Shopifyを検討中の方必見!Shopify制作を外注する場合の相場料金やポイントを紹介

Shopifyを検討中の方必見!Shopify制作を外注する場合の相場料金やポイントを紹介

ECサイトを制作する方法には、担当者自ら制作する方法と制作会社に外注する方法があります。どちらも費用がかかりますが、特に外注の場合はコストを把握するために相場料金を知っておくことが大切です。

本記事では、Shopifyサイト制作を外注する場合の相場料金をご紹介します。自作する場合のShopifyサイトの利用料金も解説するため、比較しながら依頼前に外注コストを確認しましょう。

Shopifyサイトを外注する5つのメリット 

ECサイト構築

Shopifyのサイトを構築するとき、業務を外注したいと考える企業も少なくありません。しかし、外注する際は費用がかかるので外注すべきか悩む方も多いようです。

Shopifyサイトを外注するメリットには、次のようなものがあります。

  • サイト構築の負担を軽減する
  • 運用を踏まえた提案をしてくれる
  • 品質の高いECサイトを作れる
  • 人事採用や育成をする必要がない
  • 他の業務に集中できる

それぞれの項目を確認していきましょう。

メリット① サイト構築の負担を軽減する

通常ECサイトを構築する場合、多くの時間がかかります。しかし、ECサイトの構築を外注すればイメージを伝えるだけで短期間で完成します。早ければ、1ヶ月で完成することもあります。

ときには、早急にECサイトを構築しなければいけないこともあるはずです。スピード重視でECサイトを完成したい場合に外注がおすすめです。

メリット② 運用を踏まえた提案をしてくれる

ECサイトは、構築して終わりではなく、今後運用しなければいけません。しかし、初めてECサイトを構築する方は運用面まで考えずに構築してしまうこともあります。これでは、ECサイトを運用する中で不便を感じることもあるはずです。

外注であれば運用面まで考えてECサイトを構築できるため、その後の運用がしやすくなるでしょう。

メリット③ 品質の高いECサイトを作れる

実績の高い業者を選べば、ECサイトの構築における専門的な知識やノウハウがあります。そのため、プロの視点でどのようなデザインにするか、機能を追加するかを考えてECサイトを構築してくれます。

ECサイトのデザインや設計に対して高い品質を求めるのであれば、外注してプロに任せるのがいいかもしれません。

メリット④ 人事採用や育成をする必要がない

ECサイトの構築を外注すれば、社内で人事採用や育成をする必要がありません。特に人事採用となると多額の費用や時間がかかるので、会社の負担が大きくなりがちです。

外注すれば知識やノウハウが豊富なプロに任せられるので、人事採用や育成に時間をかける必要はありません。また、ECサイトの構築における工数を大幅に削減できるので、業務効率化も実現できます。

メリット⑤ 他の業務に集中できる

ECサイトを構築するまでは多くの工数が必要なるため、完成までに時間がかかります。さらにネットショップを始めるには、ECサイトの構築以外にも在庫管理やCS対応、受発注などさまざまな業務が発生するため、並行して進めなければいけません。

ただし、ECサイトの構築には時間がかかるので、他の業務に手が回らないことも少なくありません。最終的に当初の予定が大幅に遅れてしまい、ネットショップを始めるまでに時間がかかってしまうことも多いです。

このような場合は、ECサイトの構築を外注すれば他の業務に時間を割くことができます。

Shopifyサイトを外注する3つのデメリット

ECサイトの構築を外注するメリットは数多くあります。ただ一方で、外注する前に考慮すべきデメリットがあるのも事実です。

Shopifyサイトを外注するデメリットには、次のようなものがあります。

  • 構築する上でコストがかかる
  • 予定通りに進まない場合がある
  • 早急な対応が難しくなる

それぞれの項目を確認していきましょう。

デメリット① 構築する上でコストがかかる

Shopifyサイトを構築するにあたり、外部に依頼するとコストがかかります。また、最短でECサイトを構築したりオプションを付けたりする場合は、さらにコストがかかることも多いです。

Shopifyサイトの構築で外注するときは、あらかじめ予算を決めて収まるように注意しなければいけません。

デメリット② 予定通りに進まない場合がある

Shopifyサイトの構築で外注する場合、予定通りに進まない可能性があります。例えば、外注するときは、サイトに挿入するバナーや写真など依頼者が用意しなければいけない素材もあります。

事前に用意でいていれば作業をスムーズに進められますが、初めての方は用意できていないことも多いです。想定していた予定よりもスケジュールに遅れが出る場合があるのです。

デメリット③ 早急な対応が難しくなる

Shopifyサイトを構築したあと、突発的なトラブルが起こることがあります。このような場合、外注先に対応してもらわなければいけません。

土日であれば、早急な対応が難しくなることも多いです。早急な対応が難しくなることを踏まえて、Shopifyサイトの構築を外注するか決める必要があります。

Shopifyの利用料金

まずShopifyの利用料金から見ていきましょう。Shopifyの利用料金は使える機能の違いで3つのプランがあります。

プランそれぞれにShopifyペイメントというオンラインクレジットカード決済が付き、決済手数料が異なります。利用料金・決済手数料は下記の表にまとめています。

 ベーシックスタンダードプレミアム
利用料金月額29USドル月額79USドル月額299USドル
決済手数料
(日本のオンライン
クレジットカード料金)
3.4%3.3%3.25%
決済手数料
(海外/AMEXのオンライン
クレジットカード)
3.9%3.85%3.8%

プランが上がるほど利用料金が高くなりますが、決済手数料は低くなっています。3つのプランに共通して、初期費用はかからないため、月額料金と決済手数料のみで運用可能です。

