2021.10.18

ShopifyアプリBuy Buttonを活用して売上アップを目指す

ShopifyアプリBuy Buttonを活用して売上アップを目指す

Buy Buttonを利用して売上をアップする時に、面倒な手続きが必要と考える方はいますが、実際はシンプルな手順で活用する事が可能です。

購入ボタンの目的を理解していないと上手に使うのが難しくなります。

効果の上がる購入ボタンの使い方、設定方法を把握して活用するメリットを知っていれば、より良い使い方が可能となります。

ここでは、売上向上につながるBuy Buttonの意味、効果的な活用の方法、使うメリットや設定のポイントについて紹介します。

売上アップにつながるBuy Buttonとは

多くの方が売上を上げる為に様々な方法を試すのが一般的な事ですが、購入ボタンは簡単に作成する事が可能なサイトに掲載出来るボタンです。

特徴としては、既存のサイトにカートや決済システムを含むボタンとして設置が可能です。設置も難しくないので利用を検討する価値はあります。

引用元:“Shopifyの購入ボタンの使い方 WordPressを使いながらShopifyの決済システムを使おう”

既に持っているサイトにカートや決済システムを設置可能

サイトを既に運営している方などは、後でカートや決済システムを含む購入ボタンを設置出来ます。

以前にサイトを作成したのでサイトを新しく作りたくない場合は、購入ボタンは後で追加出来るので便利です。

購入ボタンには、Shopifyのロゴ等もないのでデザイン的にも機能的も利便性が高いです。

購入ボタンを複数のサイトで表示出来る事は、マーケティングの上で有利に販売を展開出来ます。

設置が簡単なので利便性が高い

購入ボタンは埋め込み式で設置出来るので簡単で利便性が高いです。

既にあるサイトに作成したコードを入れるだけで設置出来るので使いやすいです。

購入ボタンの設置だけで時間が掛かる様な場合は、面倒になり設置しないケースもあるでしょう。

ボタンはサイトのデザインに馴染んでいると効果が上がるので、ボタンのカスタマイズが可能な事も利点と言えます。

Buy Button の効果的な活用方法

ボタンをより効果的に使うには、ボタンの付いている商品を一緒に掲載すると良いです。

商品とボタンの位置関係やデザインを調整する事で閲覧者に対してアピールになります。

他の効果的なボタンの利用法として、カートの次に表示されるページから注文の完了ぺージまでのチェックアウトのリンクを取得出来る点があります。

直接チェックアウトぺージまで遷移が可能なのは購入者にとっても使いやすいストアと言えます。

引用元:“【Shopify】Buy Buttonの利用方法”

購入ボタンの付いている商品を表示

商品を購入ボタンと一緒に表示出来る事は、閲覧者の視点からすれば買いたいと考えた時にすぐに購入の手続きを進められるメリットがあります。

1つ商品だけ大きく表示するケースもありますが、複数の商品を並べてそれぞれの商品にボタンを配置する事も可能です。

どちらの場合も、購入しやすいようにサイトにおけるボタンの配置等をお客の視点になって考える必要があります。

チェックアウトのページまで遷移可能なリンクを取得

チェックアウトのページまで移動出来るリンクを作成することは、スムーズに購入者が買い物をする上で大切なポイントです。

バリエーションによってボタンのデザインを選択してコピーするので簡単な操作で済み良いでしょう。

SNS等でリンクを使用すれば共有出来る利点もあります。

リンクの作り方は、商品ページの「その他の操作」から作成するので分かりやすいです。

Buy Buttonの活用におけるメリット 

ボタンを使うメリットとして外のサイトから商品を買える点が挙げられます。

販路を広げて外部のサイトで購入出来るのは、より多くの閲覧者に見てもらう事が可能です。

別のメリットとして購入に必要なステップが少ないので、購入の離脱者が減る点もあります。

更に決済システムのメンテナンスが不要な点や、新たにネットショップを作る必要がない事もメリットです。

外部のサイトから商品を購入出来る

Shopifyで作成したサイトだけでは利益を上げるのが難しい場合でも、他のサイトからも商品を購入出来る事は利益増加につながります。

購入者は様々な情報に目を通して購入を決めているので、購入者が商品を見る機会が多い程買ってくれる可能性が高くなります。

その為複数のサイトに自社の商品をボタンと共に見れる様にすることで売上も上がってくるでしょう。

引用元:“shopifyのBuy Button(購入ボタン)を設定して売上増を狙おう”

