2021.9.16

ShopifyとInstagramを連携し、サイトにInstagramを掲載する方法

ShopifyとInstagramを連携し、サイトにInstagramを掲載する方法

2018年6月にInstagramに導入されたInstagramショッピング。投稿画像から直接ECサイトにアクセスできるため、収益向上にも役立ちます。ただ比較的新しい機能なので、連携方法が分からない人も多いでしょう。そこで今回は、ShopifyとInstagramを連携する方法を分かりやすく解説します。

Instagramショッピングを知ってる?

2018年に導入されたInstagramショップは、写真や動画から直接ECサイトに誘導して簡単に買い物ができる機能のことをいいます。従来のInstagramでは投稿にリンク先は貼れなかったので、直接ECサイトへ誘導できませんでした。

ユーザーは気になるブランドを投稿上で見つけた場合は、一度Instagramから離脱してEC サイトを検索しなければいけなかったのです。Instagramショッピングが導入されたことにより、いくつかのステップを踏まなくてもよくなりました。

Instagramの利用者の負担が減ることはもちろんですが、企業側も購買に繋げられる可能性が高くなるので双方にとってメリットがある機能です。ただしInstagramショッピングを利用するには事前に連携作業を行わなければいけません。

ShopifyとInstagramの連携方法

Shopifyは初心者でもECサイトを作れるプラットフォームで、世界175ヶ国・100万店舗以上で導入されるほど大きな注目を集めています。そんなShopifyは事前に手続きを行えば、Instagramと連携することが可能です。ここでは、ShopifyとInstagramを連携する方法を紹介します。

方法①事前に利用要件に該当しないか確認する

Instagramショッピングを利用する前に確認すべきなのが、利用要件です。実はInstagramショッピングでは販売できない分野があります。公式サイトで確認できるので、自社で取り扱う商材が該当しないかどうか確認しておきましょう。

またInstagramショッピングは、企業が運営するECサイトのドメインの場合のみ商品を販売することができます。この点も意外と見逃しがちなので、確認を忘れないように注意が必要です。ここまで確認できたら、次に進みましょう。

方法②企業アカウントに切り替える

Instagramショッピングは、個人アカウントでは利用することはできません。もし企業で保有しているのが個人アカウントなら、企業アカウントもしくはクリエイターアカウントに切り替えましょう。

企業アカウントに切り替える方法は、まずアカウントから右下のアイコンを選択します。「三本線」「設定」「アカウントに切り替える」を順にタップして「完了」を選びましょう。その後に企業アカウントもしくはクリエイターアカウントを選んで連絡先の情報を確認します。最後に、リンクさせるFacebookページを選べば切り替えは完了です。

方法③Facebookチャネルを追加する

企業アカウントもしくはクリエイターアカウントに切り替えたら、ShopifyにFacebookチャネルを追加しましょう。まずは、Shopifyの管理画面にある販売チャンネルから「+」を選択します。

Facebookの横の「+」を選び、「販売チャンネルを更新する」を押してFacebookチャネルを追加すれば手続きは完了です。すでにFacebookチャネルを追加している人は、次の作業に進んで問題ありません。

方法④Instagramショッピングを設定する

FacebookチャネルでInstagram上での販売設定の開始を選択しましょう。連携するアカウントや接続するInstagramのアカウントを選びます。それぞれアカウントを選んだら、「審査をリクエストする」をクリックして承認を待ちましょう。

ちなみにFacebookとInstagramでの販売は切り分けて考えられています。Facebookで審査が通ったにもかかわらず、Instagramでは審査に落ちてしまうケースもあるので注意しましょう。

方法⑤ECサイトのドメイン認証を行う

審査が完了する前に、InstagramからECサイトのドメイン認証が求められます。メールアドレスに届くため、なかには見落としてしまう人もいるようです。審査リクエストをしてから早ければ24時間以内に届くため、見落とさないようにしましょう。メールが届いたら指示通りに作業を進めるだけです。

方法⑥Instagramでショッピングの設定を行う

審査を通過して通知が届いたら、Instagramでショッピングの設定を行いましょう。まずは、プロフィールに移動して「三本線」「設定」「ビジネス」「Instagramショッピングを設定する」の順に選択。利用規約の内容を確認して「利用規約に同意」を選択しましょう。これで、Instagramの利用が承認されたので機能が使えるようになります。

ShopifyとInstagramを連携させるメリット

Instagramを保有しているなら、Shopifyと連携させれば企業はさまざまなメリットを得られます。特に企業にとって嬉しいのは、利益率向上に繋げられることでしょう。ここでは、ShopifyとInstagramを連携させるメリットを解説します。

