2021.9.8

【マーケ担当必見】インフルエンサーへの依頼方法と料金相場、最新PR成功事例

【マーケ担当必見】インフルエンサーへの依頼方法と料金相場、最新PR成功事例

複数あるインフルエンサーの依頼の方法から1つ選択するには、それぞれの依頼の特徴を把握しておくとスムーズに決める事が可能です。商品をPRする方を選ぶ時は、その方の実績をどこまでリサーチ出来るかがPRの成功に大きく関係しています。料金の相場を見てみると、フォロワーの単価等があり初めて依頼する方は戸惑いますが、料金の計算は理解してしまえばそれほど難しくないでしょう。この記事では、マーケティングで商品をPRする方を起用する時の依頼方法、料金の相場、最新のPRにおける成功事例を紹介します。

インフルエンサーマーケティングとは?

特定の分野等に影響力のある方をインフルエンサーと言い、その方を起用して行うマーケティングをインフルエンサーのマーケティングと呼んでいます。SNS等を利用して自社のPRを行う時に、PRする方を起用する事でより効果的に宣伝をする事が可能です。宣伝をする方は、以前は芸能人が多かったですが最近ではモデル等も多く、より幅広い方がPRで起用されています。マーケティングでは自社の商品と親和性の良い方を起用して宣伝してもらう事で、反響を多くして口コミ情報等を増やす目的があります。

インフルエンサーマーケティングの概要

マーケティングを行う事で自社の商品のイメージを向上させて購入につなげる事が可能です。マーケティングは実施する時は、有名な方というだけでPRする方を選択するのではなくて、どの程度の効果が期待出来るか予想する必要があります。そのため宣伝をする方の実績をチェックして、どの方に依頼するか決定する事がポイントとなります。マーケティングを行う時は様々な知識と経験が必要となるので、出来れば社内にPRする方を起用した宣伝の経験者がいると頼もしいです。

もしも社内に詳しい方がいないケースでは、ディレクション型で依頼すればこまかな事までまとめて依頼出来るので良いです。

インフルエンサーとは?

インフルエンサーの語源は英語で影響を意味するインフルエンスとなっていて、世の中に影響力のある方を意味します。SNSにおける宣伝では、消費者が購入するかどうか決める際に影響を与える方を言います。実際には、PRする方は、You Tuberやインスタグラマー等と呼ばれいてSNSによって呼び名が異なります。意外と聞いた事のあるYou tuber等も宣伝をする方になるので分かりやすいです。宣伝をする方は、フォロワー数でも分ける事が出来て有名人が一番フォロワー数が多く次にトップ、マイクロ、ナノと分類されます。

インフルエンサーマーケティングの種類

PRの仕方としては大きく分類するとディレクション型とプラットフォーム型があります。ディレクション型は、PRする方のキャスティング等を案件ごとにまとめて他社に依頼するタイプです。PRをする方を起用した宣伝の経験がない企業にとっては知識がなくても依頼出来るメリットがあります。プラットフォーム型は、フォームを利用して自社でキャスティングをする方法です。自社でキャスティングをするには経験が必要なので、未経験の企業は注意が必要です。

どちらのタイプを選ぶかは慎重に社内で検討するのがポイントで、PRする方の実績がどこまで確認出来るかや、最終的にどの程度の効果が期待出来るか等トータルで判断するのが大切です。

インフルエンサーマーケティングの主なメリット

SNSを利用するPRでは、フォロワーによって情報の拡散が期待できるメリットがあります。効率的な情報拡散が可能であれば、宣伝効果も期待出来ます。どの様な方にPRしてもらうか適確に選べれば、自社の商品を必要としている消費者にする効果的にPRする事につながります。キャスティングの時点で誤った方を選定してしまうと、宣伝効果も薄いものとなります。インフルエンサーを起用するPRでは、従来の広告と比べて宣伝を感じさせないでアピール出来て消費者の視点からしても抵抗なくPRを見られます。

マーケティングで主に使用されるSNS

SNSを利用して宣伝するのがPRですが、主な種類としてはTwitter、Instagram、Facebook、You Tube、となります。Twitterの特徴はリツイートというシェア機能があり情報の拡散がしやすいです。Instagramは、ファッション、グルメ、美容等の分野と相性が良いです。You Tubeは、動画を配信するタイプのPRとなり、動画により多くの情報を消費者に届けられます。

Facebookは、多くの企業が利用するSNSで商品の販売等を行える特徴があります。実際のPRでは、個々のSNSの得意なポイントを把握し、どのSNSを利用するか決定すると良いです。

引用元:“今さら聞けない基礎知識!インフルエンサーマーケティングとは?”

