2021.9.1

【完全保存版】shopifyでのECサイト構築費用と制作手順

【完全保存版】shopifyでのECサイト構築費用と制作手順

初心者でも簡単にECサイトを作成できるShopifyは、全世界175カ国、100万店舗以上で利用される世界シェアの高いプラットフォームです。世界的にシェアが伸びるなか、日本でもShopifyの利用を検討する事例が増加しています。

ただECサイトを構築する場合、どのくらいの費用がかかるのか気になっている人も多いはずです。そこで今回は、ShopifyでECサイトを作成する際にかかる費用やランニングコストをご紹介します。

自分でECサイトを作成しようと考える人に向けて、Shopifyの制作手順もまとめました。順を追って作業を進めれば、初めて利用する人でもECサイトを作成できます。ぜひ参考にしましょう。

ShopifyでのECサイト作成費用

Shopifyの利用を検討するにあたり、ECサイト作成にかかる費用が気になりますよね。まずは、ShopifyでECサイトを作成する際にかかる費用をご紹介します。実は、ECサイトを作成する方法によってかかる費用は大きく異なるのです。ShopifyによるECサイトの作成方法は、以下の3つです。

  • 自分自身で構築する
  • クラウドソーシングで作成する
  • プロの制作会社に依頼して作成する

どの作成方法を選ぶかによってかかる費用も大きく異なるので、それぞれの特徴をしっかり理解してどの方法で作成するか検討しましょう。

【0円】自分自身で構築する

Shopifyは、管理画面がシンプルで直感的に操作できる仕組みになっており、デザインの専門知識がなくてもECサイトが作れます。もし時間的な余裕や挑戦したい気持ちがあるなら、個人や自社でECサイトを作成するのがおすすめです。

自分でShopifyのECサイトを作れば制作会社に依頼する必要がないので、制作費用を格段に抑えられます。ただし、いくら直感的に操作ができるとはいえ慣れるまでには時間がかかることも。

また制作途中で問題に直面した時は自分で解決することができず、最終的に外部に依頼する流れになる可能性もあります。個人や自社で制作するときはデメリットも考慮して判断しましょう。

【20万円~】クラウドソーシングで作成する

クラウドソーシングに在籍するフリーランスや個人事業主に作成を依頼する方法もあります。クラウドソーシングとは、仕事を発注したい企業や個人がネット上で募集をかけ、実績のあるプロに依頼・発注できる業務委託形態のプラットフォームです。

クラウドソーシングで業務を依頼すれば、制作会社に依頼するよりも費用を抑えてECサイトを作成できるのがメリットです。良い相手と巡り会えれば、今後長いお付き合いをできる可能性もあります。

ただし、クラウドソーシングで仕事の依頼や発注を受けるフリーランスや個人事業主はスキル面でバラツキがあります。また、途中で連絡が取れなくなったなどのトラブルが起きるかもしれません。スキルや実績を確認することはもちろん、面談を設けるなどして人となりを確認しておくのがいいでしょう。

【40万円~】プロの制作会社に依頼して作成する

個人でECサイトを作成するのが不安だったりクラウドソーシングでフリーランスや個人事業主を探す時間がなかったりする場合は、プロの制作会社に依頼してサイトを構築してもらうのが一番です。

制作会社に依頼すれば、制作業務をすべて任せられるので余った時間は違う業務にあてられます。会社であれば時間を節約できて業務効率を向上できるため、制作会社への依頼は大きなメリットです。

ただ、個人で作成したりクラウドソーシングでフリーランスや個人事業主に依頼したりするよりも費用が高くなるのが懸念点でしょう。企画力や制作力に関しては他の作成方法より安定していることが多いので、安心して依頼できるはずです。

Shopifyの料金・ランニングコスト

Shopifyを利用するにあたり、ECサイトの作成費用に加えて確認しておきたいのが、継続的に使用するためにかかるランニングコストです。ここでは、Shopifyの基本料金や決済手数料をご紹介します。ランニングコストを安く抑える方法についても触れているので、ぜひ参考にしてくださいね。

Shopifyの料金体系

それでは、まずShopifyの料金体系から確認していきましょう。Shopifyでは3種類のプランが用意されており、ベーシックプラン・スタンダードプラン・プレミアムプランがあります。利用するにあたり初期費用は一切かからず、個人や自社の目的に合わせて選べるのは大きなメリットでしょう。

アプリ・その他の料金

ECサイトの運営には、基本料金以外にもクレジットカードの決済手数料がかかります。また、Shopifyが提供する「Shopifyペイメント」の使用有無によってもかかる費用が異なるので、利用する前にしっかり把握しておきましょう。

