2021.9.4

【いまさら聞けない】インフルエンサーとは?意味と定義から注目すべきアカウントまで解説

【いまさら聞けない】インフルエンサーとは?意味と定義から注目すべきアカウントまで解説

以前からインフルエンサーという用語は利用されていましたが、あらためて意味を考えてみるとはっきししない部分もあります。英語のインフルエンスが語源になっている言葉なのでイメージとしては、影響に関する事だと推測出来ますが実際にはSNS等を通じて多くの方に影響を与える方を意味します。インフルエンサーは、影響力によって分けられているので一緒に覚えておくと良いです。SNSを主に利用して拡散する事で影響力を発揮しますが、どの様な種類のSNSを使って情報を伝えるのかも大切なポイントです。ここでは、インフルエンサーの定義や代表的な方、活用メディアを紹介します。

用語解説 インフルエンサーとは 

PR等をする方をインフルエンサーと言いますが、用語として利用され始めたのは2007年頃と言われています。意味は、世間に影響を与える方を意味して語源は英語のインフルエンスです。2010年頃からマーケティングで企業等がPRする方を起用するようになりました。10年以上PRする方の企業における起用が続いてきましたが、今後も同じような状況が続くと予想されています。マーケティングと一緒に更に広く認知されてきたPRをする方は、今後も様々なSNSやYou Tube等で商品のPRで活躍するでしょう。

インフルエンサーの基本的な意味

インフルエンサーの意味は、世間に影響力のある行動をする方となっていて広い意味で捉える事が出来ます。影響力のある方は、SNSを利用してフォロワー数を増やしていてどの程度のフォロワー数があるかといった具体的な数値も大切になります。企業が影響力のある方に商品のPRを依頼する時の報酬額は、フォロワー数と比例した報酬額を払うシステムになっています。影響力のある方は、階級別に呼ばれる事がありSNSのフォロワー数で分けられていて、一番多いのがメガで次にミドル、マイクロ、ライトの順番になっています。

インフルエンサーの語源

語源となっているのは、英語のインフルエンスとなっていて影響等を意味します。多くの方に影響を与える方を意味するインフルエンサーは理解しやすい言葉として広まっています。最近では色々なタイプの影響力のある方が存在して、以前はタレントやスポーツ選手等の有名人だったのが今では一般の方もいます。You Tuberは多くの方が聞いた事がありますが、同じ影響力のある方に分類されます。

同じ語源を持つ言葉としてインフルエンザがあります。昔はインフルエンザを寒気等の影響を受けているのが原因と言われていて、その為影響をイタリア語で意味するインフルエンザが病名とされています。

使用頻度が高くなり始めた時期

2007年位にブログの利用者が増加した関係で使用頻度が高くなりました。その後2010年頃には多くの企業が影響力のある方を起用して宣伝をする様になります。影響力のある方を選定したマーケティングが知名度が高くなりつつある状況で心配されていたのが、影響力のある方の言動によっては、商品のイメージが悪くなってしまう事が挙げられます。今でもこの点は注意が必要で、実績を重視した影響力のある方の起用がポイントです。

マーケティングと共に広く認知される

You Tuberを使ったマーケティングを広まったのが2011年頃からで2017年には有名なYou Tuberが所属するUUUMが上場企業となっています。上場した事から分かる様に影響力のある方を起用した宣伝は成長を続けてきていて、今後も需要があります。2021年の時点で上場企業の総数は3,787社となっていますが、2018年における日本の会社総数は、386万社から考えるとUUUMが上場した事がどれだけ難しい事が理解出来ます。UUUMの事業内容は、影響力のある方のマーケティング事業やサポート等を行っています。

引用元:“上場会社数・上場株式数”

