2021.8.16

2021.8.19

Instagramでフォロワーを増やすためのポイントと方法をご紹介

Instagramでフォロワーを増やすためのポイントと方法をご紹介

SNSが普及した昨今、自社アカウントを運営してマーケティングに活用する企業も多いです。特にインスタは画像や動画など視覚的なアプローチができるため、積極的に利用している企業も多いのではないでしょうか。しかしインスタを運用するなかで、フォロワー数が思うように伸びず、頭を抱える企業も少なくありません。そこで今回は、インスタのフォロワー数を増やすために押さえておきたいポイントについて紹介します。

フォロワー数を増やすメリット 

多くの企業はインスタのフォロワー数に注目し、どうやればファンを獲得できるのか施策を考えることも多いはずです。しかし、そもそも企業アカウントで、フォロワー数を増やすメリットはあるのでしょうか。実はフォロワー数を増やすことで、顧客と良好な関係を構築できたり費用を抑えて自社の商品やサービスの情報を拡散できたりなど、さまざまなメリットを得られるのです。それぞれのメリットを確認していきましょう。

メリット①フォロワーが増えるきっかけになる

企業アカウントのフォロワー数が増えるとユーザーの信頼度が向上するだけでなく、フォロワー数が増加するきっかけになるのです。ユーザーの心理として、やはり企業アカウントのフォロワー数が少ないと「フォローする価値はないかも!?」という気持ちになってしまいます。

またユーザーは企業アカウントをフォローするか、フォロワーの数を判断基準にしていることも多いです。企業アカウントのフォロワー数は、ユーザーにとってそれほど重要な指標となります。ユーザーの「フォローしてもいいかも!」という気持ちを引き出すには、企業アカウントのフォロワー数を増やし信頼を獲得することが大切です。

メリット②多くのユーザーの関心を惹ける

企業アカウントのフォロワー数が多いと、ユーザーの興味や関心を惹けます。なぜなら企業アカウントのフォロワー数が多いと、「こんなに多くの人がフォローしているなら有益な情報を得られるかも!?」「有名な企業アカウントなんだ!」などポジティブな反応を得られます。

また、現代はさまざまなブランドから商品やサービスが提供されています。そんな数多くある商品やサービスの中から選ぶ際、インスタのフォロワー数を判断基準にしていることも多いです。企業アカウントのフォロワー数を増やせば、多くの消費者の興味や関心を惹くことができます。消費者の購入意欲を高める要因にもなるでしょう。

メリット③顧客と良好な関係を築けやすい

インスタ上では、消費者と企業の立ち位置はフラットな関係になります。個人間でのコミュニケーションが成り立つため、ユーザーは企業に対して親しみや愛着が湧いてポジティブな感情を抱きやすくなるのです。この前向きな感情が良好な関係構築に繋げることができます。

またインスタでは、コメント機能を活用して消費者から直接的な反応を得ることが可能です。その結果、自社の商品やサービスに対して消費者がどのように考えているのかを把握できます。その結果、企業はより最適なコミュニケーションを取れるため消費者との関係を強固にできるのです。

メリット④費用を抑えて広く拡散できる

インスタを活用すれば、広告費用を抑えて商品やサービスの情報や魅力をより多くのユーザーに拡散できます。また情報や魅力を発信するだけでなく、商品やサービスを絡めたキャンペーンを実施すれば多くの人の目に留まりやすくなるのです。

インスタ上で実施したキャンペーンが話題になれば、より多くの人に自社の商品やサービスを知ってもらえる良い機会となります。通常、TVや雑誌などメディアを通した広告は、多くの費用が発生することも少なくありません。インスタをうまく活用できれば、広告費をできる限り抑えて商品やサービスを宣伝することができます。

メリット⑤幅広い層にアプローチできる

インスタの利用者は、10代~30代の世代の若い層が圧倒的に多いといわれています。もし若年層をメインターゲットにした商品やサービスを提供しているなら、インスタの投稿でより多くのユーザーに情報や魅力を届けられることが可能です。また、従来の広告方法は、TVや雑誌などの媒体を中心に宣伝する企業も多かったのではないでしょうか。

ただ近年はSNSの普及により、TVや雑誌などの媒体では十分な効果を得られなくなっていることも多いはずです。特に若年層をターゲットにした商品やサービスでは、どのようにアプローチすればいいのか課題を抱えている企業も少なくありません。広告方法をSNSやウェブメディアに転換すれば、より幅広い層にアプローチすることができるでしょう。

逆にフォロワーを増やすリスクはあるの?