インフルエンサーマーケティングにかかる費用計算例・金額の相場とフォロワー単価

宣伝する方を起用に掛かる費用の算出は、基本的にはそれほど難しくないです。例えばPRをする方のフォロワー数にフォロワー単価を掛け合わせる算出方法があります。金額の相場を考える時は、フォロワー単価がポイントでおよそ2円あら6円です。これにPRする方のフォロワー数を掛ける事で計算します。これらの計算から分かる事は、フォロワー単価とフォロワー数の両方で費用が決まるので知っておいた方が良いです。

マーケティングの費用の計算例

PRする方を選択して宣伝をする時は、いくつかの費用の計算があります。一般的な方法として、PRをする方のフォロワー数にフォロワー単価を掛ける仕方があり、フォロワー数が10万人で単価が2円の場合は費用が20万円です。これはSNSの場合で1投稿の依頼における費用です。

その他の計算方法は、動画の再生回数に単価を掛ける事で計算したり、成果報酬型等があり計算が異なります。成果報酬型は購入等の実際の成果が得られた場合に費用が発生するシステムです。

引用元:“インフルエンサーマーケティングにかかる費用を紹介!個人と会社で料金は?”

インフルエンサーマーケティングにおける金額の相場

商品をPRしてもらう方への費用は、一般的なファッション等のモデルの費用と異なりフォロワー数によって決定する点が大きな特徴です。単価は2円程度ですが、企画等の要素が入ってくると単価は2.5円位になります。フォロワー数に単価を掛けて費用を算出する事が多いので、単価が変動する事もあり得るので注意が必要です。

引用元:“【インスタグラマーの手配】インフルエンサーの需要と相場、広告の販促効果は?”

フォロワー単価の意味と相場

PRに必要な費用の計算は単価を使って計算しますが、単価は商品をPRする方により変わるので事前に確認が必要です。単価は一般的なPRをする方を選定したケースと、フォロワー数が多い方を採用した場合とで違います。費用はPRを行う会社によって異なり単価が3円から4円の会社もあれば2円から3円の場合もあるので、この点を前もって知っておくとスムーズに依頼の話しを進める事が出来ます。

成果報酬の場合の費用

PRの費用に成果報酬型があり、単価で決定する計算とは異なるので把握しておくと良いです。成果の報酬型では発生した成果で費用を出します。他の分野においても同じ様に成果の報酬型はあります。成果の内容は、シェア数や投稿の保存数等のエンゲージメント数やサイトへの遷移数、商品購入数があり、PRを依頼する前の段階で自社で目的に合わせて決めておく必要があります。フォロワー数によって費用を出すタイプと比べて実際の成果から計算するため、PRの効果を具体的な数値で見たい企業には向いているのが成果の報酬型です。

引用元:“ゼロから学ぶインフルエンサーマーケティング-費用の現実と相場、依頼から分析の流れ”

費用対効果を把握する為の効果測定方法

PRする方を起用する時に気になる事として、費用対効果をどの様に把握するかという点があります。効果の測定の方法は利用するSNSによって異なります。Instagramは、アプリの中にあるインサイト機能を使って表示回数であるインプレッション数、投稿が閲覧された回数、消費者が投稿についてアクションを取った回数であるエンゲージメント数等が分かります。Twitterでは、アナリティクスを使ってトップツイート、インプレッション数、エンゲージメント数を確認する事が出来るので便利です。

インフルエンサーに依頼する主な方法3つとそれぞれのメリット・デメリット 

宣伝してもらう方への依頼方法は3つあり、どの方法で依頼するかによって費用も異なるだけでなく宣伝の効果も変わってくるので注意が必要です。PRする方に直接依頼をする場合は、費用も含めて交渉するのでマーケティングの一定の知識と経験が必要です。一度も依頼した事がないケースでは、報酬の交渉で何を基準に進めれば良いか難しくなります。

PRする方を起用するのが初めての時は、マーケティング会社にまとめて依頼する事で様々なリスクを回避出来ます。その他には、プラットフォームを利用する方法もあるので、どの依頼方法が良いかしっかり検討するのがおすすめです。

インフルエンサーに直接依頼するケース

PRをしてもらう方に直接依頼する時は、メリットとして費用を抑える事が出来ます。直接の依頼なので他の会社を仲介しない為コストダウンが可能です。デメリットとしては、自社で依頼をするのでメール等の問合せに時間が掛かる点があります。他のデメリットは、PRの為の投稿内容をしっかりと管理しないと逆効果になってしまうケースがあります。PRの為に宣伝してもらっても投稿の内容に問題があれば、費用を掛けた意味がなくなってしまいます。

インフルエンサーマーケティング会社かキャスティング会社による紹介

キャスティング会社に依頼するメリットは、PRをする方の選定以外の業務をまとめて依頼出来る点です。具体的なメリットは、キャスティング会社ではプロの経験を活かしてPRする方を選ぶので安心でしょう。効果や分析、PRの実施まで幅広く対応してくれるのも利点と言えます。デメリットとしては、依頼する以上はコストが掛かる事が挙げられます。料金体系をしっかり把握する必要があります。