メリット①Instagramから直接購入できる

ShopifyとInstagramを連携させる最大のメリットは、投稿に貼られたタグからECサイトに直接アクセスできることです。投稿を見た利用者は、購買意欲が高いままECサイトに移れるので商品の購入に繋げられる可能性が高くなります。

また商品を購入できるサイトを探すために、わざわざURLを打ち込んだりコピペしたりする必要もないため、利用者にとって煩わしさを感じることもありません。この便利さからInstagramでお気に入りの商品を探す利用者もいるので、売上げの伸びが悪いならShopifyと連携させるのがおすすめです。

メリット②新たな顧客を獲得できる

ShopifyとInstagramを連携させることで新たな顧客を獲得できるメリットもあります。Instagramの利用者は年々増加しており、特に若い層はアカウントを保有していない人のほうが少ないほどです。

また、Instagramの投稿から情報を収集する人も少なくありません。今まで自社の商品を知らなかった層にもアピールできるチャンスがあるのです。定期的にInstagramで商品の紹介をすれば、利用者の目に留まり購入に繋がる機会を得られるでしょう。

ShopifyとInstagramの連携に使えるアプリ 

Shopifyで正式にリリースされているアプリの中でInstagramとの連携に使えるものがあります。これらのアプリをうまく活用できれば、より収益向上に繋げられる可能性があります。今回紹介するアプリは、以下のとおりです。

  • PhotoHero
  • Instagram Feed + Photo Gallery
  • Instagram shop by Snapppt

それぞれの特徴や機能を確認していきましょう。

アプリ①PhotoHero

投稿を簡単に商品に紐付けて訴求できるのが、PhotoHeroです。近年は偽装のレビューが横行しているため、利用者が怪しいと感じて不信感を抱き購入に至らないケースも目立っています。PhotoHeroでは実際に商品を購入した人や使用した感想が記載された投稿が並びます。これから購入しようか悩んでいる利用者にとっては、役立つ情報があるのです。また、ユーザーの投稿が表示できるので、利用者の信頼を得られるのも魅力です。

アプリ②Instagram Feed + Photo Gallery

Instagram Feed + Photo Galleryは、Mintt Studio社が開発したアプリです。このアプリを導入すれば、Instagramの投稿を自社のECサイトに表示することができます。またサイトに表示されている投稿写真にタグ付けができ、写真から直接商品が購入できるようになるのです。料金は無料プランだけでなく、有料プランも用意されています。

アプリ③Instagram shop by Snapppt

Instagramで投稿されたコンテンツを利用してShopifyに転載することが可能です。またInstagramとShopifyは常に同期されているため、Shopify上のコンテンツも最新に維持できます。特に商品やサービスの購入に迷っている見込み客に対して効果的です。Snappptはブログにも埋め込みが可能でなので、販売できる場所を広げられるのも嬉しいメリットでしょう。

ShopifyとInstagramを連携している企業アカウント事例

ShopifyとInstagramの連携に興味があるなら、他の企業はどのようにECサイトに導入しているのか知りたい人も多いはずです。ここでは、ShopifyとInstagramを連携している企業アカウントの事例を紹介しました。導入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

事例①Sellenatela(シューズブランド)

東京発のシューズブランド「シューズブランド」。日本人デザイナーによって作られた靴なので、日本人の足に合ったシューズが並びます。そんなSellenatelaではECサイトでInstagramの投稿が紹介され、直接購入できるようになっています。

事例②FUMIKODA(バックブランド)

ビジネスからカジュアルまであらゆる場面で活躍するバッグを展開する「FUMIKODA」。シンプルなデザインを追求し機能性にも優れているのが特徴です。そんなFUMIKODAでは、自社で投稿したInstagramをECサイトで紹介しています。

まとめ:ShopifyとInstagramを連携し、サイトにInstagramを掲載する方法

Instagramショッピングが新しく追加されて以降、Shopifyと連携することが可能になりました。事前の準備が必要ですが連携することで、販売場所を拡大できたり収益向上に役立ったり企業側が得られるメリットは多くあります。

Instagramの利用者にとってもコンテンツから直接ECサイトに飛べるので、「商品情報をもっと知りたい」「購入したい」と思った時にすぐに確認できます。何かお気に入りのものを探す時にInstagramを利用する人は増えています。InstagramとShopifyを連携することで見込み客の増加や利益率の向上が見込めるのでぜひ前向き検討しましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。