Shopifyアプリ「Shopify Flow」でタスクを自動化!使い方を解説

Shopifyアプリ「Shopify Flow」でタスクを自動化!使い方を解説

Shopifyユーザーの中には「さまざまな業務に追われて、肝心の収益アップにつながる活動に注力できていない」という方もいらっしゃるかもしれません。特に少人数でShopifyストアを運営する企業にとって、短時間でより多くの作業をこなせるようになるワークフローの自動化は課題のひとつと言えるでしょう。

商品の在庫管理や発注、配送。

マーケティングやプロモーションにおける業務をすべて手作業で行う場合、大幅な人的コストがかかることになります。そんな、ネットショップ運営を効率化したいShopifyユーザーにおすすめのアプリが「Shopify Flow」です。

元々「Shopify Flow」は「Shopify Plus(※1)」でのみ、利用が可能でしたが2022年6月から「スタンダードプラン」でも使えるようになりました。

このアプリの機能を一言で説明すると「コードを設定する必要なく、Shopifyでの業務を自動で行えるようにするアプリ」です。今回はそんな「Shopify Flow」の概要や機能、利用する際のメリットなどを詳しく解説していきます。ぜひ当記事を参考にして「Shopify Flow」の魅力をチェックしてみてください。

(※1)Shopify Plus:取引量の多いストア向けに推奨されるプラン。

Shopifyアプリ「Shopify Flow」とは

冒頭でも少し触れましたが「Shopify Flow」はネットショップを運営する際に必要な業務を自動で行えるようにするためのアプリです。

一言でネットショップ運営と言っても商品の在庫管理や注文管理、カスタマーサポートなど、さまざまな業務が必要になります。個人でShopifyストアを運営する方はこれらの業務をすべて一人で行わなければなりません。

そのような観点から「Shopify Flow」は人的コストをカットするうえでとても重要な役割を担うアプリと言えます。具体的には下記の機能が挙げられるでしょう。

  • 注文管理
  • 在庫管理
  • 広告管理
  • 価格設定
  • 顧客の獲得に向けたプロモーション
  • リスク管理
  • カゴ落ち対策

在庫管理は新しくリリースされた商品へのタグ付け、商品の在庫が少なくなったときのお知らせ。

注文管理は速達で商品を送る際の通知や購入した金額に応じたリストへの追加。

リスク管理は不正な注文の自動キャンセル、返金。

また、$100以上の注文をしてもらった顧客には無料のギフトを送ったり、お買い物時に利用できるポイントやクーポンを付与したりと、細かくワークフローを設定できます

このような業務を自動化することで、人的コストや時間を大幅に節約することができるでしょう。
余った時間で収益を増やすためのマーケティング施策や顧客の行動分析などを行ってみるのもいいかもしれません。

このとき、コーディングや難しい設定は不要なので、誰でも簡単に実装することができます。
なお、他のShopifyアプリ外部のサービスと連携して、ワークフローを作成することも可能です。

「Slack(※2)」「Trello(※3)」などを利用している企業は通知・タスクの管理が一括で行えるようになる、連携機能を使ってみてください。

Shopify Flow

おすすめアプリ Shopify Flow

(※2)Slack:Slack Technology社が開発したSaaS型ビジネスチャットツール。
(※3)Trello:カンバン方式でタスク管理ができるビジネスツール。

Shopifyアプリ「Shopify Flow」の機能

「Shopify Flow」では「ワークフローのテンプレート」が100種類以上も用意されています。

例えば「あなたのShopifyストアを訪れたネットユーザーが◯◯をしたから、自動で××する」といったイメージでワークフローを設定することが可能です。
少し長くなりますが、その一例をご覧ください。