また契約方法によっては、割引サービスがあります。利用料金を先払いする場合、1年契約で10%、2年契約で20%割引されます。Shopifyサイトを継続して利用するなら、割引を活用してお得にサイト制作を行いましょう。

▼こちらの記事もおすすめ

Shopifyサイト制作の外注相場

次にShopifyサイト制作の外注相場をご紹介します。Shopifyサイトを外注している制作会社の多くは、初期導入サポート月額利用料金オプション料金といった料金体系です。外注相場は、数万円から数百万円以上と幅広くなっています。

例として、株式会社アーキタイプが提供するEC Capsuleでは、以下のような料金で外注サービスを提供しています。

初期導入サポート30万円
プラン別の月額運用サポートベーシック:4.980円
ノーマル:12,800円
アドバンス:39,800円

ただShopifyは拡張性が高いため、より充実したShopifyサイトを目指して外注すると、数百万円以上かかる場合もあるようです。コストをおさえてShopifyサイトをつくりたい、オリジナルで質の高いShopifyサイトをつくりたいといった目的に合わせて、外注費用を検討する必要があるでしょう。

▼こちらの記事もおすすめ

Shopifyサイト外注はクラウドソーシングを利用する方法も

Shopifyサイトの外注は、ECサイト制作会社以外に、クラウドソーシングを利用する方法もあります。クラウドソーシングは外注の一種で、クラウドソーシングサイトを利用して、スキルを持った個人に外注することができます。

制作会社に比べて、数万円から数十万円など費用が安い場合が多く、低コストでShopifyサイトを外注可能です。注意点として、出品者とはネット上のやりとりになるため、求めるShopifyサイトをつくってもらえるか、納期を守れるかなど、出品者の見極めが必要になります。

Shopifyサイトを外注する際の3つのポイント

外注先の選び方や依頼方法を間違えると、あとで問題になることも多いです。

Shopifyサイトを外注する際のポイントには、次のようなものがあります。

  • 開発実績を確認して選ぶ
  • 予算や納期を明確に伝える
  • 作りたいイメージ像を明確にする

それぞれの項目を確認していきましょう。

ポイント① 開発実績を確認して選ぶ

Shopifyサイトを外注したとき、さまざまな依頼先があります。しかし、なかには悪徳業者がいるので依頼先はしっかり選ぶことが大切です。

そこで押さえておきたいポイントは、開発実績です。あまり開発実績がない業者の場合、慣れていない可能性があるので依頼後に問題が起こる可能性もあります。必ず開発実績を確認して選びましょう。

ポイント② 予算や納期を明確に伝える

優良な業績を選んだら、予算や納期を明確に伝えることが大切です。なぜなら、予算が納期が曖昧だと依頼側も具体的な提案ができないからです。

また、相手にすべてを任せ過ぎると、先方で勝手にオプションを付けられてしまい、最終的に支払いが高額になる場合もあります。

コストを最小限に抑えたい場合は、事前に予算や納期を決めて依頼先に伝えておきましょう。また、納期に関しても締め切りを明確にしないと、大幅に遅れてしまう可能性もあります。ECサイトの構築を外注先に依頼する時点で、納期のことも伝えておきましょう。

ポイント③ 作りたいイメージ像を明確にする

Shopifyサイトを外注するときは、どのようなサイトを作りたいのかを明確にしておきましょう。デザインをすべて業者に委ねてしまうと、あとで「思っていたのと違った」などといった問題が起こる可能性があります。

デザインは、サイトに訪れたユーザーに与える印象を大きく左右するものです。気に入らないデザインに仕上がった場合は、やり直さなければいけないこともあります。これでは余計に費用がかかってしまうことも多いです。

ECサイトにおけるデザインのイメージが思い付かないときは、最低限必要な要望をまとめておくのがいいでしょう。

Shopifyサイト制作の外注相場まとめ

Shopifyサイト制作の外注相場は、数十万円から数百万円と幅が広いです。Shopifyサイト自作に比べ、初期費用やオプション料金がかかるため、費用が高くなります。

外注方法には、クラウドソーシングを使う方法もあり、出品者を見極める必要があるものの、低コストでの外注も可能です。依頼前に費用を確認し、予算に合った外注を行いましょう。

▼こちらの記事もおすすめ

よくある質問
Q.

Shopifyサイトを外注するメリットは何ですか?

A.

Shopifyサイトを外注するメリットは下記のようなものがあります。
・サイト構築の負担を軽減する
・運用を踏まえた提案をしてくれる
・品質の高いECサイトを作れる
・人事採用や育成をする必要がない
・他の業務に集中できる

Q.

Shopifyサイトを外注するデメリットはありますか?

A.

Shopifyサイトを外注するデメリットは下記のようなものがあります。
・構築する上でコストがかかる
・予定通りに進まない場合がある
・早急な対応が難しくなる

Q.

Shopifyサイトを外注する際のポイントは何ですか?

A.

Shopifyサイトを外注する際のポイントは下記のようなものがあります。
・開発実績を確認して選ぶ
・予算や納期を明確に伝える
・作りたいイメージ像を明確にする


監修者
黒岩俊児
黒岩俊児

shopify 制作チーム責任者・テクニカルディレクター 株式会社セルフプラスCEO

Shopifyサイト制作のスペシャリスト。本業であるサイト制作に加え、公認のShopify expertとして数々のShopifyサイトを手掛けている。2021年7月よりShopifyに関する様々な一次情報を得るため、自らShopify本社のあるカナダへ移住。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて5年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。