2019.9.29

【Shopifyアプリ】適切な言語の店舗に自動でリダイレクト!

越境ECショップを運営する上で、多言語対応は欠かせません。複数の国向けのサイトがあれば、ショップの集客の幅が広がります。

今回紹介するShopifyアプリのGeoIP Country Redirectを使うことで、言語に合ったサイトを自動で表示できます。GeoIP Country Redirectの特徴やメリットを解説していきます。

Shopifyアプリ GeoIP Country Redirect

GeoIP Country Redirectで最適な言語の店舗を表示させよう

GeoIP Country Redirectは月額7.5ドルで利用できるShopifyアプリで、外国向けサイトを複数持っているショップに役立ちます。

IPアドレスを活用して、顧客が閲覧している国の言語に合わせたショップに自動でリダイレクトすることができます。サイトの翻訳をすることなく、自国語でサイトを閲覧できるため、顧客は安心してショッピングを楽しむことができ、売上にもつながりやすいです。

【Shopifyアプリ】GeoIP Country Redirectの特徴・メリット

GeoIP Country Redirectの特徴として、無制限のリダイレクト、フォールバック設定、リダイレクトメッセージの表示があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

無制限のリダイレクト

リダイレクトの制限がないため、数十の国に対応したサイトを持っていても、問題なく自動で最適な言語のショップを表示できます。多くの言語に対応するほど、事業の幅が広がるため、多国展開に便利な特徴です。

フォールバック設定

通信状況に応じて、最適な通信に自動で切り替えるフォールバック設定を利用できます。サイトにつながらない、読み込みが遅いなどで、顧客がサイトを離脱することを防げます。

リダイレクトメッセージの表示

リダイレクトメッセージによって、自動で対応した言語のサイトにリダイレクトしていることを、顧客に伝えることができます。

リダイレクトメッセージのデザインもカスタマイズできるため、店舗に合ったデザインでリダイレクトメッセージを表示させましょう。

まとめ

ShopifyアプリのGeoIP Country Redirectによって、顧客に合った言語のショップを自動で表示できるようになります。顧客の利便性を上げ、幅広い顧客をターゲットにできます。複数の国に対応したサイトを持っているショップで、ぜひ導入してみましょう。

他のShopifyアプリについて詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。現在はshopifyの制作に携わりながら、shopi lab blogの運用も行っている。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。