2021.10.21

【Shopify】リダイレクトの設定方法や種類について徹底解説!

【Shopify】リダイレクトの設定方法や種類について徹底解説!

リダイレクトとは

ウェブサイトや既存のページのURLを新しいものに変更した場合、何も処置をしなければ旧URLが働いてしまいエラー面が表示されてしまいます。

そこで新しいURLにサイトやページを自動的に導いて本来のサイト・ページをユーザーに提供しなくてはなりません。

このようにウェブサイトやページを新しいURLへ転送することをリダイレクトとよんでいます。

仮に、サイトのURLを途中で新しいURLに変更したとします。

  • (旧URL):https://abc.com
  • (新URL):https://xyz.com

何も処置しないままでいると、従来のアドレスであるhttps://abc.comにアクセスしたユーザーにはエラー画面が表示されることになり、そのまま離脱されてしまいます。

しかし、リダイレクト設定を施しておけば、https://abc.comにアクセスしても、自動的に新しいURLであるhttps://xyz.comが表示されるようになるため、ユーザーをショップまでスムーズに案内することができるのです。

リダイレクトを設定する方法はやや難しいところがあるのですが、Shopifyの機能を使えば管理画面からリダイレクト設定を簡単に行うことができます。

リダイレクトが必要な理由をひと言でまとめれば、ユーザーを新URLに誘導できることなのですが、そこにはユーザビリティやSEOといった観点からの理由も込められています。

ユーザビリティを良くして離脱を防ぐ

一般的に、気に入ったサイトやよく使うオンラインショップなどはお気に入りやブックマークに入れておく傾向があります。

しかし、いざアクセスしようとしたもののエラー画面が表示された場合、ユーザーが混乱してしまう可能性がありますし、場合によってはせっかくお気に入りやブックマークに入れていたサイトが閉鎖されたと誤解されてしまうリスクも出てきます。

せっかく自発的に訪問してくれたユーザーをスムーズに案内できないことは機会のロスであり、顧客が離れてしまう原因にもなりかねません。

そこで大切になってくるのが、リダイレクトというユーザビリティ改善策なのです。

SEO対策の一環としてリダイレクト設定を行う

リダイレクトが重要な役割を担う理由はユーザビリティだけではありません。SEO対策の一貫としても大切な要素となってくるのです。

ウェブサイトはアクセス数や内部構造、被リンクやコンテンツの質などによって検索順位が決まってきます。

しかし、せっかく高評価を得ていたサイトを持っていたとしても、リダイレクト設定を行っていなければ、そのサイトは中身が空であると判断されて検索順位にも大きな影響を与えることになりかねません。

そういった事態を避けるためにもリダイレクト設定が必要なのです。

リダイレクトの種類

リダイレクトには、301リダイレクトとよばれるものと302リダイレクトとよばれるものの2種類があります。

301リダイレクト

301リダイレクトは、旧サイトが検索画面に表示されなくなり、代わりに中身が転送された新サイトが表示されるようになるものです。

目に見えているのは旧URLですが、クリックすると自動的に転送先の新URLに遷移することから、Permanent Redirectとよばれています。

旧URLのサイト内容や構造のすべてが新URLに引き継がれる点が特徴です。

302リダイレクト

クリック先が持続的に新URLに遷移する301リダイレクトと異なり、あくまでも一時的に転送先を変える方法を302リダイレクトといいます。

サイトドメインの引っ越しなどで一時的にサイトを別URLに置いておきますが、検索画面には旧URLがそのまま表示されます。

なお、Shopifyで設定できるのは301リダイレクトのみとなっているので注意しましょう。

リダイレクトの設定方法

Shopifyでリダイレクトを設定する方法についてみていきましょう。

リダイレクトの設定方法

Shopify管理画面から、オンラインストア→メニューの順にクリックし、次にURLリダイレクトを作成、をクリックします。

すると、リダイレクト元とリダイレクト先の両方を入力する画面が表示されるので、リダイレクト元には旧URLを、リダイレクト先には新URLを記載して、リダイレクトを保存する、をクリックすれば作業は完了です。