【おまけ】ランニングコストを安く抑える方法

ECサイトを運営する上で役立つShopifyですが、やはり継続して使用するなかでランニングコストが気になっている人も多いでしょう。実は少しポイントを押さえるだけで、ランニングコストを安く抑える方法があります。Shopifyを費用を抑えて利用できる方法は、以下のとおりです。

  • 年間契約にする
  • オプション契約する

もし長期での利用を考えているなら、年間契約にするのがおすすめです。Shopifyの料金体系は月額ですが、年間契約をして一括払いをしたほうが約10%近く費用を抑えられます。期間を長くすればするほど高いディスカウントを受けられるので、ぜひ検討してみましょう。

Shopifyでは、さまざまなオプションが用意されています。オプションを利用したいとき、プランは使用できる機能に違いがあるのでアップグレードを検討する人も多いはずです。ただし、プランのアップグレードはおすすめしません。オプション別に契約することで、月にかかる費用を抑えられます。

Shopifyで作成したECサイト参考例

個人で作成するにしても制作会社に依頼するにしても、どのようなECサイトを作りたいのかイメージを明確にすることが大切です。ここでは、Shopifyで作成したECサイトの参考例をまとめました。どのようなECサイトを作りたいのか迷っている人は、参考例を確認して作成時の参考にしましょう。

参考例①Red Bull(レッドブル)

世界に多くのファンを持つRed Bullでは、Shopifyを利用してECサイトを作成しています。レッドブルを購入すると、消費者の目を惹く商品レコメンドが大きく表示されるのが特徴。商品レコメンドにより消費者の購買意欲を向上させ、客単価を上げられます。海外の事例ですが、日本の企業でも徐々に導入されつつあります。

参考例②Runtrip Store(ラントリップ ストア)

ランニングがあるライフスタイルを提案するRuntrip Storeは、アパレルウェアや雑貨を販売するShopifyのECサイトを立ち上げています。商品ページでは、それぞれの商品にカーソルを持ってくるとアイテムが拡大されるのが特徴です。直接見なくても商品のイメージがしやすくなるので、消費者の購買意欲を上げられます。

参考例③サンリオ

海外にも多くのファンを抱える日本を代表するキャラクターのサンリオでは、イギリスとアメリカのECサイトが作られています。インスタグラムやツィッターなど他のSNSと連携して、マーケティングに力を入れているのが特徴です。また支払い方法の選択肢が多く、shopoayやPayPalにも対応。消費者の購買率が上がる工夫が施されています。

Shopifyが注目されている理由

初心者でもECサイトが作れるサービスを提供するのは、Shopifyだけではありません。ただし、複数の選択があるにもかかわらず、Shopifyが選ばれるのは理由があるのです。Shopify・BACE・STORESの違いから確認していきましょう。

Shopify・BACE・STORESは、基本的な機能に大きな差はありません。ただ、今後事業拡大を検討しているなら、Shopifyがおすすめです。なぜなら、ブログやSNS連携など集客に役立つ機能が備わっていたり決済機能が豊富だったり、事業規模に合わせて料金プランを選べたりなど、他のサービスに比べて得られるメリットが多いからです。

【参考】ShopifyでのECサイト制作手順

ここからは、Shopifyのアカウント登録や商品登録、送料設定など制作手順の流れを説明します。ShopifyのECサイトの制作を進める上で、どのような手順を踏めばいいか大まかに理解できるはずです。個人で制作すべきか、制作会社に依頼すべきかの判断基準にもなります。ECサイトを制作する上で、それぞれの制作手順を確認していきましょう。

①参考サイトを見つける

ECサイトにおける理想の完成像が定まっていない場合は、参考にしたいサイトを探しましょう。個人で制作を進めるにしても制作会社に依頼するにしても自分たちの理想に近い参考サイトを見つけておけば、業務や打ち合わせが進みやすいです。

②ターゲット・ペルソナ設定を明確にする

参考サイトが見つかったら、ターゲットやペルソナを設定しましょう。商品やサービスと同じでも良いですが、特定の層にアプローチしたい場合はターゲットやペルソナを別にするのもおすすめです。ターゲットやペルソナを明確にすることで、方向性も見えてくるので制作を進める上で役立つでしょう。

