2021.9.28

Shopifyにチャットボット機能を導入するなら「Tidio Live Chat」がおすすめ!

Shopifyにチャットボット機能を導入するなら「Tidio Live Chat」がおすすめ!

チャットボットとは

オンラインショップを運営するなら必ず設置しておくべきなのは、カスタマーサポート機能です。お客様や潜在顧客は購入の前後にいろいろな不安や疑問を持っていますから、それに応えることができれば、ショップとしての信頼感もアップしますし購入への導線となるでしょう。よくあるのがチャットによるサポートで、リアルタイムでチャット会話ができるため、電話までするつもりはないがチャットでサクッと尋ねたい、チャットサポートの文言が目に入って直感的にアクセスした、といったようなお客様に喜ばれています。チャットサポートにはウェブ上で行うものやチャットボットを使う方法があります。

ウェブチャットによるサポート

チャット画面が立ち上がるとサポート担当が直接文章を入力してお客様対応を行うものです。常にチャットサポートスタッフを常駐させておく必要があり人件費がかかることに加え、相談内容によってはチャット回数が多くなり時間がかかるという面もあります。しかし、一方で、チャットと言っても直接対応になりますから、お客様とのコミュニケーションが実現し満足度を高める要因となります。

チャットボットによるサポート

チャットボットとは無人でお客様と会話ができるツールのことをいいます。あらかじめ入力しておいた文章を使い、自動的にお客様との会話を成立させます。昨今ではAIを搭載したチャットボットもあり、より自然な形でお客様へのサポートを行うことができるツールも広がってきました。AI搭載ではないチャットボットの場合、お客様との会話が定型内でしかできないデメリットは存在するのですが、人件費削減やお客様対応の数をこなせるメリットもあります。

最も良いのはサポート専用スタッフを配置することですが、必ずしも人員を確保できるとは限らず、また人件費もかかることになります。そこで注目したいのが、自動での顧客対応が可能なチャットボットです。Shopifyのアプリにもチャットボットがあるのでそれを導入し、お客様にとって使い勝手のいいショップを目指しましょう。なお、チャットボットツールを導入することで、顧客の質問から傾向を分析し、マーケティングに活かす方法もあります。例えば、商品をカートに入れた状態でサイトを離れる、いわゆるカゴ落ちのお客様を抽出すれば、それらの顧客層に対してクーポンを付与し購入に引き戻すこともかのうになります。サポートという負担を軽減させながら、一方でマーケティングに寄与することができる点は大きなメリットだといえます。

Tidio Live Chatとは

Tidio Live ChatとはShopifyと連携できるアプリで、オンラインチャット機能を備えたチャットボットです。自然な会話を進めることができるので、お客様とのやり取りもスムーズに運びます。ユーザーインターフェースはSNSの会話形式で、お互いの発言内容を確認していける点もお客様にはメリットとなるでしょう。ショップに設置されたQ&Aコンテンツでは解決できなかった場合などに役立つアプリです。お客様の抱える問題を解決することができれば、その分購入率をアップさせることにも繋がるでしょう。購入率が40%程度上がったというリサーチ結果もあります。次回お客様がショップを訪れ何か質問や疑問が生じたとしてもお客様は他のショップに移ることなく、Tidioによるスムーズなサポートを受けて気持ちよくお買い物をしてくれることが見込まれます。

豊富なTidioの機能

登録後はマウスを数回クリックするだけで、商品の在庫状況を確認したり、配送状況や配送予定についてお客様に知らせしたりすることができます。また、チャットボットで解決しきれなかった問題については、速やかに会話をオペレーターに繋ぎます。この他、数多くの言語に対応可能であり、AndroidスマートフォンやiOSデバイスの種類を問わず導入できる柔軟性を持っています。さらにチャットボットには数十ものテンプレートが備わっているため、さまざまなケースに対応することができます。このように、ショップ側が求めている機能とお客様が求めているサービスの両方を叶えることができるため、積極的にTidio Live Chat の導入を検討することをおすすめします。

Tidio Live Chatの機能

Tidio Live Chatに備わっている3つの機能について、具体的に説明していきます。

24時間のお客様対応が可能

Tidio Live ChatをShopifyで作ったショップに導入すれば、ショップに24時間対応可能なカスタマーサポートを設けることができます。お客様がショップに訪れる時間帯にはばらつきがあるものの、多くは仕事を終えた夜間や休日であることが推測されます。夜間や休日は逆にショップ側が休みであることも多く、お客様からの質問が翌営業日に持ち越されてしまうことも多々あるのです。しかし、Tidio Live Chatであれば、迅速な回答が欲しいというお客様の要望に応えることができます。これによって、今まで取りこぼしてきたかもしれない見込み客層をすくいあげ、コンバージョン率をアップさせることも可能なのです。

お客様からのメッセージ見逃しを防ぐ

ショップ内の問い合わせ機能に加えて、TwitterやFacebook、InstagramのようなSNSとも連動させていた場合、いつどの媒体から問い合わせや質問が寄せられるかわかりません。ショップ側も常に全媒体をチェックしているわけではないため、せっかく寄せられたお客様からのメッセージを見逃してしまう可能性も皆無ではないでしょう。Tidio Live Chatであれば、メールやFacebookメッセンジャーとの連携が可能なので、これら媒体からのメッセージを見逃すことがありません。アプリを入れておけば、外出先からでもお客様に対する返信は可能ですので、高い顧客満足度と売上への可能性をアップさせることもできるでしょう。

