2021.7.19

キーワードはUGC?InstagramでのUGC活用について

キーワードはUGC?InstagramでのUGC活用について

ユーザー数もどんどん増え、幅広い世代から利用されつつあるInstagram。

なので、企業公式アカウントで参入し、商品PRや企業ブランディングをする重要性はますます高まってきています。

とはいえ、今までSNSを使ってこなかった企業にとっては、Instagramでどんな投稿をすれば効果があるのかがわからない、写真や動画などでクオリティの高い素材を準備し投稿し続けることに不安を感じる、ということもあるでしょう。

そこで、ここでは、これからInstagramに参入する、あるいはInstagramに既に取り組んでいるけどなかなかうまくアカウント運用ができていない、といった企業にオススメしたい『UGC の活用方法』についてまとめました。

UGCをうまく活用できれば、Instagramのコンテンツづくりに悩むことはなくなりますから、この機会に是非お試しください。

InstagramのUGCとは? 

Instagramでいう『UGC』とは、『User Generated Contents:ユーザー生成コンテンツ』という意味ですから、一般ユーザーが独自に制作したオリジナルコンテンツのことを指します。

たとえば、

  • 〇〇○を使ってみた!感想まとめ
  • ○○○やってみた!
  • ○○○!コレ、いいかも!

という感じで、企業が提供する商品やサービスをユーザーが実際に試してみて、その商品感想を口コミやレビューのよりもより詳しく、より分かりやすく写真や動画で紹介する投稿のことをいいます。

なので、一般投稿のほかにも、ストーリーズ、IGTV、リール、などといったユーザーがオリジナルの写真や動画を使って作成・投稿したコンテンツは、すべてUGCといえます。

そんなUGC最大の特徴は、『ユーザー視点』ということ。

コンテンツを制作する視点や捉え方が、一人ひとりのユーザーによって異なってくるとともに、

  • 他人と同じ投稿内容にはしたくない(目立ちたい)

というInstagramユーザーの投稿心理が働いて、それぞれが独自の志向とスパイスを加え、フォロワーに「いいね!」をもらえるコンテンツに仕上げることで、オリジナル性が高まっているのが特徴です。

商品やサービスに対する口コミ評価やレビュー評価は一人ひとり違うように、InstagramのUGCもそれぞれがオリジナルコンテンツとして独自の表現や言い回しで興味を引くように作られている。

それでいて、Instagram独特の視覚的に訴える特徴も生かされていますから、一つ一つのUGCがとても際立つように生き生きとして見えるのです。

なぜ注目を集めているのか? 

それは、ユーザーがUGCに『信ぴょう性』や『信頼性』を見い出しているからです。

たとえば、あなたが楽天市場やAmazonといったオンラインショップでお買い物をする商品を選ぶとき、何を参考とするでしょうか?

おそらくですが、その商品やサービスに対する口コミ評価やレビュー評価をしっかり読んで、「コレは良い商品だ」とか「コレは口コミで今イチ」といった評価を自らしてでしょう。

あるいは、「評価の星の数」で決めるという人もいるかもしれませんね。

これらに共通しているのは、

  • 実際にその商品やサービスを試してみた人のリアルな感想や生の評価を聞いてみたい

という欲求です。

つまり、あなたが商品やサービスに対して考えていることと、実際に使って試して見た人の使用感にズレや間違いがないかを知りたい、『信ぴょう性』や『信頼性』を事前に確認してから買いたいということに他なりません。

それが、UGCにはあるということ。

また、Instagramだけに限らず、SNSネットユーザーは企業がお金をかけて制作したプロの写真や動画よりも、一見するとどうってことないシロウト感丸出しの写真のほうが高い評価をする傾向にあります。

そのほうが、ユーザーにとっては現実みがあり、商品やサービスをより具体的にイメージできるからです。

ですから、Instagramユーザーの多くは、ネットで商品を購入するときに次のような行動をとるといわれています。

たとえば、洋服を選ぶときなら、

  1. 特に商品を決めることなく眺める
  2. 気に入った商品があればジックリ見る
  3. Instagramで「商品名検索」か「ハッシュタグ検索」をする
  4. 自分と同じような体型をしている人がどう着こなしているかをチェック
  5. 「これなら私にも似合いそう」と思えたら購入する

という感じです。

また、最近のネットユーザーの傾向として

  • Google検索などで自動表示される広告を敬遠する(ウザい、邪魔)

と考え、ハッシュタグ検索をする人が多いのも、UGCが注目を集めはじめた理由になっています。

UGCは企業広告とは別で、1個人の感想であり、口コミであり、レビューであり、企業広告以上に多くの人にとって『信ぴょう性』や『信頼性』を得られると認知されつつあるからです。