別のデメリットとして直接商品をPRしてくれる方と交渉が出来ないため、細かな情報伝達がうまくいかないケースもあるので事前に知っておいた方が良いです。

インフルエンサーマッチングプラットフォームを利用

自社の商品をPRしてもらう方とのマッチングのフォームがプラットフォーム型と言います。特徴としては、プラットフォームを利用して自社でキャスティングを行うシステムになっていて、プラットフォームの使用料は支払う必要があります。かなり多くの企業がプラットフォーム型を利用するメリットとして、直接依頼するケースよりも時間を掛けずにPRする方と契約出来る点です。デメリットは、プラットフォームの使用料を払う事ですがコスト削減を一番重視する場合は、直接依頼する方法を選ぶ事になります。

3つの依頼方法の大きな違い

最近の流れでは、プラットフォームを利用してPRしてもらうケースが増えていますが3つの依頼方法の違いは費用の面だけでなく、どの様にしてPRする方にアプローチするかです。直接依頼では、自社の商品をPRしてくれる方に直接依頼するのに対して、キャスティング会社では担当者がキャスティングを実施してくれます。プラットフォームを使った場合は、フォームに既に多くのPRする方が登録しているので直接依頼と比べると起用に掛かる時間は短くなります。

依頼の方法を選択する際のポイント

PRをする方に依頼する時は費用がどの程度払えるかや、どの様な特徴のあるPRをする方を起用するか事前に決める事がポイントです。費用については自社で打合せ等を通して決まりますが、PRする方の特徴は色々なタイプを見ていくと分かってくるケースがあります。

初めからPRする方のイメージが出来ていれば良いですが、まだ具体的にイメージ出来ていない場合は、複数の宣伝している方の実績等を見てリサーチしていくと次第に決まってきます。PRする方をイメージしながらコスト面も考えて依頼の方法を選ぶことをおすすめします。

インフルエンサーマーケティング依頼時におさえておきたいポイント

実績を重視してPRする方を選ぶ事は一般的にポイントと言われていますが、これ以外でも依頼する時の注意点はあり丁寧に打合せする事もPRする方の良い点を発揮する為に必要です。お互いがどの様な商品の宣伝にするかイメージが出来ていなければ、良い宣伝は作れないです。商品とPRする方との相性も依頼の際にチェックが必要です。相性を確認するには、PRを依頼しようとする方が他の消費者からどの様な印象を持たれているか把握する事も依頼時の大切なポイントです。

PRする宣伝内容を丁寧に打合せしてインフルエンサーの良さを発揮する

依頼時のポイントとして、事前に宣伝内容を打合せしてPRする方の魅力を発揮する事が挙げられます。打合せの中でPRする方の強み等を知る事も出来るのと、インフルエンーはフォロワーの事を良く理解しているので、フォロワーの動向を聞いてみるのも良いです。目標とする消費者に対して、PRする方の良さを十分に発揮して宣伝すれば費用対効果も良いものになります。PRする方の視点からすれば、打合せでしっかりと宣伝の内容を把握出来れば安心して投稿の実施やイベント参加が可能となります。

自社の商品とインフルエンサーとの相性をチェック

商品とPRする方の相性はとても大切で消費のイメージと合致しない方を起用すると逆効果になるケースもあります。相性のチェックの方法として、過去の実績で似た様な商品の宣伝をしている場合は、宣伝の効果がどの様なものであったかリサーチするのも必要な事です。似た様な商品でなくても自社の商品のイメージに合っていると感じたら、具体的にその方を起用した宣伝をイメージ出来るかがポイントです。

マーケティングの目標を事前に決めてインフルエンサーを選ぶ

商品のPRをする方の選定は、PRの目標を決めて行うのが安全策です。具体的なサイトへのアクセス数の増加等の目標を決める事で、どの様な方にPRしてもらうか決まってきます。目標を決めればどのタイプの依頼の仕方にするかや、依頼する方の候補決まります。もしも目標を決めないままPRをする方を決定した場合、マーケティング全体の方向性が定まらず宣伝の効果も期待出来ないでしょう。最終的に消費者に購入してもらう為には、目標を社内でしっかり考えることが大切です。

インフルエンサー投稿等の実績を確認して依頼

PRをする方の実績は、簡単にサイトでチェックできるケースもありますが簡単にチェック出来ない場合は問合せて確認する事が大切です。実績のチェックと一緒に重要なのが、フォロワー数の確認です。SNSを利用している方は実際に起用を考えている方のフォロワー数をSNSで確認して他の検討している方と比べてみると良いです。SNSをチェックする時は、起用するかどうか貴重な情報が多く掲載されているので画像だけでなく投稿内容もチェックしてみると良いです。

