2021.1.29

D2Cブランドの立ち上げ方とは?5ステップで解説!

D2Cブランドの立ち上げ方とは?5ステップで解説!

D2C(Direct to Consumer)とは、メーカーやブランドが自社で商品を企画・製造し、自社のECサイトを利用して一般消費者に直接販売するビジネスモデルのことを指します。

本記事では、D2Cブランドを立ち上げる際の5つの順序や、注意点を解説いたします。

D2Cブランドを立ち上げるメリットとは?

D2Cとは、Direct to Consumerの略で、メーカーやブランドが自社で商品・サービスを企画・製造し、自社のECサイト等のメディアを通じて、一般消費者に直接販売するビジネスモデルです。

仲介業者を介さずに、コスト削減分を付加価値として顧客に還元できる点や、SNS等でのコミュニケーションを通じて、コアなファンを獲得しやすいというメリットがあります。

5ステップで解説!D2Cブランドの立ち上げ方とは?

世界観の構築

1つ目のステップは、ブランドのコンセプトや世界観を定義することです。

D2Cと他のビジネスモデルとの大きな違いは、ブランドの世界観を重視している点です。商品の魅力だけでなく、ブランドコンセプトやストーリーなどの世界観を構築し、ユーザーのライフスタイルに価値を提供する必要があります。

また、一貫したアイデンティティを持ち、ブランドや商品の必然性を語ることが重要です。

プロダクトの作成

2つ目のステップは、魅力的なプロダクトを作成することです。
D2Cブランドを立ち上げるためには、オリジナルでユニークな商品を作ることが重要です。品質とデザインを重視して、商品の魅力を最大限に引き出す必要があります。

その際に重要なのが、ブランドの世界観やストーリーを徹底して守ることです。単なるトレンド追従型の商品ではD2Cとして成立しませんので、その点を十分に意識してください。

デジタルツールの運用

3つ目のステップは、デジタルツールを活用・運営することです。
D2Cブランドを成功させるためには、デジタルツールは欠かせません。特に、SNSを活用したマーケティングは、ブランドの世界観やユーザーとの関係性を構築する上で必要不可欠です。SNSを有効利用して、ターゲット層であるユーザーにリーチするのかを深く掘り下げ、ブランドスタイルを確立することが重要です。

対面でのインタビューやアンケートよりも、Twitterやインスタグラム、LINEのオープンチャットのような匿名性のある媒体を利用した方が、本音を聞き出すために効果的な場合もあります。

資金調達

4つ目のステップは、資金調達を行うことです。
特にスタートアップ企業が、D2C型のビジネスを行う際、収益がマイナスになる赤字期間が発生することがほとんどです。場合によっては、赤字期間が3〜5年ほど続く場合もあり、商品や、原材料の仕入れを行えない状態は避けなければなりません。

また、大きなプロジェクトを遂行するとなった場合には、出費がかさむ傾向にあるため、資金調達を有効利用すると良いでしょう。

実店舗の出店

5つ目のステップは、実店舗の出店です。
D2C型のビジネスを構築する際には、実店舗の出店まで行えると効果的に売上を上げることが可能となります。

また高額商品を販売する場合、顧客はウェブサイトを見るだけでなく、実際に商品を見てから購入する場合が多くあるため、オフラインで顧客との接点を設けることで顧客獲得が容易になります。

まとめ: 5ステップで解説!D2Cブランドの立ち上げ方とは?

今回の記事では、D2Cブランドを立ち上げるために必要な5つのステップをご紹介しました。

D2Cブランドの立ち上げを行う際には、従来のビジネスモデルよりもブランディングやマーケティングに注力する必要があります。他社の追従になるのではなく、D2Cの本質を理解し、実践することが成功の鍵となるでしょう。

参考URL
https://precs.jp/blog/?p=12769
https://www.non-standardworld.co.jp/23181/

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。