2021.7.25

2021.8.19

【重要!】正しいインフルエンサーの選び方とキャスティング方法を解説!

【重要!】正しいインフルエンサーの選び方とキャスティング方法を解説!

あなたならどのインフルエンサーを選びますか?

4種類のインフルエンサー

インフルエンサーには、メガインフルエンサー・ミドルインフルエンサー・マイクロインフルエンサー・ナノインフルエンサーの4つの種類があり、それぞれ特徴が異なっています。

フォロワー数が100万人を超えるメガインフルエンサーはタレント層が多く、多くのメディアに露出する人気者であることがほとんどです。年齢や性別を問わず幅広い人気を誇るため、どのようなジャンルでもマーケティング起用に適しているといえるでしょう。

フォロワー数が10万人単位ならミドルインフルエンサーとよばれ、特定ジャンルにおいて絶大な人気と影響力を誇ります。このためジャンルを絞ればインフルエンサーマーケティングにおいても高い効果が期待できることでしょう。フォロワー数10万人未満の場合はマイクロインフルエンサーに該当し、一般ユーザーでも人気が出ればフォロワー数も増えマイクロインフルエンサーになることがあります。ミドルインフルエンサーに比べると特定ジャンルにより特化した世界で人気が出ているため、ピンポイントなマーケティングに向いているといってもいいでしょう。

フォロワー数が数千人から1万人程度である場合はナノインフルエンサーといって、インフルエンサーのなかでは最もフォロワーとの距離感が近い存在だといえます。どのタイプのインフルエンサーを選ぶかは、企業がどのような商品・サービスをどういう層に対してアピールしたいかによって変わってくるでしょう。

強力な認知度と購買への動線を作りたいならメガインフルエンサーを起用するべきでしょうし、ニッチなジャンルで不動の地位を築きたいならマイクロインフルエンサーなどをキャスティングするといいかもしれません。

ユーザー層との距離感が近いとエンゲージメント率も上がる

マイクロインフルエンサーとナノインフルエンサーの特徴は、なんといってもフォロワーとの距離感の近さにあります。フォロワー数が多すぎないことはコミュニケーションのしやすさに繋がるため、コメント欄での双方向のやり取りも可能になるからです。

人はコミュニケーションを通して親近感を抱き相手に心を開きますから、当然のこととしてエンゲージメント率は上がります。また、マイクロインフルエンサーとナノインフルエンサーはフォロワーに対する仲間意識を持っていることが多いため、お互いに共感できる企画を打ち出すことにも慣れている傾向があります。

人は一般的に、仲間の意見に影響されながら商品やサービスの購入を行うことが多いといえるでしょう。これはマイクロインフルエンサー・ナノインフルエンサーとフォロワーの関係にも見て取ることができ、インフルエンサーが好きだというものにフォロワーは関心を持ち、インフルエンサーが使っている商品やサービスを自分も使ってみたいと思い購入への動線が作られるのです。

したがってコンバージョン率がおのずと高くなるのも自然なことだといえます。

マイクロインフルエンサーとナノインフルエンサーの費用対効果

なぜマイクロインフルエンサーとナノインフルエンサーに注目するかといえば、その企画力とエンゲージメント率、コンバージョン率からマーケティングに向いているからです。そもそもメガインフルエンサーなどと決定的に違うのは、事務所に所属していない点でしょう。

だからこそマイクロインフルエンサーとナノインフルエンサーは自らの力で企画を立ち上げ自分でコンテンツを作りフォロワーを楽しませる術を知っているのです。

こういったインフルエンサーとコラボレーションしてマーケティングすることができれば、費用を抑えつつファンの心を掴むことも可能になってきます。

また、マイクロ及びナノインフルエンサーに対する報酬も、多額の金銭ではなく商品・サービスの提供で済むことが多々あります。ふんだんに予算を使える場合を除けば、マイクロ・ナノインフルエンサーへの依頼はコストパフォーマンス的にも十分好条件であることがわかります。

エンゲージメント以外の指標が実はとっても重要!