ワークフローのテンプレート一覧

「Shopify Flow」の機能
$100以上の注文に対して無料のギフトを送る。
2回注文していただいた顧客に対して、クーポンコードを付与する。
3回注文していただいた顧客に対して、ギフトカードを送る。
「In Stock Alerts(※4)」を利用して、ショッピングの際に利用できるポイントを付与する。
レビューを送ってくれた顧客にSMSでメッセージを送信する。
顧客が商品を購入した店舗をタグに追加する。
顧客の誕生日にポイントやクーポンコードを付与する。
初めて商品を購入した顧客の行動を追跡する。
ストアでアカウントを作った顧客をタグに追加する。
まだアカウントを作っていない顧客をタグに追加する。
欲しいものリストに追加された商品のセールをお知らせする。
欲しいものリストに商品が追加された際にポイントを付与する。
ギフトカードを使って商品を購入した受注情報をタグに追加する。
否定的なレビューが送られた際に運営側へ通知を送る。
否定的なレビューを送った顧客へサポートチケットを送る。
否定的なレビューを送った顧客へメッセージを送る。
否定的なレビューをGoogleスプレッドシートで追跡する。
新しくメールアドレスを追加してくれた顧客へクーポンコードを付与する。
モバイルアプリを使って注文した顧客に対してポイントを付与する。
要注意リストに追加されている顧客へのレビューリクエストメールをキャンセルする。
要注意リストに追加されている顧客の注文をキャンセルする。
要注意リストに追加されている顧客の受注情報を「Trello」に追加する。
要注意リストに追加されている顧客の支払い確定をキャンセルする。
優良顧客の行動を追跡する。
優良顧客の受注情報を追跡する。
特定の商品における受注情報を追跡する。
大量に商品が注文された際にその受注情報を運営側に送る。
画像を使ったレビューを送ってくれた顧客に対して、ポイントを付与する。
新しい商品の販売がスタートした際に顧客へお知らせする。
新しい商品を商品名ごとに分類してタグに追加する。
新しい商品をカラーリングごとに分類してタグに追加する。
問い合わせをした顧客に対してサポートチケットを送る。
商品の在庫が少なくなった際に運営側へ通知を送る。
商品の在庫が少なくなった際に在庫補充のタスクを作成する。
商品の在庫が少なくなった際に再注文のタスクを作成する。
在庫切れ商品をストアページで非表示にする。
在庫数に応じて検索結果に表示される順位を調整する。
実店舗で商品を購入した顧客をタグに追加する。
予約注文に対してポイントを付与する。
商品が大量に注文された際に顧客へ割引情報をお知らせする。
初めての注文から1ヶ月後にクーポンコードを付与する。
決済を行った外部サービスごとに分類してタグに追加する。
商品が発送された際に顧客へメッセージを送る。
注文が行われた通貨ごとに分類してタグに追加する。
商品を速達で送る際に物流チームへメッセージを送る。
注文を行った回数に応じて顧客を分類してタグに追加する。
特定のクーポンが使われた際に運営側に通知を送る。
特定のドメインで商品が注文された際に運営側に通知を送る。
特定のメールアドレス・IPアドレスからの注文をキャンセルする。
特定の商品が購入された際の受注情報を分類してタグに追加する。
特定の商品が販売される際に顧客へお知らせする。
特定の配送方法が選択された際の受注情報を分類してタグに追加する。
顧客がアンケートに答えてくれた際にポイントを付与する。
顧客が答えてくれたアンケート結果をスプレッドシートにまとめる。
これまでの購入額に応じて顧客を分類してタグに追加する。
送料が無料になる受注情報をタグに追加する。
顧客が電話を使った問い合わせを希望している際に運営側に通知を送る。
高額商品の返品が行われた際に早急に顧客へ連絡する。