このとき注意したいのは、リダイレクト先の新URLに何を入力するかということです。

例えば、同じドメイン内の異なる場所に引っ越す場合は、ドメインより下の部分である相対パスのみ入力すれば大丈夫です。

]しかし、ドメインそのものを変えてしまう場合は、絶対パスというhttpsから始まる全てのアドレスを入力しなければなりません。

  • 相対パスのみ入力する場合:https://abc.com/shop/itemの/shop/item部分だけ入力すればOK
  • 絶対パスを入力する場合:https://xyz.com/shop/itemのすべてを入力する必要がある

個別ページのリダイレクト設定

個別の商品ページURLが変わった場合は、リダイレクト設定も個別に行わなければなりません。

Shopify管理画面から、オンラインストア>メニューをクリックし、さらにURLリダイレクトという箇所をクリックします。

次に、URLリダイレクトを作成、とクリックします。

リダイレクト元という箇所には転送先のURLを、リダイレクト先という箇所には転送先のURLを入力します。

前述の通り、同じドメイン内の異なるフォルダに引っ越す場合は、相対パスの入力のみで大丈夫です。ドメインそのものが変わる場合は、絶対パスの入力が必要になります。

複数ページの一括リダイレクト設定

変更のあった個別ページが複数ある場合、リダイレクト設定を一括で行うこともできます。

この場合もShopify管理画面からURLリダイレクトの画面まで進みます。

リダイレクトをインポートする、をクリックすると、CSVファイルのテンプレートをダウンロードできるので、まずはファイルを入手しましょう。アップロードはひとまずおいておきます。

CSVファイルといっても複雑ではなく、Redirect fromとRedirect toという2種類のデータを記載するものです。Redirect fromには転送元URLを記入し、Redirect toには転送先のURLを記入します。

ここまでできたら先ほどのアップロード画面に戻り、CSVファイルをアップロードしましょう。

すると、インポートの詳細、という表示を確認することができます。内容をチェックしたら、リダイレクトをインポートする、をクリックして完了させます。

設定済みのリダイレクトURL一覧を確認できる画面からは、リダイレクトを削除することも可能です。

なお、Shopifyでは以下のプレフィックスと呼ばれる言語が含まれるURLは、リダイレクト設定ができませんので注意しましょう。

  • /apps
  • /application
  • /cart
  • /carts
  • /orders
  • /shop
  • /services

まとめ:【Shopify】リダイレクトの設定方法や種類について徹底解説!

Shopifyにおけるリダイレクト設定を正しく行うために、その手順や設定方法について説明しました。

Shopifyで簡単にリダイレクト設定を行えることはもちろん、ユーザビリティを改善しSEO評価を上げる観点からも、リダイレクト設定をきちんと済ませておくことが重要です。

もしユーザーが、サイトのURL変更の告知を見逃していたりたまたまサイトに訪れたりした場合、アクセスできない状態になっていたら、サイトを閲覧することができないまま離脱するよりほかありません。

だからこそリダイレクト設定を行ってユーザーが迷わず新URLに辿り着けるようにし、SEO的な価値も下げない配慮が求められるのです。

また、301リダイレクトと302リダイレクトの違いについても説明しましたが、Shopifyでは301リダイレクトの設定のみ可能となるので、忘れず覚えて大きましょう。

リダイレクト設定に取り組んでいる間は、文字列や技術的な問題を理解し覚える大切な時間になりますが、そもそもの目的としてユーザーとGoogleの存在が前提になっていることを常に意識しておきましょう。

ストレスを感じさせずアクセスできるサイトはユーザーからもGoogleからも高評価となり、継続的な訪問を促す一つの重要な要素となるのです。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab
監修者
黒岩俊児
黒岩俊児

shopify 制作チーム責任者・テクニカルディレクター 株式会社セルフプラスCEO

Shopifyサイト制作のスペシャリスト。本業であるサイト制作に加え、公認のShopify expertとして数々のShopifyサイトを手掛けている。2021年7月よりShopifyに関する様々な一次情報を得るため、自らShopify本社のあるカナダへ移住。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。