2021.8.31

【2021年最新版】Instagramのアルゴリズムを分かりやすく解説

【2021年最新版】Instagramのアルゴリズムを分かりやすく解説

多くの企業では消費者とコミュニケーションを図れたり商品やサービスの情報発信ができたりするInstagramを活用している人も少なくありません。ただ今や個人や企業に限らず多くの人がInstagramを利用しているので、自社のコンテンツが上位表示されず他の写真や動画に埋もれてしまうことも。

順位が下がるたびに利用者に触れる機会が減るので、頭を悩ませる人も多いはずです。Instagramにおける順位に大きな影響を与えているのは、アルゴリズムです。しかし、Instagramにおけるアルゴリズム仕組みが分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、Instagramのアルゴリズムについて解説します。

Instagramのアルゴリズムについて

登場した当初は投稿される画像が少なく、時系列でホーム画面に表示されていました。ただ、その後インスタグラムは若い層を中心に普及し、コンテンツ量も増えました。コンテンツ量が一気に増えたことにより、ユーザーはすべての画像を閲覧することが難しくなったのです。

2016年にInstagram社が調査した結果によると、誰にも閲覧されることない投稿画像は全体の7割に上ることも分かっています。見ず知らずの人の投稿ならまだしも、身近な人の投稿画像でさえ半分近く見逃されることになったのです。このような流れを受けて、利用者がフォローするアカウントをランク付けして優先的に表示する仕組みが導入されました。

このランク付けを行い、優先的に画像を表示させる仕組みがアルゴリズムです。フィードや発見タブなどInstagramでは目的に合わせた配信方法があり、ランク付けは異なる方法で導入されています。ランク付けの基準も違うため、Instagramで上位表示させたいならしっかり確認しましょう。

Instagramにおけるアルゴリズムの仕組み

全段落でも記述したとおり、投稿する方法によってアルゴリズムの仕組みは大きく異なります。自社アカウントを運営している企業なら、ほとんどの投稿方法を利用したことがある人も多いはずです。どのようなランク付けで表示順位が決められているのかしっかり確認してみましょう。

アルゴリズムの仕組み①フィードとストーリーズ

家族や友人、彼氏など自分と近い相手のコンテンツを見るために利用されることが多いフィードやストーリーズの投稿。そのため、インスタグラムのフィードとストーリーズで上位表示されるのは、利用者がフォローする人が共有して評価されたコンテンツが対象になります。

もちろん広告を配信している場合は上位表示に変動が見られますが、自動的にタンク付けされるのはフォローする人によって共有された投稿です。共有された投稿以外にも、フィードとストーリーズからシグナルと呼ばれる情報を集めて上位表示させるコンテンツが決定されています。

ただし、他の人を危険にさらすような投稿はたとえ多くの利用者が共有しても上位に表示されることはありません。フィードとストーリーズだけでなく、すべての機能で適用されるので注意が必要です。また、インスタグラムで危険な投稿と判断された投稿は上位表示できないだけでなく、自動的に削除されます。企業の配信であれば注意して投稿している場合がほとんどですが、頭に入れておきましょう。

アルゴリズムの仕組み②発見タブ

Instagramの機能のひとつである発見タブは、個人の興味や関心に基づいて表示されるのが特徴です。発見タブを1日に積極的に利用する人は世界で2億人以上おり、利用者が新しい商品やサービスを発見タグにより発見している人の割合は、8割に上ることが分かっています。Instagramの中でも多くの人が発見タブを利用しているのです。

発見タブでは、利用者の興味や関心ごとに紐づけて上位表示されるコンテンツが決まります。企業は利用者の心を惹きつける投稿を配信できるかが重要な鍵です。また利用者にフォローされていなくても過去お投稿に反応しているなら、上位表示される可能性が高いです。多くの利用者に自社の商品やサービスを知ってもらえる良い機会になるはずです。

Instagramのアルゴリズムを構成する6つの要素 

コンテンツに対するランク付けを、Instagramではどのように行なっているのか気になりますよね。投稿によってランク付けの定義が異なる場合もありますが、アルゴリズムの構成には共通する要素もいくつかあります。それらの要素をしっかり理解することで、ランク付けの向上にも役立てられるでしょう。

要素①関係性

利用者とどれだけ強い信頼関係を築けているか、Instagramはランク付けするときの判断基準にしています。利用者との信頼関係が強ければ強いほど、そのアカウントが投稿したコンテンツは利用者にとって重要な投稿だとInstagramが判断し、自動的に上位表示させるのです。

自社アカウントを運営するほとんどの企業では、利用者とどのように信頼関係を築いていくか頭を悩ませることも少なくありません。しかし、有益なコンテンツであっても利用者の反応を得られなければ、上位表示できないのです。