インフルエンサーのマーケティングをリードするUUUM

影響力のある方を選定したマーケティングをリードしているUUUMは、You TuberプラットフォームとなっていてYou Tuberの感性を活かすプランを提案しています。他のサービスとしてInstagramで自社の商品をPRしたい企業と影響力のある方をマッチングさせるプラットフォームであるLMNDを展開しています。PRする方の起用、依頼、分析等をまとめて管理する事が出来ます。HIKAKINが在籍するUUUMですが、設立は2013年で従業員数は476人です。他のPRする方として、はじめしゃちょー、佐々木あさひ等が在籍していて活躍する影響力のある方をマネジメント、サポートを実施しています。

引用元:“UUUMの会社概要”

PRする方を起用したマーケティングの今後の展望

マーケティングは2020年まで国内で成長してきましたが、今後も成長していくと予想されています。マーケティングで今後メインで利用されるのはSNSだと考えられています。今までもSNSが主に利用されているのでこの状況が続くと予想されています。SNSは多くの方にとって身近なものなので、PRする方もSNSをメインに活躍していくでしょう。SNSと共に発展してきたPRする方は、影響力のある方の増加が想定されるので競争が激化する可能性があります。

インフルエンサーの影響力別の特徴 

影響力のある方は4つのカテゴリーで分類されています。フォロワー数で分類されていて一番多いのがメガその後にミドル、マイクロ、ライトと決まっています。フォロワー数が100万人を超えるメガは人気の高い芸能人やモデル、You Tuber等がいて、商品をPRする時でも影響力は大きいです。

実際にPRする方に依頼する時は、フォロワー単価とフォロワー数で報酬が決まるシステムになっていて、フォロワー数の多いメガは報酬額が高くなる傾向があります。PRする方を決める時は、費用対効果を良く検討して選定する必要があります。

フォロワー数が100万人以上のメガインフルエンサー

フォロワー数が100万人以上でメガのPRする方と言われますが、知名度が高くテレビやその他のメディアで活躍している方となります。メガの目安としてフォロワー数がありますが、100万人以上のフォロワー数があると幅広い方に人気があります。メガの中には政治家やソーシャルメディアの有名人がいて、多くの方が知っている影響力の強い方になります。メガの場合は専門的な知識がなくても、投稿した内容は数多くの方に届く特徴があります。より良い投稿の内容とメガの影響力で効果的に商品のPRを可能とします。

フォロワー数が10万人から100万人のミドルインフルエンサー

フォロワー数が10万人から100万人はミドルに分類されます。料理や美容といった特定のジャンルで活躍しているケースが多いです。ミドルの特徴としては、メディアに出ていたり書類の出版をしている方もいます。SNSで大きな影響力を持っていて支持されています。他のミドルの特徴としてCM等と比べると低コストで宣伝する事が可能な点があります。費用対効果が高い事は商品をPRしたい企業にとって重要なポイントです。

ミドルは他の言い方をすると、ある分野に詳しい有識者タイプの方と言えます。今後も様々な分野の専門的知識は必要とされていくのでミドルも活躍していくでしょう。

フォロワー数が1万人から数万人のマイクロインフルエンサー

マイクは、フォロワー数がおよそ1万人から数万人の方を意味します。SNSにおいて影響力のある方となりますが、ミドルやメガと比べるとフォロワー数は少ない特徴があります。投稿に対する反応であるエンゲージメント率をみるとマイクロは高い傾向を示します。理由としては、フォロワー数が少ない程フォロワーとの距離が近くなりエンゲージメント率が上がる為と考えられます。PRの方を起用する時は、エンゲージメント率やどの程度拡散するかなどトータルで判断する必要があります。

フォロワー数が1万人未満のライトインフルエンサー

ライトの方の特徴は、フォロワー数が1万人未満である事です。ライトではフォロワー数が少ない事で更にフォロワーと影響力のある方との距離感が近くなり、影響力が強くなる傾向があります。ライトは一般人でありながら影響力と一定のフォロワー数がありますが、専門的な事を投稿しているわけではないケースもあります。

