2021.8.29

【2021年最新】Shopifyでの集客と売上アップのための方法を解説!

【2021年最新】Shopifyでの集客と売上アップのための方法を解説!

オンラインショップの構築・運営にShopify(ショッピファイ)を導入する会社が増えています。

ですが、Shopifyでオンラインショップを立ち上げすれば全てがうまくいくということはありません。

というのも、すべてのECサイト共通の課題でもある『集客』については、自社で解決していかなければならないからです。

オンラインショップ運営で最大のカギを握るのは『集客』です。

そこで、ここでは、Shopifyでの集客と売上アップのための方法をまとめました。

Shopifyの『集客』ポイントを知りたい方は、是非この続きをお読みください。

Shopifyで集客するポイント

オンラインショップを運営する最大の目的は、売り上げを増やして利益を上げることです。

ですから、自社で運営するオンラインショップでは、

  • 新規顧客の開拓
  • 商品購入の決済画面の導入や簡略化
  • リピーター獲得のメールマーケティング

といったように、行なわなければならない施策がたくさんあります。

とはいえ、一番重要なのは『集客』です。

オンラインショップに集客ができなければ売上を上げることすらできず、そんな状態でリピーター獲得を目指しても意味がないからです。

つまり、オンラインショップ運営を成功させるには、多くの見込みユーザーをショップに集める『集客』が一番重要だということ。

そして、今は2020年からのコロナウイルスなどにより、既存店のオンラインショップ化率は急速に進んでいます。

と同時に、EC市場規模が毎年継続して拡大することで、オンライン上に同業他社のライバルが増えています。

その結果、ユーザーの消費者行動もまた多様化しているのです。

ですが、ユーザーの数や利用できる金額には限りがあります。

ですから、今後は、集客ができるオンラインショップでなければ、ユーザー獲得競争に勝つことはできません。

更に、ユーザーの消費者行動も年々多様化していますから、それに応じた集客方法も新たになりつつあります。

たとえば、

  • パソコンではなくスマートフォン経由で商品を購入する
  • 口コミやレビュー評価を重視して購入する
  • あらゆるサイトで同じ商品の価格を比較して安いところから購入する

といった、時代に応じた消費行動の多様化に対応しなければ生き残れないのです。

このような、多種多様に変化する購買意欲を把握し、すぐにオンラインショップで対策できる機動性が大切になってきます。

オンラインショップの成功は『集客力』にあり、集客するための施策は次の2つです。

  1. 無料で集客する方法
  2. 広告費用をかけて集客する方法

とはいえ、無料で集客する方法でもコンテンツ制作には時間と労力が必要ですから、どちらもコストはかかります。

です。

つまり、

  • 何にお金をかけていくか?

という視点の違いですることが変わるということです。

1の無料で集客する方法は、コンテンツ作成費用やSNS運用費などの『制作費』に対してコストをかけていくやり方です。

それに対して、2はリスティング広告やSNS広告などの『広告費』にコストをかけていく方法です。

どちらの集客方法にもメリットデメリットはあるので、まずはそのことを知っておきましょう。

Shopifyで無料で集客する方法

Shopifyでは以下のような方法を用いて無料集客をすることができます。

  1. SEO対策
  2. コンテンツマーケティング
  3. SNS運用

これらに共通するメリットは、

  • 長期的なコストパフォーマンスが良くなる

という点で、自社オリジナルのコンテンツを構築することで、記事コンテンツなどを長期的な会社の資産とすることもできます。

また、コンテンツは広告と違って一過性の費用ではありませんから、長期的なリターンを目指すことができ、構築に成功すれば広告に比べてコストパフォーマンスが良くなります。

ただし、コンテンツ制作と成長に時間はかかりますから、制作自体に先行コストがかかり結果が遅くなるのがデメリットです。

SEO対策

GoogleやBingなどの検索サービスで評価を得て、自社コンテンツを上位表示させる方法です。

ECサイト構築にSEO対策は必須ですし、無料でできる方法ですから、必ず注力しなければなりません。

まずは、自社のブランド名や商品名でユーザーから検索された時に上位表示させていくことを目指します。

そのためにも、自社のブランド名や商品名に関連するキーワードを選び、上位表示させる背作をします。

たとえば、

  • 上位表示させたいキーワードをGoogle Keyword Planerなどで調査する
  • 上位表示させたいキーワードでブログ記事を書く
  • キーワードタグやMeta Descriptionを正しく設定せる

