2021.7.7

2021.8.20

【Twitter新機能】スペースってなに?招待や参加する方法など使い方を解説

【Twitter新機能】スペースってなに?招待や参加する方法など使い方を解説

2021年5月にTwitterに正式に導入されることが発表されたスペース。音声チャットによるライブ配信ができる新機能で、クラブハウスに変わるアプリとして今大きな注目を集めています。ただスペースは導入されたばかりのため、使い方が分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、参加や招待する方法などスペースの基本的な使い方について分かりやすく解説します。

スペースとは? 

複数人のユーザーとリアルタイムに会話が楽しめる新機能「スペース」。2021年2月頃から一部のユーザーを対象に試験的に導入を開始され、同年5月には正式に導入されることが発表されました。

Twitterはテキストによる投稿が大きな特徴ですが、スペースでは音声チャットによる会話が特定のユーザーにライブ配信されます。ツイートを読んだり情報を発信したりするだけでなく、音声による会話をリアルタイムで発信することができるのです。

しかし、残念ながらTwitterのアカウントを保有するすべてのユーザーが使えるわけではありません。利用する条件はフォロワー数が600人を超えるアカウントが対象なので、現段階では一部のユーザーだけ使用できる限定的な機能だといえます。

クラブハウスとスペースとの違い

招待制の音声配信SNSであるクラブハウスは、ラジオを聴くように会話を楽しめたり、時には自分が会話に参加できるのが大きな特徴です。Twitterに導入されたスペースとクラブハウスの機能が似ているため、混同している人も少なくありません。しかし、クラブハウスとスペースでは異なる点もいくつかあるので事前に確認しましょう。

対応するOSバーションの違い

クラブハウスは、iOSに対応するSNSアプリなのでiPhoneもしくはiPadでしか利用することはできません。一方で、スペースはiOSとAndroidの両方に対応しているため幅広く利用できます。日本はiPhoneの普及率が高いですが、Androidの利用者にとっては嬉しいポイントでしょう。

会話の録音に関する違い

生配信で会話を楽しめるクラブハウスは、会話の録音は禁止されています。参加する人以外に会話の内容が漏れると、安心して利用できない人も多くいるからでしょう。一方で、スペースはクラブハウスと違い会話の録音が禁止されていません。後で聞き返したい会話は録音することが可能なのです。しかしながら、録音機能の実装に関しては検討が行われている段階のため、検討結果によっては録音が禁止される可能性もあります。

利用する条件の違い

招待制を採用するクラブハウスは、既存ユーザーに招待してもらわなければサービスを利用できません。一方、スペースは「フォロワー数が600人を超えるアカウント」の条件は設けられているものの、会話を聞くだけの場合は特に条件はなく誰でも参加できます。スペースのほうがユーザーにとっては良い意味で敷居が低く、利用しやすいアプリだといえるでしょう。

会話の参加可否の違い

クラブハウスは「モデレーター」「スピーカー」「オーディエンス」の参加方法があり、スピーカーのみ発言することが可能です。一方、スペースも立場によっては発言できませんが絵文字を使って会話に反応できます。

字幕機能や日本語表記

まずクラブハウスですが、字幕機能は備わっておらず言語表記は英語のみです。一方、スペースは音声を自動的に文字起こしする字幕機能があります。またスペースの機能やメニューは日本語表記に対応しているので、英語が苦手な人でも操作しやすいのが特徴です。

スペースに参加する方法は3種類ある

スペースへの参加方法は、主催者の「ホスト」、発言可能な「スピーカー」、視聴できる「リスナー」に大きく分かれます。ユーザーは、自分の適した方法で参加することが可能です。立場によって行えることも大きく異なるので、まずはそれぞれの特徴を正しく理解しましょう。

トークルームの主催者である「ホスト」

スペースを利用するには、トークルームを作成する必要があります。会話ができるトークルームを作成できるのは、「ホスト」のみ。いわゆるトークルームの主催者で、発言できたり他の誰かを招待したりするなど特別な権限があります。

会話に参加し発言できる「スピーカー」

その名称の通り、スペースで会話に参加したり話したりできるユーザーのことです。しかし、ホストに招待を受けたり発言の許可を得たりするまで、スピーカーは会話に参加することはできないので注意しましょう。ホストから許可を得られると、スピーカーはトークルーム内で自由に発言することが可能です。

会話を視聴して楽しめる「リスナー」

ホストのアイコンが紫枠で囲まれたら、ライブ配信されている合図です。アイコンを選択したら、リスナーはトークルーム内の会話を聞くことができます。リスナーは会話を聴く立場なので、自由に発言することはできません。しかし、絵文字を使用して会話に反応することが可能です。

