2021.1.29

D2Cとは?3つの成功事例と共にご紹介!

D2Cとは?3つの成功事例と共にご紹介!

D2Cとは「Direct to Customer」の略で、ブランドやメーカーが自社で商品・サービスを企画・製造し、消費者に直接販売する仕組みのことを指します。代理店を通さずに自社のECサイトで商品を販売するケースが多く、注目を集めています。

本記事ではD2Cの意味やメリットから、D2C型のビジネスモデルで成功している企業事例までご紹介いたします。

D2Cの意味とは?2つのメリットとは?

D2Cとは?

D2Cとは、「Direct to Consumer」の略で、メーカーやブランドが自社の商品を企画・製造・販売し、自社の販売チャネル(ECサイトや店舗など)を利用して一般消費者に直接販売するビジネスモデルのことです。

メリット1:仲介手数料などのコストを節約できる

D2Cモデルの最大のメリットは、中間業者がいないため、商品の企画・製造・販売にかかる中間コストが削減される点にあります。

通常、大手ECモール(amazonや楽天など)に出店する場合は、登録料や出店料、販売手数料の他に、クレジットカードの決済量やアフィリエイトの手数料などがかかります。

しかし、自社でのみ取引を行うD2Cでは、これらの中間コストや手数料が不要となり、商品開発や価格設定などで節約分をユーザーに還元することが可能となります。

メリット2:顧客データや商品のフィードバックが直接得られる

D2Cモデルでは、自社市場内で企画・生産・流通・販売を行うため、顧客から直接詳細な個人データ(顧客属性、購入動機、履歴、サイト内の顧客経路など)を得ることが出来ます。

また、消費者に直接商品を届けるため、従来の販売方法よりもダイレクトで正確な顧客の声を得られるようになり、それらの顧客データや商品のフィードバックを緻密に分析した上で、より精度の高いマーケティング手法を作成することが可能です。

マーケティング手法を現場で早く実践することで、PDCAサイクルを早く回すことができ、結果として商品開発やブランド構築のさらなる改善に繋げることができます。

D2Cブランドの意味合いとは?3つの成功事例を紹介!

ネスレ

世界的なブランドとして認知されているネスレもD2Cブランドの1つです。同社はECサイトを通じてコーヒーや、家庭用コーヒーマシン、関連商品を消費者に直接販売しているブランドです。

同社は、1年間で2万1,000個の無料サンプルを配布するという目標を掲げてスタートし、サイト開設から数時間で目標のほとんどを達成したという実績を持っています。
ネスレはサンプル配布を効果的に活用し、オンライン上で70%という高いコンバージョン率を達成し、多くの顧客を獲得しました。

完美日記(Perfect Daily)

完美日記(Perfect Daily)は、中国コスメ界で、10~20代の若者から熱狂的な支持を集めているD2Cブランドです。

著名人や有名ブランドとコラボし、SNSなどを活用したマーケティングで売り上げを伸ばしてきました。完美日記は、オンラインだけでなく、実店舗を展開している点も特徴の1つです。消費者が店舗で化粧品を購入した後、継続的にオンラインで消費者との交流ができるマーケティング手法を採用しています。オンラインとオフラインの両方をうまく連携させることで、より多くの消費者を獲得しているD2Cブランドです。

ALL YOURS

国内アパレルブランド「ALL YOURS」は、服を着ることによる様々なストレスを解消するというコンセプトで、商品を展開しています。

例えば、急な雨にも対応できる撥水性のあるパーカーなど、日常の悩みを解決する商品を製造・販売することで注目を集めています。

ALL YOURSは、製造から販売までを自社で一貫して行うD2Cモデルを採用しており、高品質な商品を適正価格で販売しています。ブランド顧客を商品開発に招待したり、ブランド体験を深めるイベントを開催したりと、消費者と一緒にブランディングに取り組んでいるのも魅力の1つです。クラウドファンディングも実現し、話題に上がりました。

まとめ:D2Cの意味とは?3つの成功事例を紹介!

この記事では、D2Cの意味やメリット、成功事例などを紹介いたしました。
D2Cの新規事業を始める場合は参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考URL
https://venturetimes.jp/venture-news/column/41499.html
https://www.digima-japan.com/knowhow/world/16501.php

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。