2021.8.13

2021.8.19

Instagram運用代行会社をご紹介 費用の相場・サービス内容は?

Instagram運用代行会社をご紹介 費用の相場・サービス内容は?

 Instagram運用をするメリット

ユーザーを巻き込むことができる

Instagramは写真や動画を撮影し、他の人と共有できる手軽なSNSツールです。特に若い女性層に人気があるツールで、いわゆるインスタ映えする写真が撮れるとあれば、その商品やサービスまでもが人気になるという点が非常に特徴的です。企業側もそれをよくわかっていて、インスタ映えする商品の開発を進めたり、自社商品の広告宣伝活動にInstagramを使ったりしています。Instagramの運用については、自社で行う場合と外部の運用代行会社に依頼するケースがあり、昨今ではスペシャリストである運用代行会社に任せる傾向の方が強くなっています。企業としてInstagramを広告宣伝活動に使うメリットとしては、ユーザー参加型のキャンペーンを打ち出すことができる点にあると言ってもいいでしょう。テーマに沿ったインスタ映えする写真を募集する等して登録者を増やし、ユーザーを潜在的な顧客層として確保できるからです。Instagramはビジュアルに訴えかけるSNSであり、より多くのユーザーが気軽に参加できる点でも、企業側のメリットは大きいと言えるでしょう。

効果的なハッシュタグで広い浸透が可能

Instagramと言えばハッシュタグがよく知られた特徴の1つです。ハッシュタグは検索ワードのようなもので、自分の投稿を探して欲しい人が自ら付けることもありますし、他の投稿についていたハッシュタグを使ってさらに拡散することもあります。非常に便利な機能だと言えます。特にInstagramでは数個~10個以上のハッシュタグを付けることも可能なため、多角度的にユーザーを呼び込むこともできるでしょう。ハッシュタグは、購買行動にも一役買っており、欲しい商品に関する情報をハッシュタグで探し、実際に購入することも多いようです。この点は、企業がInstagramの運用を積極的に検討する1つの大きな理由だとも言えるでしょう。

他のSNSとの連携が容易で拡散しやすい

複数のSNSを連携して使うと、拡散力がよりアップするので効果が抜群になります。Instagramにも連携機能があるので、インスタ映えする写真でユーザーの目を惹き、自社のFacebookページ等に誘導して購買行動を促してあげると良いでしょう。また、Facebookでは商品紹介ページ、Twitterではキャンペーン告知といったように使い分けるのもお勧めです。

イメージを伝えるフォトギャラリーになる

写真メインのSNSであるInstagramを上手に使うと、イメージ作戦もうまくいきやすくなります。商品やサービスのイメージを写真1枚でわかりやすく伝えたり、企業ブランドのイメージを浸透させたりするのに非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。特にリアル店舗やネットショップ等は、Instagramの写真をギャラリーとして使い、お客様を呼び込む販促ツールにするのもお勧めです。見る人にとってどれだけ訴求力の高い写真を撮れるか、という点も重要になってくるので、担当者の撮影技術や画像加工技術は常にスキルアップしていかなければいけませんし、必要と感じたら運用代行会社に外注することも検討してみましょう。

ショートムービーでコマーシャル効果も

Instagramには、実は動画投稿機能が備わっています。投稿できるのは15秒程度のショートムービーなのですが、逆に言えば、短い動画の中で効果的に伝えたいことを伝えることができるので、販売促進活動にはもってこいなのです。このため、昨今では多くの企業がInstagramの動画投稿機能を活用しており、プロモーション等を上手に拡散しています。

うまく使いたい画像加工機能

画像を加工する時、一般的にはフォトショップ等の画像加工ソフトを駆使してクオリティの高い画像を作成します。しかし、フォトショップ等のツールは、慣れていないと機能の多さを使いこなせないデメリットが存在するのも事実です。しかし、Instagramに備わっている画像加工機能を使えば、一定程度のクオリティを持った画像を誰でも作成できるので、自社での運用も非常に効率的になります。

