2021.7.7

2021.8.20

【Instagram】ストーリーズで売り上げを増やす3つのポイント

【Instagram】ストーリーズで売り上げを増やす3つのポイント

巨大なSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へと進化しているInstagram。

そんなInstagramを活用した企業マーケティングは、日に日に重要性をおびつつあります。

Instagramは、ユーザーが写真や動画といった視覚的に訴える投稿を楽しむ場ですから、ユーザーだけでなく企業側も、積極的に商品紹介やサービスのPRをエンドユーザーに対してダイレクトにメッセージを届けながら、その反応を得ることができます。

つまり、従来の広告媒体よりも高いマーケティング効果を得られるのです。

そんなInstagramで、いま最も注目されている機能が『ストーリーズ』です。

そこで、ここでは、Instagramのストーリーズ機能を有効利用して、売り上げを増やす3つのポイントについてまとめました。

人気のストーリーズ機能を上手に利用すれば、たくさんの効果を得られますよ。

Instagramとは

Instagramは、ユーザーが無料で利用できるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)で、アカウントをもつユーザー同士が写真や動画などを共有して互いに楽しむことができるプラットホームです。

ですからInstagramの投稿では、視覚的に目を引く、思わず見入ってしまうといったビジュアルに訴える魅力的な写真や動画が数多く投稿されており、公式発表によると

  • 日本国内の月間アクティブアカウント数 3,300万人以上(2019年3月時点)
  • 日本国内での男女利用者比率 男性43%:女性57%

さらに、年代ごとのInstagram利用者率は、

  • 15~19歳:65%
  • 20代:57.3%
  • 30代:47.8%
  • 40代:40.2%
  • 50代:29.4%

となっており、若い女性世代をメインとしながらも、男女ともに幅広い年齢層で利用されているSNSになっています。

また、同じSNSでの利用率でいうと、10~40代のSNSユーザー調査では、

 【1位】YouTube 79.5%

 【2位】Twitter 71.8%

 【3位】Instagram 67.1%

 【4位】LINE(タイムライン) 61.4%

 【5位】Facebook 33.0% 

となっており、ここから更に10~20代の女性に絞ると、TwitterとInstagramはともに9割前後と非常に高い利用率になっています。

このようにInstagramは、YouTube、Twitterに次ぐ第3のSNSとして利用が定着していることは間違いありません。

なおかつ、InstagramにはYouTubeと同じように投稿を写真や動画で視覚的に訴えられるという強みもあり、ユーザー同士で互いに共有しながら楽しめるプラットホームとして、多くの若い女性ユーザーたちが利用しています。

ちなみに、世界では5億以上のアカウントがアクテイブ(稼働中)になっているというのですから、まさに世界的なSNSサービスであるといえるでしょう。

Instagramユーザーの利用方法とは?

それは、次のようなシーン別にみると良くわかります。

1視聴するフォローしている人の投稿を確認:62.6%
暇つぶし:50.7%
トレンドや流行チェック:45.6%
趣味関連:40.0%
商品やイベント最新情報の確認:27.2%
2投稿する自分の近況報告:66.8%
思い出の記録:48.6%
ユーザー同士の交流:31.5%
創作:31.1%
3検索するニュースやアイテムの詳細:31.3%
趣味関連・出会い・交流:31.1%
面白いもの:29.5%
インスピレーション・刺激:18.8%
4購入する信頼している人からのおすすめで:53.4%
話題の商品:44.0%
世間でも高評価・口コミ:43.6%

【参照元】https://www.trenders.co.jp/news/1772/

インスタを使う一番の理由は、

  • フォローしている人の投稿を確認する:62.6%

がTwitterと比べ10ポイントほど高くなっているのが特徴的。

また、Twitterと異なる点でいうと、

  • 商品やイベント最新情報の確認:27.2%

が3割近いというのも特徴で、瞬間的な話題となりやすいTwitterとは違って、Instagramユーザーは「最近人気のあるモノやコト」に関する情報を探しており、「アイデア発見やインスピレーションをうけるための検索」をしているという点も見受けられます。

