2021.7.7

2021.8.20

【完全版】フォロワー増やすInstagramアカウント運用マニュアル

【完全版】フォロワー増やすInstagramアカウント運用マニュアル

Instagramの現状とビジネス活用について

Instagramといえば個人での利用が主流のように思われますが、実は多くの企業がマーケティングの一環としてInstagramを活用しています。ユーザー数は世界規模で約10億人いるとされ、約3億人から5億人の人が毎日Instagramをチェックしたり自ら投稿したりしているのです。

何より、企業にとって重要なエンゲージメント率は4%にのぼる等、ビジネスプラットフォームとしての可能性が高く評価されています。

個人用アカウントとビジネスアカウントには大きな違いがありますが、企業情報にアクセスできるよう、メールアドレス・電話番号・地図等を公開できたり、Facebookアカウントを開設していなくてもInstagram上でビジネスプロフィールを公開したりすることができるのです。

これによってユーザーは気軽に企業への動線を辿ることができ、企業としてもそれらユーザーをより潜在的な可能性の高い顧客層として育てることが可能なのです。

Instagramアカウント運用の目的とやるべきこと

企業がInstagramを活用する目的

企業がInstagramを運用する上で大切なのは、なぜInstagramを使ったマーケティングを進めるかその目的を明確にすることです。

一般的には、企業としての認知度アップを目的としてInstagramの運用を開始するケースが多いと言えます。

Instagramは急成長しているSNSですし、ユーザーが積極的に参加しますし他者へのコンタクトにそれほど抵抗を感じない傾向があるため、企業としてもユーザーにアプローチしやすいのです。

また、投稿のタグ付け機能があったり他のSNSとの連携が可能だったりするので、企業が発信する情報を拡散しやすい点もメリットだといえるでしょう。

Instagramユーザーとの繋がりが大事

Instagramの特徴は、そのカジュアルなやり取りにあります。相手が知らない人や企業で会っても親しみを持って繋がりを広げていくのです。

企業としても、固い文章ではなく若者にも通じやすいシンプルかつくだけた表現を使いながら、コミュニケーションをとっていくとファンも獲得しやすくなるでしょう。

アカウント運用のポイント効果
Instagram運用の目的認知度アップ、情報を拡散しやすいなど
Instagramユーザーとの繋がりユーザーとのコミュニケーションがとれる

Instagramアカウント運用でやるべきこと ①ターゲットと世界観を決める

ターゲットの設定を正しく行う

ターゲットとは情報を発信したい相手のことを指し、情報発信したいユーザー層に向けた各種の設定をターゲティングと言います。

ターゲティングを行う上で大切なのは、ユーザー層がどういうコンテンツに反応しているか、どのようなものに興味関心を抱いているか、どういった行動履歴を持っているかという点です。

これらのポイントをベースにして自社のターゲティング設定を行い、特定のユーザー層に向けた配信を行うのです。

自社商品・サービスに関心を持つユーザーが反応を示してくれれば、会社、商品、サービスの認知度は高くなっていくことでしょう。

ターゲティングでは、ユーザーの地域や年齢層、性別やライフスタイルといった属性などを設定することができます。

また、ユーザーが行ったいいねやコメント、フォロー先のアカウント、反応したハッシュタグなどから、ユーザーの興味関心にもアプローチすることが可能です。

ターゲティングによる効果 認知度アップ
特定のユーザー層にアプローチ可能
ユーザーの興味関心を把握

Instagramでは自社の世界観を確立させる

Instagramで特に大切なのは、ユーザーそれぞれの世界観だと言われています。読みやすくおもしろい文章を発信していくスタイルもひとつの世界観ですし、企業ブランドのイメージカラーに合わせてアカウントを作成し、ブランドを思い起こさせる写真や動画を投稿していくことも大切です。

どういうスタイルをとるか一貫した行動が大切になってくるのです。

Instagramでは写真や動画の投稿が主体になりますから、ユーザーの印象に残るのは視覚的な記憶となります。

視覚的な違和感を与えない工夫も大切で、例えば企業ブランドカラー・写真や動画に多く盛り込む色・アカウントページの色なども統一感を持たせるようにしましょう。

そうすることで、ユーザーは会社を色で認識しやすくなります。色は直感的な刺激を与えることから、親近感を抱きやすい要素にもなるので、ブランディングを行う上でも有効な材料だと言えるでしょう。

Instagramアカウント運用でやるべきこと ②投稿・ユーザーコミュニケーション

投稿における工夫を試みる

写真や動画が主体のSNSだからといって、何も考えず撮影したメディアを投稿すればよいわけではありません。写真や動画が最も素敵に見える角度を探したり撮影後の写真や動画に編集を施したりして、ユーザーの目を飽きさせないことが大切です。

また、単なる商品・サービス紹介に終わるのではなく、ファッション業界であればコーディネートの提案を行うのも良いですし、飲食業界であれば商品を使った時短レシピを紹介しても喜ばれます。

大切なのは、いかにユーザーに関心を持ってコンテンツを見てもらうかというところにあるので、少しでも満足度が高くなるよう、投稿側はユーザー目線になってひと工夫するようにしましょう。