スペースに参加する方法や使い方

スペースを利用するには、主催者の「ホスト」、発言できる「スピーカー」、会話を聴ける「リスナー」の立場から好きな方法で参加できます。それぞれ立場が異なるだけでなく、スペースに参加する手順が異なるため事前に確認しておきましょう。

トークルームを作成する方法

スペースで会話をするには、主催者のホストがスペースを作成する必要があります。参加するリスナーやトピックの選定、スピーカーの招待や承認など特別な権限を行使できます。トークルームの作成手順は、以下のとおりです。

トークルームの作成手順

Twitterのタイムライン上で「ツイート作成ボタン」を長押し、左上の「スペースのアイコン」もしくは「プロフィール画像」を選択。タップすると画面が変わり、「あなたのスペース」が表示されます。トークルームの名称を入力し、最後に「スペース開始ボタン」を押したら作成が完了です。

スペースに参加する方法

リスナーは、ホストが開催したスペースの会話を聴くことができます。自由に発言できないものの、絵文字で反応することが可能です。ただし、リスナーはホストから承認を受けるとトーク内で自由に話せるようになります。

トークルームへの参加手順

自分がフォローするアカウントが主催者となりライブ配信されている場合、紫枠で合図してくれます。そのトークルームに参加したいときは、ホストのアカウントを選択しましょう。別画面で表示された「スペースに参加する」を押せば、トークルームに参加できます。

「スケジュール機能」が新登場

2021年5月、スペースにスケジュールの新機能が導入されることが発表されました。従来はホストがスペースを開催したいときに開始する機能だけでしたが、新たに加わったスケジュール機能では事前に日時を設定できるようになります。スペースのスケジュールを設定するとタイムライン上で予告が配信されます。参加したいリスナーやスピーカーは「参加するボタン」を押せば、開催時にリマインダー通知を受け取ることが可能です。

スペースでよくある質問

スペースを初めて使用する人は、不安や疑問に感じることも多いはずです。しかしトークルーム内の会話はライブ配信されるので、分からずに何となく使用してしまうとトラブルの原因になることも少なくありません。不安や疑問に感じていることは事前に解決してから使用するようにしましょう。

スペースは誰に配信されるの?

スペースはTwitterの投稿と同じく、すべての人に公開されるため誰でもアクセスすることが可能です。またスペースが開始されるとタイムライン上に共有可能なリンクと共に情報が自動的に配信されます。スペース内での会話は、大勢の人が聴いていることを意識して話しましょう。

ホストはどうやって招待できるの?

スペースに誰か誘いたいときは、ホストが許可をしてトークルームに招待する必要があります。招待する方法は、ホストから誘いたい相手にダイレクトメッセージで招待リンクを送ったり、ホストのホームタイムラインに招待リンクを投稿して呼びかけたりする方法があります。

非公開アカウントでもスペースは使える?

残念ながら、非公開にしているアカウントはスペースを作成できません。しかし、他の人が作成したスペースには参加できることはもちろん発言することも可能です。ホストになってトークルームを作成したいときは公開アカウントを作りましょう。

スペースの公開は事前に設定できる?

スケジュール機能を使用すれば、公開を14日前から設定することが可能です。ただし、事前に設定できるスペースは1つだけになります。スケジュールを設定するには、「スケジュールする」を選択し、公開したい日付と時間を入力しましょう。公開日が近づくと通知が届きます。

会話中はアカウントをブロックできる?

トークルームで会話しているとき、特定のアカウントをブロックすることが可能です。ブロックする方法は、アカウント画像をタップし「オプションメニュー」を表示しましょう。「ブロック」の項目があるので選択すれば、特定のアカウントをブロックすることが可能です。

まとめ:【Twitter新機能】スペースってなに?招待や参加する方法など使い方を解説

2021年5月より本格的にTwitterに導入されたスペース。国内で人気を集めるクラブハウスと似たアプリですが、スペースは字幕機能が備わっていたり日本語対応だったりなど異なる点も多くあります。ただ、スペースはクラブハウスに変わる新たな音声ライブ配信機能として国内外問わず大きな注目を集めています。

注目を集める主な理由は、クラブハウスと異なりTwitterのアカウントがありフォロワー数が600人を超えていれば誰でも利用できる機能だからです。まだ新しく追加された機能なので、今後もアップデートされることが予測されます。

企業であれば、スペースを利用した商品やサービスのPRや新たなマーケティングとして活躍することは間違いありません。トークルームの作成や参加する方法は初心者でも簡単に行えるので、ぜひスペースの使い方をマスターして使ってみましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。