2021.8.25

【2021年最新版】インフルエンサーマーケティング会社まとめと選び方

【2021年最新版】インフルエンサーマーケティング会社まとめと選び方

初めてインフルエンサーのマーケティング会社を選択する時は、どの様に起用してマーケティングしたいかが大切です。ある程度インフルエンサーを起用した宣伝等をイメージ出来ていないと、それぞれ特徴のある会社を絞る事は難しいです。宣伝の仕方によっては、インフルエンサーを利用する場合のコストも様々なので、何をターゲットにしてPRするのか決めると会社も決めやすいです。この記事では、マーケティング会社の選び方と注意すべき事を説明し、3つに分類される会社を複数紹介します。

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングは、SNSで多くのファンのいる影響力のあるインフルエンサーを起用して、自社のSNSで商品やブランドを宣伝する事を意味します。マーケティングの経験があまりない方でもSNSであるFacebook、Twitter、Instagram、You tubeは知っている方は多く、これらを利用してPRを効果的に行うのがインフルエンサーマーケティングの目的です。

普通の宣伝では自社の商品をPRする事に時間が掛かったり効果が薄いケースがあるのに対して、SNSで人気の方を起用して宣伝する事で自社のファンを増やす事も可能です。少しでも多く売上を上げたいと考える企業にとって重要な宣伝方法の1つと言えます。

インフルエンサーの意味

インフルエンサーの基本的な意味は、SNSを利用して情報を発信する事で他の方に大きな影響を与える人物の事です。広告の担当者でない場合は聞いた事がない方は多いでしょう。インフルエンスとは英語で影響等の意味になるので理解しやすいです。具体的には、インフルエンサーはSNSで沢山のフォロワーを持つ方を意味します。インフルエンサーが出始めの頃はテレビ等に出演する芸能人がインフルエンサーでしたが、最近ではインターネットで消費者の購買の意思決定に影響を与える方を意味する場合が多くなっています。

インフルエンサーマーケティングの概要

マーケティングでは、影響力の強い方が商品を使用している事をPRすれば効果があると考えますが、商品とキャスティングのマッチングは大切です。商品だけ良くても宣伝の仕方次第で売上は変わってきます。マーケティングでは、様々なキャスティングの仕方があり起用する方の選択はとても重要です。

マーケティングをしっかりしたつもりでも、起用したインフルエンサーのイメージが商品と合致していないケースでは宣伝として効果が薄いものになる可能性があります。あくまでもマーケティングの手法の1つなので慎重にインフルエンサーを選び実施する必要があります。

インフルエンサーマーケティングのメリット、デメリット

マーティングのメリットとして拡散力が期待出来ます。PRをする事により口コミ情報が多くなり商品のファンを増やす事で売上につながる事もあります。この様な地道な努力によるファンの増加が最近の販売では大切です。他のメリットとして、適確な方を起用したPRではターゲットとする方に効果的に宣伝が出来ます。デメリットは、インフルエンサーが不適切な宣伝を行う事でブランドのイメージが悪くなってしまうケースが考えられます。安心して頼む事の出来る方をキャスティングするのもポイントとなります。

インフルエンサーマーケティングの市場の規模

マーケティングの市場の規模は、2019年は301億円であったのが2021年には425億円のなる予想です。2023年では605億円となると考えられているので市場は確実に拡大していくと言えます。この市場規模のデータは、You tube、Instagram、Twitter等、その他を含めた情報となっています。普段の生活の中でSNSを通して宣伝を見る事も多くなりました。SNSの利用者は多く、インフルエンサーを利用した宣伝は毎年増加傾向にあるのはスマートフォンの利用者の増加も関係しています。

スマートフォンでは、SNSを気軽にチェックする事が出来る為に頻繁に利用するケースが多く、企業としても効果的な宣伝をSNSで実現可能です。

引用元:“【2021年】インフルエンサーマーケティングの市場規模と今後の予測”