メディアの色ブランドカラーとアカウントカラーを合わせる
メディアの撮り方角度や色合いなどの撮り方を工夫する
内容の工夫ユーザーにアイデアを提供する
メディアの長さ短時間コンテンツの作成に注力する

コミュニケーションで潜在的な顧客との距離を縮める

コメント欄は濃いファンを育てる絶好の場です。訪れてくれるユーザー数が増えてくると、コメントを残してくれる人も出てきますので、できる限り対応するようにしましょう。

コメントを残した人にしてみれば、返事をもらえるのはとても嬉しいものですし、コミュニケーションをきっかけにしてより自社ブランドや商品・サービスに関心を深めてもらえる可能性も出てきます。

コミュニケーションから来る親近感は、そのやり取りを見ている他のユーザーにも波及しますので、潜在的な顧客層として徐々に育てていくことが可能なのです。

Instagram上で直接的なコミュニケーションがなかったとしても、親近感から直接店舗を訪れてくれることもあるでしょうし、購買行動を起こしてくれるケースも無視できません。コミュニケーションは十分に力を注いで顧客を育てるべきだと言えるでしょう。

Instagramアカウント運用でやるべきこと ③効率よく投稿を作成・継続する

効率の良い投稿作成のヒント

メディアを使う効果を得るためには、継続してコンテンツを投稿することが大切です。

しかし、継続して新しい情報を発信し続けることは決して簡単ではありません。そこで、3つのポイントを意識して投稿継続を図ってみましょう。

まずひとつめには、自社が属する業界の最新情報を発信していくことです。自社アカウントのファンや投稿に興味を持ってくれた人は、自社の商品やサービスに興味を持ってくれているのですから、業界としての最新情報はとても気になるコンテンツになり得ます。常に情報アンテナを張っているユーザーの目に留まれば、そこから拡散が始まることも期待できるでしょう。

ふたつめには、季節をうまく投稿に取り込むことです。ファッション業界の企業の場合であれば、季節ごとに展開するアイテムはどんどん変化していきますので、今年のトレンドは何か、カラーは何色なのか、といった最新情報を連続コンテンツとして投稿していってもいいでしょう。

ターゲット層の間で流行っているファッションコーディネートを取り上げてみてもいいかもしれません。自社商品やサービスを実際に利用してくれているユーザーに許可を取り、公式アカウント内で紹介するのも一案です。

投稿頻度は一定にする

投稿頻度はできるだけ一定を保つことを心がけましょう。1日1回の投稿が理想的だと言われていますので、ペースを守っていくことが大切です。

それ以上間が空いてしまうとユーザーの印象に残りにくくなりますし、1日に何回も投稿すればうるさく感じられることでしょう。ちょうど良い頻度として、1日1回程度ということになります。

Instagramアカウント運用でやるべきこと ④投稿とアカウントの分析

成果の分析を行う

投稿をしばらく続けたら、分析データを確認してみましょう。Instagramにおけるデータ分析機能をインサイトと言い、プロフィールページからアクセスすることができます。

インサイトでは主に、リーチしたアカウント数、コンテンツのインタラクション、合計フォロワーなどの情報を見ることが可能です。

例えばリーチしたアカウント数を確認してみると、自社の投稿や動画などを視聴したユーザー数が、累計を覗き単独で何人いたのかを知ることができます。

インプレッションと呼ばれるアクセス数をインプレッションと言いますが、このインプレッション数を過去7日間にわたり確認できるのです。

特に、どの投稿により多くアクセスが集まっているかが顕著に分かるので、該当する投稿の特徴やハッシュタグを把握し、次回以降の投稿コンテンツ作成に活かしていきましょう。

次にコンテンツのインタラクションですが、これは投稿に対するいいねやコメント、シェアといったユーザーからのアクションがどれくらいあったかを知ることができるものです。

インタラクションの数が増えるということは、投稿に対するユーザーからの評価が高いということなので、傾向を捉えた投稿を継続していくことでより多くのアクションを得ることができるはずです。

そして発信者として最も気になるであろうことがフォロワーの数ではないでしょうか。インサイトでは現時点での合計フォロワー数を確認できますが、フォロワー数が100人を超えると、7日間あたりのフォロワー数の変化がわかります。

加えて、フォロワーの性別や年齢層、アクティブ状況といった情報も手に入ります。どのような投稿に対してより多くの反応があるかだけでなく、反応が悪かった投稿にも注目してみましょう。

