2021.8.12

2021.8.19

Instagramビジネスアカウントって?作り方やメリットを紹介

Instagramビジネスアカウントって?作り方やメリットを紹介

ビジネスアカウントとは

ビジネスと馴染みが良いInstagram

Instagramのビジネスアカウントは、通常のアカウントと異なり、主に企業向けの仕様になっているものです。もともと、自分で撮影した写真や画像をシェアして楽しむことが主な使用目的だったInstagramでした。しかし、ユーザー数が増え、利用者の行動傾向が明らかになってくるにつれ、Instagram自体がビジネスと非常に馴染みが良いことがわかってきたのです。例えば、Instagramユーザーの中でも若い女性層等は、Instagramをチェックしながら最新情報や興味関心のあるジャンルの商品を探す傾向があります。

しかも、お目当ての情報や商品が見つかったら、その場で情報検索を行ったり商品購入に至ったりすることが非常に多いのです。ビジネス的には、ネットショップにおける販売や企業イメージ・商品イメージの浸透を図るうえで、とても効率の良いツールになったと言えるでしょう。

ユーザーにとっても、昨今はInstagramで直接情報検索を行うことが一般的になってきました。企業が発信する投稿を経由して、お店の予約をしたり商品購入の申し込みを行ったりと、ユーザーとビジネスとの接点がますます強化されていっている印象があります。一方、ビジネスアカウントを持っていないと使用することができない各種機能は、個人でもビジネスアカウントを設定することで利用が可能です。次は、ビジネスアカウントの機能について整理してみましょう。

ビジネスアカウントを使用するメリット

ビジネス利用に適した機能

ビジネスアカウントを開設すると、ビジネスプロフィール・インサイト・広告出稿という3つの機能を利用できるようになります。ビジネスプロフィールは、通常のプロフィール情報以外にも、ユーザーがコンタクト可能な連絡先を登録できるもので、メールアドレス・電話番号・住所が公開されるようになります。

一般のアカウントでコンタクトを取るには、コメント欄やダイレクトメッセージを利用する必要がありましたが、ビジネスアカウントでは電話やメール等を使ったダイレクトな連絡手段を持てるのです。また、インサイトというデータ分析ツールも使えるようになります。主に次のようなデータ分析を行うことが可能です。

インプレッション数投稿が閲覧された総数
リーチ投稿閲覧したユーザーの人数
ウェブサイトクリックプロフィール経由でウェブサイトがクリックされた数
フォロワーアクティビティフォロワーの1日あたりのInstagram平均利用回数

また、データ分析に不可欠な、フォロワー情報もインサイトで確認することができます。Instagramでは、フォロワーをオーディエンスと呼んで区別しています。なお、インサイトでユーザー情報を確認するためには、フォロワーが少なくとも100人以上いることが必要条件となります。

人数フォロワー数
トップの場所
フォロワーの居住地の割合
性別フォロワーの性別の割合
年齢層フォロワーの年齢構成の割合(全体・性別ともに確認可)
フォロワーアクティビティ
フォロワーのInstagram使用頻度傾向

以上のようなデータ分析の確認が可能なだけではなく、Instagram広告を利用できるのもビジネスアカウントのメリットになります。Instagramのプロフィールか投稿の画面から広告出稿が可能です。ターゲット情報や予算、期間、目的等の項目をスムーズに入力できるよう、事前にしっかりとリサーチを行い、ターゲット像を明確にしておきましょう。

ビジネスアカウントに切り替える方法

ビジネスアカウントへの切り替え手順

プロフィール画面から、設定、を選択。
アカウント、を選択して最下部の、ビジネスプロフィールに切り替える、を選択。
アカウント移行時に、次へ、をタップして進み、最後の、Facebookページをリンクの画面で、今はFacebookにリンクしない、を選べばビジネスアカウント切り替え完了。

個人アカウントからビジネスアカウントに切り替える時は、注意事項をよく理解しておくようにしましょう。ビジネスアカウント設定にすると、情報の非公開ができなくなります。また、個人のFacebookアカウントに投稿をシェアすることもできなくなります。

ビジネスとして広告機能を利用する場合、マーケティングを成功させるための指標としてKPI値を設定しましょう。自社が求める目標の達成や潜在顧客の開拓を目指して、コンバージョン率をアップさせることを常に意識していく必要があります。

そのためにも、ビジネスアカウントに切り替えた後で利用可能となるインサイトを有効活用しましょう。いわゆるPDCAサイクルを繰り返し、投稿のクオリティを高めてよりユーザーを惹きつけられるよう努力していきます。

ビジネスアカウントの料金

Instagram広告利用には費用がかかる

ビジネスアカウントの利用は基本的に無料ですが、Instagram広告を活用したい場合は広告出稿に伴う費用が発生します。これまで、広告と言えば、新聞やテレビ、ウェブサイト等の有料広告枠費用が必要だったり月額料金を支払ったりして、広告を打ち出す場所を確保するのが一般的でした。