Instagramにおける強い信頼関係とは、企業が利用者の好きなコンテンツを配信していたり企業からDMを直接送ったりなどを行なった結果、エンゲージメントが高くなることが挙げられます。これらの要素を考慮してコンテンツ作りをすることで、利用者との信頼関係は築けます。

要素②興味や関心

基本的にフィードに表示される写真や動画は、利用者が興味や関心があるであろうという判断の基上位から順番に投稿が並びます。Instagramのアルゴリズムで重要視されるのは、利用者の滞在時間やエンゲージメントの高さです。

例えば、料理レシピを配信するコンテンツに対して利用者が何らかのアクションを取ったとき、利用者のフィードには料理レシピ関連の投稿が多く表示されます。これは、Instagramが利用者との関連性が極めて高いと判断しているからです。

利用者の興味や関心を惹くには、ターゲットやペルソナを明確にしてどの層にアプローチしたいのか明確にすることが大事なのです。この軸の部分が崩れてしまうと、利用者の心には刺さらずエンゲージメントも伸び悩んでしまうでしょう。

要素③最新情報

Instagramの仕組みとして過去の写真や動画はどんどん下に追いやられ、上位には最新のコンテンツが並びます。投稿した時間と利用者とのタイミングが合わなければ、届けたい層に気づかれることなく表示される順位が下がってしまうのです。

特に自社アカウントにおける投稿は、どんなコンテンツでも配信すれば良いというわけではありません。中身がないコンテンツを投稿してしまうと、逆に利用者をがっかりさせて良好な関係を築けなくなる可能性もあります。

コンテンツの質は維持しつつ、投稿頻度を増やして常に最新の投稿が上位に来るようにするのが望ましいです。また、投稿するタイミングもしっかり考慮しましょう。例えばターゲットやペルソナが20代のOL女性なら、比較的スマホを見やすい通勤する時間帯を狙って投稿するのがおすすめです。

要素④利用する頻度

Instagramでは、利用者がどのくらいの頻度でアプリを使用しているかを確認しています。利用する頻度が高ければ高いほど積極的に上位表示させるアルゴリズムになっているのです。Instagramを利用する頻度が少なければ表示順位は下がるので、積極的にアプリを使用しましょう。

Instagramの利用頻度ももちろんですが、新しい機能を積極的に使ってくれる自社アカウントを上位表示させる傾向があります。最近でいうと、2020年に新しく追加されたリールを使用するのがおすすめ。リールとは、短尺動画を作成して投稿できる新機能のことです。

Instagramは新機能を少しでも多くの人に普及したいと考えているので、積極的に使用するアカウントの投稿は上位表示させようとします。新機能は使いこなせるようになるまで時間がかかりますが、積極的に使用するようにしましょう。

要素⑤滞在時間

Instagramのアルゴリズムでは、利用者がどれくらいの時間滞在したかも重要視しています。ある投稿に対して滞在時間が長ければ長いほど、利用者が興味や関心があるとして関連する写真や動画を上位表示させようとするのです。

Instagramにおける投稿の文字数は、2,200文字が上限とされています。利用者の滞在時間を長くするために上限文字数いっぱいまで、コメントを記載するのもありでしょう。記載する情報がなければ、写真を複数枚投稿するのもおすすめです。

コンテンツ作成の工夫により、利用者の滞在時間は伸ばせます。ただし、商品やサービスの特性によって有効に働く施策は異なります。色々なことを試してどのような方法がもっとも合うのか試行錯誤してみるのがいいでしょう。

Instagramのアルゴリズムにおける注意点

企業アカウントを運用するにあたり、アルゴリズムを気にしている人は多いでしょう。ただ中には、神話と呼ばれるような噂が蔓延していることも。Instagramのアルゴリズムに関して間違った解釈をしてしまうと、運営する上で支障が出ることもあるはずです。そこで、Instagramのアルゴリズムにおける注意点をまとめました。

注意点①偽の反応は評価に反映されない

Instagramのアルゴリズムは日々進化しており、偽のアクションでさえ見極めるほどです。ランク付けで上位を獲得するために、例えば人間に変わって作業を行ってくれるBotの使用するとInstagramの機械学習によりフェイクと判断されてしまいます。

Instagramでは透明性のあるプラットフォームづくりを目指しているので、不正な行動は見逃しません。エンゲージメントを向上させるためとはいえランク付けには正しく反映されず、場合によっては評価を下げることにもなるので注意が必要です。