購入ステップが少ないので途中の離脱者が減る

多くのお客が考えているのは簡単にスムーズに買物が出来る事ですが、ボタンは購入ステップが少なく買い物途中の離脱者を減らす効果もあります。

お客の視点で考えた時に重要となってくるのが、商品の画像等を見て今まで探していた商品が判断した上で、簡単な手続きで買物をする事です。

ボタンを商品と一緒に配置する事でお客が探していた商品である場合は、直ぐに購入の手続きを進める事が可能なのが大きなポイントです。

決済システムのメンテナンスが不要

決済システムはしっかりと管理されている必要がありますが、Shopifyが決済システムの管理を全部行うので利用者はメンテナンスが不要な点もメリットです。

ストアを運営していると決済システムの管理を自社で行うのは不安が残りますが、多くの方が利用しているShopifyであれば安心してボタンを使用してマーケティングを行えます。

管理に時間が不要である分、自社のサイトのクオリティーを上げたり売上を向上させる事に時間を使えます。

新たにネットショップを作らなくて済む

ボタンのメリットとして、新しくネットショップを作る必要がない事も挙げられます。

ボタンは簡単に作成して利用出来るだけでなく、様々なサイトに掲載可能なので既にサイトがある場合は別のサイトを作る必要がなく効率的です。

仮に販路を広げる為に別のサイトを構築する必要があり、そのサイトにボタンを配置するシステムになっていれば手間と時間が相当掛かります。

Buy Button の設定方法のポイント

購入のボタンの設定時におけるポイントは、1つの商品におけるボタンの作成を基本として、ボタンのカスタマイズや複数の商品を並べるコレクションの為のボタンの作成等があります。

これらのポイントはそれほど難しいものではないので一度理解して手順を覚えれば出来るでしょう。

カスタマイズは多くの方が行いたい機能で、ボタンの色、サイズ等を変更します。

ボタンは見た目だけでもクリック率に影響する可能性があるので慎重にカスタマイズすると良いです。

引用元:“購入ボタンを作成する”

1つの商品に対しての購入ボタンの作成

ボタンには設定する時のポイントがあり、1つの商品に対してボタンを作る方法があります。

具体的な手順は、管理画面で「Buy button」を選択して商品を選択します。

次にカスタマイズをしない場合は「次へ」ボタンをクリックして「コードをコピーする」を選択します。

このコードを自社のサイト等のソースに貼り付ける事でボタンとして機能します。

ボタンの見た目等が気になる場合はカスタマイズをしてみるのも良いでしょう。

購入ボタンの外観等をカスタマイズ

カスタマイズをボタンに実施する場合、色、フォント、サイズ、ボタンが押された場合の動き、チェックアウトを別のブラウザーで開くか等を変更出来ます。

カスタマイズした内容は、プレビューで見ながら作業を進められるので便利です。

更にプレビューをクリックする事でボタンの動きの確認をします。

ボタンのカスタマイズで困った時は、他のサイトのボタンのデザインを参考にしてみるのも良いです。

そうすれば自分だけではイメージ出来ない効果的なボタンを参考にボタンを作る事が出来ます。

コレクションの為の購入ボタンを作る

ボタンは、いくつかの商品を並べるコレクションで作成する事が出来ます。

1商品だけでボタンを表示するのと比べるとコレクションの場合は、複数の商品から購入者が選べるメリットがあります。

コレクションのボタンの作成は管理画面から「購入ボタン」に移り「購入ボタンを作成する」選択して、「コレクション購入ボタン」を押します。

次にコレクションを選んでカスタマイズをし、「次へ」を選択した後に「コードをコピーする」を押して最後に購入ボタンのコードをHTMLに追加します。

まとめ:ShopifyアプリBuy Buttonを活用して売上アップを目指す

購入のボタンは、様々なサイトに掲載する事が可能なのでより多くのお客に商品を購入してもらう機会を提供します。

活用方法として、商品と一緒にボタンをカスタマイズした状態で表示出来るので、買ってもらえる可能性を上げます。

ボタンのカスタマイズはストアサイトの構築ではとても重要なポイントなので、色やフォント、サイズ等も変更出来るのは販売者にとって頼もしい機能と言えます。

ボタンを活用するメリットは、様々なサイトにボタンを表示出来るので新たにサイトを作る必要がない点があります。

実際のボタンの設定は、いくつかのステップでコードを作成して、自社のサイトのHTMLに貼り付ける流れなので時間が掛からずおすすめです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティングの手段について理解しやすく説明していて、ネットショップの運用の後のサポート等も行います。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab
監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。