さらに投稿シーンでは、

  • 趣味関連の発信がしたい:33.9%
  • 交流したい:31.5%
  • 自分の作ったものを伝えたり広めたりしたい:31.1%

という意見も多く、創作関連のモチベーションを高め、発表する場として利用しているユーザー意識もあります。

これは、写真や映像といったビジュアルから伝わってくる投稿者のセンスや価値観に共感して繋がるコミュニティであることを意味しているのかもしれません。

そんなInstagramユーザーの声として、

  • 画像検索することで自分と似た価値観の人と気軽に繋がることができる
  • Twitterと比べるとワンテンポ情報は遅いが、より細かい内容で説明されていることが多い
  • タグ付け検索をすることで、より関連性の高い情報を調べられる
  • 写真や映像で価値観を共有しているのでコミュニケーションがとりやすい
  • ストーリーズなどで気軽に居場所などをタグ付けできるので共感しやすい

という意見もあり、自分と価値観や好みが近い人同士で、話題やトレンドを共有しあっている様子がうかがえます。

中でも「ストーリーズ」機能を利用している人がとても多く、1日に700万件以上の投稿があるほど人気です。

Instagramの「ストーリーズ」とは

その最大の特徴は、

  • 24時間で消滅する投稿

普通の投稿とは異なり、フォロワーのタイムラインにもメッセージや写真・動画などは一切流れず、投稿者プロフィールの投稿一覧にも24時間経過すると一切残らない仕組みです。

なので、最近では通常のInstagram投稿をメインにするのではなく、ストーリーズ機能だけの投稿を好むユーザーも増えています。

通常の投稿が「おでかけ先の風景」や「お気に入りのお店」「本日のランチ」など、投稿内容を自分の思い出や履歴といったかたちでユーザーと共有していくのに対し、ストーリーズはそれほど残しておく必要も感じないといった、日常の何気ない一コマを気軽に投稿するために活用している人が多いようです。

またストーリーズは、

  • 写真や動画を簡単に加工できる

のも特徴で、スタンプ機能、フィルター機能、GIF画像機能などで簡単に、自由にデコレーションできる点もウケています。

いずれもスマホでシンプルに操作でき、見栄えが良くなる視覚効果を高めるエフェクトの数や撮影フィルターもたくさんあるので、写真に落書きをしたり、ステッカーをつけたりして楽しむことができます。

また、ストーリーズへ投稿する場合は、通常投稿時のような正方形サイズではなく、スマホ画面全体を使ったサイズで投稿できるので、写真を全面にして縦長の投稿をし、写真内に落書きコメントをたくさん加えて投稿できます。

このような自由な点も、ストーリーズの良さでしょう。

たとえば、

  • 街で見かけた猫の写真に「カワイイ」と落書き&ハートマークをつけて
  • 飲み会で美味しいビールを飲んだ「今日もビールがうまい!」と書いて
  • 日が落ちる一瞬の動画を感動の一言とともに