しかし、Instagram広告では、どれくらい投稿が表示されたか、どれくらいクリックされたか等、実際の広告の動きに合わせて費用が発生します。ですから、予算さえ決めておけば、少額からでも広告運用することが可能です。

金銭的にも運用面でも柔軟性があり、多くの潜在顧客層にアプローチできることから、個人事業主等の規模の小さなビジネスでもInstagram広告は活用しやすい媒体だと言えます。Instagram広告の設定を行う際には、適切な広告表示のために、広告の目的を選択する仕様になっています。

  • ブランドの認知度アップ
  • トラフィック
  • エンゲージメント
  • リード獲得
  • リーチ
  • アプリのインストール
  • 動画の再生数アップ
  • メッセージ
  • コンバージョン
  • カタログ販売
  • 来店数の増加

また、広告料金の課金形式として、CPM・CPC・CPI・CPVの4種類から希望するスタイルを選ぶことが可能です。CPMとはCost Per Milleの略で、広告が1,000回表示されるごとに費用が発生するものです。単価は表示1回につき約0.5円から1円とされています。できるだけ多くユーザーの目に触れさせたい、認知度を上げたい、という場合に向いているでしょう。CPCとはCost Per Clickの略です。ユーザーが、広告に記載されたリンクをクリックするごとに費用が発生します。1クリックあたりの単価は約40円から100円とされています。リンクを踏んでもらい自社サイトに誘導したり商品購入に繋げたりしたい場合は、CPC形式を選ぶと良いでしょう。

CPIとはCost Per Installの略で、ユーザーがアプリをインストールするごとに費用が発生します。単価は、1回のインストールごとに約100円から250円とされています。CPVとはCost Per Viewの略です。Instagramでは動画を使った広告も盛んに行われていますが、その場合はCPV形式を選択します。動画の再生時間によって費用が決まってきます。単価は、再生時間により変わりますが、再生1回あたり4円から7円くらいが相場とされています。

ビジネスプロフィールを編集する

ビジネスプロフィールの編集方法

Instagram内でビジネスプロフィールを編集するのは、とても簡単です。Instagramでビジネスアカウントを開いて、プロフィールを編集、を選びます。次に、ビジネスの公開情報、の中でリンクページやビジネスカテゴリ、連絡先を編集することができます。

なお、プロフィール画面でビジネスカテゴリや連絡先を非表示にするか表示するかを選ぶことも可能です。非表示か表示の設定を行う際は、ビジネスの公開情報、からプロフィール表示、を選択し、表示・非表示、の部分をさらに選択していきます。一連の作業が終わったら、完了、を押しプロフィールに戻ります。

有効活用するためのポイント

Instagram広告を上手に使うコツ

ビジネスアカウントの設定が終わったら、実際に広告運用を行っていきましょう。Instagram広告の利用が初めての場合は、使い方だけではなく広告運用のポイントがまだよくわからない状態です。大切なのは、いかに投稿を通してユーザーとつながっていくか、という点にあると覚えておきましょう。

ユーザーが投稿を観てくれる、リンクをクリックしてくれる、フォロワーになってくれる、これらの行動はエンゲージメントといい、Instagram広告の効果を測るうえでとても大切な要素になってきます。

ブランディングを行いたい場合も、リンク経由で商品販売につなげたい場合も、エンゲージメントを良い状態に保っておくことが求められるのです。そのためには、以下に挙げるポイントに着目して、広告運用を進めていくことをお勧めします。

ターゲティングは具体的なほど望ましい

マーケティングにおいて非常に重要なのは、いかにターゲット像を具体的に設定するか、ということです。どういう人たちに自社商品を買ってもらいたいのか、自社ブランドをアピールしていきたいのか、目的によってターゲットは変わってくるからです。例えば、20代の女性をターゲットとして広告展開していきたい場合、どのような女性像かをきちんと描いておくことが必要です。どのような生活をして、どうしてInstagramを利用しているのか、どういう写真にリアクションする傾向があるのか、データの分析と合わせて適切な人物像を決めるのです。

そうすることで、エンゲージメント率も高くなり、ユーザーの自発的な行動も見込めやすくなります。ターゲティングを疎かにしたまま広告展開しても、思ったような効果を上げられませんので、ぜひ、アプローチしたい人物像は明確にしておきましょう。

ハッシュタグの重要性

Instagramでは、基本的にハッシュタグを使って情報検索する傾向が見られます。上手にハッシュタグをつけて投稿し、多くのコンテンツの中から自社投稿を見つけてもらわなくてはなりません。ハッシュタグとは、#とワードを組み合わせたものになり、リンク機能も持ち合わせています。例えば、#20代コスメ、というハッシュタグを付けた場合、ハッシュタグをクリックすることで、20代のコスメに関連する投稿を探し出すことが可能になります。