インフルエンサーマーケティングの注意点

マーケティングにおける注意点として、どの会社に依頼するか判断する事が挙げられます。特に初めて利用する企業にとっては、会社の選定は難しいです。企業によって自社とのマッチングは異なるので注意が必要でしょう。他の注意点として、予算内におけるインフルエンサーの人数やコメントの反応数、フォロワー数の増加等がありますが、自社の宣伝の目標を達成出来る様に一つずつの目標値を決めていくのも大切です。

インフルエンサーマーケティング会社の選び方と注意点

会社を選択するには、起用する方の実績等をどこまで確認出来るかが重要です。起用する方の情報が分からないケースでは、後で思ったより宣伝効果が上がらない事態も想定されます。知名度高い方であっても自社の商品とのマッチングが合っていなければ意味がない点も要注意です。宣伝に関する効果の分析のサポートがどの程度かも会社を選ぶ時の注意点です。会社を複数比較してみてどの企業が効果を期待出来るか決める事は簡単ではないですが、各会社の得意とする分野等を参考にしながら決める事になります。

インフルエンサーを過去の実績を元に選べるかがポイント

会社の中でも採用する方の実績を確認した上で起用出来るシステムのある会社はポイントが高いです。実績を見なければ自社の商品の宣伝を会社にお願いしても、本当にPR効果があるか事前に予想する事は困難でしょう。特に自社のブランドや目的に合う方を採用したいので、実績は重要視した方が良いです。様々あるPRをしてもらう方の選定ポイントとして、実績はなくてはならないチェックポイントと言えます。

実績については、PR投稿の効果やインサイトデータを会社は持っているので、これらの情報を元に起用する方を選ぶのが通常の流れです。

施策における目的と目標を事前にしっかり決める

会社を選択する時は、広告の施策の目的や目標を前もって決めておく必要があります。目的や目標を決めていないと、何が宣伝の成功が分からないことになります。そのため、どの会社に依頼するかも決められません。目標等は出来れば具体的に決められれば更に良いです。目標の決定では、何がインフルエンサーを起用したPRのゴールなのか考える事が大切です。ゴールとしては、認知度を上げたりサイトへの訪問者の増加等があり、複数あっても問題ありません。

効果分析等のサポートの充実度をチェック

会社の選択基準として、サポートの充実度も重要になります。サポートの重要性は実際に問題が発生してから認識する事が多いので注意が必要です。会社によっては、案件ごとにプロジェクトチームを組んでサポートしてくれる会社もあります。インフルエンサーを起用したマーケティングの効果分析についてサポートがあると、自社では把握しきれない分析結果も教えてくれるので助かります。

インフルエンサーを使った広告を初めて実施しようと考えている企業にとっては、マーケティング会社のサポートにより、宣伝する上での様々な判断材料となる情報を提供してもらう事は安心にもつながります。

ステルスマーケティングに注意

ステルスマーケティングは、消費者に対して宣伝である事を記載せずに口コミ情報等を掲載して、結果的に消費者を欺むく宣伝の方法を言います。キャスティングを行う会社を選ぶ時は、ステルスマーケティングに注意が必要でPRである事をしっかりと表示して広告をする会社を選ぶと良いです。その為会社を選択する時は、ステルスマーケティングにならない様に注意しているか、見積までの段階で確認する事です。

マーケティングの費用対効果を客観的に分析

どの様な広告でも同じですが、広告費用に対してどの程度の効果が得られるか分析して会社の選択をするのが良いです。広告では、起用した方のフォロワー数にインフルエンサーと企業が交渉して決める単価を掛け合わせた金額がコストになります。交渉して決める単価の相場は、1フォロワーに対して5円程度と言われています。フォロワー数に5円を掛ける事で宣伝費用が計算出来るシステムです。

コストを抑えた宣伝も可能なので、費用対効果をしっかりと分析してPRを決めるのがおすすめです。ただコストだけを掛けた宣伝だけでは、効果的に消費者にアプローチするのは難しいです。

3つのカテゴリーに分けられるインフルエンサーマーケティング支援サービス会社 

会社のタイプは3つに分けられ、総合ディレクション型、プラットフォーム型、ジャンル/マイクロインフルエンサー特化型となっています。それぞれの会社の得意とする点を理解する事と、自社に合った会社を選択出来るかがコツです。インフルエンサーの広告を実施するのが初めての企業は、総合ディレクションの会社に依頼する事で多くの事を任せる事が可能です。どの会社にするか検討する時に、広告主の考えがしっかり反映しているか等も大切な判断材料となります。

