2021.9.13

【いまさら聞けない】Instagramのエンゲージメント率とは?計算式や注意点もご紹介!

【いまさら聞けない】Instagramのエンゲージメント率とは?計算式や注意点もご紹介!

Instagramは多くの方が利用していますが、自分が投稿した事に対する反応であるエンゲージメントを一度は気にした事がある方は多いです。エンゲージメントの意味を考えると、Instagram以外でも使用される用語なので色々な場面で使用されていて知っておくと便利な言葉でもあります。言葉の意味を知っていれば他の社員とエンゲージメントについて話し合う時に困りません。エンゲージメント率の計算は、簡単に覚えられ内容となっているので事前に知っておけばマーケティングにスムーズに計算出来ます。ここでは、エンゲージメントの意味や率の計算方法、エンゲージメントを上げるポイントや高めるメリットを紹介します。

Instagramのエンゲージメントとは?

エンゲージメントは、自分の投稿に対する利用者の反応です。Instagramだけでなくマーケティングで頻繁に使用されるケースもある用語です。重要な言葉である理由として、利用者の動向を分析すればより良い投稿が可能な事が挙げられます。利用者の反応の良いアカウントを分析する事で、自分の投稿と何が違うのか把握する事が出来ます。率を計算する事でフォロワーに対する自分の影響力を知る事が出来て、何を工夫すれば影響力を上がられるか分かります。

意味としては簡単な用語ですが、自社や自分のイメージアップの際に意識して改善する事で新しいファンを獲得する近道となります。

エンゲージメントの意味

エンゲージメントの意味は、SNSによって異なりInstagramでは、いいね!やコメント等の投稿に対する反応を意味します。いいね!等は利用者が様々な理由で選択しますが、反応を見たい時には参考になる数値と言えます。コメントは利用者の意見を直接見る事が可能なので、利用者がどう考えている知る上では重要な情報です。より魅力のある投稿をするには、いいね!やコメント等を多くもらい分析する必要があります。

エンゲージメントの英語としての意味は複数あり、約束や結婚等となります。Instagramにおける意味とかなり違うので抵抗がありますが、投稿に対する反応と覚えておくと良いです。

エンゲージメントの重要な理由

大切な用語である理由は、企業におけるマーケティングの成果と直接関係があるためです。

企業における成果とは、最終の目標とする事を意味して利用者の反応はマーケティングにおいて重要な目標値として設定します。企業がファンを増やそうとすれば、いいね!やコメント等の数値を増やす必要があるので、エンゲージメントは重要なポイントです。

ブランドがどの程度興味を持ってもらっているか知る際にも、参考になる数値でありブランドの戦略を実施する時も大切なものとなります。数値はすぐに確認出来るため企業としては、その後の対処等をすぐに練る事が可能です。

ユーザーとのつながりを把握出来る

数値を分析するとユーザーとどの程度つながっているか確認出来ます。以前は企業の宣伝と言えばテレビCM等でしたが、今ではSNSでも消費者との接点を持てるので色々なつながり方へと移行しました。いいね!やコメントの1つ1つが貴重なユーザーとの接点であり一定期間数値を分析していくと、つながり方を把握出来る点はとても便利になったと言えます。Instagramを利用した投稿ではお金をほとんど掛けずに宣伝や告知等が可能となったので、効率的に消費者とのつながりを維持出来ます。

分析した内容をフィードバックする事で更に消費者との距離を縮めた投稿が実現します。

エンゲージメント率によって投稿の露出が変化

エンゲージメント率を高くする事で投稿の露出度が上がるシステムなっているので、率は大切な要素です。露出が増えるシステムは、ハッシュタグの検索の際に表示される人気投稿にあります。率が高いと人気投稿に該当して上位表示されるシステムになっているので、率を粘り強く上げていく事は大きなポイントです。上位表示されて露出度が増すと、検索した利用者の目につきやすくなり色々な方に自分のアカウントを知ってもらえます。

