2020.12.24

2021.8.23

越境ECとは?仕組みやメリット、市場規模に加えて始め方の手順を解説

越境ECとは?仕組みやメリット、市場規模に加えて始め方の手順を解説

新型コロナウイルスの影響を受けたこともあり、「巣ごもり消費」という買い物スタイルが広がり、越境EC市場は中国や米国や筆頭に急速に拡大し続けています。

日本国内のみの販売に留まらず世界のEC市場に目を向けるてみると、大きな利益が生み出せるかもしれません。しかし越境ECを始めるには国境を越えてビジネスをするため、様々な対応が求められます。

今回は越境ECについての仕組みやメリット、越境ECの仕組みやメリット、市場規模に加えて始め方の手順を解説していきます。

越境ECとは?

越境ECとは、「インターネットのサイト上で自国の商品を海外に向けて販売する」ことをいいます。いわゆる、日本製品を輸出するためのECサイトのことです。

日本で越境ECを展開する場合は、ターゲットが日本人ではなく中国・アメリカ・ヨーロッパなど外国の人が対象になります。

なぜ越境ECが伸びているのか?

越境ECが伸びている大きな理由は、以下の2点が挙げられます。

  • スマートフォンなどの普及
  • 訪日外人客(特に中国人)の増加

スマートフォンやPCなどのインターネット端末が世界的に普及したことにより、誰でも手軽にECサイトを閲覧できるようになったことが、越境ECが伸びている理由のひとつです。

また、越境ECが伸びているきっかけは訪日中国人客による爆買い現象でした。「この日本の商品がすごく気に入ったから、またリピートしたい!」と日本製のファンになる人が増えていきました。帰国後も日本製品を購入したいという人が増えていることから、越境ECが急速に伸びています。

また、今後さらにインターネット端末の普及・物流システム・決済システムなどのインフラ整備が進めば、途上国であっても越境ECの市場がますます伸びていく可能性は非常に大きいといえます。

越境EC市場に関する情報(国別)

越境ECの市場規模は、中国やアメリカ・ヨーロッパを中心に世界中で拡大傾向が続いています。経済産業省の報告によると越境EC市場規模は、2020年に109兆円規模の巨大な市場になるとの予測がされており、2027年にはなんと、約513兆円にまで拡大するとも予測されています。

引用:経済産業省

ただし、越境ECの売り上げ額は為替の変動や法規制に大きく影響を受けます。

越境EC市場の中でも特に伸び代が期待できる、「中国・アメリカ・イギリス」についての情報を押さえておきましょう。

中国の越境EC市場

中国の越境ECの市場規模は、世界第一位です。経済産業省の報告書によると、特に中国における越境ECの市場規模は急速に伸びており、2022年には約5兆円の市場へ拡大していく見込みです。

引用:報告書 – 経済産業省

その中でも特に有名な中国のショッピングモールサイトは、天猫(Tmall)と京東(JD.com)です。こちらは、超巨大な越境ECプラットフォームです。

天猫(Tmall)での日本商品カテゴリ1位は美容関連です。天猫での日本製は美容関連に圧倒的な強さがあります。また、「マタニティ/ベビー」のカテゴリも同じようによく売れています。

一方で、京東(JD.com)の日本商品カテゴリ1位は「デジタル製品/家電」です。このことから、天猫と京東の属性の違いを理解して、自社製品と相性のいいプラットフォームを選ぶことが必要となります。

現時点での中国のEC利用は都市部に集中しており、今後農村部にもEC利用が拡大していくと考えられています。そのため、中国の今後の越境EC市場は、米国よりも拡大規模が大きいためますます拡大していくことが期待できます。

米国の越境EC市場

米国EC市場で圧倒的な販売力を持っているのは、Amazonです。米国EC市場が右肩上がりの成長を続けている中で、市場成長率の6割をAmazonが占めています。

特に有名なのはAmazonですが、実はAmazonだけではなく、米国にはそれぞれのジャンルで高いシェア率のプラットフォームがあります。個人間取引のイーベイ・エッツィー(Etsy)・楽天グローバルマーケットなどです。

米国は常に新しいITサービスを生み出す国なので、これから新しいプラットフォームができることにも期待できます。

また、近年のアメリカは、モバイル(スマホ)でのネットショッピングが伸びており、その伸び率を支えているのがGoogle PayやApple Payといったモバイル決済です。