若い女性層にアプローチしやすい

Instagramのユーザー層は、若い女性であることが特徴的です。特に、10代から20代の女性の情報発信ツールとして人気があると言えます。若い女性層の傾向として、ネット上で見つけた気になるお店や気になる商品等に対し、実際にお店を訪れたり商品を購入したりするといった行動の早さが挙げられます。若い女性向けの商品やサービスを展開していきたい企業にとって、Instagramはとても有効なSNSということになるでしょう。ターゲットもおのずと絞られるので、マーケティング効果も出やすいと言えます。

最大活用したい画像による訴求力

人間がパッと見て内容を理解するのに最も有効なのが、写真や画像だと言われています。文章だと読みながら想像しなければなりませんし、動画は見終わるまで全容がわかりません。しかし、写真や画像であれば、パッと見るだけでイメージが湧きやすいのです。したがって、訴求力という観点から見れば、Instagramを使った写真・画像でのマーケティングは効果が高いということになります。この点は企業にとっても大きなメリットになることでしょう。

運用代行を利用するメリット

運用スタッフの削減

マーケティングにInstagramを使うためには、定期的な投稿はもちろんのこと、クオリティが高く訴求力のある写真や画像の作成が欠かせません。コメントが付けば返信も必要になりますし、運用には意外な手間と労力がかかるものです。Instagramを始めとするSNSに詳しいスタッフがいたとしても、通常業務に加えInstagram運用まで任せることは大きな負担になります。運用代行を利用すれば、Instagramマーケティングを任せることができるので、スタッフは会社として必要な業務への専念が可能になるのです。

Instagramマーケティングの効果的な運用

企業が運営するInstagramは、一般ユーザーと異なり、欠かさず更新してフォロワー数を増やせばそれで良い、とはいきません。企業がSNSをマーケティングに利用するのは、ブランドイメージを浸透させたり商品を広く認知させたりといった目的があるからなのです。効果を見込んだ運営を行わなければ、Instagramの効果も十分に発揮できません。やはり、Instagramマーケティングについて知識と経験を持った人材が欠かせないのですが、必ずしも社内に適切なスタッフがいるとは限らず、いたとしても通常業務に支障が出ることは避けなければいけないでしょう。Instagramの運営代行会社が存在するのは、そういった背景事情があるからで、企業としても必要な予算を割いて効果の高いInstagramマーケティングを展開していくようにしたいものです。

運用代行会社のInstagramで自社の魅力を見直せる

Instagram運用代行会社の意義は、企業やその商品の魅力を効果的な形でユーザーに伝えていくことにあります。企業に代わってアピールしていきますので、Instagramマーケティングにも精通していますし、依頼企業の魅力もしっかり把握したうえで、Instagramの運用を行っているのです。第三者に運用を任せている企業側としては、プロによるInstagram運用を通して自社や商品の魅力を再確認できる良いチャンスになるでしょう。また、自社の人間では気付かなかったような視点を知ることもできます。今後の会社の姿を考える際に、とても良い材料になると言えます。

Instagram運用代行を行なっている会社紹介

Webcolo

ウェブ・コロは、商品やターゲットについて十分に理解したうえでユーザーのニーズを捉え、ファン化に向けた効果的なマーケティングを展開します。Instagram運用についても、認知から刈り取りまでの一貫した対応が可能なので、認知させるだけではなく、購入がKPIの場合にお勧めです。

特徴競合と比較して改善点を発見し、KPIに合わせた企画を提案
人材ピックアップから一貫したディレクション

Social Media Lab

Instagram運用における知識や経験が不足しているか、力はあるものの手が回らずサポートを必要とする企業に向けた運用代行を提供しています。投稿記事やフォロワーからのコメント管理はもちろん、広告運用やコメント欄の炎上防止策等、Instagramマーケティングを実施するうえで不可欠な役割を果たします。