といったことがスマホで簡単にできて、そのまま投稿が可能。

またストーリーズは複数連続投稿もでき、写真や動画などを連続投稿してもストーリーズ内に追加されていくだけなので、

『連続投稿を何度もするとフォロワーのタイムラインを荒らして迷惑をかけてしまうかも…』

といった心配もいりません。

ストーリーズでできること

具体的には次のようなことができます。

フォローしている人のストーリーズを見る

フォローしている人がストーリーズに投稿すると、通常のフィード画面の上部に

  • 未読の投稿は枠がレインボーに表示
  • 既読した場合は白枠

で表示され新規投稿かどうかがわかります。

なお、ストーリーズを投稿する側は、公開する相手を制限したりを選択できます。

メッセージを送る

投稿されたストーリーズへ、ダイレクトメール(DM)で投稿者にメッセージ送信することができます。

また、メッセージ送信だけではなく、投稿に拍手をしたり、絵文字を送ることもできます。

なお、知らない人からのDMを受けたくないときは、メッセージ機能設定をオフにできます。

他人のストーリーズは保存不可

残念ながら、Instagramアプリには、他人が投稿したストーリーズ自体を個人的に保存できる機能はありません。

ですが、どうしても保存をしたいときは、

  • iPhoneの『画面収録』機能

を利用すれば、個人的にスマホへ保存はできます。

なお、Androidには「画面収録」機能がないので、「PhotoAround」のような録画機能のある外部アプリを使えば保存できます。

他人のストーリーズをシェアする

アカウント同士で互いにフォローをしていれば、「シェア」機能を使うことで他人のストーリーズをDMで送ることができます。

ですが、

  • 個人的に保存した画像や動画の著作権・肖像権はもともとの投稿者にある

つまり、他人の画像や動画映像などを保存して、自分の投稿に利用する行為(パクリ)や、ほかのSNSやメディア(ブログ、掲示板、雑誌)で使うといった行為は、著作権の侵害になりますから注意してください。

足あと機能

誰が自分の投稿を見たのかチェックできる足あと機能があります。

非表示にする

フォロー済みだけどストーリーズは特に見たくないユーザーがいる場合は、非表示にできます。

  1. ホーム画面に表示されたフォローした人のアイコンを長押し
  2. 『ミュート』『プロフィールを表示』(2つのメニューが表示)
  3. ミュートをタップ

これで、そのユーザーの投稿は表示されません。

ライブ配信

フォロワーにリアルタイムで動画を配信できる機能です。

また、ライブ配信を視聴しているユーザーに、ハートマークやコメントを送ってライブ中にコミュニケーションをとることもできます。

ちなみにフォロワーは、ライブ配信中しか閲覧できません。

また、ライブ動画のアーカイブを残すか残さないかは、配信終了時に選択できます。

リール機能

15秒の短い動画に、

  • BGMやエフェクト効果をかける
  • タイマー機能で異なる動画をつなぎ加工する

といった作成・編集ができる機能です。

再生するスピードも自由に調整できるので、自分だけのオリジナルショートムービーがつくれます。

また、他人のリール投稿には、通常の投稿と同じく「いいね!」やコメントをすることもできます。

リポスト

これは

  • ほかの人のストーリーズ投稿を自らのアカウントでシェアすること

基本的にストーリーズは、自分以外のリポストができません。

ですが、ユーザーからメンション(特定の誰かに向かって話しかける機能)で自分のアカウントが記載される(許可される)とリポストができるようになります。

公開する相手を設定する

公開したい相手を自由に選択する機能です。

  1. ストーリーズ作成画面の左上に表示される『設定アイコン』をタップ
  2. 『ストーリーズを表示しない人』の中で細かく選択

また、『親しい友達リスト』に登録されたアカウントにしか表示させないという操作も可能です。

自分のストーリーズを保存する

ストーリーズ投稿自体は24時間ですべて消えてしまいますが、自ら撮影した写真や動画などは保存しておける機能があります。

自分のストーリーズ操作画面で、

  1. 『…(その他)』⇒『写真を保存』
  2. 単体の投稿を保存するときは『写真(動画)を保存』
  3. ストーリーズ全体を保存するときは『ストーリーズを保存』

と操作すると、投稿を保存できます。

投稿したストーリーズの削除

投稿してしまった24時間たてば消えますが、その前に消したい場合は、以下の方法で削除できます。

  1. 自分のストーリーズ操作画面で『…(その他)』⇒[削除]を選択する。

このように、気が向いたらすぐに写真や動画を投稿でき、24時間経てば消えるという、気軽に投稿できる点がストーリーズの人気の秘密。

それでは次に、このストーリーズ機能を活用したビジネスの売上につなげる3つのポイントをご紹介します。

Instagramストーリーズで売り上げを向上させる3つのポイント

人気機能であるストーリーズを上手に利用してアカウント運用をすれば、多くのフォロワーを獲得することができますし、ひいてはファン⇒新規顧客の獲得へとつなげることができます。