インターネットでキーワード検索をすると、結果が表示されますが多くの方は上位表示される部分を主に見ますが、これと同じ事がハッシュタグの検索でも言えます。

ユーザーに対しての影響力を知る事が可能

フォロワー数を見る事で影響力を知る事が可能ですが、エンゲージメントを解析する事でもユーザーに対しての影響を理解する事が出来ます。いいね!やコメントの数は、ユーザーとのつながりを把握する上で利用価値の高い数値です。興味を持って投稿に対して反応してくれる方は、アカウントとの結びつきが強いと考えます。影響力を知る為に反応してくれるユーザーの動向を見るのが得策でしょう。

最近では投稿に対する影響を見る場合、フォロワー数で考える事に対して信頼性が落ちてきている側面があります。この様な状況なので反応を見るには、いいね!等を数値的に分析するのが効果的です。

Instagramのエンゲージメント率の算出方法

率についての計算の手順はいくつかあり、1つとしてエンゲージメントの数をフォロワー数で割り100を掛けるやり方があります。他の方法では、フォロワー数の代わりに閲覧者数で割る事で算出します。どの方法も、いいね!等の反応の数をフォロワー数、閲覧者数で割るので覚えやすいでしょう。注意点としてはフォロワー数で割る算出方法を選択した時は、その後は同じ様にフォロワー数で率を計算する事です。途中で閲覧者数に変えてしまえば率の計算結果に違いが発生します。

一定期間の傾向を見るのに途中で計算する際の分母を変えてしまえば傾向を正確に捉える事が難しくなります。

エンゲージメントをフォロワー数で割って算出

率の計算は、利用者の反応であるエンゲージメントをフォロワー数で割り100を掛ける事で計算します。Instagramの反応は、いいね!、コメント、保存になっていてSNSの種類によって違います。Instagramで率を知りたい場合は、エンゲージメント数の項目をチェックしてから、フォロワー数で割る事で計算します。多少面倒でもシステム上この様な手続きが必要なのが率の計算です。TwitterにあるリツイートやFacebookのシェアといった機能はないので率の計算では区別して考える必要があります。

エンゲージメントを閲覧者数で割って出す方法

別の率の計算として、エンゲージメントをリーチである閲覧者数で割り100を掛ける方法があります。この計算の特徴としては、利用者が本当に評価している投稿を見つける事が可能です。率の計算結果を見てより正確な投稿に対して評価を分析出来れば、質の高い投稿の作成への近道となります。仮にどの投稿が評価されているのか正確に把握出来ないケースでは、どう対処して投稿の質を変えていけば良いか判断が困難になります。

曖昧な分析をすれば、見本となる他の方の投稿を参考にして内容を改善したつもりでも、結果的に評価が良くならない場合もあるので注意が必要です。

どちらの算出方法を使用すれば良いか

フォロワー数で割る計算が一般的に使用されていますが、実際にアカウントの目的によって使い分けるのが良いです。分母をフォロワー数にした場合は、エンゲージメントの中にフォロワー以外の方のコメント数等も含まれるので注意が必要です。フォロワー数を分母にした計算の特徴は、投稿における質を示しているので知っておくと良いです。閲覧者数を分母にした場合は、投稿を見た方が評価する投稿内容が評価されます。

どちらの計算方法も利点があるので、しっかりと理解した上でどちらの計算を使用するか決めるのがおすすめです。

エンゲージメント率の計算におけるポイント

率を計算する時のポイントは、何を重視して率を算術してどの様に評価したいかという点です。フォロワー数を分母にするのか閲覧者数で計算するのか決めたら、一定の期間計算された率の動向を見て今後の投稿内容へ反映出来る事を探るのも大切な事です。またフォロワー数と閲覧者数の両方における計算結果を比較する事もポイントの1つです。企業がインフルエンサー等への依頼を検討する時は、フォロワー数で割った数値を利用する事が多くありますが、様々な視点で率の計算をするのも詳細な利用者の分析につながります。

エンゲージメント率の平均的な値

率の平均的な数値を考えてみると、フォロワー数が1万人未満のアカウントの場合では美容やコスメが2.6%で飲食が3.1%、旅行が4.4%となっています。全体としてフォロワー数が増えると率の平均値も下がる傾向があるのが特徴です。例として美容やコスメは5万人から10万人では1.2%という結果になっています。業界別でチェックしてみると美容とコスメに対して旅行はフォロワー数が同じ1万人未満でも1.8%も違います。