ショップ訪問者のデータを管理分析できる

Tidio Live Chatを導入すれば、ショップを訪問してくれたユーザーがどういう検索ワードでたどり着いたのか、どのページを閲覧したのかなどについて分析することができます。複数ページを閲覧している場合は、行動を追跡することでユーザーの興味関心を知ることも可能です。これらの情報に基づいてユーザー情報を管理・分類し、各ユーザー層に向けた適切なメッセージを送ることもできます。

Tidio Live Chatの料金

Tidio Live Chatの料金プランは4種類あり、それぞれ無料版、月額$15のコミュニケータープラン、月額$39のチャットボットプランに加え、メール機能に特化した月額$25のメーリングプランが用意されています。

無料プラン

  • チャットオペレーターを3人まで設定可能
  • 月500通までの自動送信メール管理
  • 月100人の訪問者との無制限チャットボット会話
  • 訪問者リスト
  • デスクトップ&モバイルアプリ

コミュニケータープラン(月額$15)

  • チャットオペレーター1人を含む
  • 月500通までのメール管理
  • 月100人の訪問者との無制限チャットボット会話
  • 訪問者リスト
  • デスクトップ&モバイルアプリ
  • リアルタイムでメッセージ内容を確認できるライブタイピングプレビュー
  • 訪問者のリアルタイム追跡
  • 訪問者のプロファイル

チャットボットプラン(月額$39)

  • チャットオペレーターを3人まで設定可能
  • 月500通までのメール管理
  • 月100人の訪問者との無制限チャットボット会話
  • 訪問者リスト
  • デスクトップ&モバイルアプリ
  • 無制限チャットボット作成
  • 対応可能な訪問者数の上限管理
  • テンプレートによるチャットボットカスタマイズ

メーリングプラン(月額$25)

  • チャットオペレーターを3人まで設定可能
  • 月500通までの自動送信メール管理
  • 月100人の訪問者との無制限チャットボット会話
  • 訪問者リスト
  • デスクトップ&モバイルアプリ
  • 月間40,000件のメール管理
  • 1日あたりのメール回数制限なし
  • メールテンプレート
  • キャンペーンの自動化
  • EU圏における一般データ保護規則準拠

Tidio Live Chatの設定方法

ShopifyにTidio Live Chatを設定する手順について説明します。

Add appをクリック

ShopifyのApp StoreからTidio Live Chatを検索しクリックします。するとアプリが表示されますので、Add appをクリックして次に進みます。

アプリをインストール

確認事項が表示されるので、よく読んでからアプリをインストール、をクリックします。これでインストール作業は完了します。次にアプリの設定について説明していきます。

Tidio Live Chatの詳細入力

チャットボットの詳細情報を入力します。誰がチャットボットを管理するのか、チャットボットのカラー、言語を選択してContinueをクリックします。

アカウント情報の入力

ショップのURLや居住国、メールアドレス、チャットボットを設置するサイトのジャンルを入力および選択しContinueをクリックします。

チャットボットの種類を選択

ここでは2種類のチャットボットから選択するよう求められます。1つはお客様にクーポン付きチャットを送信するチャットボット、もう1つは挨拶文のみのチャットを送信するチャットボットです。ここまで設定できたら全て完了し、ショップにチャットボットが表示されます。

Tidio Live Chatを使用するメリット

Tidioのチャットボットを利用するメリットは大きく2つあり、また利用をおすすめしたい人も2種類考えられます。ここではそれぞれについて説明していきます。

メリット1.無料プランが充実している

Tidioの無料プランは機能が大変充実しているので、一般的なショップなどであれば無料プランでも十分なほどです。有料プランとの違いは機能制限の有無程度だと思っていいでしょう。

メリット2.設定が簡単

すでに説明したとおり、Tidio Live Chatの設定は非常に簡単です。事前に流れさえ把握しておけば、インストールからショップにチャットボットを表示させるまで数分程度でできてしまいます。日本語に対応している点も使い勝手が良く、誰でも気軽に利用することができます。

お客様サポートのコストパフォーマンスを重視する人におすすめ

ショップなどではお客様サポート機能を搭載した方が喜ばれますし、サポートがきっかけとなって購買率がアップする傾向が見られます。そんな機能を自動で担当してくれるのがTidio Live Chatですが、無料プランでも1年365日、24時間にわたってお客様対応をしてくれるので、コストパフォーマンスを重視する人には大変おすすめです。

訪問者のデータ収集を行いたい人におすすめ

Tidio Live Chatの魅力は、チャットボットとしてお客様対応ができる点だけでなく、ショップなどのサイトを訪問したユーザーのデータを収集できる点にもあります。どういう経路でショップに流入したのか、どのページを閲覧しショップを巡回したのか、どこで離脱したのかといったデータを取得できますので、ショップなどサイトの問題点や改善点を明らかにすることができます。

まとめ:Shopifyにチャットボット機能を導入するなら「Tidio Live Chat」がおすすめ!

ここまで、Shopifyで作成したショップなどのサイトにTidio Live Chatアプリを導入すべき理由や、Tidioの機能などについて説明してきました。Tidioが他のチャットボットと異なる点は、単に機械的な対応をするのではなくとても自然な形でお客様とコミュニケーションがとれることや、あらゆる角度からお客様に関する情報を収集できるところにあることがわかりました。ショップなどサイトの運営者にとっては、より売上をアップさせるための大切なデータになりますので、Tidioの機能は非常に有能かつ手放せないものになると考えられます。無料プランでも十分な機能を備えているので、チャットボットの導入を検討している場合は、積極的にTidio Live Chatを活用してみるといいでしょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。