これ以外にも「ワークフローのテンプレート」はいくつも用意されています。
あなたの運営スタイルに合わせて、好みのフローを実装してみてください。

なお「Shopify Flow」のテンプレートはすべて英語で表示されており、少しわかりにくいかもしれません。

ワークフローのテンプレート
英語表記日本語訳
Notify customers that wishlist items are on sale欲しいものリストに追加した商品が販売されていることをお知らせする。
Add post-purchase survey results to a spreadsheet顧客が答えてくれたアンケート結果をスプレッドシートにまとめる。
Get notified when you receive negative reviewsネガティブなレビューが送られた際に運営側に通知が届くようにする。
Track customers without accounts in a spreadsheet会員登録が完了していない顧客をスプレッドシートに追加する。
Organize customers by order count tiers注文を行った回数に応じて顧客を分類してタグに追加する。
Track amount of times customers have returned items顧客が商品を返品した回数を分析・追跡する。
Get notified when product variant inventory is low商品の在庫が少ない際に通知が送られるようにする。
Tag and organize new products by title新しく販売開始された商品の名前に応じて分類してタグに追加する。
Reward VIP customers with extra loyalty points after a purchase優良顧客にポイントを付与する。
Reward loyalty points and notify customers when deliveries are delayed商品の配送が遅れた際に顧客へポイントを付与する。
Get notified when an order containing a specific product is cancelled特定の商品がキャンセルされた際に運営側へ通知を送る。
Get notified when specific discount code is used特定のクーポンが使われた際に運営側へ通知を送る。
Edit and add free gift to orders over $100$100以上の注文に対して無料のギフトを送る。
Text discount code after first order初めて商品を購入した顧客へクーポンコードを付与する。
Email discount to customers on their birthday顧客の誕生日にポイントやクーポンコードを付与する。
Cancel, refund and restock orders from known bad actors要注意リストに追加されている顧客の注文をキャンセルする。

このように選択肢がすべて英語で表示されるので、中には抵抗を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それらを抜きにしても「Shopify Flow」は作業の自動化を行ううえでとても便利なアプリと言えます。必要に応じて翻訳を行っていただき、自分が利用したいテンプレートを探してみてください。

テンプレートの利用方法

「Shopify Flow」を利用するには、まずはアプリでワークフローを作成しなければなりません。
ワークフローを作成するには、テンプレートを利用する、または手作業で作成する方法があります。

テンプレートを利用する際は先述した、100種類以上のテンプレートを選択すれば簡単に作成が可能です。お好みに応じて、テンプレートはカスタマイズできるので、あなたの運営スタイルに合わせて、自由に設定してみてください。

ワークフローの作成例はコチラです。

  • トリガー)顧客が商品を購入したので、その商品が自動で発送される。
  • 条件)商品を購入した顧客は今回が初めての購入だった。

もし、好みのテンプレートがなければ、一から手作業で作成するのがおすすめです。
手動でワークフローを作成する場合はまず、トリガーとなるアクションを決めましょう。

次にトリガーが発動する条件を設定します。
最後にアクションを追加すれば完了です。

このとき「ワークフローをプレビューする」をクリックして、実際にアクションが発動するかテストしておきましょう。

なお、一度作成したワークフローはアプリの管理画面に一覧で表示されます。ワークフローの「オン」「オフ」はこの管理画面上で簡単に行えるので、状況に応じて切り替えてみてください。

このように、ニーズに合わせて柔軟にワークフローを設定できるのは「Shopify Flow」の魅力のひとつです。

(※4)In Stock Alerts:商品の再入荷通知やメッセージをユーザーに送信するアプリ。

Shopifyアプリ「Shopify Flow」を活用するメリット

ECショップを運営する方にとって、在庫管理や受注管理が自動で行えるようになると、作業にかかるコストを大幅に削減できます。

特に個人でECショップの運営を行う場合、対応できる業務量はすぐに限界を迎えてしまうでしょう。
もし、短時間で作業が行えるようになれば、これまでは業務に追われていた時間をより有効に使えるようになります。

余った時間で顧客の行動分析やより良いサービスの構築、マーケティング施策など、売上を上げるための時間に使ってみてください。

あらゆる業務に追われて、サービスの質が下がってしまっては、なかなか思うような収益を上げられないでしょう。また、良い施策を考えたとしても、なかなか実行に移せなければ、意味がありません。

自動化できる業務は自動化して、運営側の負担はできるだけ減らしていきましょう。

まとめ:Shopifyアプリ「Shopify Flow」でタスクを自動化!使い方を解説

今回はECショップにおけるタスクを自動化できる「Shopify Flow」をご紹介しました。

ShopifyでECショップを運営する方の中には、日々膨大な業務に追われて、あらゆる業務が疎かになっている方もいらっしゃるかもしれません。しかし「Shopify Flow」を利用すれば、特定のアクションに応じて自動でタグに追加したり、顧客にメッセージを送信したりできるようになります。

業務に追われる時間が少なくなれば、余った時間で他の作業が行えるようになるでしょう。あなたのストアを訪れた顧客の満足度を上げるためにも「Shopify Flow」を使って作業を効率化してみてください。


あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて5年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。