2021.9.24

【Shopify】ストアのバックアップの取り方と重要性、おすすめアプリを解説!

【Shopify】ストアのバックアップの取り方と重要性、おすすめアプリを解説!

ECのストアを運営する時に問題となるのがバックアップを取ってあるかという事が挙げられます。バックアップを取っていない場合、バグ等の発生でデータが無くなってしまった時にサイトの運営にも影響が出ます。Shopifyのアプリを利用すると、複数の方法でデータのバックアップが可能なので前もって把握しておくとデータ管理上安心です。ここでは、バックアップを取る重要性や作成方法、バックアップアプリについて紹介します。

Shopifyでバックアップを取るのは重要?

ストアを運営するサイトは様々な機能があり使用するテンプレートのテーマによってはバグが発生するケースも考えられます。バグによってデータに影響が出る可能性がある為、バックアップする事は重要です。他に考えられるケースとして、画像、アイテムを間違えて完全に削除した場合は、バックアップをしていないと復元が不可能です。これらのリスクからデーアを守る為にもバックアップしておくのがおすすめです。

アプリとテーマの相性によってはバグが発生

サイトを運営するアプリとテーマの相性が悪い場合でバグが発生する事もあります。バグの発生リスクを最小限にする為にも、テーマについてカスタマイズする前の段階でサポートに確認した方が良いでしょう。テーマを開発した方からサポートを受けるサービスがあるので、どの程度までサポートしてくれるか事前に確認しておくと安全です。安易に多くのカスタマイズをするとバグ等の発生原因になる事も考えられます。

引用元:“テーマのサポート”

画像やアイテムを完全に削除すると復元が出来ない

アプリではアイテム、画像を削除可能ですが、不用意に削除してしまうと復元が出来ないので注意が必要です。画像等は管理画面のファイルぺージで管理するので、このページで画像の管理を行う時は慎重に行うと良いです。間違えて画像等を削除してしまってもバックアップしておけば大きな問題にならないでしょう。アプリを使用する前に、どのようなデータがどこまで別に保存されるか把握しておくとデータの管理をしやすくなります。

引用元:“ファイルのアップロードと管理”

バックアップアプリを利用すると自動でバックアップして手間が省ける

ストアのデータ管理で頼りになるのがバックアップのアプリで、利用する事で自動的に保存してくれるので安心です。全て手動で保存していると多くの時間を割く必要がありますが、自動的に保存してくれれば余った時間で他の仕事が行えます。企業であれば複数のスタッフでストアを管理する事があり、間違えてスタッフがデータを削除してしまう可能性があります。ストアの管理は知識と経験が必要なので、経験が浅いスタッフにデータ管理を任せる上でも自動で保存してくれるシステムは便利です。

引用元:“【7選比較】Shopifyのバック用アプリまとめ”

バックアップする事で安心して販売を継続

商品サイトを運営する時は、マーケティング全体を考えながら行うのでデータの保存に気を使っている時間があまりないケースが考えられます。その様な時こそ自動で作業内容を保存してくれるアプリがあると安心してマーケティングに集中出来ます。保存の重要性は、実際にサイトを運営すると良く理解できて、データを保存しないでサイトの更新を続けていると削除したデータが後で必要になる事もあります。この様な問題を抱えない為にも早い段階からデータの保存を心掛けた方が良いです。

Shopifyストアのバックアップ作成方法

ストアのバックアップは、アプリの管理画面からデータ出力であるエキスポートをして行います。エキスポートして作成されるファイルはCSVファイルで保存するシステムになっています。アプリでは、保存が可能なデータの種類も決まっているので覚えておくと良いです。実際にデータを復元する時はいくつかの注意点があるので、注意を払って実施する必要があります。

CSVファイルによるストア情報のバックアップの概要

CSVファイルをエキスポートしてストア情報を保存出来るファイルの種類は、顧客管理、注文、ギフトカードコード、財務データ等があります。顧客管理や注文等はとても重要なデータなのでしっかりと管理する必要があります。保存の方法は、管理画面からダウンロードする手順なのでそれほど難しくないでしょう。注文についてのデータをエキスポートとして保存する時は、注文と取引履歴の両方か取引履歴のみをエキスポートする事が可能です。

引用元:“バックアップと複製”

バックアップが可能なデータの種類

保存が可能なデータの種類を知る事はデータ管理でとても重要です。保存可能なデータは、顧客管理、ギフトカードコード、注文、クーポンコード、財務データとなります。管理画面からの操作で保存するシステムとなっていて、クーポンコードは管理画面のディスカウントぺージからクーポンコードをCSVファイル形式でエキスポート可能です。保存する事でクーポンのコードについての履歴を見る事が出来ます。

保存出来るデータであるCSVファイルの中で、注文とディスカウントについてはエキスポートのみの対応となっています。

引用元:“クーポンコードをエキスポート”

管理画面におけるバックアップ手順

顧客情報等を保存する時は、管理画面の上部にあるエキスポートボタンをクリックします。次に管理画面左にあるテーマをクリックして、左に表示される保存するテーマを探して該当のテーマに表示されるアクションを選択し、「テーマファイルをダウンロードする」を選択します。この様に保存する為の手続きは簡単なのでストアの運営を開始したら早めに覚えておくと安心です。

引用元:“インストールするだけ!Shopifyでバックアップを取る方法”