つまり、企業の広告活動としてストーリーズ機能を使う目的は、

  • Instagram内で企業や商品の魅力をユーザーに正しく伝え、人気のアカウントとなること

に他なりません。

単に商品をPRするだけでなく、通常の投稿やストーリーズ機能を使いながら

  1. まず最初に、Instagramユーザーに知ってもらう
  2. 商品やブランドイメージに共感してもらう
  3. フォロワー ⇒ ファン ⇒ 新規顧客 となってもらう

といった、ユーザーに対して企業ブランディングを継続して行うことで、ひいては売上に繋げるという考え方です。

そのためには、次のような方法が効果的です。

アンケート機能や質問機能を活用する

ストーリーズには、投稿を見たユーザーに対して『質問』や『アンケート』を行うことができる機能がついています。

これらの『質問』や『アンケート』をストーリーズ上で行うことで、ユーザーとコミュニケーションをとることができます。

というのも、『質問』や『アンケート』なら、ゲーム気分で気軽に返信をしてもらえるからです。

そして、企業からしてみれば、このような『質問』や『アンケート』の回答は、ユーザーとの貴重な接点になります。

一見すると敬遠されがちなInstagramの企業アカウントで、ストーリーズを使った

  • 面白い『質問』
  • 思わず答えたくなるような『アンケート』

を頻繁におこなえば、ユーザーとの距離を一気に縮めるだけでなく、より親しい関係づくりをすることもできます。

このようなストーリーズを用いたコミュニケーションは、ユーザーの親近感を得られるだけでなく、自社ブランディングの向上にもつながります。

ハイライト機能を活用する

ストーリーズの機能の一つである『ハイライト機能』を使えば、

  • 自社商品の使い方
  • いま人気のある商品紹介
  • ライブ配信した新商品の紹介動画

などをまとめて掲載しておくことができますから、企業アカウントに来てくれたユーザーに対して、先回りをする感じでお役立ち情報を提示しておけば、

「また見たい、また来たい」

というユーザー心理を引き起こすこともできます。

また、魅力的な投稿の中に、その商品をすぐに購買できるリンクを添付しておけば、ユーザーの利便性を高め、売り上げ向上にもつながります。

ストーリーズ広告を活用する

ストーリーズ広告とは、

  • ストーリー枠内にのみ配信される広告のこと

この広告は、自分がフォローしているアカウントのストーリーズを連続再生している際に、ストーリーとストーリーの間で表示される広告です。

通常のストーリーズを連続して見ている感覚でナチュラルに画面全体に広告が表示されますから、ストーリーズの延長として見てもらえ、ユーザーの違和感もさほどなく、必ず見てもらうことができる広告です。

なお、この広告は、タップするとスキップすることもできるため、最初の数秒間で続けて見てもらえるようなインパクトのある引き込む印象を与えることが大事です。

また、広告を見ているときに上へスワイプすると、広告をしている商品のリンクへ飛ぶこともできますから、そのような「ちょっと欲しくなって興味が湧いた」消費者マインドを機会損失することなく誘導を働きかけることもできます。

このようにInstagramストーリーズ広告は、

  • ストーリーズ好きなユーザーに直接広告を見てもらえる
  • 商品のリンク先への誘導が1アクションでできる

という点からも、有料サービスではありますが、

  • 最低100円から出稿することができる

ので、コストが合えば是非積極的に活用したい機能です。

ユーザーの興味をひきつける魅力的なストーリーズを作れれば、確実に広告を周知できるというのは、ストーリーズ広告最大の特徴です。

まとめ:【Instagram】ストーリーズで売り上げを増やす3つのポイント

以上が、Instagramのストーリーズ機能を有効利用して売り上げを増やす3つのポイントです。

Instagramを用いたマーケティングは、今や企業にとって欠かせないモノになりつつありますから、戦略を練って積極的にアカウント運用をし、企業ブランディングを高めるのに利用していきましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。