などといったSEO対策で上位表示を目指します。

ですが、こちらもまた

  • SEOの結果が出るまで時間がかかる
  • Googleのアルゴリズム変更などに影響を受けやすい

といったデメリットがあります。

コンテンツマーケティング

SEOとは異なり、ユーザーに自社商品やブランドのファンになってもらえるかを徹底的に考えてコンテンツを制作する方法です。

ターゲットとするユーザーにマッチしたストーリーを設計し、どんな情報をユーザーに提供すればユーザーの「欲しい」という衝動を強く刺激することが出来るのかを考え、ユーザー目線でコンテンツを作ります。

メリットとしては1度構築すると長く利用できる点ですが、価値あるコンテンツを作ることが難しいというデメリットもあります。

SNS運用

SNS運用もECサイトでは必須のスキルです。

InstagramやFacebook、Tiktok、Twitterなど、自社商品やブランディングのターゲットが利用するSNSをメインに運用をしましょう。

SNSもコストがほぼかからずに無料で運営出来るのがメリットです。

ですが、

  • フォロワーやファンを獲得するための戦略づくりが難しい
  • コンテンツを出し続ける必要がある

といった、自社ならではの運用方法が成功のポイントになってきますから、難易度は高くなるのがデメリットです。

Shopifyに広告費用をかけて集客する方法

あらかじめ広告予算のある場合は、広告を活用したほうが即効性は高いです。

Shopifyに広告で集客する方法は次のとおりです。

  1. リスティング広告
  2. ディスプレイ広告
  3. リマーケティング広告
  4. アフィリエイト広告
  5. SNS広告

広告費をかけて集客をすれば、ショップを開設した日から売り上げを発生させることも可能ですし、当たれば爆発的な成果を最初から狙うこともできます。

また、オンライン広告には、

  • ユーザーターゲティングを狙い通りに精度高く行える
  • 効果分析によって広告を改善したりしやすい

というメリットもありますから、PDCAも回しやすく効果的な広告運用を行えます。

たとえば、Facebookは実名登録が必要なSNSなのでプロフィールデータから詳細なターゲティングを行うことができます。

Instagramは写真や動画をメインに視覚的に訴求できますから、フィード画面とストーリーズ画面に効果的な広告を配信できます。

Twitterはテキストによる拡散性の高いSNSなので2次拡散を狙うことができ、広告費用対効果の高い運用ができます。

ただし、いずれも最初に広告費用コストがかかるという点はデメリットです。

shopifyで集客できるアプリの紹介

Shopifyで本格的に集客することができるアプリには、無料・有料を含め次のようなものがあります。

DMMチャットブースト

LINE公式アカウントと連携できるアプリで、Shopify上の全てのオンラインショップで活用できるLINE公式連携サービスです。

Shopifyで集めた顧客データを活用し、ショップブランディングに必要な1対1の顧客対応やLINE上でのマーケティングまでを行うことができます。

月額3万円からで14日間の無料体験アリ。

引用元:https://chatboost.dmm.com/

Yotpo

口コミやレビュー、Instagram写真などを収集・活用してオンラインショップのマーケティングができるアプリです。

カスタマーレビューの依頼や、商品レビューの表示までを行うことができます。

無料版から月額$29まで。

引用元:https://apps.shopify.com/yotpo-social-reviews?locale=ja

Socialphotos Social Proof UGC

SNS投稿についたハッシュタグなどの情報を集め、ストアにどの画像を載せるかを選択できるアプリです。

ユーザー目線の画像を掲載・設定できるので信頼感を得られやすい商品画像を選ぶことができます。

月額$15〜で14日間の無料体験アリ。

引用元:https://apps.shopify.com/social-photos?locale=ja

SEO manager

集客を行う上で定番のshopify用集客SEO対策アプリです。

月額$20で7日間の無料体験可能アリ。

引用元:https://apps.shopify.com/seo-meta-manager?locale=ja&ot=5ae3fd68-9003-4708-a713-fc3fbbbf9603&surface_detail=seo%20manager&surface_inter_position=1&surface_intra_position=2&surface_type=search_ad

