Shopifyで簡単にサブスク販売が可能!「定期購買」アプリとは?

Shopifyで簡単にサブスク販売が可能!「定期購買」アプリとは?

ネットショップを運営する上で大事なことはリピーターを増加させることです。

既存顧客に比べて新規顧客を獲得するには、およそ5倍のコストがかかわるとも言われています。

一度製品を購入してくれたお客様は、新規顧客に比べその後の購入のハードルも低くなり、ファンになってもらうことで安定した売上増加が見込めます。

そこで今回は、お客様をリピーターにするための定期購買(サブスクリプション)を簡単に導入できるおすすめアプリ「定期購買」についてご紹介します。

そもそもサブスクとは

サブスクとは「サブスクリプション(subscription)」の略で「定期購読」「予約購読」という意味です。
日本では、主に月額課金や定額制で利用できるサービスのことを指します。

顧客が月に1回、もしくは年に1回、料金を支払うことで、期間中は好きなだけサービスを利用できる、という説明の方がピンとくる方もいらっしゃるかもしれません。

かつては馴染み深い言葉ではありませんでしたが、最近では動画配信サービスや音楽配信サービスにサブスクが採用されるようになったことから、知名度が上がりました。

有名なサービスとしては「Netflix」や「Amazonプライムビデオ」、「Apple Music」や「Spotify」などが挙げられます。

この他にも、漫画や雑誌、小説などが読み放題になる「Kindle」や画像・動画編集が行えるソフトウェアを提供する「Adobe Creative Cloud」など、ジャンルは様々です。

音楽業界を例にすると、これまでは1曲数百円でダウンロードできる「ダウンロード課金型」のサービスがメインでしたが、月額料金を支払えば「聴き放題」という便利さから、シェアは一気に拡大しました。

なお、上記でご紹介した動画配信・音楽配信といったデジタル領域以外でも、食品やファッション、美容などの非デジタル領域の商品・サービスでも、サブスクは広がりを見せています。

Shopifyでサブスクを始めるメリット

Shopifyでサブスクを導入するメリットは大きく分けて3つあります。

安定的な収益を獲得できる

Shopifyストアを運営する側のメリットとしては、安定的に売上を獲得できる点が大きいでしょう。

顧客があなたのストアに定着していけば、毎月の収益を確保できます。

この他にも、在庫管理における予測が立てやすくなり、ショップ運営を効率的に行えるようになるでしょう。

顧客を獲得できる費用が安い

商品を単品で購入するときと比べて、顧客を獲得する際にかかる費用を大幅に抑えることができます。

サブスクを導入していないストアは新規顧客を獲得するために、その都度マーケティングの施策を講じる必要があり、かなりの手間がかかるでしょう。

安定的に商品を購入してもらえるサブスクがあれば、費用も時間も削減できます。

顧客の満足度向上に繋がる

サブスクで商品を購入する際に割引などの特典を設ければ、顧客の満足を高めることができます。

単品で買うよりもおトクであればあるほど、顧客を定期購入へと誘導できるでしょう。

また、先述したように、運営側は必要な商品の在庫数をあらかじめ把握できるので、顧客の元に商品が届かないといったトラブルも避けられます。

Shopifyアプリ「定期購買」とは?

上記のアプリは、Shopifyのアプリストアで最も利用されている日本製のサブスクリプション(定期購買)アプリです。

Shopifyにインストールするだけで、 作成したショップに定期購買機能を持たせることができます。※無料で機能を試すことも可能です。

売上アップに欠かせない定期購買機能ですが、このアプリを導入し、たった2ヶ月目で2,000万円/月を売り上げたマーチャントもでているのだとか。

さっそくアプリの3つのメリットについてみていきましょう。

7,300店舗の運営ノウハウが詰め込まれた「定期購買」

アプリを提供する株式会社ハックルベリーでは、「定期購買」のほかに7件のアプリを開発し、7,300以上のマーチャントに利用されています。アプリベンダーとして国内No.1の実績があります。