データの復元時における注意点

保存したCSVファイルをインポートする時は、いくつかの注意点があります。例として顧客情報のファイルをインポートする際はファイルサイズに気を付ける必要があり、1MBを越えている場合はファイルを分割します。他の注意点としてCSVファイルをアップロード出来るのは一度に1つのファイルだけとなっているので、同時に複数のファイルをインポートしない様にする事です。

手間の掛かる手動でのバックアップ

手動で保存をする作業は忙しい企業にとって時間的なロスにつながります。出来る限りバックアップに必要な時間を別の作業にあてたいのが実際の事だと考えます。アプリでは、自動で保存してくれるサービスもあるので企業の担当者は利用を検討してみると良いでしょう。自動で保存出来ればその分効率的にストアの運営が可能となり、他のマーケティグの仕事に時間を割けます。手動で保存したつもりのデータがミスにより保存されていないケースも想定されるので自動で保存するシステムは利用価値が高いです。

おすすめバックアップアプリ 

データの保存には、色々なアプリが利用出来て目的に合わせて使うと良いです。自動的に保存するアプリでは、自分が意識しなくてもデータの保存をしてくれるので忙しいストア運営のスタッフにも向いています。保存するシステムの中にはデータを最長で100日保存してくれるサービスもあるので安心してストアの管理が可能です。他にも様々な機能のある保存アプリがあるので利用法方法の幅が広がります。

引用元:“【7選比較】Shopifyのバック用アプリまとめ”

自動的にバックアップするAutomatic backups

一番重要なデータを保存するAutomatic backupsは自動的にバックアップするので便利です。ストア全体のデーアを保存するので、安心してストア運営が出来ます。ストアのリカバリーも可能なアプリとなっていて、簡単な操作で修復するので利便性が高いです。インストールする事で利用出来るアプリですが、最大で1,000商品に対して利用可能で月額9米ドルとなっているBASICは毎日自動で保存してくれます。

引用元:“Automatic backups”

サイトがダウンしてもバックアップ可能なRewind Backups

Rewind Backupsの特徴は、サイトがダウンした時もデータを保存してくれます。ストアのデータを保存してくれるシステムで、ミスで変更してしまったデータも元に戻せる利点があります。利用料金は、毎日保存してくれるBASICが月額3米ドルからあり、これとは別にサービスの内容別にGROWTH、PRO等がありそれぞれ金額が異なります。

引用元:“Rewind Backups”

テーマで変更されたファイルを表示するThemeWatch

ThemeWatchの利点は、テーマで変更されたファイルを表示する事です。何が変更されたテーマなのか即座に分かるので作業性が良くなります。また自動的に毎日保存してくれるだけでなく、手動でのバックアップも可能です。手動での保存と自動での保存を使えるので、より利用者の視点になって作られたアプリと言えます。インストールは無料ですが、利用料が別途必要なので注意しましょう。

引用元:“ThemeWatch ‑ theme backup too”

ストアデータを自動的にバックアップして保存してくれるBackupMaster.io

BackupMaster.ioの最大のメリットは、ストアのデータを自動的に保存してくれる事です。安全に保存されるので大切な情報をしっかり管理したい企業に向いています。このアプリは、自分が戻りたいバージョンのデータに戻る事が可能なので利用価値が高いです。利用料金は、自動で毎日保存可能なStarterが月額4.99米ドルで、その他にStandard、Premiumとあり金額とサービス内容が違います。

引用元:“DON’T DELAY – BACKUP TODAY!”

テーマのバックアップを最長で100日保存するTheme Save

Theme Saveの大きな特徴は、データを最長で100日保存してくれる点です。企業のストア運営において長期にデータを保存したい場合に効果を発揮してくれます。Theme Saveの操作は不要で自動化されたシステムで保存してくれるので使いやすいでしょう。利用料金は月額1.99米ドルとなっているので、アプリの金額が気なる企業にとっても利用の検討をする価値があります。

引用元:“Theme Save ‑ Backup your theme”

ストア全体のバックアップを保存するData backup & Recovery

Data Backups & Recoveryの大きなメリットは、ストア全体のデータを自動的に保存する点です。どうしても避けられない人的なミスによるデータの変更等についても元に戻す機能があるので安心してアプリを利用出来ます。仮に一度変更したデータが元に戻せない場合は、ストアの管理も難しくなるでしょう。利用金額は、毎日の自動保存が出来るFOREVER FREEについて無料で利用可能です。他にはPREMIUM、PROFFESSIONALがありそれぞれ料金が必要です。

引用元:“Data Backups & Recovery”

まとめ:【Shopify】ストアのバックアップの取り方と重要性、おすすめアプリを解説!

データのバックアップを取る事はストアの運営上大切な事で、多くの企業がデータの保存機能を必要としています。Shopifyでは、多彩な機能のあるデータを保存するアプリが用意されているので安心して利用出来ます。データを間違えて一度削除してしまってもデータを元に戻す機能もあるので良いでしょう。保存をする際には、自動的に行うだけでなく必要に応じて手動での保存も可能なので利便性が高いです。ストアを始める前の段階でデータ保存の重要性を理解して、どの様な機能のあるバックアップアプリを利用するか検討をしてストア運営を開始するのがデータ管理上おすすめです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティング手段について理解しやすく解説していて、ネットショップの運用後のサポート等も行います。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。