幅広い層にアプローチできたり費用を抑えて商品やサービスの魅力を伝えられたりなど、フォロワー数を増やすメリットは多くあります。しかし一方で、企業アカウントのフォロワー数の増加はリスクがあるのも事実です。リスクを知らずにインスタを投稿すると、不意なトラブルが起こるかもしれません。そこで、ここからは企業アカウントのフォロワー数を増やすリスクを解説します。

リスク①投稿によっては炎上のリスクがある

インスタの企業は、不特定多数のユーザーによって見られています。もちろん自社の商品やサービスを支持してくれるユーザーもいますが、なかには反感を持っている人も少なくありません。そんなユーザーは常に投稿を監視して粗を探し、批判や炎上させることを目的としていることも。

インスタの企業アカウントで批判メッセージが多くなったり炎上したりすれば、ユーザーによっては企業に対してネガティブな印象を抱く人が多くなることもあるかもしれません。これではマイナスプロモーションになり、逆に自社の商品やサービスが売れなくなる要因になることもあります。

また企業が発信した投稿内容によっては、炎上するリスクもあります。これは企業アカウントを運営する社員の不適切な発言や担当者の誤操作により、思わぬ情報がユーザーに拡散されてしまうこともあるかもしれません。一度発信した投稿はウェブ上に残るので投稿する前に社内でしっかり確認することが求められます。

リスク②定期的な維持には手間がかかる

当然のことながら、インスタは投稿しなければ良い効果は得られません。ただ一方でインスタは投稿すれば良いというわけではなく、魅力的なコンテンツを配信し続けなければいけません。コンテンツ作りは簡単に思えますが、有益な情報やユーザーの関心、共感してもらえる投稿を発信するのは決して簡単なことではないのです。

企業のなかには、インスタを運営する管理者を決めて定期的な発信を続けることも少なくありません。またフォロワー数が多くなると、企業の投稿を楽しみに待っている人も多くなるでしょう。投稿頻度が下がれば、「早く見たいのに!」「何で投稿してくれないの?」など催促のコメントが集まる可能性もあります。定期的な投稿には手間がかかることを覚えておきましょう。

リスク③成果が出るまで長期的な運用が必要

インスタのフォロワー数は、投稿頻度やコンテンツを見直したからといって急激に増加するわけではありません。投稿の質や投稿頻度など改善を繰り返せば、少しずつフォロワーを獲得できるようになるのです。急激なフォロワー数の増加を求める企業も多いですが、長期的な視点で運用を継続することが大切になります。

参考にしたい!フォロワーを増やす方法11 

企業アカウントのフォロワー数を増やすためにさまざまな施策を行なっている人も多いはずです。しかし思うような結果が出ず、どのようにすれば効果が出るのが悩む企業も少なくありません。そこで、ここではフォロワーを増やすための効果的な方法について解説します。どのような方法が自社のアカウントに適しているのかは実際に試してみるまで分からないことも多いです。気になるものからぜひ試してみましょう。

方法①発信したいターゲットを明確にする

インスタで、どのようなターゲットに自社の商品やサービスの情報を届けたいのか明確にすることが大切です。フォロワー数が伸びない企業は、幅広い層にフォットする投稿を行なっていることも少なくありません。この方法でもフォロワーを増やすことはできますが、自社の商品やサービスに関連性が高い人は獲得できないことも多いです。

自社の商品やサービスには、ターゲット層があるはずです。そのターゲット層を踏まえつつ、インスタではそのようなターゲットに情報発信したいのか詳細に考えてみましょう。ターゲット層を設定しておけば投稿も統一性が出て、少しずつフォロワーも増えるはずです。コンテンツを作る際にも大いに役立つでしょう。

方法②プロフィール欄の情報を充実させる

企業アカウントに記載できるプロフィール欄は充実していますか?初見で自社アカウントに訪れた人は、投稿の発信元がどのような企業なのか知りたくてプロフィール欄を見るユーザーも多いです。簡易的な説明文では、初めてアカウントを訪れたユーザーを惹きつけることはできません。

プロフィール情報を充実させれば、初見でもどのような企業か確認できるのでフォローするきっかけになることもあります。ターゲットを意識しながら、興味を惹かせるような企業情報を記載しましょう。もし自社でヒット商品やサービスがあるのであれば、その名称もしっかり記載しておくことがおすすめです。初見の人に商品やサービスを知ってもらえる良い機会にもなるでしょう。

方法③社員に呼びかけてフォローしてもらう

フォロワー数を増やすための施策を行ったばかりの頃は、余程なことがない限り急激にフォロワーが増えることはありません。ただし、ユーザー心理としてフォロワー数が少ない企業アカウントを積極的にフォローするユーザーはそう多くないでしょう。まずは、社内で企業アカウントをフォローしてもらうように呼びかけましょう。