Plugin SEO

オンラインショップにおけるSEOの問題点を一括チェックし、解決策を提示してくれるアプリです。

SEO上の改善ポイントをすぐに見つけられるのが強みです。

無料版から月額$20で14日間の無料体験アリ。

引用元:https://apps.shopify.com/plug-in-seo?locale=ja

アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)

600社以上が利用するアプリで LINEショッピング、Google広告、国内大手ASPへ成果報酬で出稿できます。

無料版から月額4万円で7日間の無料体験可能アリ。

引用元:https://apps.shopify.com/shopify-application-102?surface_detail=%E9%9B%86%E5%AE%A2&surface_inter_position=1&surface_intra_position=2&surface_type=search

Point of Sale

オンラインショップと実店舗のレジを連携することができるアプリ。

オンラインショップで商品が購入されると自動で買われた分の商品在庫が差引されて利益額が計上されます。

さらに、過去の購入データからマーケティング施策を行うこともできます。

無料版から月額$89まで。

引用元:https://apps.shopify.com/shopify-pos?surface_detail=Point+of+Sale&surface_inter_position=1&surface_intra_position=4&surface_type=search

google channel

googleショッピングへの商品掲載ができ、リマーケティング機能もあるため一度見た商品と類似しているものをお客さんにリーチして、集客することが可能なアプリです。

(無料)

引用元:https://apps.shopify.com/google?surface_detail=google+channe&surface_inter_position=1&surface_intra_position=4&surface_type=search

Facebook channel

Instagramのショッピング機能との連携や、Facebookカタログへの商品掲載ができるshopify集客アプリです。

商品情報がリアルタイムで連動し、Facebookピクセルのコードがショップに自動で設置されるので手間が掛かりません。

(無料)

引用元:https://apps.shopify.com/facebook?surface_detail=Facebook+channel&surface_inter_position=1&surface_intra_position=1&surface_type=search

Facebook Live Chat

Shopifyベストアプリにも選ばれた、サイトの再訪問率やコンバージョン率の記録がいつでもできるアプリです。

メッセージ履歴は常に保存されるので、後から返答することも可能です。

無料版から月額$4.99まで。

引用元:https://apps.shopify.com/facebook-chat-1?locale=ja

Hubspot CRM

HubSpotはインバウンドマーケティングの支援に特化したウェブサービスで、一つのプラットフォーム上で、マーケティング、セールス、カスタマーサポートのツールを連携して利用できます。

そんなHubspo内の顧客管理部分を連携できるアプリです。

(無料)

引用元:https://apps.shopify.com/hubspot?locale=ja

Oberlo

ドロップシッピング用のアプリで、外部のサイトからShopify上で販売できる商品を探してインポートすることで、ピックアップした商品を自社のShopifyオンラインショップに追加できます。

無料版から月額$29.90まで。

引用元:https://apps.shopify.com/oberlo?locale=ja

Growave

顧客マーケティングとリピート購入に繋がる機能が豊富なアプリです。

商品のレビュー機能、質問機能、欲しいものリスト、ポイント制度、SNSを使った機能やInstagramとの販売連携などが利用可能です。

月額$19〜。14日間無料お試しアリ。

引用元:https://apps.shopify.com/growave?locale=ja

Omnisend

メールマーケティングを行うアプリで、メッセージ機能、プッシュ通知、Facebook Messengerなど機能があります。

(無料)

引用元:https://apps.shopify.com/omnisend?locale=ja

Printful

オリジナルプリント商品を作れるマーケットプレイスで、自らカスタマイズした洋服を作れたり、自分で在庫を持たずに配送する「ドロップシッピング」の機能や倉庫機能を利用でき、制作した商品は倉庫にストックされ、注文が入ると自動で発送できるアプリです。

(無料)