特徴Instagramユーザーの声を集めるリスニング業務
炎上対策
ユーザーサポート
料金見積もりによる
契約期間6ヶ月~

FrontSupport

企業の集客ツールとしてのInstagram運用を助け、認知度アップを支えてくれます。英語・中国語・韓国語を駆使した海外マーケティングを得意としており、同地域に向けたWEB接客も可能です。企業は、ニーズを持つターゲット層がより広くなるメリットを受けられるでしょう。

特徴海外のSNS運営実績あり
Twitterを活用したマーケティングフォロー
WEB接客による顧客サポート
料金問合せによる

Instagram運用代行サービス一覧

シェアコト

シェアコトにおけるInstagram運用料金プランは、初期開設か運用代行かによって代わってきます。初期開設の場合は内容によって20万円から40万円ほどとなっています。運用代行の場合も内容によって変化し、金額は30万円から60万円ほどです。この他にも、Instagramアカウント開設・6ヶ月間の運用代行・キャンペーン2回、という内容のスタートパックが提供されています。料金は約200万円から360万円で、投稿頻度によって金額は変わってきます。

運用代行初期費用20~40万円
月額費用30~60万円

引用元:Instagram ZERO

スナップレイス

スナップレイスでは、運用代行プランを4種類提供しています。最も手厚いプランは運用代行フルになり、Instagram運用に不安を持つ企業にも安心して利用して頂けます。この他、UGC運用プラン、運用代行ミニ、運用サポートとプラン内容はどんどんシンプルになっていきますが、その分、料金はよりリーズナブルになり利用しやすくなります。

運用代行フル初期費用:なし
月額費用:30万円
UGC運用プラン初期費用:なし
月額費用:28万円
運用代行ミニ初期費用:なし
月額費用:20万円
運用サポート初期費用:なし
月額費用:10万円

引用元:Instagram ZERO

CIN GROUP(Instagram ZERO)

CIN GROUPで提供しているInstagram運用代行プランには5種類あります。アカウントの設計のみ依頼したい、Instagram運用からレポート作成まで依頼したい、といったように、ニーズに合わせてサービスを提供することが可能です。この他にも、アカウント開設からInstagram運用、レポート作成までの一連の工程をワンストップで提供するサービスもあります。相談により、サポートメニューのカスタマイズが可能なので、企業ごとに異なるニーズにピッタリ合ったプランを作り上げることができるのです。例えば、コンサルティングプランを選んだ場合は初期費用10万円+月額料金10万円となりますが、プラン内容の一部は自社で遂行できるという場合、その分を差し引いた料金設定とすることもできます。

運用設計プラン初期費用:20万円
月額費用:0万円
コンサルティングプラン+投稿代行プラン初期費用:10万円
月額費用:22万円
コンサルティングプラン初期費用:10万円
月額費用:10万円
投稿代行フルプラン初期費用:10万円
月額費用:15万円
投稿代行プラン初期費用:10万円
月額費用:8万円

引用元:Instagram ZERO

サイバーバズ

基本運用プラン、制作/運用プラン、投稿選出/運用プランという3種類の運用代行プランを提供しているため、自社ではできないことを補う、という形で導入プランを選ぶと良いでしょう。例えば、Instagramに使う写真を自社で用意する場合は基本運用プランを選択し、写真撮影も依頼したい場合はパッケージになっている制作/運用プランを選択する、といった具合です。

基本運用プラン初期費用:20万円~
月額費用:35万円~
制作/運用プラン初期費用:20万円~
月額費用:70万円~
投稿選出/運用プラン初期費用:20万円~
月額費用:55万円~

引用元:Instagram ZERO

Instagram費用相場

初期費用とコンサルティング費用

Instagram運用代行プランで初期費用がかかるかどうかは、代行会社のプラン内容により変わります。一般的には、初期費用無料~30万円が相場となっていますが、初期費用を支払うことによりどのようなサービスが提供されるかは、予め確認しておくと良いでしょう。また、運用代行会社ではコンサルティングプランを提供しているところもあり、その費用相場は約10万円~30万円となっています。主な内容は、Instagram運用における企画、投稿テーマ設定、運用レポートと改善策の提供・実施といったものが多いようです。