インフルエンサーの起用にあたり、その選定で重要視される指標がフォロワー数やいいねの数になってきます。そうした反応の数をフォロワー数で割って導き出した数値がエンゲージメント率となるのです。

しかし、表面上の数値だけではインフルエンサーの価値を測ることは困難ですし、マーケティングの観点で考えてもリスキーだといえます。そこで、他の参考値も加えて参考材料とし、インフルエンサー本人の人間性も合わせて評価した上で起用を決定することが大切になってくるのです。

商品・サービスなどの認知度を測る指標

自社ブランドや商品・サービスの認知度を測る場合は、ユーザーやフォロワーがインフルエンサーの投稿にどれくらいアクセスしたのかを知るのが一番です。インフルエンサーの投稿に対してどれくらいのインプレッション数があったか、あるいはリーチ数があったかを確認することはとても大切だからです。ただし、インプレッション数やリーチ数は本人アカウント内でしか確認できないので、インフルエンサーが情報提供してくれるかどうかもポイントになるでしょう。

ユーザーの興味や関心を知りたいときの指標

インフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらう一番のメリットは、フォロワーたちもインフルエンサーに共感して商品・サービスに興味を持ってくれる点にあるといえます。

単に認知度をあげるだけではなく、共感が生まれるからこそ商品・サービスに対する親近感や興味も芽生えるのです。インフルエンサーが商品・サービスを実際に体験使用し、その使い心地や便利さ、快適さなどを言葉と視覚で伝えフォロワーが共感すると、いいねが増えます。

これがエンゲージメント率になります。ただし、インフルエンサーやフォロワーの属性と商品・サービスがリンクしていなければ、どんなにいいインフルエンサーでもいい反応は得にくいでしょう。

インフルエンサーと商品・サービスとの相性がどうかという問題が存在するので、いいねの数を1つの指標として測ってみましょう。

インフルエンサー選定は、「表面」ではなく「中身」を見極める必要がある

ここまで、マーケティングの観点から何を指標にし、参考材料とすべきかについて説明してきました。しかし、自社商品・サービスを実際に紹介するのはインフルエンサーですから、その選定には十分な注意を払う必要があります。

エンゲージメント率などの表面的な数値ではなく、安心して起用できるインフルエンサーの中身について見るべきポイントを整理します。

フォロワーから十分な信頼を受けている

一番大切なことは、インフルエンサーがフォロワーから十分な信頼を受けているかどうかという点です。投稿内容に偽りがなく自分自身のリアルな様子や正直な商品レビューができるかどうか、フォロワーは敏感に感じ取っているのです。

マーケティングに起用するうえでも、自分の世界感をきちんと持ちそれについてくるフォロワーが十分存在することを確認することが大切です。

そのようなインフルエンサーほど、マーケティングを行う上でも十分な成果をもたらしてくれることでしょう。

ビジネス感覚をしっかり持っている

インスタグラマーを選定するうえで大切なこととしてもう1つ挙げることができるのは、インフルエンサーが最低限必要なビジネス意識を持ち合わせているかという点です。

企業とのコラボレーションはビジネスに当たりますから、一社会人としてのマナーと理解力も求められます。報酬を受け取ってコラボする以上は、報連相を欠かさず納期を守り、打ち合わせに遅刻することなく、依頼された商品・サービスは適切に紹介するといった対応ができるかは重要です。

報酬を受け取る以上はプロとして扱われるということですので、仕事をする意識で取り組めるかどうかを見極めるようにしましょう。インフルエンサーがフォロワーを大切にするのと同じくらい、ビジネスパートナーである企業とのつながりも重要視できる人物であれば安心です。

自分の世界観を持っている

企業とコラボするということは、ある商品・サービスについてのPRを業務委託されるのと同じことです。

このとき、自分の世界観をしっかり持っているインフルエンサーであれば、自分の言葉や感覚でリアルなPRを行ってくれることでしょう。

そのためには企業側も、インフルエンサーの世界観を事前に調べ、自社商品・サービスと合致するかを確認しておく必要があります。インフルエンサーは、報酬につられていつもの投稿とはまった異なるPRをしないことが大切です。いかにもPR投稿という印象をフォロワーに与えてしまっては、本来そのインフルエンサーが持っていた世界観を壊してしまうことにもなりかねませんし、世界観に共感していたフォロワーも離れてしまうことになります。

その点をきちんと理解できる人物なら、フォロワーからの信頼を維持することを前提に、心から興味を持って商品・サービスを楽しく紹介できることでしょう。第三者が商品・サービスを紹介するメリットは、一般ユーザーと同じような等身大の感想が聞けるところにありますから、企業とのビジネス的関係性は保ちつつ決して自分のスタイルを崩さない姿勢も重要なのです。

ステルスマーケティングをせず堂々とPRであることを打ち出せる

企業から依頼を受けて商品・サービスを紹介しているにもかかわらず、その事実を隠し、あたかも自分が偶然見つけて愛用しているように紹介する手法をステルスマーケティングといいます。フォロワーにとっては、インフルエンサーが普段から愛用しているものに興味を持つのは自然なことなので、マーケティングとしては一見いい反応が期待できるかもしれませんが、実はPR依頼を受けて紹介していたことがわかればインフルエンサーの信頼はいっきに失われることになります。同時に企業イメージも悪化することが想定されます。絶対にやってはいけない行為ですので、ステルスマーケティングに対する倫理観をきちんと持っている人物を選定するようにしましょう。