3つのインフルエンサーマーケティング会社の特徴

それぞれのインフルエンサーマーケティング会社を見てみると、総合ディレクション型は自社の商品に合ったインフルエンサーの選択、マーケティングの運用まで幅広く対応するタイプです。プラットフォーム型は広告主とインフルエンサーの間にプラットフォームがあり、こちらのフォームで企業とインフルエンサーが話しを進めるタイプです。次にジャンル/マイクロインフルエンサー特化型の企業は、特定のコミュニティで影響力のあるインフルエンサーの起用を売りにしているマーケティング会社です。

自社に合ったマーケティング会社の選択のポイント

3つのカテゴリーがあるマーケティング会社を選ぶ時は、自社の商品に合った会社を選択する事が大切です。マーケティングの経験がない場合は総合ディレクション型にするケースが多いですが、他のタイプのマーケティング会社にする時は自社の方針等を考慮して決める必要があります。自分の会社に合ったマーケティング会社は、ホームぺージ等で対象の会社についてリサーチして不明な点は問合せる事で分かってきます。

限られた情報だけで会社を決めるよりも、出来る限り多く情報を収集してトータルで判断してどの会社にするか決めるのが安全です。

広告主の考えが反映されていて投稿の内容が最適なのかも大切

どの会社に依頼するか検討する時に、自社の考えがしっかりと反映されていて、尚且つ投稿内容が最適である事がポイントです。実際に依頼する前にどこまでこれらのポイントをチェック出来るかは難しい点もありますが、問合せやリサーチの中で可能な限り最適な投稿内容で自社の考えが反映されるのか推測する必要があります。その為には、実際に依頼する直前まで予想される投稿内容について疑問点があれば、すぐにマーケティング会社に質問すると良いです。

投稿する写真や動画を事前に確認してくれるか

それぞれのカテゴリーにおいて投稿前の写真や動画をマーケティング会社側で確認してくれるかチェックするのも大切です。場合によっては、事前に確認しないで投稿される動画や写真がありケアレスミスにより、自社のイメージが悪くなってしまう事も想定されます。会社側から事前に確認出来るかはっきり分からない様な事を言われたら、そのままにしないで可能な限り投稿前に確認してもらう事を伝えましょう。動画や写真等はインパクトがあるので消費者に間違ったものが公開された場合のロスは大きいと考えておくのが無難です。

インフルエンサーを起用したイベント等のバックアップ体制の有無も重要

イベント等でインフルエンサーを使った時に重要なのが、何か問題が発生した時のバックアップ体制です。実際にバックアップが無くても大丈夫と考えがちでも、必要なサポートはあります。例として、イベントの当日のインフルエンサーが遅刻したケースでは、バックアップ体制がしっかりしていれば事前に遅れる事が分かります。前もって遅れる事が分かればイベントのスケジュールを調整するのが可能なので、バックアップ体制は想像以上に重視して決めた方が安全です。

マーケティング会社の担当者がイベント当日に現場に来るのが理想なので、事前にチェックした方が良いです。

インフルエンサーキャスティングやマネジメントまで幅広く行う「総合ディレクション型」

キャスティングから企画まで行うのが、総合ディレクション型です。まだPRに不慣れな企業にとって総合ディレクション型は、まとめて依頼出来るメリットがあります。名称からイメージしにくいですが、色々依頼出来る利点は大きいです。このタイプには、有名なYou tuberが在籍するUUUMがあります。他には、美男美女の方が在籍している#GROVEがあります。特徴が異なる会社から合ったものを選択するには、在籍する方を実際に採用した時の宣伝効果をイメージする必要があります。