反応が良くないにも理由がありますから、そこを分析し改善すればより求められるコンテンツを作成し発信することが可能になります。

Instagramアカウント運用での集客方法

QRコードでユーザー獲得

数多くのユーザーがアクティブに参加しているSNSだからこそ、上手に集客すれば非常に良いツールとなります。

そのためには、まず1人でも多くの人に自分の会社がInstagramで情報発信していることを伝える必要があります。

例えば、店頭のポスターやホームページなど目に付きやすいところにQRコードを掲載しておきましょう。

より効率的にフォロワーを集めるためには、登録しフォローしてくれた人にだけ提供するプレゼントやサービスを用意しておくのも効果的です。

なお、QRコードからアクセスしてくれた人のために、店舗の場所や取扱商品例、公式サイトURLなど企業として最低限必要と思われる情報は掲載しておく必要があります。

ハッシュタグの活用

Instagramの特徴の1つは、ハッシュタグと呼ばれる#マークのキーワードを投稿に貼る点にあると言ってもいいでしょう。

インターネット検索をする際にキーワードを入力しますが、Instagramではハッシュタグがキーワード代わりになるのです。例えば、おすすめのコスメに関する投稿であれば、#コスメおすすめ #化粧品おすすめ といったハッシュタグが適切ということになります。

一方、何かおすすめのコスメはないか探しているユーザーがいた場合、ハッシュタグで検索することで該当する投稿を抽出し、目に留まった投稿を見て参考にするのです。

ただし、ほとんどのInstagramユーザーがハッシュタグをつけて投稿しているので、ありきたりな言葉をハッシュタグにしても、なかなか見つけてもらえないかもしれません。そのような場合は、ハッシュタグの構成をより絞り込んだものにしてみるといいでしょう。

仮に、美白コスメをおすすめしたいと考えたとき、ハッシュタグを#美白コスメおすすめ としてしまうと、ハッシュタグのライバルが多すぎて自分の投稿が埋もれてしまいかねません。

そこで、ハッシュタグをより掘り下げてみます。#美白コスメ日焼けおすすめ #美白コスメプチプラおすすめ といったように美白コスメに関してより詳しい情報ワードを組み込んでみるのです。

そうすると、同様のハッシュタグをつけている投稿数は#美白コスメおすすめ がついた投稿よりもぐんと少なくなりますので、自分の投稿を見つけてもらえる確率は高くなるでしょう。

あまり使われないような言葉をハッシュタグに組み込んでも検索されにくいですが、よく使われている言葉を上手にハッシュタグに取り入れることができれば、ライバル投稿も減りタイムラインに長時間留まることも可能になります。

タイムラインに長時間留まれば、ユーザーの目に触れる機会が自ずと増えますから、アクセスを呼び込むことも可能になるでしょう。シンプルでありながらよく使われる言葉を入れること、それがハッシュタグ作成における基本となります。

ハッシュタグで潜在的な顧客を集める 

ハッシュタグとは、単に投稿を見つけてもらうためだけにつけるものではありません。

ハッシュタグに使われる言葉とは、他のユーザーが自分の知りたいことを探すために思いつく言葉でもあるのです。

ハッシュタグはそのまま他のユーザーの興味関心であるとも言えます。逆にいえば、どのようなハッシュタグが使われているかよく調べてみることで、ユーザーの興味関心がどういうところにあるのかを知ることができるでしょう。

ハッシュタグに使える言葉を1つでも多く知ることで、検索して欲しい言葉が自分の中に1つ増えます。その言葉をハッシュタグに入れれば、その分、潜在的な顧客を集めることも可能なのです。

インフルエンサーを起用する

自社が展開する商品・サービスと同じジャンルには、もしかすると1万人~10万人単位のフォロワーを誇るインフルエンサーがいるかもしれません。

彼らインフルエンサーの影響は絶大で、身につけたものや食べたもの等は人気に火が付くと言われるほどです。

彼らインフルエンサーと契約を結び、店舗に実際に来てもらったり商品やサービスを提供して実際の感想を発信してもらったりして、生の声を強い発信力でアピールしてもらうのも一案です。

経費はかかるものの、大勢をターゲットにするテレビコマーシャル等と違い、興味関心で絞り込まれた潜在的顧客層にアプローチすることができます。

インフルエンサーの影響も相まって、ユーザーの心に親近感が湧いたり購買行動に繋がったりすることが想定されます。

QRコードの公開ユーザーが気軽に登録できる環境作り
ハッシュタグの活用効果的な活用により潜在的な顧客を獲得
インフルエンサーの起用タイアップすることで拡散効果がきたいできる

まとめ:【完全版】フォロワー増やすInstagramアカウント運用マニュアル

Instagramは単なる若者の間の流行りに留まりません。

若者層をターゲットとしている企業にとっては潜在的な顧客層を獲得できる絶好の場だと言えます。投稿の主体が写真や動画であることからも、伝えたいメッセージを視覚・聴覚にダイレクトに訴えることができますから、非常に説得力が高いのです。

テレビコマーシャルを流せる大企業には及ばずとも、Instagramを上手に活用することで十分なマーケティングが可能になります。今日からすぐに始めることができるツールですので、あらかじめInstagramを使ったマーケティングの流れや得られる効果を学んでおくことで、小さな企業や店舗でも十分な宣伝広告活動を展開することができるでしょう。

まずはInstagramのアカウントを開き、実際にユーザーの投稿を一通り閲覧して使い方をイメージします。続いて同業他社のアカウントもフォローしてみて、そのマーケティング方法を体感して覚えることが大切です。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。