2021.1.29

D2Cビジネスが抱える課題とは?どのように課題を解決すればいい?

D2C(Direct to Consumer)とは商品の開発から、流通〜販売までの流れを自社で一貫して行うビジネスモデルのことを指します。卸売業者など、他の仲介業者に委託することがないため、コストカット効果や、消費者に対して商品・サービスへの思いや特徴を正確に伝えられるという性質があります。

D2Cを取り入れることで、自社のブランドイメージの向上や、利益率の上昇といった効果も見込めます。

しかし、D2Cがいかに優れたビジネスモデルだとしても、課題を見逃し、効果的に実施することが出来なければ、失敗してしまうのも事実です。

今回の記事では、D2Cビジネスの課題と、課題の解決方法をご紹介致します。

D2Cビジネスが抱える3つの課題とは?

マーケティングの仕組みづくりにコストがかかる

D2C型のビジネスは、自社で一貫して商品の企画から、流通・販売を行うため、自社のWEBサイトの設計や、仕組みを整えるためのコストが発生してしまいます。

ネット上でのブランド認知の獲得が必要

自社で完結するD2C型のビジネスモデルを用いた場合、大手ECサイトに掲載した場合と比べると、認知度の獲得に苦労するケースが少なくありません。

自社の商品・サービスを実際に体感してもらうことに難しさがある

D2C型でビジネスを行う場合、オンライン上での販売をメインで行う場合が多いため、顧客が実際に商品やサービスを体感しにくいというデメリットがあります。

特にアパレルブランドの場合は、商品のサイズや、素材、色などを実際に確認できない点には気をつける必要があります。

D2Cの課題を乗り越えた成功事例「BULK HOMME」

男性向けコスメ業界で有名なD2CブランドのBULK HOMME(バルクオム)は、SNS広告に注力し、1年で新規顧客獲得数を10倍にした、という成功事例を持つ日本の企業です。

BULK HOMMEのマーケティング施策

BULK HOMMEは最初1200人に対してアンケート調査を行い、日常の行動パターンを分析しました。その結果、スキンケアを意識的に行なっている層は6割〜7割となっており、3〜4割の男性は日常的に洗顔をしていないことが分かりました。

そこで、3〜4割の潜在層にアプローチをする方針を決め、SNSを通じて男性に対してスキンケアの有効性を発信する、という施策を実施。

その際に、ユーザーが実際に作成したコンテンツである、UGC(User Generated Contents)を用いて、スキンケアを身近に感じてもらえるよう工夫し、CTRを向上させています。

D2C ビジネスの課題解決ツールを紹介!「D2C 事業診断」

D2Cの支援企業である、SUPER STUDIOが開発した、「D2C 事業診断」というツールを最後にご紹介致します。

「D2C 事業診断」は、D2Cメーカーの事業状況や、課題を5分で診断するツールとして、事業の課題や解決方法の提案を行うITツールです。

SUPER STUIOは、過去に多くのD2C支援を行なってきた経験があり、そのノウハウを用いて、D2C企業の立ち上げ、運営・管理に関わる情報をデータベース化しました。

「D2C 事業診断」では、設定された質問にいくつか回答すると、デジタル・ブランディング・ユーザーコミュニケーション・サプライチェーン・マネジメントの5つの要素から、事業の強みや弱み、課題解決の方法が提示されます。

まとめ:D2Cビジネスが抱える課題とは?どのように課題を解決すればいい?

D2Cビジネスを行う際には、幅広いマーケティングの知識や経験が必要となるため、目標達成までの過程で、数多くの課題に直面することもあるでしょう。

本記事では、代表的な課題の内容と、課題解決の方法、ツールをご紹介致しました。
D2Cビジネスの運営の際に参考にしてみてください。

参考URL
https://manamina.valuesccg.com/articles/775
https://www.digima-japan.com/knowhow/world/16501.php
https://netkeizai.com/articles/detail/1102

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab blog

Shopi Lab blogをご覧のみなさまへ

Shopi Lab blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。