ウェブ・コロ株式会社

ウェブ・コロは、インフルエンサーマーケティングに加えてTikTok、YouTube動画マーケティングなどの各種ブランディング、マーケティング、インターネット広告、EC/Webサイト制作など、構築から集客まで網羅し、様々な事業を展開している会社です。幅広い知識を持ったWeb解析士やGoogle広告有資格者が、競合との相対比較を通じてユーザーニーズや改善点を的確に把握し、適切な企画を提案、ファン化促進への効果を定点で観測してくれることが大きな強みといえます。人材ピックアップからレギュレーションの落とし込み、ディレクションまでを一貫して行ってくれることからPRに不慣れな企業でも認知度の向上や販売数の増加を目指して安心して任せることのできる会社と言えるでしょう。

引用元:“ウェブ・コロ株式会社”

UUUM株式会社のUUUM

YouTubeでインフルエンサーを利用したPRが強みのUUUMは、HIKAKIN等の方も在籍しています。あまりYouTuberを知らなくてもHIKAKINの名前は聞いた事がある方は多いでしょう。YouTuberを使用したプロモーションは、動画だけでなく、イベント、店舗に訪問、キャンペーンと連動したPRをするのでオフラインにも強いです。多くの方で知っているYouTuberがイベントに参加すれば大きな反響となるでしょう。イベントに参加することで臨場感のある宣伝が可能です。YouTubeでの経験を元に、様々な企業のブランドの映像制作も行います。

引用元:“UUUM株式会社”

ソーシャルワイヤー株式会社のFind Model

Find Modelは、AIとプロの目でPRする方を選択するシステムで、登録インフルエンサーは3,500人を超えます。AIを利用する事が斬新であり選ばれる理由の1つと言えます。実績をチェックしてみると上場企業等で8,000件以上あり、色々なノウハウを含んだディレクションが可能なのも強みと言えます。上場企業が多い事から信頼性が高い事が分かります。コスト構造の破壊にも取組み適正価格を実現します。

利点として、企画から始まり効果分析までまとめてサポート可能なので頼もしいでしょう。サービスとしてPRの投稿で使った写真は2次利用が可能で、バナー広告にも使えます。

引用元:“ソーシャルワイヤー株式会社”

GROVE株式会社の#GROVE

#GROVEはディレクション型の会社で、名前は畑を意味しPRする方が花を咲かせて実になる支えになりたいという思いを込めてます。若い方が多く在籍し、クリエイターリストはインターネットでもチェック可能なので、採用を検討している担当者は見てみると良いです。時間のない企業でもインターネットで必要な情報を確認出来る点は助かります。中高生も在籍していて#GROVEの幅広さも特徴的です。気になる方のフォロワー数をすぐにインターネットで見れるので、企業の担当者にとっては参考になります。

引用元:“GROVE株式会社”

株式会社CandeeのLollypop

魅力ある女性の方が在籍してマーケティングを行っているのがLollypopです。商品の特徴を考慮して、効果的な宣伝になる用にPRの方を提案する事が強みです。企業の方が大事に商品化した物をしっかり捉えてくれるのは安心です。有名な方と言うだけで選択するのではなくて、商品との相性を考えてくれる点は企業として助かります。若い世代が目標の為在籍する方も若い女性が多いです。PRする方はInstagramで写真や情報を見れるので検討しやすいです。

引用元:“株式会社Candee”

株式会社EVOLVAのINFLUENCER CLOUD

国内で最安値級を売りにしているのがINFLUENCER CLOUDです。フォロワーの単価は1.5円からで、実施が可能な価格は2万円から、料金は業界大手の80%オフとなっているのでコストに大きなこだわりを感じます。どうしてもPRをお願いしたいけどコスト面が気になる企業には良いです。この会社が焦点を当てるのは、今までの様な芸能人よりも情報の感度の良い一般SNSユーザーであったり読者モデルであり、PR効果のある方を採用してSNSのPRを展開しています。安価に広告を試してみたい企業に対して、要求を満たすのがINFLUENCER CLOUDです。

引用元:“株式会社EVOLVA”

プラットフォームを利用して自社でインフルエンサーの選定や交渉を行う「プラットフォーム型」

プラットフォーム型は自社の考えでPRする方を選ぶことが可能です。PRする方を選択するには知識が必要になりますが、コストを抑えるメリットがあります。ギャラの交渉も自社でするので、経験のあるスタッフがいると手続きがスムーズになります。フォームに在籍する方を選択するシステムなので、中間業者のコストが抑えられるため利便性が高いです。企業の中でフォームを利用した事があるスタッフがいる場合は、利用を検討する価値は十分あります。