関連法規に対する意識を持ち合わせている

商品・サービスのPRで必ず守らなければならないのが、関連法規です。代表的なのが化粧品やダイエットアイテムで、この場合は旧薬事法による規制が存在します。

したがって、必ず効く、ダイエット効果がある、などと断言することは避けなければいけません。

こういった意識を企業と共有できることは非常に大切で、誤ってしまえばインフルエンサー・企業ともに社会的信頼を失うだけではなく、最悪の場合は処罰を受けることもあり得るため、必ず双方でよく確認しあうようにしましょう。

知らなかったでは済まされませんので、企業にもインフルエンサーにも高い順法意識が求められます。

PRのためにフォロワー買いをしないインフルエンサーであること

インフルエンサーとしてあたかも人気があるように見せるために、フォロワー買いをする人も存在します。

フォロワー買いをすれば一見すると人気インスタグラマーに見え自尊心は満たされるでしょう。

しかし、一気にフォロワーが増えているにもかかわらずコンスタントに相応のリアクションが見られないアンバランスさが露呈しますので、このようなことを行わないよう最初の段階で約束することが大事です。特に、商品・サービスPRの場合、フォロワーという母数が多いほど反応してくれる人の数も多くなると考えてフォロワー買いするインフルエンサーがいないとも限りません。

企業は事前調査の段階でフォロワー買いしていないインフルエンサーかを確認するのは当然のこととして、インフルエンサーにもこういった行為は避けるよう意識を共有しましょう。

インフルエンサーの分析方法と依頼方法

適切なインフルエンサーを分析するには

ある程度フォロワーを抱えたインスタグラマーになるほど、自分の投稿内容やフォロワーによる反応を常に意識しているものです。それなりの数のフォロワーがついたとき、自分はインフルエンサーとして影響力を持っているのだということを自覚していることが大切なのです。

企業は、そういったインフルエンサーの真面目な姿勢を分析するために、プロフィールの確認はもちろん、投稿内容やフォロワーとの関係性、反応を得るために施されている工夫などをしっかりと観察し判断材料とする必要があるでしょう。

依頼方法:インフルエンサーに直接依頼する

経費を抑えてインフルエンサーと契約する場合は、やはり直接依頼が最適です。インフルエンサーが事務所に所属している場合は別ですが、そうでなければ直接やり取りできた方が意思疎通も確かなものになり、しっかりとした打ち合わせも可能になるでしょう。

この場合、インフルエンサー事務所を通さないことで、企業が自らインフルエンサーの選定作業を行い、報酬に関する交渉や契約後のマネジメント、PR投稿の内容や反応の分析、改善点の打ち合わせに至るまで、すべての過程を独自にこなす必要があります。

Instagramやインスタグラマーに関する知識や運用経験がない場合は難しい作業になる可能性もあるので、社内で適切な人材に任せることが大事です。

依頼方法:キャスティング業者から紹介してもらう

インフルエンサーのキャスティングを行う業者から紹介してもらう方法もあります。キャスティング業者が、企業がPRしたい商品・サービスと相性が良いインフルエンサーを選び出してくれるので、企業は選定にかける手間を省くことが可能です。

インフルエンサー自身のキャラクターやフォロワーの属性を考慮したうえで最適な人を選んでくれるだけではありません。

インフルエンサーのマネジメントやPR効果の測定や分析にいたるまで任せることができます。自社でこれまでにインフルエンサーを起用したマーケティングを行ったことがない場合やInstagramの活用に自信がない場合などは、キャスティング業者への相談も積極的に行ってみるといいでしょう。

まとめ:【重要!】正しいインフルエンサーの選び方とキャスティング方法を解説!

インフルエンサーという、Instagramにおける影響力を持った存在を起用したマーケティングを行うには、インフルエンサー選びがとても重要です。選定ポイントを挙げればきりがないくらいですが、その中でも大切な指標やインフルエンサー本人の信頼性、自社商品・サービスとの相性について見ることが重要であることがわかりました。

成功するインフルエンサーマーケティングでは、インフルエンサーによる商品・サービス紹介にあまり広告色がなく、独自の世界観の中でどう魅せるかを知っており、あくまでもフォロワー目線に立ったPR投稿ができることが大切になってきます。

インフルエンサーは完璧な存在ではありませんが、ユーザー代表として適切にPRを行ってくれるよう、時間をかけてもしっかりと選んで起用するよう意識してみましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。