もし実店舗があるのであれば、既存のお客様にフォローしてもらえるように声をかけるのもおすすめです。お客様に声をかけるときに、フォロワー限定の特典を用意しておくことも効果的です。魅力的なものであれば、特典欲しさに企業アカウントをフォローしてもらえるでしょう。

方法④投稿のルールを決めて運用する

企業側が情報を発信したいときに投稿していたのでは、ユーザーの興味は惹けません。なぜなら企業側の都合だけで情報発信しているので、それがユーザーにも伝わるのです。投稿に気まぐれ感が出ないように投稿回数や頻度などルールを決めておくことをおすすめします。

例えば、「1日に2回投稿する」「通勤通学時間に差し掛かる17時~18時に投稿する」などがあります。投稿ルールに明確な決まりはないので、自社で自由に決めて問題ありません。ルールに沿って運用することがもっとも重要なので、日々実行できそうな投稿ルールを決めましょう。

方法⑤ハッシュタグをうまく活用する

インスタを利用する人は、ハッシュタグを使用して自分が知りたい情報を検索することがとても多いです。投稿するときは、ハッシュタグをつけてコンテンツを発信しましょう。そもそもハッシュタグとは、「#(ハッシュマーク)」の後に特定のキーワードをつけてタグ化されたものです。

特にトレンドで話題になっているキーワードをタグ化すると、投稿の閲覧数が増えることもあります。投稿から企業アカウントに流入するユーザーもいるので、フォロワー数を増やすきっかけになることも多いです。ハッシュタグはさまざまな使い方があるので、工夫して投稿しましょう。

方法⑥視覚的なアプローチも忘れない

インスタは、画像や動画で視覚的なアプローチができるのが最大の魅力です。ただ、ほかのアカウントと差別化したりユーザーに楽しんでもらったりすることを意識して投稿するのが大切です。例えば、画像を投稿するときは、1枚だけでなく複数枚まとめて投稿するのがおすすめ。複数枚の画像を投稿すれば、滞在時間も長くなります。

また画像だけでなく、動画もうまく活用するのがおすすめです。企業側からすると動画の作成は大変に感じますが、画像に比べるとよりライブ感が増しユーザーも楽しめます。画像と動画のバランスを考えながら、コンテンツを投稿しましょう。

方法⑦ユーザーと積極的に関わりを持つ

インスタはただ投稿するだけでなく、ユーザーと積極的にコミュニケーションをとることが大切です。例えば、ユーザーからのコメントに返信したり自社の商品やサービスに関する情報を発信してくれたユーザーの投稿にいいねを押したりなど、さまざまなことができるでしょう。

まずは、自社の商品やサービス名、もしくは会社名などで検索してエゴサーチを行うのがおすすめ。最新投稿が上位に常時されるので、できる限り関わりを持ちましょう。企業からアクションを得たユーザーは、嬉しさを感じると共に「また投稿しよう!」と前向きな気持ちになってくれるはずです。ユーザー発信で自社の商品やサービスの宣伝を行ってくれるでしょう。

方法⑧フォロワー数が伸び悩みは分析で解決

ハッシュタグを活用したり質の高いコンテンツを定期的に投稿したりしても、なかなかフォロワー数が伸びないときもあるでしょう。しかしフォロワー数の伸び悩みは、何か原因があるはずです。インスタには、投稿の反応を確認できる分析機能のインサイトが備わっています。

企業アカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できる機能です。こういった分析機能をうまく活用しユーザーの反応を数値で確認しましょう。改善すべきところがあれば、改善策を検討して投稿に反映するのです。分析機能を活用すれば、フォロワー数を増やすヒントを見つけられます。

方法⑨投稿は統一感を持たせることが大事

先ほども少し触れましたが、インスタの投稿には一貫性を持たせましょう。なぜなら初めて企業アカウントを訪れたユーザーは、過去の投稿まで遡って自分の世界観と合っているか確認し、フォローするかどうかは決める人も少なくありません。

逆に世界観にばらつきがあると、ユーザーは「フォローしなくても良いかも」という気持ちになってしまう人も多いです。企業アカウントのフォロワー数を増やしたいなら、画像や動画の世界観を統一させることはもちろん、テキストの内容も一貫性を保って投稿することが大切です。

方法⑩ほかののSNSも積極的に絡める

もしインスタ以外にツィッター やフェイスブックなどのSNSを運用しているなら、積極的に絡めていくのがおすすめです。特にツイッターは、ほかのSNSに比べて拡散力があります。インスタでキャンペーンを実施するときは、ツイッターでキャンペーン情報を拡散するのがいいでしょう。

ユーザーをインスタに集めることで、フォロワーを増やす絶好のチャンスになります。「ツイッターやフェイスブックはフォローしているけどインスタはしていない」というユーザーがいることも多いです。定期的にキャンペーンを実施して、ほかのSNSのフォロワーを惹きつけましょう。