注意点②アカウントタイプは関係ない

Instagramのアカウントは、個人・ビジネス・クリエイターがあります。アカウントを運営している人の中には、「個人アカウントではアルゴリズムでは上位表示するのは難しい」と考える人もいますが、実はこれはフェイク情報です。

Instagramにおけるアカウントタイプは、扱いに差があるわけではありません。個人であってもビジネスであっても同等に扱われます。もちろん利用できる機能に差はありますが、アルゴリズム自体に影響を与えるわけではないので安心しましょう。

注意点③表示ランクは30分で判断されない

Instagramで新コンテンツを投稿してから30分がエンゲージメントに影響するという噂もありますが、これは偽の情報です。30分で多くの人から多くのエンゲージメントが得られたからといってアルゴリズに影響を与えているわけではありません。

Instagramのアルゴリズムは、継続的に投稿することにより高い評価を得られます。投稿してから30分以内に多くのエンゲージメントを得られなかったとしても決して気持ちを落とさず、引き続き質の高いコンテンツの投稿を続けましょう。

アルゴリズムの変更に振り回されない運用の仕方 

Instagramのアルゴリズムは、根底ある軸は変わりませんが内容は定期的に変更されます。内容が変更されるたびに上位表示される写真や動画も変わるので、アルゴリズムだけを頼りにしてしまうと自社アカウントも振り回されることになるのです。

また多くの人は新規ファンの獲得を重要していますが、実は既存のファンを大切にし継続的な関係を維持することが重要なのです。アルゴリズムの変更に右往左往しないアカウント運用をするには、既存ファンのエンゲージメントを高めることに注力することが重要になります。ここでは、アルゴリズムの変更に振り回されない運用の仕方を紹介します。

認知層

アカウントを開設したばかりの頃は、ブランドや自社商品に対する認知度を高めてファンを増やすことから始まります。ファンを増やさないことにはエンゲージメントも高められないので、Instagramを利用する人に存在を知ってもらうことが必要です。

この段階では、特別な施策は必要ありません。基本的なアカウントを運用し、リーチ数やインプレッション数を向上させることがポイントになるのです。そもそもリーチとは投稿を表示した利用者数で、インプレッションは投稿が表示された数のことです。

関心層

Instagramにおける関心層は、投稿しや写真や動画に対して利用者が何らかのアクションを行う人を指します。ブランドや自社商品への認知度が高まったら、次は関心層へのアプローチを行う段階です。ここで興味や関心を惹きつけるだけでなく、実際に行動を取ってもらうための投稿を行うのです。

ただし、この段階では一方的な情報発信だけでなく利用者としっかりコミュニケーションを取ることが大切になります。例えば、ストーリーズで投票を行ったりキャンペーンを実施したりなど、利用者を巻き込んだコミュニケーションが重要になるのです。

行動層

関心層へのアプローチに成功したら、徐々にエンゲージメントが高まるはずです。エンゲージメントが向上したら、ブランドや自社商品のファンが増えてきます。この段階までたどり着いたら、次は実際に行動に移してくれるファン獲得を目指しましょう。

実際に行動するとは、商品の購入やサービスの利用に繋げることです。関心層への適切なアプローチにより自社商品やサービスへの関心が高まるファンが増えているので、ウェブサイトを設置したりショッピング機能を活用したりなど、購買に繋がる施策を打ちましょう。

共創層

実際に自社の商品やサービスを購入してくれたファンが増えていきたら、次はInstagram上で広告塔になってくれるUGCを発生させるための施策を行いましょう。UGCとは、一般の利用者によって発信されたコンテンツのことです。

UGCを増やすことで、自社商品やサービスの信頼性を向上できます。近年は企業からの発信よりも自分たちと同じ立場である一般利用者の投稿のほうが信頼性を持つようになっているのです。

また自社商品やサービスの宣伝のために高額な広告費をかける必要も無くなるので、コスト面においても最小限に抑えられます。UGCを増やすには、利用者が投稿したくなるような独自ハッシュタグを考えて、コンテンツを発信しましょう。

まとめ:【2021年最新版】Instagramのアルゴリズムを分かりやすく解説

多くの企業では、消費者とコミュニケーションを図れたり商品やサービスの情報発信ができたりするプラットフォームのInstagramを活用していることも少なくありません。多くの人に自社の商品やサービスを知ってもらうためにアルゴリズムを理解し、写真や動画を上位表示させることが大切なのです。

ただし、Instagramのアルゴリズムは日々変化しています。根本的な内容は変わりませんが、上位表示における基準が定期的に変更されるのです。そこで重要になってくるのが、アルゴリズムに振り回されない運営方法を身につけることです。焦る必要はないので、段階的に運用を続けていきましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。