2021.8.19

Shopifyのサブスクリプションアプリ比較!実例も紹介!

Shopifyのサブスクリプションアプリ比較!実例も紹介!

今回は、Shopifyのサブスクリプション導入方法やおすすめのアプリをご紹介していきます。

サブスクリプションとは?

サブスクリプション(subscription)は、その都度サービスや商品を購入するのではなく、月額などで定期購入するビジネス形態です。

Shopifyのサブスクリプションアプリを比較

Shopifyにはデフォルトの機能性としてサブスクリプションがないため、導入するためにアプリを使用します。

サブスクリプションアプリは「Shopify app store」からダウンロードすることができ、インストールすればShopifyのサブスクリプションの導入は完了です。

無料から有料までさまざまなアプリがある中でも、桁違いの評価レビューを獲得しているのが「Subscriptions by ReCharge」と「Bold Subscriptions」です。

そのほか、ユーザーから人気のアプリを含めて、4つご紹介していきます。

Mikawaya Subscription

ーオンラインストア用のEコマースプラグインー

ShopifyアプリストアMikawaya Subscription

Mikawaya Subscriptionは、2021年5月にリリースした「完全日本語対応」のサブスクリプションアプリです。

  • 無料プランあり
  • 0ドル/月(ライトプラン)
  • 49ドル/月(ベーシックプラン)
  • 追加料金あり

2段階割引機能やダイレクトリンク機能(BuyButton)など他のサブスクアプリに実装されている機能に加えて、「商品変更」「配送日指定」など日本の商習慣に合わせた機能も揃っています。

ライトプランでは月額0ドル(決済手数料3%)のため、決済が発生しない限りずっと無料で利用することができます。

Mikawaya Subscriptionのサンプルサイト

Mikawaya Choco

Mikawaya Chocoでは、Mikawaya Subscriptionのアプリが使われています。

Subscriptions by ReCharge

– オンラインストア用のEコマースプラグイン –
Shopify アプリストア Subscriptions by ReCharge

Subscriptions by ReChargeは、1,800以上のレビューを獲得している人気のサブスクリプションアプリです。

  • 無料プランあり(100,000ドルまで)
  • 300ドル/月(プロプラン)
  • 追加料金あり

無料プランは100,000ドルまで無料で使うことができるため、この間にSubscriptions by ReChargeの魅力を体感できます。

100,000ドルを使い切ったあとは39.99ドルの費用と1%の追加料金が必要です。

拡張分析やテーマエンジンなどからカスタマイズも可能で、「Shopify最大のサブスクリプションストアに参加してください」との開発者コメントがあるほどに自信に溢れた注目アプリです。

Subscriptions by ReChargeのサンプルサイト

Bare Supplements – bare-supplements

Go bareでは、Subscriptions by ReChargeのアプリが使われています。

Bold Subscriptions

– オンラインストア用のEコマースプラグイン –
Shopify アプリストア Bold Subscriptions

Bold Subscriptionsは、1,600以上のレビュー評価を獲得しており、こちらも注目しておきたいサブスクリプションアプリです。

  • 無料プランなし
  • 49.99ドル/月(CORE)
  • 追加料金あり
  • 60日間の無料体験あり

シームレスなショッピング統合を実現でき、注文の編集や一時停止といったカスタマイズから顧客に合わせた定期購読を維持することができます。

Shopify Plusとエンタープライズを念頭に設計されているので、大規模あるいは多くのショップを運営する企業にも最適です。

Shopify Plusを含めて11,000店舗以上から信頼されているほど支持が厚く、開発者は「レビューをチェックしてBold Subscriptionsの魅力を知ってほしい」とコメントしています。

Bold Subscriptionsのサンプルサイト

Shopify Subscription Box App Features

Recurring Orders & Subscription by Boldでは、Bold Subscriptionsのアプリが使われています。

PayWhirl Subscription Payments

– オンラインストア用のEコマースプラグイン –
Shopify アプリストア PayWhirl Subscription Payments

Recurring Payments & Ordersは、90以上のレビュー評価を獲得しているアプリです。

  • 無料プランあり
  • 9ドル/月(PRO)
  • 49ドル/月(PLUS)
  • 249ドル/月(ULTIMATE)
  • 追加料金あり
  • 14日間無料あり

顧客やテーマとシームレスに統合可能、顧客の支払い方法を保存して管理やカスタマイズもおこなえます。

有料プランが3種類用意されているため、無料からスタートして段階的に拡張していくといった使い方ができるのが便利です。

Recurring Payments & Ordersのサンプルサイト

PayWhirl Demo 2019

PayWhirl Demo 2019では、Recurring Payments & Ordersのアプリが使われています。

Subscription & Recurring Order

– オンラインストア用のEコマースプラグイン –
Shopify アプリストア Subscription & Recurring Order

Subscription & Recurring Orderは、80以上のレビュー評価を獲得しています。

  • 無料プランあり
  • 15.95ドル/月(BEGINNER PLAN)
  • 19.95ドル/月(BASIC PLAN)
  • 29.95ドル/月(PRO PLAN)