一般的な内容を投稿してフォロワー数を増やしている方がライトに該当する事があり、やり方次第ではライトになる事を目指す事も出来ます。ライトになるためには様々な方とのネットワークがプラスに働き、フォロワー数を増やす事が可能です。

フォロワー数が多い方の特徴

フォロワー数が多い影響力のある方の特徴を見てみると、特定のコミュニティーにおいて影響力があるケースもあり影響力の範囲が異なっています。単純にフォロワー数の多さだけで考えればメガが一番影響力があると感じますが、企業がPRする方を起用する時はフォロワー数だけで起用するとは限りません。本当の意味で必要な方に必要な情報を届ける事が出来る事が、PRする方で大切な事でもあります。

フォロワー数は影響力を見る1つのポイントですが、ファンでない方によってフォロワー数が多くなればその分エンゲージメント率が下がる傾向があるので注意が必要です。

インフルエンサーの選び方

影響力のある方を選定する時のポイントは、目的が何なのかによって異なります。会社やサービスの内容を多くの方に知ってもらいたいケースでは、メガを起用すると効果が期待出来ます。メガのフォロワーの中には投稿を拡散してくれるSNSの利用者がいるので、大勢の方に会社について宣伝出来ます。目的が商品を購入者してもらう場合は、ミドルやマイクロを起用して宣伝すると効果的です。SNSの利用者との距離感がミドルやマイクロは良いので購入する可能性が高くなるでしょう。

インフルエンサーの活用メディア 

複数の活用メディアで活躍するのがPRする方ですが、それぞれのSNS等は得意とする機能があります。Twitterは多くの方が利用していて、ショートメッセージを共有可能なシステムがあります。Instagramは、写真や動画が共有出来るので色々な利用者に多くの情報が拡散出来ます。Instagramを実際に使ってみると影響力のある方が身近に感じるだけでなく、普段の出来事や商品の紹介を臨場感を持って見れます。You Tubeは動画を共有するサービスで世界的に人気です。簡単に個人で動画を上げられるのも利便性が高いです。

活用メディアの選択と影響力のある方の相性はとても大切でマーケティングを実施する時は、どのSNS等を選ぶかはとても重要です。

ショートメッセージを共有出来るTwitter

Twitterでは、メッセージを共有出来るのでPRする方の情報の拡散が可能です。共有の仕方は、影響力のある方からフォロワーへメッセージを送信して共有します。ショートメッセージで直接フォロワーと情報を共有する事は宣伝効果も高いでしょう。メッセージ受けたフォロワーとしても影響力のある方に親近感を覚えるので良い機能です。

Twitterでも人気のある方は、頻繁にツイートして興味を持ってもらうように工夫している場合が多いです。多くのフォロワーを獲得するには、Twitterにおいても質の高いツイートやメッセージがポイントです。

動画や写真の共有可能なInstagram

Instagramは、動画、写真を共有するので宣伝で利用すると費用対効果が高いです。文字だけの宣伝と動画の宣伝では、含まれる情報量が異なり動画は短時間でもフォロワーに効果的にPR出来ます。最近ではInstagramを利用して欲しい物を探す方も増加しているので、宣伝で利用する価値は高くなっています。Instagramでは、頻繁に動画を共有することが出来るため継続的に宣伝したい企業等にとっても有益なツールとなっています。画像や動画は繰り返し見る事が可能なので、フォロワーやその他のユーザーにとっても様々な情報源として使えます。

動画を共有出来る世界的に人気のYou Tube

多くの方が知っているYou Tubeも動画を見てもらえるメリットを活かして影響力のある方が利用しています。You Tubeの特徴は、幅広い世代の方が利用しているので様々な消費者にアプローチ出来る点です。You Tuberの中には目標とする消費者をある程度絞ってPRするケースもあります。色々な使い方があるのもYou Tubeのメリットで個人でも簡単に自分の動画アップロード出来る手軽さも利点でしょう。