方法⑪インフルエンサーに協力してもらう

フォロワー数が多いインフルエンサーに協力を仰ぐのも効果的な方法です。企業アカウントとインフルエンサーのアカウントで連動したキャンペーンを行えば、フォロワーの流入が期待できます。うまく連動できれば、フォロワー数の大幅な増加が見込める可能性が高いです。

ただし、インフルエンサーを選ぶときは自社と関連性が高い人を選びましょう。例えば、自社の商品やサービスが30代を対象にしているにもかかわらず、20代のフォロワー数を多く抱えるインフルエンサーを選んでも収益に繋がるファン獲得は難しいかもしれません。インフルエンサーを選ぶときは、十分に注意しましょう。

インスタの広告を活用するのもおすすめ

インスタ広告は、2015年から導入されました。広告を導入することで、通常投稿とは別に違う形でユーザーにアプローチすることが可能です。そんなインスタ広告は、フィードやストーリーズ、発見タブなどで配信できます。インスタの場合は、文字情報というよりは画像や動画によるビジュアル重視の広告になるので注意が必要です。ここからは、インスタ広告の種類を紹介します。

広告の種類①写真広告

インスタ広告で一般的に用いられているのが、写真広告になります。写真広告はフォロしてくれているユーザーの投稿に混じって表示されるのが特徴です。フォロー中のアカウントの投稿と一緒に表示されるので、ユーザーに見つけてもらいやすいのも大きな魅力でしょう。

インスタの写真広告に適しているのは、アパレルやコスメ、日用雑貨などのもの商材、もしくはセミナーや講演会、展示会などのイベントに関するサービスを提供している企業におすすめです。

広告の種類②動画広告

インスタで人気があるのは写真広告ですが、今大きな注目を集めるのは動画広告です。画像でも十分にユーザーを惹きつけられますが、動画は動きがあり音楽のつけられ、躍動感のある広告を配信することができます。

写真広告と同じくフォロー中のアカウントの投稿と一緒に表示されるので、ユーザーに認識されやすいのが特徴です。また音楽も付けられるので興味を持ちやすく、コンテンツ内容が多くのユーザーの心に刺されば話題になる可能性もあります。

広告の種類③カルーセル広告

複数の画像や動画で構成された広告をカルーセル広告といいます。左右にスワイプさせれば、次の画像や動画を見ることが可能です。画像や動画の順番は自由に決められるので、ストーリーや手順に合わせて並び替えられます。

また1枚だけの画像や動画の広告よりもカルーセル広告を出したほうが、ユーザーの記憶に残りやすいこともわかっています。自社の商品やサービスの紹介もアイデア次第で個性溢れた広告に仕上げられるため、他者との差別化にも役立ちます。料理のレシピファッションコーデの紹介、複数の新作商品を紹介したいときに効果的です。

広告の種類④コレクション広告

一見するとカタログのようなデザインになっているコレクション広告。コレクション広告は、メインとなる広告と商品コレクションの2部構成になっているのが特徴です。フィードにはメイン広告が表示され、ユーザーがタップすると商品コレクションが表示される仕組みとなっています。

商品コレクションではまさしくカタログのように商品が並び、気になった商品があれば画像をタップするとより詳しい情報を確認することができます。その場で購入することもできるので、収益にも大きな影響を与えてくれます。コレクション広告を見たユーザーが商品やサービスを気に入ってくれれば、企業アカウントのフォローに繋がる可能性があるでしょう。

広告の種類⑤ストーリーズ広告

短尺動画を配信できるインスタでも人気の高い機能であるストーリーズ。実は、このストーリーズでも広告を配信することが可能です。ストーリーズで配信できる広告は、写真広告や動画広告、カルーセル広告の3種類があります。

ユーザーがフォローしているアカウントにて広告が表示されるのが特徴です。ストーリーズが人気コンテンツなので、多くのユーザーに目に触れる機会が多いのがメリット。またフル画面で表示されるので、ユーザーの印象に残りやすいです。

まとめ:Instagramでフォロワーを増やすためのポイントと方法をご紹介

商品やサービスの発信の場として大きな注目を集めるインスタ。視覚的なアプローチができるので、うまく活用する企業も多いです。ただ一方で、企業アカウントのフォロワー数が伸びず悩む企業もあります。フォロワー数は、余程のことがない限り急激に伸びることはありません。

長期的な視点でインフルエンサーを活用したり良質なコンテンツを継続的に投稿したり、ほかのSNSと絡めたりすれば、少しずつでも着実にフォロワー数は伸びます。できることからフォロワー数を増やす施策を行ってみましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。