このECサイトでのモバイル決済の導入普及が、越境EC化率の伸び率に影響を与えていくでしょう。

イギリスの越境EC市場

イギリス人口は決して多くはありませんが、中国・アメリカに次いで第3位の大きい市場規模となっています。その背景には、ECサイト利用率の高さが関係しています。

一部調査データでは、イギリス人の約半数ものユーザーがECサイトを利用しており、その中でも25歳~34歳の年齢層では1ヶ月平均で8回程度オンライン上で買い物をしているという結果も報告されています。

イギリス人の母国語は英語なので、他国サイトでの商品購入や他国からの越境ECでの購入が盛んになっていることもEC市場規模拡大を後押ししています。

越境ECを構築するメリット

越境ECを行うことで得られるメリットについて詳しくご紹介します。

海外の新規顧客を獲得できる

越境ECは世界を相手にするので、市場規模は日本とは比べ物にならないくらい巨大であるため、海外の新規顧客を得ることにつながります。しかも、その規模は年々拡大し続けています。

海外の顧客は日本人よりもネットショッピングを行う頻度が高く、使う金額が高い傾向にあります。また、日本製の商品は海外ではとても高い評価を得ています。越境ECを利用して、日本製品を手に入れたいと考えている消費者が数多くいるため、日本だけで販売するよりもチャンスがあります。

日本製品の需要が高い国をターゲットに越境ECを開始すれば、販路を拡大できるだけでなく、効率的に新規顧客を獲得できる可能性があるということです。

低コストでビジネスを展開できる

インターネットの普及により、実店舗を持つことなく海外への販路拡大が可能になりました。海外に実店舗を構えるとなると、設備費・人件費・テナント代などの莫大な初期費用や手間がかかってしまいます。

しかし、越境ECならリスクを抑えつつ低コストでビジネスを展開することができます。また、失敗したときのリスクが少なく、売り上げの利益率も高くなるので越境ECを行うメリットが大きいといえます。

近年では、国内ECサイトがあれば簡単に越境ECを始めることができるサービスも出てきており、さまざまな選択肢から越境ECに参入することができます。

越境ECを構築するデメリット

どんなビジネスでもデメリットはつきものですが、越境ECを構築する上での課題やデメリットなどを紹介していきます。

言語の壁

まずは、自社商品の説明をターゲットとする国の言語にしっかりと翻訳する必要があります。もし自社サイトで設計する場合は、自分たちで1から多言語化に対応していかなければいけません。

最近では簡単に言語を自動で翻訳できるようになりましたが、それだけでは不自然な文面になってしまう可能性が非常に高くなります。

英語は翻訳できたとしても、越境ECの中でも大きな市場となっている中国を対象にする場合には少し難しいはずです。中国を対象国とするなら中国語も翻訳をしなければならないため、翻訳のための費用がかかってしまうでしょう。

決算方法が異なる

外国では、国によってメインとなる決済方法は異なります。たとえば、先進国であればクレジットカードが主な決済方法ですが、中国ではアリペイなどのQRコード決済が主流で、日本の代金引換や銀行振込のような決済方法は利用されません。

決済方法は特に重要で、ターゲット国でよく利用されている方法が使用できないECサイトだと、使い勝手が悪いということで敬遠されてしまいがちです。

先進国以外ではクレジットカード決済が一般的でない国もあるため、ターゲットとするその国の決済方法を導入していく必要があります。

このように越境ECをスタートする際には、ターゲットとする国で主流となっている決済方法をリサーチし、国に合わせた決済方法に取り入れることが重要です。

越境ECを構築・運用する際の注意点

越境ECを運用する際の注意点を3つお伝えします。

①   配送料が国内ECよりも高い

配送は、出来る限りスピーディー・効率的に行いたいものです。配送が遅いだけでお客さまの満足度が下がってしまう可能性があるからです。しかし、商品を海外に発送する場合は日本国内の配送料よりも高額になってしまいます。

海外の配送方法は様々ですが、確実に配送をするのであれば「FedExやDHLなど」の国際物流会社を利用するのが一般的です。

日本郵便の「EMS(国際スピード郵便)」で発送する方法もありますが、発送時間は早くても送料が割高になってしまいます。

例えば、東京都から中国(上海)に500gの小包を贈った場合、2日で荷物が到着しますが、送料は1,400円です。商品によっては、商品より送料の方が高くなってしまう可能性もあります。詳しくはEMSの公式サイトでご確認ください。