実績が豊富な企業だからこそ、どこよりも多くShopifyストア運営のお悩みを理解し、成功したマーチャントのノウハウも知っています。

そのためこのアプリには、多くの経験と知見がたっぷり詰まっています。

サブスクリプションビジネスを成功させるために本当に必要な性能を揃え、常にアップデートしてるので最新の知見を得ることができるのもアプリの導入のメリットです。

安心のカスタマーサポート

これまでShopifyを使い定期購買をしようと思った際は海外アプリの利用が主流でした。そのため、質問やサポートが日本語で対応不可ということがほとんどでした。

しかし、「定期購買」アプリは日本の企業が作っているため、導入やカスタマイズのためのテクニカルサポートは日本人スタッフが迅速・丁寧に行ってくれます。質問には、2営業日以内に100%返答可能です。

さらに定期購入モデルを成功するために必要なノウハウ共有など、マーケティングの面でも助言してくれます。

メールはもちろん、オンラインMTGでのサポート体制も整っているので初めて定期購買を始める方にもぴったりです。

外部とのサービス連携が充実

「定期購買」アプリは既存のサービスとの連携が可能になっています。

外部サービスと利用することで、定期購買機能をさらに便利に使うことも可能です。

現在(2022年4月時点)連携しているサービスは以下となっています。

  • ネクストエンジン(受注・在庫管理などのネットショップ管理システム)
  • Shopify Flow
  • LINE(CRM PLUS)
  • Klaviyo(メール・SMS配信サービス)
  • LOGILESS
  • オープンロジ
  • Japan Order CSV
  • Omnisend Email Marketing & SMS 
  • Letters ‑ 紹介プログラムを簡単導入 ‑
  • 配送日時指定.amp
  • タイムズアクト|先行予約
  • どこポイ
  • Easy Points
  • BOX Builder
  • Omni Hub
  • EasyLockdown Access Management

例えばLINEや、Klaviyoと連携すると、継続状況など顧客ごとに効果的なLINEやメールマーケティングを行うことが可能です。

またネクストエンジンと連携することで毎月発生する商品の発送を自動化することができます。

今後もさまざまな他サービスとの連携が予定されているそうです。

Shopifyアプリ「定期購買」の機能

「定期購買」アプリには、マーチャントにとってもショップの購入者にとっても嬉しい機能がたくさん備わっています。

さらに機能についての詳しい説明を希望する際は、こちらで徹底解説資料を無料でダウンロードすることをオススメします。

最初の購入のハードルを下げる!初回割引機能

初回配送の商品と2回目以降の配送商品が変更可能なので、初回サンプルの販売や、初回は商品Aと商品Bで、2回目以降は商品Aのみ、といった柔軟なプラン変更ができます。

まずは商品を試してみたい、といったお客様に効果的です。

顧客ロイヤリティを高める!会員ランク機能

顧客の購入金額により会員のランクを設定が可能です。

会員ランクを設けることで、割引などの優待を設けることができるので解約防止につながり継続率向上が期待できます。

細かな設定が可能なマイページ

購入者やマーチャントそれぞれに管理画面(マイページ)が割り当てられます。

スキップや解約、商品の追加・削除、お届け日の変更など、細かい設定が直感的にできるので「この月はお届け日を早めたい」など細かいニーズに答えることができ、お客様の満足度アップにつながります。

売上予測を簡単に。レポート・分析

ダッシュボードでの分析や、定期購買データのCSVを読み込むことにより顧客分析が可能となっています。

購入者の性質を分析することで、どのようなターゲットに対してアプローチすべきがわかるので効果的なマーケティングが可能になります。さらに、データをもとに売上の予測も簡単になります。

既存アプリからの乗り換えも簡単!

すでに利用している海外製のアプリはもちろん、他社・海外からのアプリからも「定期購買」アプリに既存のデータを移行することができます。

受注情報をそのまま移行することが可能なので、顧客が再度申し込む手間がなく移行時の離脱を防ぎます。

気になるShopifyアプリ「定期購買」の口コミは?

 実際にアプリを利用したストアさんの口コミを集めてみました。

まずはShopifyストアページのレビューを見てみます。

日本語で設定できるのがありがたい、海外製アプリを含めて頭一つ抜けている、カスタマーサポートの対応が早いなど、ポジティブな意見が多いです。

続いてSNSでの反応も見てみましょう。

こちらもポジティブな意見が多く、機能面・サポートともにしっかりしていることが分かります。

Shopifyアプリ「定期購買」の導入方法

インストール後すぐに利用できます。

タグを設置する手順は下記の通りです。

最初に:アプリをインストール

Shopify app store に移動し、アプリのランディングページから「アプリを追加する」をクリックします。

その後、連携を許可してダッシュボードに記載されている手順で設定をしてください。

手順1:テーマにかんたんインストール!