THECOO株式会社のiCON Suit

iCON Suitは、効率良く広告を消費者に届ける為のシステムで効果分析が可能なツールを提供している点です。自社で宣伝の分析を出来るのは、PRを進める上で大切なツールとなります。分析結果からその後のPRをどうしていくか決める事が可能なのでツールは便利です。iCON Suitでは、トライアル版の使用が可能で、1日3回までPRの方のフォロワーのデモグラフィックの情報を見る事が出来ます。トライアル版は無料で、フォームの様子を見たい担当者は一度使ってみるのと良いです。試して利用する前に全てを判断せずに、トライアル版の利用価値を考える事も大切です。

引用元:“THECOO株式会社”

IDH Media LimitedのindaHash

80以上の国で広告を展開するindaHashは、海外でもPRの方による広告を実施したい企業向けです。海外進出は多くの企業にとって重要な事です。様々なツールを利用出来て利便性が高い特徴があり、手続きにおいて各ステップでindaHashのチームがサポートしてくれて安心です。世界の113のマーケットでindaHashは展開していて、オフィスは7つあります。オフィスは東京、シンガポール、ロンドンなどにあり国内でも、オフィスが東京にあり使いやすいです。

引用元:“IDH Media Limited”

リデル株式会社のSPIRIT

国内で最大のフォームのSPIRITは、20,000人のPRの方が登録しています。商品の宣伝をしたい方と、商品をPRしたい方をマッチングさせるフォームに強みがあります。企業の商品をPRしたい方が公募形式で決定するシステムになっているため、低コストで商品を宣伝可能です。月額固定費、初回の登録費が無料となっている為、安心して開始出来ます。

PRする方は企業から5段階の評価を受けますが、その評価等を参考にしてPRの方を選ぶことも可能です。他の企業の評価が見れる事は安心して利用する事につながります。

引用元:“リデル株式会社”

株式会社Lxgicのexpaus

PRを仲介手数料0円で行っているexpausは、ツールにより一括でPRする方を募集出来るシステムです。フォロワー単価は0.7円からなのも魅力と言えます。対応SNSは、Twitter、instagram、You tube、weibo、ブログとなっていて利便性が高いです。多くのSNSで利用出来る点は柔軟性があります。PRする方を公募する時は、条件を自由に設定出来る点も便利でしょう。フォームを利用する事で起用から宣伝の分析までまとめて行えるメリットがあります。

引用元:“株式会社Lxgic”

BIJIN&Co.株式会社のCLOUD CASTING

CLOUD CASTINGは、起用を簡単に発注出来るシステムです。実績として10,000社を超える企業が使ってます。これだけの実績があるので利用を検討してみるのも良いです。PRする方は芸能人からフリーモデル、専門家、インフルエンサー等となっているので色々な要望に応える様に展開しています。業界で最高水準のコストで使えて、仕事の依頼であるオファー登録は無料です。他のメリットとしてサイト上で契約や支払いをするので面倒な処理が省けて使いやすいです。

引用元:“BIJIN&Co.株式会社”

ある特定のコミュニティーに強いインフルエンサーを活用する「ジャンル/マイクロインフルエンサー特化型」 

特化型の会社には、小回りのきく宣伝が特徴のasagakeや、女性にアプローチするSNSが売りのlesolamがあります。特定のコミュニティーで影響力を持つ方の起用を得意とするのが特化型で、目標を絞って宣伝したい企業にとっては便利です。初めに目標をどこまで絞るかはPRする際に大切です。会社によりマイクロインフルエンサー系、漫画系、10代系等を得意としているので商品とのマッチングを検討する必要があります。

小回りのきくマーケティングが可能なasagake

asagakeは、ソーシャルワイヤー株式会社が提供する小回りのきく特化型のフォームです。フォームのシステムは、投稿して欲しい企業と投稿したいSNS利用者をマッチングさせるものです。掲載料金が分かりやすく分類され、体験オファー掲載が30,000円、PICKUPオプション50,000円、コンサルオプション別途見積となっいて、自社の用途に合わせて選ぶ事が可能です。体験オファーに登録する事で、平均30人のPRする方が自社にエントリーしてくれるのでマッチング率も高いです。体験オファーはそれほど高くないので、一度こちらで試してみるのも良いです。