請求書や通知の電子メールコンテンツをカスタマイズすることができ、あらゆるテーマに合わせて調整することができます。

ほかと比較して料金が安いため、お手軽なサブスクリプションアプリを探している方におすすめです。

Recurring Order & Subscriptionのサンプルサイト

https://recurring-invoices.myshopify.com/

Recurring Order & Subscriptionでは、Recurring Order & Subscriptionのアプリが使われています。

定期購入・サブスクを提供するメリット

売上を試算出来る

その場限りの商品購入の場合、毎月、毎年、またはそれ以上の売上試算をすることは、容易ではありません。しかし、サブスクリプションのサービスが、ひと月単位であった場合、サービスを提供する企業にとっては毎月の売上試算が容易になります。売上の試算は、サービス利用者の人数と月額料金をかけ合わせれば、簡単に計算することが出来ます。

また、一定の期間は継続した売上が見込めるので、長期的で安定した利益を得ることができます。

新規加入者を増やしやすい

商品や店舗を知ってもらい、その売上を向上させるためには、様々な広告を打ったり、WEB集客をするなど、多面的な取り組みが必要です。

一方、サブスクリプションを導入すれば、比較的容易に新規加入者を増やすことが可能です。例えば、サブスクリプションの月額を低めに設定することで、導入障壁を下げ、新規加入者を増やすことなどは、誰もが知っている手法です。また、初月を無料にしたり、他にも様々なキャンペーンを開催するなど、工夫次第で新規加入者を増やすことが可能となります。

データを活用し、蓄積できる

会員制を導入するなどすれば、顧客との心理的な距離も近くなり、親密なやりとりをすることができます。また、顧客の利用状況などを随時把握したり、データの蓄積も可能となります。それにより、どんなサービスを顧客が好んでいて、なにを求めているのかということを分析することが出来ます。それをもとに、より良いサービスを開発することが可能になります。

定期購入・サブスクを提供するリスク

定期購入やサブスクリプションを導入することで、メリットだけではなく、デメリットやリスクも発生しますので、注意して取り組んでいきましょう。

解約率が高い

様々なキャンペーンや定額利用料金の安さなどに魅かれて利用し始めたユーザーも、1ヶ月、2ヶ月としばらく使っていれば、やはり、飽きてくることも多く生じます。また、社会全体が不況になれば解約されることも多くなってしまいます。

開始直後は利益が出ない

顧客の人数が増えていかなかければ、収益も上がっていかないというのが、サブスクリプションの特徴と言えます。サービスを開始してから当面の間は顧客数も多くはないので、利益が出るのにはある程度の時間がかかってしまいます。資金計画やシュミレーションを詳細に行い、早めに初期投資分を回収出来るようにしていきましょう。余裕のある資金が無いと、継続していくには難しいビジネスモデルと言ってもよいでしょう。

次々にサービスを生み出す必要がある

顧客にとっては、いま、流行っているものや新商品などといった、新しいサービスを常に提供していかなければ、すぐに離脱していきます。サブスクリプションのサービスにおいては一定の期間使い放題といったサービスが目立ちますが、実は新しいものに敏感で、サービスの質に対しても目の肥えたユーザーがほとんどです。それと同時に、お客様サポートなどの機能も充実させることで、解約率を下げていかなければなりません。

Shopifyサイトのサブスクリプション活用事例

ここで、Shopifyで作られたサイトのなかでも、サブスクリプションを導入して成功していると思われる事例をご紹介していきます。

日本酒のサブスクリプション

KURAND(クランド)

この企業は、サブスクリプションを導入している日本酒の企業です。

日本酒をはじめとして、梅酒、果実酒、焼酎、クラフトビールなどの通販サイトがあり、KURAND CLUB(クランドクラブ)という、完全会員制の日本酒定期購入ページも構築されています。

サブスクリプションページでは、月額プラン、半年プラン、年間プランが選べるようになっており、さらにサブスクリプションの商品に、通常のECサイトから購入した商品を追加することができます。サブスクリプション会員であれば、通常購入する商品が割引になるサービスもあり、決済画面で自動的に割引になるよう、設定されています。

また、「酒ガチャ」というサービスがあり、お店側がランダムでBOXにお酒を詰め、購入者からは、なにが当たるかわからない、というユニークな企画も取り入れています。それでいて、購入者には損をさせないように作り込まれています。

また、サブスクリプションプランのサービスとして、会員限定イベントの参加権や、会員限定商品の購入権なども用意しており、会員のメリットを十分感じさせている点は、秀逸と言ってよいでしょう。

こういったサブスクリプションやその他サービス、そして様々な企画は、他ジャンルのサイトでも応用できますので、大いに参考にしたいものです。

アニメーションや有名キャラクターとのコラボレーション、また、温浴施設とのコラボレーションなど、様々に魅力的な取り組みを重ねることで顧客を引き付け、飽きさせず、かつ、サイトからの離脱を防ぐような仕掛けが施されています。 このように、工夫次第で多彩なサービスをサイトに盛り込むことが出来るのも、shopifyのサブスクリプションサイトの特徴と言ってよいでしょう。 ここで、他ジャンルのサイトもいくつかみていきましょう。

公式サイト KURAND

ドッグフード

Shopifyはアプリを使用するだけで簡単にサブスクリプションを導入することができます。

実際にサブスクリプションを導入した場合にどのようなデザインや機能性になるのか気になるところですが、サブスクリプションの導入事例が用意されているので最適なアプリを見つけやすいです。

最近は飲食やアパレルなど業界を問わずにサブスクリプションを利用する企業が増えているため、Shopifyでさらなる顧客拡大を目指すときは今回ご紹介したアプリを検討してみてはいかがでしょうか。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。