アプリをインストール後、ショップ上に定期購買の選択肢を表示するためテーマにテンプレートをインストールします。

「かんたんインストール」機能を使えば、インストールボタンをクリックするだけで、商品ページやカートに定期購買のプランを表示させることが可能です。Shopifyの開発言語であるLiquidを編集する必要がないので、エンジニアに依頼する手間がありません。手動で設定したいときは、カスタマーサポートに問い合わせることで使っているテーマに合わせて説明してくれます。

手順2:会員ランクを作成しよう!

購入金額に応じた会員ランクを設定してみましょう。

「会員ランク」タブで以下の条件を設定します。

  • ランク名
  • 昇格条件(累計の注文金額)
  • ディスカウント率(パーセンテージ設定)

手順3:プランを作成しよう!

インストールが完了したら、定期販売のメニューを登録しましょう。

設定画面では、「月1配送」「週1発送」など商品に対して複数の定期購買のプランが登録できます。

細かい項目で設定も可能なので商材を選びません。以下の内容を設定します。

  • プラングループの作成
  • 2回目購入以降の配送商品の変更
  • 購入間隔の設定(日,週間,何ヶ月,年から選択可能)
  • 最低購入回数(最低回数なしから100まで選択可能)
  • 最高購入回数(制限なしから100まで選択可能)
  • 割引の設定(割引なし,一定の金額を割引,パーセンテージの3つから選択可能)
  • 初回割引(割引なし,一定の金額を割引,パーセンテージの3つから選択可能)

手順4:プランを設定しよう!

プランを作成すると、Shopify管理ページの商品管理から商品ごとに先ほど作成したプランを関連させることができるようになります。定期販売を行いたい商品を選び、設定したいプランを紐付けます。

単発購入の可否もこちらのページから設定できます。

手順5:動作確認をして実際に販売する

以上で商品を定期購買する準備が整いました。テストモードで正しく動いているか動作確認をして、問題なければ商品を販売することが可能です。

定期購買で商品がうまく購入できない場合は問い合わせてサポートしてもらいましょう。

まとめ:売上アップにマストな施策!定期販売を今すぐ始めよう。

顧客との関係性を継続させることで、ショップのファンになってもらうサブスクリプションモデル。

以前は消耗品などの商材がメインでしたが、最近では無形のサービスなどさまざまな商材が定期販売されており、積極的に定期購入に挑戦するショップも数多くあります。

ネットショップを始めたけどリピーターが増加しない、売上アップの施策を打ちたいけどまず何から始めて良いかわからないといったお悩みをお持ちであれば、まずは「定期購買」アプリを無料で試してみてはいかがでしょうか?
引用元:https://apps.shopify.com/huckleberry-subscription?locale=ja

※「定期購買」アプリについてのお問い合わせは下記まで。
subscription-cs@huckleberry-inc.com

※定期購買が気になっているけどはじめられてない!
すでに定期購買を取り入れているけど、復習してみよう!
新たにECをはじめてみた!
という方にぴったりな「定期購買 徹底解説」ホワイトペーパーも無料配布されています。
ぜひ下記よりダウンロードください。
引用元:https://huckleberry-inc.com/subscription-form/

よくある質問
Q.

サブスクとは何ですか?

A.

サブスクとは「サブスクリプション(subscription)」の略で、主に月額課金や定額制で利用できるサービスのことを指します。

Q.

サブスクを始めるメリットを教えてください。

A.

安定的な売上や新規顧客の獲得ができる点です。

Q.

Shopifyアプリでサブスクはできますか?

A.

Shopifyに専用アプリをインストールすると、 作成したショップに定期購買機能を持たせることができます。


監修者
木村太一
木村太一

木村太一 越境(海外)マーケティング・動画クリエイター

2021年6月より越境マーケティングをさらに強化するため、アメリカ ロサンゼルスにて駐在。以前はフィリピンに約3年滞在し、留学・現地学校での勤務・現地就職を経験。海外歴は計5年程。主にコンテンツ作成やマーケティングを担当し、現在は登録者30万人のYoutuberのマネージメントも手掛ける。内閣府認証 留学協会認定カウンセラーとしても活動中。留学協会・大阪支部長代理。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて5年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。