マーケティングをする時は、これらの業界による違い等も考慮して、どの程度の率を目標にするか決める事も大切です。

引用元:“【2021年最新】Instagramのエンゲージメント率の目安は?業界別の平均値・中央値を解説”

Instagramのエンゲージメントを高めることによるメリット

閲覧者からの反応を良くする事は、自社のブランドのイメージを向上させる効果があります。コメントの多い投稿は、多くの方が興味を持って見てもらえます。Instagramは、画像と動画等を投稿出来るので反応の良いコンテンツを作り続ければ、新しいファンを獲得することも可能です。ファンの中にはすぐに自社の商品やサービスに興味を持ってくれる方もいますが、時間が経ってから興味が出てくるファンも多いです。投稿を続ける中でファンを増やす事は、結果的に売上につながると考えられます。

どの投稿にどれ位利用者が興味を持ったか分かる

反応を高める事によって、どの投稿に対してどの程度の閲覧者が興味を示したか分かるメリットがあります。投稿する事は難しくなくても、閲覧者が好むコンテンツを作る事は難しいです。コンテンツ作成の時に、反応を見ながら投稿の品質を上げていけば無駄なくファンを増やす事が出来るでしょう。逆に言えば反応を分析しないでマーケティングをしても、結果的に時間が経って終わってしまう事もあります。投稿の内容には企業と狙いがありますが、閲覧者が考えている事と企業の狙いが一致していない場合は、いつまでも反応も改善しないでしょう。

人気のある他のアカウントを参照して、反応を見ながら投稿の内容を良くしていけば、人気のアカウントになる可能性もあります。

ブランドのイメージアップにつながる

別のメリットとしてブランドのイメージを向上させる事が挙げられます。反応が少ないブランドよりも多くの方にコメント等をもらっているアカウントのブランドは印象が良いです。ECサイトで買い物をする時も口コミ情報を見て購入するか検討しますが、ブランドについても多くの方に支持されているかでイメージがかなり変わります。考え方によってはブランドのイメージは利用者が決める点があるので、アカウントへの反応には常に敏感であった方が良いです。

一度ブランドのイメージが決まると継続して良いブランドの印象を維持出来るメリットもあるので、コメント等を多くもらえる様な工夫が大切です。

投稿の拡散される可能性が上がる

反応を多くもらう利点として、人気投稿に選ばれる点もあります。Instagramでは広告を出す方法もありますが、料金が掛かるので地道にいいね!等の反応を増やして人気の投稿 になれば、他の利用者にも見てもらう可能性が高くなりファンを増やす事も可能です。人気投稿になるとフォロワーを獲得出来るだけでなくいいね!等が増える事もあります。Twitterと比べて拡散性が低いと言われるInstagramですが、普段の反応を良くする取組みでファンを増やし多くの方に投稿を見てもらう事も可能です。

新しいファンを獲得出来る

ファンを新しく増やせる事は、反応を高めるメリットと言えます。反応を良くするには、投稿する時間にこだわる事もポイントです。ファンになる可能性のある方が投稿を見ていそうな時間帯に出来れば投稿する工夫が必要です。反応を上げるためには具体的なターゲットを決めたり具体的な戦略も大切です。投稿の内容は特定のターゲットに対してのものにしてファンになってもらえる様にコンテンツを作ると良いです。

あまり幅広い層を狙っていると、ファンが増える可能性も低くなります。効果の高い時間帯に利用者に興味を持ってもらえる様な投稿が出来れば少しずつファンも増えてくるでしょう。

引用元:“インスタグラムでファンを増やすためにはまず既存のフォロワーを大切にしよう”

Instagramのエンゲージメントを上げるポイント

反応を良くするポイントはいくつかあり、検索されやすいハッシュタグを付ける事が一般的です。ハッシュタグは、Instagramの投稿を検索してもらうために#の後にキーワードを入れて投稿する事です。別の観点で反応を上げる方法を見てみると、利用者に視点になりペルソナを作成するのも良いです。ペルソナはマーケティングをする際に重要な事で、目標とする方の人物像を意味します。

