて利用価値が高いです。日ごとの訪問者数がグラフで表示されるので把握しやすいでしょう。

越境のECでは重要になるロケーションごとの訪問者も別々に表示されるので、どの国でどれ位の訪問者がいるかすぐに確認出来て良いです。

国別に訪問者をチェックすれば、どの国の方が興味を持ってサイトを見ているか分かります。毎日訪問者を分析して、どの様にマーケティングを進めていくか決められるShopifyは頼りになります。

Magento

他のECサイトとしてMagentoがありますが、特徴は簡単な操作でイメージしている販売サイトを構築出来る点です。利点としてオンラインで販売する時に一括で管理で出来るシステムの提供があり、プラットフォームとして世界でトップクラスと言えます。

Magentoのサイトにおける年間取引額は1000憶米ドルを超える規模となっていて、多くの方に選ばれています。Magentaがターゲットとしているのは、B2BとB2Cの両方なので企業と個人、企業と企業を結ぶプラットフォームで利便性が高いです。

引用元:Magento Commerce

Magentoのメリット

Magentoのメリットは、B2Bコマースにおいて拡張性の高いプラットフォームを提供して売上を向上させることが可能です。柔軟にサイトをデザイン出来て消費者にアプローチするMagentoは利用価値が高いと言えます。

Magentoは、サポートとドキュメントを読む事ですばやくECを開始する事が出来ます。他の利点として、コンサルティングなどのソリューションパートナー、目標達成を助けてくれるテクノロジーマートナー、Magentoの認定開発者のコミュニティインサイダを利用する事でビジネスを支援してもらえます。

サポート体制

Magentoのサポート体制を見てみると、様々な分野におけるパートナーを選択する事が出来ます。ソリューションパートナーを必要としている方は、Magentoのホームぺージでパートナーを検索出来ます。パートナーについての情報は、何を得意としているかも含めてすぐにチェックが可能なのでスピーディーにECサイトを構築出来るでしょう。

パートナーについての場所、サービス内容、問い合わせ先等も分かりやすく記載されているので、どのパートナーにするか選択する時の貴重な情報となります。

必要な費用

Magentoのオープンソースは、無料でダウンロード出来ます。有償版もありダウンロード可能ですが、費用はドメイン数やアクセス数等によって決まるシステムになっています。

無料版と有償版の違いは、機能と性能に関して異なります。画面を構成する機能やサイトを運営する機能、在庫や配送管理、細かなレポート等は有償版だけが利用できるシステムになっているので事前に把握しておいた方が良いです。

利用方法

Magentoの利用には、初めに導入の相談をホームぺージから送信します。入力フォーマットには、国、都道府県、会社名、名前、関心のある分野等を入れて送信します。

基本的に入力する情報は、解決したい課題や実現したい事を記載する様になっています。

利用を始めるのに不明な点は電話で問い合わせ出来ますが、アメリカにつながるので英語での対応が必要となります。その他に無料でデモを使用したい方もホームぺージからリクエストする事が可能なので便利でしょう。

訪問者数等の分析ツール

訪問者の分析には、インストールして使用する必要があります。こちらの分析ツールは、幅広いエリアで利用できる訪問者の分析システムです。

実績として190の国でインストールされて訪問者の分析で使われています。分析ツールのインストールをする前に画像付きでインストールの方法が確認出来るのでホームぺージをチェックしてみると良いです。基本的なインストールの方法は、箇条書きでまとめられているので分かりやすいです。

不明な点があれば、インストール方法が記載されている下部に問合せボタンがあるので、そちらからフォームで質問する様になっています。

Bigcommerce

Bigcommerceは2009年に設立されたECサイトの企業です。本社はアメリカのテキサス州にありNASDAQに上場しています。

特徴としては、デザインにこだわっているECサイトになるので、デザインを重視する方には向いているでしょう。簡単に操作が可能なサイトなので安心して利用出来ます。

柔軟性のあるサイトなので様々な事を可能としてECでの利用価値が高いです。

引用元:Bigcommerce

Bigcommerceのメリット

Bigcommerceのメリットは、よりオリジナルのサイトを構築出来る点です。少しでもECで他の販売者と差を付けたいと考える時に、オリジナリティーのあるサイトを作りたいとイメージする方が多いでしょう。オリジナルのサイトを構築出来るだけでなく、デフォルトの機能もしっかりとしているのでおすすめです。