安さをメインに考えると「船便」などの方法もありますが、長ければ1ヶ月もの時間がかかってしまいます。これでは、お客様の満足度は下がる一方ですよね。

他にもさまざまな配送方法があるので、配送料や日数などを比較して最適な配送方法を決めておきましょう。

②   販売先の国によって法律が異なる

輸出入に関しては、当然ながら各国ごとに厳密なルールがあり、輸出入の可・不可なものがあります。越境ECは、販売国の法律に対応しなければならず、その国の法律を知り、遵守することが必須となります。

越境ECでは、国内販売とは違う考え方をしなければいけません。

例えば中国の場合、ECサイトの開設・運営はすべて許可制となっています。ECサイトを通じた商品の販売には、「ICPライセンス」がなければ、サイトを開設することができません。中国で越境ECを行うためには、ICPライセンスの取得が必須です。

もしライセンス未取得なことが発覚してしまった場合は、違法とみなされサイトの運営停止や罰金などのペナルティが科せられます。

販売先の国によって法律が異なることを念頭に置いた上で、ターゲット国の事前の調査や対策をきちんと行いましょう。

③   課題となるのは税関

越境ECを運営する上で、もっとも大きな課題となるのは「通関」です。国境を越えてお客様の元に商品を発送しなければいけないため、必ずこの「税関」を通らなくてはいけません。越境ECの場合、消費者が関税や消費税を支払わなければならない場合があります。

当然ながら、この通関を上手く行うことが出来なければ配送にも問題が波及し、「商品を届けることができない」という問題が生じるリスクが出てきてしまいます。

また、複数の品目を扱う越境ECの場合は、品目ごとに税率を確認する必要があるため時間がかかります。越境ECへの参入が決定したら、税率の確認はすぐ実行しておくと良いでしょう。

そして関税率をもとにどのくらいの利益が見込めるか確認し、参入するメリットがあるかどうか把握するのもポイントになります。

国ごとにも違う税制が適用されるので、最新情報も含めて情報収集を怠らないようにしましょう。越境ECでの商品販売を行う際、関税の知識は必須といえます。

越境ECサイト構築までの流れ

まずは、越境ECサイト構築までの大まかな手順を紹介します。

ここで紹介するサイトオープンまでの手順は、全部で8ステップです。細分化すればさらに多くの手順がありますが、サイト構築までの大まかな流れを理解しておきましょう。

  1. コンセプトの基本設計
  2. 機能などの要求定義
  3. ECプラットフォーム決定
  4. 構築チーム決定
  5. ワイヤーフレーム作成
  6. デザイン・コーディング
  7. 商品登録作業
  8. オープン前テスト

以上が基本的なECサイト構築の手順です。

ECサイトの構築手順として最も大切なことは、①の基本設計の部分です。どのようなサイトを作るか、サイトのコンセプトや事業計画を明確にすることです。

さらに、越境ECサイトを作成する場合は決済システム、翻訳、外国人が慣れ親しんだテイストの越境ECデザインなど、日本向けのECサイトとは違う部分の対応が必要になります。

まとめ:越境ECとは?仕組みやメリット、市場規模に加えて始め方の手順を解説

越境ECは国境を越えてビジネスをするため、関税・法律・言語・サイト設計などその国に合わせた対応が求められますが、越境ECの低コスト化や、中国での伸び代を考慮すると非常に魅力的な市場です。

まだまだ、これから伸びる分野もあるのでしっかりとアンテナを張り、越境ECへの参入を検討してみてはいかがでしょうか。


Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
木村太一
木村太一

木村太一 越境(海外)マーケティング・動画クリエイター

2021年6月より越境マーケティングをさらに強化するため、アメリカ ロサンゼルスにて駐在。以前はフィリピンに約3年滞在し、留学・現地学校での勤務・現地就職を経験。海外歴は計5年程。主にコンテンツ作成やマーケティングを担当し、現在は登録者30万人のYoutuberのマネージメントも手掛ける。内閣府認証 留学協会認定カウンセラーとしても活動中。留学協会・大阪支部長代理。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。