③アカウント所得・ドメイン設定

まずは、Shopifyストアから新規登録を行いましょう。管理画面に「アカウント設定」があるので、メールアドレスやプロフィールを作成します。次は、サイトに訪れたユーザーに表示するドメインを購入しましょう。ホームにあるドメインを追加するタブから「ドメインを追加する」を選択し、決済方法を選択したらドメインの購入は完了です。

④商品登録

管理画面から販売したい商品を登録しましょう。管理画面から「商品管理」を選択し、「商品を追加する」を押せば商品編集画面に移動できます。商品情報を記入し、「保存する」を押したら商品登録は完了です。商品登録の作業を外部に依頼する場合は、別途料金がかかることがあるので事前に相談しておくことをおすすめします。

⑤決済設定

実際にサービスや商品を購入した顧客が支払う方法を設定しましょう。Shopifyには決済方法は「Shopifyペイメント」と「PayPal」があります。特に、Shopifyペイメントは売上に対する取引手数料がかからないのでお得です。決済方法は自由に選べるので、サイトに合わせて選びましょう。

⑥送料設定

決済の次は、送料の設定を行いましょう。ECサイトで利用する配送サービスの料金をもとに送料を設定します。送料は、都道府県ごとに選択できるのはもちろんエリアごとでも設定でき、配送する商品の大きさで送料を設定することも可能です。自社の商品に合わせて送料方法を選びましょう。

ShopifyでECサイト作成以外の検討事項

知名度の高いブランドの場合は、ShopifyでECサイトを作ったあとPR次第ではすぐに集客に繋がることもあるかもしれません。しかし、これから始めるブランドの場合はECサイトを作るだけでは集客に繋がらないことも多いです。多くの顧客を自社サイトに惹きつけるには、SNSの育成やSEOの強化、広告運用なども検討する必要があります。

SNSの育成

ShopifyによるECサイトの制作と並行してSNSの育成にも力を入れましょう。SNSのフォロワー数が増えることで、多くの人にECサイトの存在を告知できます。SNSからユーザーの流入を図れるので、ファンを獲得しやすくなります。もしSNSを開設していないなら、早めに取り組みましょう。

SEOの強化

SEO対策とは、検索結果で上位を取るための施策です。ECサイトを制作するときにSEO対策を行えば、サイトへの流入を図れます。またSEO効果で安定的に流入が増えれば、多額の広告費用を支払う必要もありません。SEO対策で効果があるのは、ページタイトルやオンラインストアのタイトル、メタディスクリプションなどさまざまです。

広告運用

集客に伸び悩みを感じたら、広告運用も検討しましょう。Shopifyには、GoogleとFacebookの広告と連携できます。検索結果にマッチした広告を表示できるGoogleは、「Googleリスティング広告」「Googleディスプレイ広告」「Google動画広告」の3種類があります。

実名を基本とした正確なデータベースを用いたアプローチができるFacebookは、精度の高い広告を配信することが可能です。ただし、FacebookとECサイトのターゲットとペルソナに関連性があるのかしっかり確認しておきましょう。

まとめ:【完全保存版】shopifyでのECサイト構築費用と制作手順

世界でも利用者が多く、日本でも注目が集まるShopify。ECサイトを作成する費用は、制作方法によって大きく異なります。制作費用を抑えたいなら、個人で作るのがおすすめ。手間や時間を削減して事業効率を上げたいなら、クラウドソージングや制作会社への依頼がいいでしょう。

またShopifyは、ただ制作するするだけでは消費者を惹きつけることはできません。ECサイトの作成以外にも、SNSの育成やSEO対策もしっかり進めていきましょう。流入が見込めない場合は、広告運用を検討することが大切です。

さらに、ShopifyにはECサイトの導入でさまざまな機能が追加できるアプリがあります。アプリの数は2021年4月の時点で6,000を超えており、無料のものも多くあります。Shopifyのアプリをうまく活用しながら、ECサイトの管理を行いましょう。

自分で導入出来ない場合は

自分でECサイトを作成するのに自信がなかったりどこの制作会社に依頼すればいいか分からなかったりする場合は、ぜひShopi Labにご相談ください。ShopifyのECサイト制作をフルサポートさせていただきます。EC構築プランも豊富に用意しているので、自分に合うプランが見つかるはずです。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
黒岩俊児
黒岩俊児

shopify 制作チーム責任者・テクニカルディレクター 株式会社セルフプラスCEO

Shopifyサイト制作のスペシャリスト。本業であるサイト制作に加え、公認のShopify expertとして数々のShopifyサイトを手掛けている。2021年7月よりShopifyに関する様々な一次情報を得るため、自らShopify本社のあるカナダへ移住。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。