インフルエンサーの特徴を活かす様にオファーする

依頼時の別のポイントとして、PRをする方の特徴を活かすようにオファーするとお互いにとってメリットがあります。商品をPRする方は、自分の特徴や強みを一番良く理解しているのでどの様にすれば消費者に商品の良さを伝えられるか理解しています。自社の商品をPRする事だけを考えてPRする方の特徴を度外視した依頼の仕方をすれば、無理な内容の投稿になってしまいPRが十分でないケースも想定されるので、PRする方の立場になって依頼する事はポイントです。

参考にしたい!インフルエンサーを起用した成功事例

宣伝を依頼する際に参考にしたいのが、起用した成功の事例ですが、幅広い分野でPRの成功事例はあります。ファッション系の通販サイトにおける成功例だけでなく、お菓子の材料を売る企業の例等もあります。自社と近い様な企業の成功例を参考にして具体的な宣伝の内容を検討してみると良いです。成功の事例だけでなく、他の事例も見ることでPRする方を起用した宣伝のイメージがつかめます。

ファッション系の通販サイトの成功のケース

ファッション系の通販サイトを運営する企業の成功例を見てみると、宣伝の内容は新しい服の宣伝となっていて購入を希望する方にはInstagramから販売サイトへリンク出来る様になっています。PRをする方は幅広い年齢層に支持される方を起用して、その方の爽やかな印象を活かした宣伝となっています。このキャンペーンはPRの方の選定が適確であったので、複数回キャンペーンを実施しています。

引用元:“企業がインフルエンサー起用する効果と成功事例8選”

お菓子の材料を販売する企業の成功例

Instagramの中でもお菓子等の料理に関するPRをする方は人気が高いです。お菓子の材料販売をする企業の宣伝内容は、自社で販売する器具や材料の使い方を説明したり、レシピの紹介等を通して商品のPRをしています。起用したPRする方は、普段から手作りのスイーツを掲載していて、企業のその内容が認められてPRする方として選ばれました。宣伝内容はフォロワーとの相性も良いものとなり、企業とPRする方の成功事例の1つと言えます。

引用元:“企業がインフルエンサー起用する効果と成功事例8選”

商品の理解を目的とするマーケティングの成功例

中国のショートビデオプラットフォームであるTilTokの利用して宣伝する方を選定したPRも成功事例として挙げられます。宣伝は大手の化粧品メーカーがPRをする方を起用して、商品の理解促進の為に実施されました。ポイントは起用された方の可愛らしいダンスが特徴的で、ダンスの中で商品のPRを上手にしているのが印象的です。商品の理解を目的としているPRですが、インパクトがある宣伝となって一度で商品を覚える方も多いでしょう。

引用元:“インフルエンサーマーケティングの成功事例11選&ポイント解説【施策目的別】”

販売の促進を目的としたマーケティングのケース

PRをする方を起用した販売促進の宣伝のケースでは、PRする方に商品を気に入ってもらった上でInstagramに投稿してもらう方法を選んだ事で成功した例です。宣伝は洗顔の商品をリニューアルするタイミングで、PRする方にイベントに参加してもらいInstagramに投稿してもらった内容です。投稿の質を良くしたポイントは、実際に商品を使用してもらって熱意のある投稿をしてもらった点です。実際にPRの方が使用した後の投稿の内容は説得力があります。

引用元:“インフルエンサーマーケティングの成功事例11選&ポイント解説【施策目的別】”

食べ物の投稿でインフルエンサーを起用した成功例

Instagramを利用した別の成功例として、食べ物の投稿でPRする方を起用したケースがあります。宣伝の内容は、美味しそうな食べ物について投稿しているPRの方を起用して、ラザニアについて画像と文章を投稿したものとなっています。主婦の方が興味のある時間を短縮した料理方法等も投稿した事で反響があり効果的なPRにつながっています。

引用元:“インフルエンサーへの依頼方法と料金相場、魅力的なPR成功事例7選”

まとめ:【マーケ担当必見】インフルエンサーへの依頼方法と料金相場、最新PR成功事例

PRをする方を起用した宣伝の依頼は、様々な宣伝の仕方のパターンがあり依頼する時に迷いますが、宣伝する方の実績を見たりどの様に依頼するか一つずつ決めていく事で成功に近づきます。依頼方法は3つあり宣伝の経験の有無やコスト面を考えて決めると後悔のない方法を選択出来ます。気になる料金の相場は、およそフォロワー数とフォロワー単価で決まっていますが、その他の料金体系も把握しておくと焦らずに費用の計算が可能です。依頼する時のポイントは、他社の成功事例を参考にしたり自社の商品のPRのポイントを押さえる事で効果的な宣伝をしてくれる方を起用するのがおすすめです。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティングの方法について分かりやすく説明していて、ネットショップの運用の後のサポート等も致します。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ懇切丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。