引用元:https://apps.shopify.com/printful?locale=ja

Sumo

shopifyのアプリでもユーザーの多いメールマーケティング用のアプリで、37,000を超えるオンラインストアで利用されています。

無料版から月額$49まで。

引用元:https://apps.shopify.com/sumome?locale=ja

Spocket

2021年ベストShopifyアプリにも選ばれた人気のドロップシッピングアプリです。

オンラインショップで商品を売るドロップシッピング機能構築を数クリックで手軽に始めることができます。

無料版と月額$24~で14日間無料お試しアリ。

引用元:https://apps.shopify.com/spocket?locale=ja

RECART

Facebook Messengerを用いたマーケティングができるアプリで、Facebookアカウントがあれば簡単に利用できます。

Facebook顧客とチャットで会話できるなど、双方向のコミュニケーションづくりができます。

月額$29~。

引用元:https://apps.shopify.com/recart?locale=ja

OptinMonster

2021年のベストShopifyアプリにも選ばれたアプリです。

メールアドレスの収集や、サイトの訪問者が離脱する前にポップアップを表示できる機能があります。

また、ゲーム性のあるキャンペーンもでき、コンバージョンと売上アップに効果アリです。

月額$49で30日間無料お試しアリ。

引用元:https://apps.shopify.com/optinmonster?locale=ja

Product reviews

顧客のレビューをオンラインショップに加えられるアプリで、ベストShopifyアプリにもなっています。

デザインを自由にカスタマイズでき、オンラインショップのテーマに合わせた顧客レビューを掲載できるので新たな購入を促す効果があります。

(無料)

引用元:https://apps.shopify.com/product-reviews?locale=ja

Free Shipping bar

商品の配送無料をweb上でお知らせするアプリで、スライドバーで配送無料を表示でき顧客への購入を促す効果を得られます。

また、カートに商品を入れるたびに表示メッセージを変えることもできるといった顧客が購買意欲を高めるメッセージを表示できるので、コンバージョンに繋げやすいアプリです。

無料版から月額$9.99まで。

引用元:https://apps.shopify.com/free-shipping-bar?locale=ja

Shopify(ショッピファイ)で集客効果を分析する方法(無料)

オンラインショップの集客方法を分析するためには、

  • 顧客に関するデータを集めて購入に至るまでの行動を分析すること

がポイントですから、次のような分析方法を用いましょう。

Googleアナリティクス

Googleが提供する無料でつかえる高機能なアクセス解析ツールです。

高機能すぎて扱いづらいという点もありますが、有効利用できるようになると、

  • オンラインショップの訪問者数
  • 訪問者の年齢や性別
  • サイトにたどりつくまにたどったweb経路
  • 実際にアクセスがあったページ
  • アクセスがあったページから移動したユーザー行動

などを把握することが出来るので、オンラインショップの集客方法見直しには最適です。

たとえば、有料のリスティング広告をおこなう際に、その前後でオンラインショップへの訪問者数がどのくらい変化したのかを調べることもできますから、広告の効果をチェックすることができます。

また、SNSやブログなどのコンテンツからオンラインショップへの集客施策を行っている場合、どの経路からの流入が多いかなども分析できるので、費用対効果の高い集客方法に重点をおくといったこともできます。

Googleサーチコンソール

Googleアナリティクスと合わせて活用するとより便利な無料ツールで、

  • ユーザーがGoogle上で検索しキーワード
  • 表示回数やクリック回数
  • コンテンツの平均順位

などを調べることができますから、オンラインショップの「売れない理由」を詳細に分析できるとともに、集客の問題点と改善策を明確にできます。

たとえば、『狙ったキーワードの検索結果で上位に表示されていない』場合は、SEO対策を強化したり、リスティング広告を打って集客するという改善策をとれるようになります。

また、『上位に表示されているがクリックされていない』場合は、クリックされる施策をとるといった改善策もとれます。

Shopifyのストア分析

Shopify独自の無料でつかえるアクセス解析ツールです。

「ストア分析」の機能で、

  • 広告を打った前後のパフォーマンス比較
  • チャネルごとの売上を分析

といった、さまざまな効果を確認することができます。

また、有料プランにアップグレードすると、個別のレポート(販売、利益、顧客など)分析することもできるようになりますから、さらに詳細な集客分析をしたい場合にはおすすめです。

まとめ:【2021年最新】Shopifyでの集客と売上アップのための方法を解説!

Shopify(ショッピファイ)でオンラインショップの運営を成功させるためには、なによりも『集客』が大切です。

ですから、ここでお伝えした無料で行える集客方法、広告を活用した集客方法、集客効果の分析方法をもちいて有効活用をしてみましょう。

ShopifyはSEO対策やSNS連携を行いやすいので、今回ご紹介した集客方法を駆使すれば多くのユーザーを集めることができますよ。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。