引用元:“ソーシャルワイヤー株式会社”

女性向けのSNS施策を得意とするlesolam

女性向けのPRを展開するlesolamは、20代の女性1,000人以上のネットワークを持っていて、合計のフォロワー数は1,200万人以上です。インフルエンサーとしてモデルを起用して宣伝の発信源となり、効果を最大化する工夫をしてます。モデルがイベントに参加するPRも実施して、SNSでの盛り上がりを演出出来るメリットは大きいです。

モデルによるイベントへの参加は、モデルのファンにとっては嬉しい事です。20代を目標にしている企業は、lesolamを検討する価値は高いです。スマートフォンを利用している方は若い女性が多いので、lesolamを使いSNSで効果的にPR出来ます。

引用元:“株式会社レゾラム”

中国の消費者にPR出来るWEIQ

中国を目標にしている企業向けなのが、WEIQです。WEIQはアレイドアーキテクツ株式会社が運営していて、中国人に動画、キャンペーンサイト、企業のアカウント等のコンテンツを見てもらう事が出来ます。中国の市場はこれからも継続的に規模を拡大していくと予想されるのでWEIQは押さえておいた方が良いです。特徴はPRする方を通して、中国のSNSのユーザーへのプロモーションを可能とします。越境ECは成長を続けているので、中国へ進出してPRをしたい企業にとって頼りになります。

中国で最大級のPRする方の登録数を有するWEIQは、フォロワー数累計が10憶人以上です。今後の中国を考えると市場が拡大するのでWEIQの利用を早めに視野に入れるのも大切です。

引用元:“アライドアーキテクツ株式会社”

大人の消費者をターゲットにしたOTONARI

You tubeを使い大人の消費者を目標にしてるOTONARIは、大人のPRする方が多く在籍しています。OTONARIは、担当のマネージャーが付き活動における悩みのサポート、企画の立案のコンサルティングをします。他はOTONARIの利用者であるクリエイターの営業代行、ライブ配信サポートをしてくれて収益の最大化をしてくれます。更にオリジナルのブランドの企画から販売までサポートする以外に、ファンの獲得支援をしてくれるので頼もしいです。

引用元:“株式会社OTONARI”

美と食に特化したマーケティングを行うbeaus

beausは美と食に目標を絞った特化型の会社です。企業が届けたい情報を届けたい相手に伝えて成果を上げる事に取組んでいます。普通の事を行っている様に見えますが美と食に特化している点は注目です。PRする方の選定は、ヘルスケアやビューティー等の分野の方の中から的確に選び出します。予算や目的に合わせたPRのサポートをしてくれます。

WEBサイトの構築も行っていて、見込み客を増やすサービスもしているので、SNS以外のPRでも相談出来るメリットがあります。PRだけでなく最終的にはWEBサイトの品質も重要になるのでbeausは頼りになります。

引用元:“株式会社ビューズ”

まとめ:【2021年最新版】インフルエンサーマーケティング会社まとめと選び方

インフルエンサーが在籍するPRの会社は多くあり、どれにするのか迷うケースが多いですが、どの様なタイプの会社があるのか把握して自社のPRの仕方をイメージ出来れば依頼する会社も決まってきます。情報収集を確実に行い会社を客観的な視点で選ぶこともポイントです。会社の選択で注意したい事として、PRする方がイベントに参加する時等に遅刻した場合におけるサポート等があり、もしも遅れてしまっても対処してくれるようにPRする方に担当者が付いている事も大切です。3つタイプのある会社については、自社のPRする方の起用の経験や何を重視してPRをしたいかによってどのタイプの会社にするか決まってきます。これらに注意した上で、費用対効果を考え商品のイメージを向上させる会社を選ぶのがおすすめです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティングの手段について分かりやすく説明していて、ネットショップの運用の後のサポート等も行います。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ懇切丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。