これらのポイントを押さえて継続して改善していく事で反応を上げる事が可能でしょう。ハッシュタグ等も人気のアカウントのものを参考にしてみるのも効果的です。

検索されやすいハッシュタグを付ける

ハッシュタグの付け方は、テキストの入力時に#を最初に入れて続けてテキストを入力するだけです。いくつかのハッシュタグを載せたい時は、ハッシュタグとハッシュタグの間に半角のスペースを入れるか改行します。投稿が検索されやすくするにはハッシュタグを多く入れるのが基本になります。最大で1つの投稿で30個までハッシュタグは入れられるので検索されやすい様なハッシュタグを入れると良いでしょう。

ハッシュタグを上手に入力出来れば、検索される可能性が増えて結果的に反応が上がる事になります。

利用者の視点になってペルソナを作る

いいね!やコメントは投稿に対しての共感でもあるので、利用者になったつもりでペルソナを作成してターゲットをしっかりと押さえる事が、反応を上げるポイントです。ペルソナは出来れば具体的に人物像をイメージして決めます。ペルソナの内容は、職業、性別、年齢、趣味等がありそれぞれ検討して決めていくと良いです。ペルソナがしっかり決まっていればマーケティングをする時も困る事も少なくなるでしょう。

ペルソナを設定した事がない方からすればどの様にして決定すれば良いか分からないケースもありますが、投稿を見てもらいたい方をイメージ出来れば少しずつ決める事が可能です。

利用者とのコミュニケーションの工夫

コミュニケーションを利用者と取ることは、反応をあげる為のポイントです。利用者が自社の投稿に対してコメントした場合に、そのコメントに対してお礼をすれば自社のイメージアップとなります。一人ずつ対応するのは大変と感じますが、地道な努力がファンを増やしして更に反応を良くします。

他の利用者とのコミュケーションの取り方として、こちらからペルソナに該当する様な方を見つけたら、その方の投稿に対してハートアイコン等を押してアクティビティを残す事で新たにファンになってくれる可能性もあります。小さな事から取組む事で反応を上げる可能性が高まります。

引用元:“【入門編】インスタグラムのエンゲージメント率をあげる5つの方法”

競合他社のエンゲージメントを分析

他の競合の反応を分析すると、自社の反応を良くするポイントが見えてきます。特に定期的に他社の投稿を見て、反応の良い投稿の内容を分析するのが重要です。反応の良かった他社の投稿の時間帯やコンテンツとしての特徴、他の利用者の投稿との違い等を知る事が出来れば、自社の投稿内容を改善する事が可能です。有名なアカウントの投稿内容や反応を分析すると、何が自社の投稿に足りないのか把握出来ます。

人気のアカウントとには、ファンが増える工夫がされているので参考にして自社なりにアレンジして工夫してみると良いです。

利用者目線でコンテンツの作成

マーケティングでは一般的な事ですが、利用者の目線でコンテンツを作成出来ると反応も良くなります。自社の投稿に対して興味持っている方がいたら、何の投稿に反応しているかチェックしてみると良いです。複数の方に対して投稿の反応についてチェックすると、共通点が見えてきて、投稿の何がポイントなのか理解出来ます。この様なリサーチは、利用者の視点で考える事が基本となっていて、反応を良くする為の基礎と言えます。利用者の視点で自社の投稿の悪い点を発見して、その点を修正する事もポイントです。

まとめ:【いまさら聞けない】Instagramのエンゲージメント率とは?計算式や注意点もご紹介!

Instagramの用語であるエンゲージメントを説明してきましたが、語源の意味とは少し違ったコメントやいいね!等の利用者の反応を意味します。反応を意識する時は、マーケティング等でInstagramに投稿する場合が考えられ、しっかり理解出来ていれば効果的な投稿が可能です。率の計算は、いいね!等の反応の数をフォロワー数や閲覧者数等でわり100を掛けた数値となります。利用者の動向を分析したい時に使われる率なので知っておいた方が客観的な数値で動向を把握出来るのでおすすめです。利用者の反応を高めることのメリットはいくつかあり、ブランドのイメージアップにつながる点が挙げられ、コストを抑えて宣伝したい企業に向いています。反応を上げるポイントは、検索されやすいハッシュタグを多く入力しますが、人気のアカウントを参考してハッシュタグの入れ方を工夫すると効果が期待出来ておすすめです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティングの方法について理解しやすく説明していて、ネットショップの運用の後のサポート等もします。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。