動画の広告市場は拡大傾向が続いているので今後もPRする方が有効利用する状況が続くと考えられます。

企業等がオフィシャルで利用出来るFacebook

Facebookは企業が会社の紹介等で利用出来てオフィシャル的な位置づけとなっています。ホームぺージで会社紹介をするのが一般的だった以前と比べると、Facebookの利用で色々な情報の発信方法が確立しました。利用者は登録する必要があるので、Facebookのアカウントの信頼性は高い特徴があります。安心して利用出来るのでSNSであるFacebookは、他のSNSと使い分けて利用するのを検討するのも良いでしょう。

拡散性がそれほど高くない点は、視点を変えれば投稿内容などで問題になるケースが少ないとも言えるので、利用する影響力のある方や企業の考え方次第でFacebookの評価は変わります。

ショートムービーを特徴とするTikTok

TikTokはショートムービーが利用できる点が大きな特徴です。マーケティングにおいては、他のSNSではリーチ出来ない様な方にアプローチすることが可能なのが強みと言えます。TikTokにおいてインフルエンサーを起用してPRするには、ターゲットをどの様に決めるかがポイントとなります。目標を決めて効果的にPR出来る影響力のある方に宣伝してもらえれば、マーケティングも成功するでしょう。

ショートムービーの利点は、時間がない時でも利用者が見る事が出来る手軽さにあります。見るだけでなく簡単に動画を作れて投稿できる面白さもあります。

様々な情報を発信できるブログ

ライティングスキルが優れていて影響力のある方は、ブログの運営もしています。ブログでは、専門的知識があるとそれらの知識を必要としている方に投稿を読んでもらえるメリットがあります。ブログを運営しているPRする方の中にはファッション系、美容、グルメ、ライフスタイル系等の多種多様なジャンルを専門とする方がいて、ブログを読む方も多いです。ブログの内容としては、特定のブランドの洋服についてコーディネートを多く投稿しているケース等があります。

普段からコーディネートにはこだわりを持っている方も多く、フォロワー数も10万人を超えている場合もあります。

(ジャンル別)各SNSの代表的なインフルエンサー 

TwitterやそれぞれのSNSで活躍する影響力のある方は、大勢の方が知っている渡辺直美さんやローラさん等がいます。ローラさんは印象的な画像を投稿してくれるのでフォロワーとしても嬉しいでしょう。根強いファンのいる水原希子さんはInstagramで活躍しています。You tubeで人気のHIKAKINさんは特に小学生に人気があり多くの方に名前を知られています。影響力のある方のポイントは、活躍しているメディアが幅広く様々なメディアを通じてフォロワー数を増やしている点です。

2010年からTwitterで活動する渡辺直美さん

渡辺直美さんは2010年からTwitterで活躍していてキャリアが長いです。イベントや番組等の告知をしたり、普段の生活についてツイートしてフォロワー数を伸ばしてきました。共感しやすい内容が多いのが特徴で幅広い年代の方にフォロワーがいます。渡辺直美さんは吉本興業に所属していて2021年の時点でニューヨークに住んでいます。影響力があるだけでなくお笑い、司会者、女優や声優、歌手までこなす器用な方です。面白さがにじみ出る様な芸風は多くの方を楽しい気分にしてくれます。

引用元:“【Twitter編】2019年、影響力の高いインフルエンサー10選!”

Twitterでアパレルブランドの紹介をする小嶋陽菜さん

小嶋陽菜さんはTwitterで2010年から活躍していています。イベントの告知だけでなくプロデュースをしているアパレルのブランドを紹介してます。普段の生活の写真を投稿する事もあり親近感があります。フォロワー数は311.9万人程となっていて若い世代に特に人気があります。小嶋陽菜さんは、ファッションモデルやタレント、女優、You Tuber等の多方面で活動しているので知っている方も多いでしょう。書籍では、写真集だけでなくカレンダーも出版しているのでその人気が分かります。

引用元:“【Twitter編】2019年、影響力の高いインフルエンサー10選!”