機能の1つとしてキーワード検索時の表示に関係するSEO機能も魅力があります。少しでも上位表示出来ればその分だけ自社の商品を購入してくれる可能性が高くなります。

サポート体制

気になるBigcommerceのサポート体制は、ライブチャットと電話で対応してくれます。電話でしか聞けない事とライブチャットで聞きたい事とがあるので、2つの方法でサポートを受けられるのは良い点です。

ライブチェットなので気になる時にすぐに質問出来て便利です。チャットで聞ける事として、SEOに関する事と販売する際に重要となるマーケティングについて質問可能なので頼もしいサービスです。

マーケティングについては、他の方の意見を聞いた方が早く問題が解決する事もあるのでサポートも大切です。

必要な費用

Bigcommerceで必要な費用は、一番少ないスタンダードプランでは月に29.95ドルです。

次にプラスのプランでは79.95ドルになり、一番高いのがプロのプランで299.95ドルとなっています。スタンダードプランでは、自分の綺麗なサイトを利用してオンラインで販売が可能なプランです。

プラスはマーケティングツールを利用して更にビジネスを成長させる事が出来ます。プロのプランは、更にビジネスを進展させることを狙いとしています。

利用方法

Bigcommerceを利用する場合、初めにトライアルを無料で開始するのが良いです。進め方は、フリートライアルのフォームに必要な情報を入力する事で登録が完了します。

登録後は、サブのドメインで簡単にサイトを作れます。操作を覚える為でもあるツアーが始まるので利用者に視点になって作られたシステムです。

ツアーで基本的な事を押さえて、管理画面の内容を把握する事もポイントです。必要だと感じた機能はアプリとして外部のシステムと連携する事で使える様になります。

訪問者数等の分析ツール

マーケティングで重要となる訪問者の分析は、Bigcommerceを利用すれば新規の訪問者とリピーターの数を把握出来ます。

一定期間これらの情報を見て分析すれば消費者の動向を見る事が可能です。必要に応じてECサイトの改善をしていく事も考えると、訪問者の動きは大切です。訪問者の変動は、グラフで確認出来るので把握しやすく工夫されています。

まとめ:【越境ECプラットフォーム】越境ECサイト構築する際のECプラットフォームを比較

越境のECサイトを紹介してきましたが、日本語対応となっているShopifyはECに慣れていない方にも向いています。Shopifyは14日間で無料で利用出来るので、実際に使ってみて判断したい方には丁度良いです。

簡単な操作でサイトを作れるMagentoは、色々の工夫をサイトに盛り込みたい方にマッチします。Bigcommerceを利用する利点は、デザインにこだわって越境のECサイトを運営出来る点です。それぞれのプラットフォームの特徴を押さえて、自分がどの様なサイトを構築して越境のECを展開したいか具板的にイメージする事が、越境ECで成功に近づくためのポイントです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティングの方法について分かりやすく解説していて、ネットショップの運用の後のサポート等も行います。少しでも気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
木村太一
木村太一

木村太一 越境(海外)マーケティング・動画クリエイター

2021年6月より越境マーケティングをさらに強化するため、アメリカ ロサンゼルスにて駐在。以前はフィリピンに約3年滞在し、留学・現地学校での勤務・現地就職を経験。海外歴は計5年程。主にコンテンツ作成やマーケティングを担当し、現在は登録者30万人のYoutuberのマネージメントも手掛ける。内閣府認証 留学協会認定カウンセラーとしても活動中。留学協会・大阪支部長代理。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。