初期費用無料~30万円
コンサルティング費用10万円~30万円

引用元:スナップレイス

Instagramに限ったことではありませんが、SNS運用の際は、どのようなテーマでコンテンツを投稿していくか、方向性を決めて企画化する必要があります。どのInstagram運用代行会社のプランにも投稿テーマ設定が含まれている傾向にありますが、サービスの質は代行会社によって変わってくるので、申込み前の相談段階でよく確認する必要があるでしょう。具体的には、データに基づいた企画を提供してくる代行会社なのか、企業担当者による個別対応的な発案企画なのか、ということです。Instagram運用はマーケティングを目的として行うため、きちんとデータに基づく提案ができる運用代行会社かどうか、見極めなければなりません。同時に、運用レポートの提供や改善策の提案が行われる頻度も重要です。どれくらい詳細な報告や提案を行ってくるかも大切な点ですから、口コミ等も参考にすると良いかも知れません。投稿ごとにフォロワーからのコメント数やいいねの数を統計として書き出し、記事を追うごとにフォロワー数がどう変化しているのか、フォロワーの質はどうなのか、といった点まで迫る分析ができることが重要です。

写真や動画の撮影と加工

Instagramマーケティングにおいて最も重要な作業は、いかに訴求力のある写真や動画を撮影できるか、という点に尽きます。クリエイティブで専門的な作業になることから、運用代行会社に依頼した場合は、プラン内容あるいはオプション料金として、写真撮影と加工で月額10万円から40万円ほどの費用が必要になるでしょう。撮影した写真や動画は、さらにサムネイルを作成することでフォロワーの目に留まりやすくなるため、加工のセンスも問われるところです。Instagramにはプロフィールページがあり、そこに掲載されている写真が多いほどフォロワー数が増える傾向にあると言えます。このため、どのような写真を載せるかはもちろん、どのような順序で並べるか、といった細部にまでこだわって運用する必要が出てくるでしょう。これもInstagramマーケティングの最適化の1つであり、運用代行会社に必須のクオリティとなります。

投稿文作成とハッシュタグ選定

運用代行会社にInstagramの投稿文作成と適切なハッシュタグ選定を依頼すると、月額でだいたい5万円から20万円かかるとされています。運用代行会社により料金設定が異なることと、投稿文作成とハッシュタグ選定という作業をどこまで詳細に実施してもらえるか、内容によっても代わってくると言えるでしょう。しかし、投稿にどういったハッシュタグを付けるかは、大変重要なポイントとなってきます。ハッシュタグはInstagramにおける検索ワードのようなものですから、ユーザー心理を考えながら慎重に選ばなければなりません。選定したハッシュタグが適切かそうでないかによって、フォロワーや一般ユーザーからのアクセスは10倍以上も違ってくるのです。フォロワー数の増加割合にも大きく関わってきますので、運用代行会社に依頼する場合は、ハッシュタグ選定のクオリティをしっかり見極め、料金とのバランスを考えて決めることが大切です。

投稿代行

投稿文作成とハッシュタグ選定とは別に、投稿文の投稿にも料金がかかってきます。月額にすると、約5万円から20万円まで見ておいた方が良さそうです。プランの中に、投稿文作成と投稿の両方が含まれている場合は別として、投稿文作成と投稿がオプションになっているケースもあるので注意しましょう。確認しておくべき点としては、土日祝日にも投稿してもらえるのか、別料金がかかるのか、といったことが挙げられます。Instagram閲覧者はやはり夜間や土日祝日に一気に増えますので、大事なタイミングで投稿を行ってくれるかどうかはかなり重要です。