投稿側としては、自分の投稿内容を端的に表現するためにハッシュタグを使ったり、企業の場合はキャンペーン専用にハッシュタグを独自に付けたりして使います。調査によると、Instagramでは60%程度の女性ユーザーがハッシュタグ検索を行い、そのうち40%程度が実際に商品やサービスの購入まで辿り着いているとされています。ハッシュタグはそれくらい重要なものなのです。昨今では、ハッシュタグそのものをフォローすることが可能になりましたので、企業側としては、よりダイレクトにユーザーの興味関心を知る術ができたとも言えます。

ハッシュタグの効果的な使い方

ハッシュタグは次のようなポイントに注意して付けると良いでしょう。ハッシュタグをどういう目的で使用するかによって、付け方も若干変わってきます。

ブランディング目的企業名や店舗名、商品やサービス名を入れる
特定商品やサービスの浸透コスメ、スイーツ等の関連ワードを入れる
特定エリアに向けた発信都道府県名、市町村名等のワードを入れる

広告視点では、1つの投稿あたり10個以上のハッシュタグを付けることが勧められています。Instagramでは最大で30個までハッシュタグを付けることができますが、あまり多く付けすぎてもユーザーの印象は良くなりません。適切な数として10個程度が望ましいと言えるでしょう。ハッシュタグを付ける時に必ず知っておきたいのが、ビッグワード・ミドルワード・スモールワードの3つにハッシュタグを分類できる点です。

それぞれ意味があり、ビッグワードは多くのユーザーが投稿しているジャンルを示しています。ミドルワードは中間程度の投稿ジャンル、スモールワードは特定ジャンル等の比較的投稿数が少ないものを指します。スイーツ店関連のハッシュタグの場合、ユーザーによる投稿の多さは次の順に並ぶでしょう。

ビッグワードスイーツ直接的なキーワード
ミドルワード抹茶スイーツ種類+キーワード
スモールワード〇〇店の抹茶スイーツ具体的な店舗名+種類+キーワード

ビッグワードの特徴は、誰もが思いつく汎用性の高いハッシュタグだということです。しかし、ジャンル全体を表していることが多く、具体性に乏しいと言えます。スイーツというワードでハッシュタグを付けた場合、スイーツに関心を持つユーザーが観る可能性はありますが、抹茶スイーツを探しているユーザーや人気店舗の抹茶スイーツの情報を探しているユーザーまでアプローチするのは難しいでしょう。ミドルワードやスモールワードであれば、種類や店舗名等の具体的情報がハッシュタグに入っているため、エンゲージしたいターゲットに読んでもらえる可能性がより高くなります。

具体的なワードほど、ユーザーの行動に結び付きやすい点も特徴的です。ハッシュタグを付ける時は、ビッグワードはもちろんのこと、より行動に誘導しやすいミドルワードやスモールワードのハッシュタグを付けることも忘れないようにしましょう。

ビジネスアカウント成功事例

StarbucksのInstagram広告事例

飲食店のInstagramの中でも圧倒的にフォロワーが多いのが、カフェのStarbucksです。同社のInstagramでは、新商品が出るごとに告知したり、店内でお客様が楽しそうに商品を味わっている様子等を投稿したりしています。写真のクオリティは高く、色は鮮やかでおしゃれな感じを上手にアピールできています。Starbucksにはオンラインストアもあるため、ネットで購入できる商品を紹介することもありますし、フォロワー参加型のイベントを打ち出して、ユーザーとStarbucksが一緒に楽しむこともあります。ユーザーが飽きないコンテンツが常に豊富であり、観るごとに新鮮な情報が手に入る点が特徴的な成功事例です。

まとめ:Instagramビジネスアカウントって?作り方やメリットを紹介

今やInstagramは、多くの人々にとって欠かせない情報発信ツールとなりました。日を追うごとに新しいユーザーが増えていき、活発にコンタクトやアプローチがなされている様を観察していると、いかにして自社ブランドや商品・サービスを魅力的に魅せていくか、という点でも大いに参考になるはずです。視覚に訴える写真や動画をメインとしたSNSですから、特にネットショップや広告との馴染みはとても高いと言えます。企業にとってもより使いやすくなっており、上手に利用すれば、告知・浸透させたい情報をどんどん拡散させていくことも不可能ではないでしょう。

そのためにも、ターゲティングをしっかりと行って、投稿を読んで欲しい人の心に刺さるようコンテンツを工夫したり、適切なハッシュタグを使って検索されやすい状態を作ったりすることも大切です。ストーリー機能やライブ機能もあるので、普段は知ることができない商品の裏情報を公開したりイベントを打ち出したりしてみましょう。ユーザーとの距離感も縮まって、より親近感を抱いてもらえるようになります。

Instagramといっても結局は人と人とのつながりなので、共感や親近感は大切なキーワードになってきます。企業情報や商品情報だけでは温かみがありませんが、そこにスタッフやお客様の様子が加わることによって、コンテンツとして一気にクオリティや訴求力が高まるのです。マーケティング上とても大切なことですので、ぜひ実行してInstagramの広告効果を実感してみましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。