Instagramでオシャレな投稿をするローラさん

Instagramで634.9万人程のフォロワー数のあるローラさんは国内でも代表的な影響力のある方です。Instagramの内容は普段の生活の写真だけでなく仕事の写真も投稿するので見ていて飽きる事がないです。色々な角度でローラさんの写真や投稿内容を見られるのはInstagramの魅力と言えます。写真におけるセンスが良く芸術的な写真も投稿されています。毎日フォロワー数も伸ばしているローラさんに今後も期待する方は多いです。

引用元:“【2021】人気インスタグラマー18選!ジャンル別フォロワー数ランキング”

Instagram根強いファンのいる水原希子さん

565.9万人程のフォロワー数をInstagramで獲得している水原希子さんは、ハーフで日本で育った方です。モデルや芸能活動をしてきた中で、モデルとして撮られた写真等をInstagramでは投稿しています。その他では旅行中の写真も載せているので見ていて楽しい写真が多いです。水原希子さんはアメリカで生まれて兵庫県で育った方で2003年から活動しています。モデルらしいスタイルと顔立ちが特徴で多くのファンがいます。

引用元:“【2021】人気インスタグラマー18選!ジャンル別フォロワー数ランキング”

You Tubeで小学生にも人気のHIKAKINさん

HIKAKINさんは良く知られるYou Tuberで特に小学生には人気があります。UUUMに在籍している方です。You Tube以外ではTwitter等でも活躍していて幅広く影響力があります。You Tubeではチャンネルを5つ持っていて、チャンネル開設の時から維持しているチャンネルや商品紹介のチャンネル等があります。メインのチャンネルは、商品紹介になり2011年から開設されているのでかなり長い期間行っています。他には、ゲームの実況の動画のチャンネルやプライベートの動画のチャンネルと活動範囲が幅広いです。動画の評価は高くいわゆる投稿した事による炎上等の問題がない事でも知られています。

影響力のある方でも投稿内容に注意しないと炎上してイメージダウンになるリスクがある中で、HIKAKINさんは順調にチャンネル登録者数を増やしています。

引用元:“HIKAKIN”

ファッションYou Tuberの佐々木あさひさん

You Tubeで95.5万人程のチャンネル登録者数の佐々木あさひさんは、2007年から活躍しているYou Tuberです。多くのYou Tuberがいる中でベテランに分類される方で実際の公開されている商品紹介の動画を見てみると親しみやすいキャラクターが印象的です。話し方も面白い内容を含めて分かりやすく説明してくれるので、登録者数が多いのも理解出来ます。ジャンルとしては、美容やファッション、コーディネート等になり女性向けの情報発信が多いです。海外にもファンがいるほどの方で一流のYou Tuberの一人です。

ECサイトとタイアップして公開されているPR動画を見てみると、清楚なイメージを十分に発揮して商品の良さを表現しています。

引用元:“【レディース・メンズ】今YouTubeで人気のファッションユーチューバー10名”

まとめ:【いまさら聞けない】インフルエンサーとは?意味と定義から注目すべきアカウントまで解説

それぞれのジャンルで影響力のある方は、他の方と違った強みを持っています。消費のPRする場合でも、自分でしか出来ない表現の仕方を駆使して商品の良さを全面に出しています。影響力のある方は、フォロワー数で分類されていますが、どの分類のPRする方も得意とする事があり、その方の専門性を活かしているケースが多いです。商品のPRをする方が利用するSNSには、Twitter、Instagram、Facebook、You Tube等があり影響力のある方との相性がありますが、複数のSNSを利用しているPRする方多いです。代表的なPRする方を見ると、個性的な方が多くどの影響力のある方もフォロワー数を増やすために地道な取組みがあり、結果として長期に渡って活躍している方もいます。インフルエンサーに必要な事は、問題になる様な投稿をしないでどの様にして商品や自分自身をPR出来るかがポイントです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティングの方法について分かりやすく解説していて、ネットショップの運用の後のサポート等も致します。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。