2021.9.11

【2021最新版】LINE公式アカウントの友達を増やし売上につながる施策

【2021最新版】LINE公式アカウントの友達を増やし売上につながる施策

LINE公式アカウントとは?

以前はLINE@として知られていた機能が、2019年4月からLINE公式アカウントという名称に変わり移行が進みました。主に企業や団体が公式アカウントを取得してSNS上での情報発信を行っていることが多く、ユーザーとのコミュニケーションツールとして活用されています。さらに企業にいたっては、コミュニケーションだけではなくSNSマーケティングで効果を得るための重要なアイテムになっているといえます。事実、平成31年に総務省統計局が公表したLINEのアクティブユーザーは8,800万人であり、LINEの調査によれば2020年9月時点で全ユーザーのおよそ70%が月に1度以上機能を機了している公式アカウントであることがわかっています。

LINE公式アカウント導入のメリット

総務省の情報通信政策研究所が令和3年8月に発表した報告書では、SNSの中でも多岐に渡る世代や潜在顧客層にアプローチできているのがLINEであることがわかります。

引用元:https://www.soumu.go.jp/main_content/000765135.pdf

LINEの機能の1つとしてグループチャットが行えるものもありますが、基本的には1対1の会話を想定したSNSになっています。このため、企業にとっては顧客との関係性を深めるために非常に有効なツールだといえるでしょう。企業広告をどうすればユーザーに読んでもらえるかという課題はあるものの、この後に述べるような方法をとってユーザーの友達登録を促せば、企業が配信する情報の伝達もスピーディーかつ開封率も上がります。何より、LINEは基本的に無料で使える機能も揃っていますので、はがきなどの紙媒体を使ってマーケティングを行っていた企業も、コストを抑えつつ反応の良いLINEへの移行をどんどん進めているのです。

LINE公式アカウントの友達を増やす方法まとめ

LINE公式アカウントの機能を使い売上をあげるためには、メッセージの配信対象者が必要です。つまり、公式アカウントの友達登録をしてくれた潜在的顧客層が必要になってきます。公式アカウントから発信されるキャンペーン情報やクーポン配布などは、友達登録している相手にしか行えないため、まずは友達を増やすことから始めなければなりません。例えば、メルマガを配信していたのであれば、メルマガ内で公式アカウント開設のお知らせを行い、登録を促したり、実店舗があるなら店頭でメリットを伝え友達登録を勧めたりすることも大切です。また、オンラインショップを持っているなら、サイト上に友達追加ボタンを設置することも効果的でしょう。InstagramやTwitter、Facebookといった他のSNSも活用している場合は、SNS上で告知することも忘れてはいけません。

LINE公式アカウントの基本機能

LINE公式アカウントはパソコンやスマートフォンにも対応していますから、どちらの媒体からでも基本機能を駆使して顧客管理を行ったりマーケティングを進めたりすることが可能です。

メッセージ配信

友達登録してくれたユーザーに対しメッセージを配信することができます。

LINEチャット

LINEトーク画面と同様に、ユーザーからの問い合わせに個別回答の形でコミュニケーションをとることが可能です。なお、自動応答設定することもできる点は非常に便利です。

LINEコール

LINEに備わっている無料通話機能を使い、ユーザーから公式アカウントに対して通話やビデオ通話ができます。

ショップカード

LINE上で企業または店舗のポイントカードを発行及び管理することが可能です。ユーザーのポイントカード利用履歴を分析しマーケティングに役立てることもできるでしょう。

リッチメニュー

LINE公式アカウントのトーク画面を訪れると画面下半分が大きく開き、予約やメニュー、Q&Aといったメニューが表示されるものです。

クーポン

実店舗またはオンラインショップで使えるクーポンを、メッセージを通してユーザーに配信することができます。

タイムライン投稿

友達登録してくれているユーザーに対し、そのタイムライン宛てに情報配信することができます。

分析

ユーザーのメッセージ開封率やクーポンへのリアクション率など、その反応を分析レポートで確認・管理することができます。

この他にも、プロモーション用のスタンプ配信などいくつかのオプション機能がありますので、必要に応じてプラン変更やオプション追加を行い、使いこなしてみましょう。

LINE公式アカウントの有効な活用方法

ご紹介したLINE公式アカウントの基本機能のうち、ぜひ活用して効果を上げたい機能について説明を加えます。

メッセージ配信

LINE公式アカウントにおける基本機能にメッセージの配信があります。友達登録してくれたユーザーに対し、店舗やショップに関する情報を配信することができるので便利です。配信する情報はユーザーにとってメリットのあるものでなければ開封されませんので、新商品のお知らせはもちろん、キャンペーン情報などユーザーの行動を促す内容であることが大切です。

チャット

友達登録してくれたユーザーからの問い合わせや受付を行うなど、通常の電話対応代わりに活用することが可能です。個別に対応できることから、きめ細やかなコミュニケーションとサポートを実現することができるでしょう。ただし、予約および管理まで行いたい場合は別途予約オプションを利用する琴になります。そうすることで、業務の効率化を図りながらリピーターの確保に向けたマーケティングを展開していくことができるのです。

クーポン

自社の公式アカウントを友達追加してくれたユーザーに対して、商品やサービスを割安で利用してもらうためのクーポンを配布することもできます。配信はトーク画面あるいはタイムライン上で行い、友達登録したユーザーはクーポン画面を店頭で見せるかクーポン番号をオンラインで入力するかしてサービスを利用します。

LINE公式アカウントを使って売上を上げる施策

長期的な目線で考えれば、長く売れる仕組みを作り上げた方が企業にとってはメリットになります。そこで重視したいのがユーザーとのコミュニケーション構築です。この点を上手に活用しているのが、化粧品のドモホルンリンクルを販売する再春館製薬所で、2017年に公式アカウントを解説して2018年にはLINEチャットをスタート、一人ひとりのユーザーに対してオペレーターがお肌相談と称するカウンセリングを行うサービスを展開しました。ユーザーは、不特定多数を見ている企業よりも自分に対して目を向けてくれる企業に好感を抱くものです。この点に着目した再春館製薬所は、LINEチャットを通して個々のお肌の悩みをカウンセリングすることにより、潜在的顧客層である相手との距離感を縮めることに成功しました。その結果が、初回注文の増加や購入単価のアップなのです。商品やサービスにどれだけ自信があっても、お金を払ってくれるユーザーの心を掴まなければ購買行動には至りません。心を掴むためには、個々のユーザーに何らかの形で寄り添う姿勢を明確にすることが大切だということがわかります。

まとめ:【2021最新版】LINE公式アカウントの友達を増やし売上につながる施策

公式アカウントを友達登録したユーザーはある意味潜在的顧客層に当たりますから、まずは自社のファンになってもらうことが大変重要です。SNSとしてトップクラスの浸透度を誇るLINEを上手に利用すれば、先の再春館製薬所の例のように少しずつファンを育てていくことも可能なのです。特に、メッセージ配信・クーポン・チャットという3つの基本機能をメインとしてユーザーにアプローチし、できるだけ距離感を狭めたコミュニケーションがとれるよう工夫することが大切になってくるでしょう。そのためには、自社がLINEをどのような目的で活用したいのかをあらかじめ明確にしておくことが重要です。ゴールを設定することで、そこにいたるまでにどのようなハードルがあるか見えてきますし、ユーザーにどう接すればいいかヒントも得られることでしょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。