Instagram運用代行会社を選ぶコツ

実際に結果を出してくれるかどうか

Instagramマーケティングを運用代行会社に任せる最大の目的は、結果を出してもらうことにあります。フォロワー数保証を行っている会社もあるようですが、大切なのは、増やしたフォロワーをいかにして購買行動に誘導するか、という点です。ホームページや口コミ等から実績をよく確認し、実際に問い合わせを行って、気になるところは依頼前にしっかりと解決するようにしましょう。

コストパフォーマンス

依頼する側として非常に大切なのは、費用を支払った分かそれ以上の結果が返ってくるか、という点にあります。いわゆるコストパフォーマンスが高いかどうか、ということです。Instagram運用代行会社に支払う金額は、プラン等にもよりますが、数万円から数十万円までかなり幅広い設定があり、依頼できる内容も金額に応じて変わってきます。特に実績のある運用代行会社の料金は高めであることが多いでしょう。今回初めて運用代行会社に依頼するという場合は、予めよく運用代行会社と相談した上で、自社でできることは自ら行い、必要な部分だけを運用代行会社に任せて費用を抑え、様子を見ていくのも良いかも知れません。

サポート体制の充実度

Instagramを含めSNSマーケティングは即対応がカギです。Instagramを使ったマーケティングでは、ちょっとしたタイミングの差が企業キャンペーンの結果を微妙に左右します。また、フォロワー数の獲得にも差が出たりします。このため、運用代行会社に依頼する場合は、問合せから回答までの時間は短いに越したことはありません。どの運用代行会社もサポートを提供していますが、以下の点に注意して各社を比較してみると良いでしょう。

  • 相談に対する回答に時間がかかっていないか
  • プラン外の相談に対する柔軟性はどうか
  • 毎回担当者が代わっていないか 等

Instagram運用代行導入事例

通常業務が忙しくInstagram運用が十分にできないケース

雑貨店等、写真を使ったマーケティングが適している業種では、積極的にInstagramを運用すると良いのですが、通常業務が忙しくInstagram運用まで手が回らないことも多々あります。そういった場合は運用代行会社に依頼すれば、インフルエンサーを起用した写真撮影から投稿文作成、投稿作業、運用レポートに至るまでトータルでフォローしてもらうことができます。自分でできる範囲の作業は自分で行い、手が回らない部分だけを依頼することも可能なケースがあります。このへんは、実際に運用代行会社に問い合わせて、どういった形で依頼するのが適切かアドバイスをもらうと良いでしょう。

新作コスメの販売がおもわしくない時の運用代行依頼ケース

自社で女性向けの新作コスメを発売し、Instagramマーケティングを実施するべくアカウントを作ったのは良いが、どうしてもうまく購買行動まで誘導できないケースもあります。そもそも、どういう写真を撮影すれば惹き付けられるのか、投稿文はどう書けば良いのか、写真加工の技術が乏しい、といった背景事情もあります。このような場合は、運用代行会社に任せることで、インフルエンサーを起用したプロモーションを期待することができます。コスメと相性の良いインフルエンサーをピックアップしてもらい、利用シーン等の効果的な写真撮影から投稿用の加工まで任せ、マーケティングにぴったりのハッシュタグも選定してもらえば、効率の良い販促活動が実現できます。

 まとめ

Instagram運用自体は自分の手でもできることですから、社内運用か運用代行会社に依頼するか、迷うところかも知れません。もし、社内でInstagramマーケティングに特化したスタッフを配置できるのであれば良いですが、どの会社でもそれが可能だとは限りません。そこで存在意義を発揮するのが運用代行会社です。Instagramの運用自体はもちろんのこと、インフルエンサーを起用した適切なマーケティングプランを実行し、フォロワーの購買行動についてレポートして改善策を提案する等、とても心強いサポートを得ることができるからです。Instagramマーケティングに関する全てを任せても良いですし、部分的な戦力補給の意味で依頼するのも良いでしょう。どちらにしても、効率の良い売上アップ方法として、運用代行会社への依頼も選択肢に入れておくと良いと言えます。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。