つまり、ネットユーザーは

  • 広告広告した表示よりも現実みのあるUGCに重きをおいて見る

ということ。

そうなると、企業としてはより多くのUGCを獲得し活用することが、ユーザーの信頼を得られる近道になります。

なので、Instagramだけに限らず、UGCは企業に注目されるようになってきたのです。

Instagramでファンを獲得し、そのファンみずから商品やサービスに対する良いUGCコンテンツを投稿してもらい、さらに拡散されれば、効果は絶大。

つまり、今までの広告スタイルとは違う、より効果的な広告素材として、また、広告とは別のスタイルで顧客を獲得するコンテンツとしてUGCが重要視されてきたのです。

InstagramのUGCにも種類がある

個人によってオリジナルで作られ投稿されたコンテンツはすべてUGCですが、大きく分けると次の2種類です。

キャンペーン参加型UGC

これは、企業の主催するキャンペーンの参加条件として『#ハッシュタグ』をつけてコンテンツを投稿してもらうというUGCの集めかたです。

こうするとキャンペーンに参加したいユーザーが、すすんで企業の指定する『#ハッシュタグ』をつけて投稿しますから、UGCになるというもの。

ですから、企業誘導型というか、ユーザーをキャンペーンの商品目当てで集めるというニュアンスの強いUGC獲得方法です。

なのですが、Instagramが企業キャンペーンでの『#ハッシュタグ』誘導をガイドライン違反としたこともあり、最近では少なくなってきています。

リポスト型UGC

キャンペーン参加型UGCに代わって主流となりつつあるのが、リポスト型のUGCです。

リポストとは、Facebookでいう『シェア』やTwitterの『リツイート』のように、他のユーザーの投稿で気に入ったモノを自分のタイムラインに再投稿しフォロワーに見てもらうこと。

なので、

  • 企業の公式のアカウントで、ユーザーの投稿したUGCをリポストする

を特典としてUGCを獲得するという方法。

ユーザーは、企業公式アカウントにリポストをしてもらうために、オリジナルのUGCを投稿し、

「有名企業にリポストされて、自らの投稿を見てもらいたい」

というユーザー心理をくすぐるようにしてUGCを集めます。

なお、最近ではこのほうがUGCを集めやすく、かつ成功事例も多くなってきています。

InstagramでUGCを生み出したいなら!

InstagramでUGCを生み出す代表的なパターンが、次の3つです。

Instagram投稿時の写真映えを意識する

UGCを生み出すのに大切なのは、ユーザーに自ら投稿したいと思ってもらうこと。

つまり、みずから投稿してもらうための仕掛けづくりを企業が行うという方法です。

たとえば、

  • ユーザーがそこで投稿することを楽しめるようにする

というアカウントづくりをすれば、自然とユーザーが集まってUGCを作り始め、その投稿を見に新規ユーザーが集まるという相乗効果を演出することができます。

ユーザーが撮影しやすいポイントを意識する

ユーザーがInstagramに求めるもの、それは、写真や動画が心に響いてくることです。

ですから、商品デザインやパッケージ、サービスなどにおいても、常に視覚的な要素を意識しなければ成功しません。

その意味では、前出の映えもさることながら、

  • ユーザーがあらゆる角度や視点から映えるコンテンツを作れるようにしておく

ことも大事です。

UGCを作るのはユーザーですから、ユーザーがいかに楽しんでオリジナル視点で商品やサービスを捉えるかによって反応が変わります。

たとえば、1つのパッケージしかない商品とカラフルで12個のパッケージ商品であれば、どちらがUGCを作りやすいか?ということです。

ユーザーのカスタマイズを意識する

ユーザーが独自に考えてUGCを量産できる商品やサービス内容すること。

たとえば、前出のカラフルで12個のパッケージ商品であれば、更に別のオリジナルポーチなどといった小物アイテムを加えると、

  • 商品全12色 × パッケージ × オリジナルポーチ

といった組み合わせができますから、ユーザーがUGCをオリジナル視点でさらに作りやすくなります。

そうして、投稿するバリエーションが増えれば、そのぶんだけユーザーもたくさんの投稿をしてくれるようになるのです。

このように、カスタマイズ性を豊富にし、ユーザーに「どんな投稿にしようかな!」と考えてもらえるようにすることで、UGC投稿をする楽しさを提供する方法です。

UGCを使った成功事例

たとえば、Instagramを眺めていて、

  • Instagramでブランドの商品画像をストーリーズにあげ、そのブランドアカウントをタグ付けている
  • 逆にブランド側が「Thank you」というコメントを入れてストーリーズ、あるいはInstagramのフィードにそのユーザーが商品を使っている画像を投稿している

というのを見かけたことはあると思いますが、これらはいずれもUGCの成功事例。

そして、次のような成功事例もあります。

【成功事例1】タビジョ(H.I.S):https://www.instagram.com/tabi_jyo/

旅行代理店H.I.Sの運営するInstagramで、旅好き女子のための女子旅アカウントとしてフォロワー数8.7万人。

UGC用の専用#ハッシュタグを「#タビジョ」とし、すでに141万件以上のUGCを獲得しています。

【成功事例2】GoPro:https://www.instagram.com/goprojp/

水陸両用でアクティブシーンの動画撮影ができる多目的カメラのGoPro日本アカウント。

フォロワー数は13.8万人で、UGC用の専用#ハッシュタグを「#GoProJP」とし、すでに37万件以上のUGCを獲得しています。

【成功事例3】アテニア:https://www.instagram.com/attenir_official/

メイクアップ商材のアテニア公式アカウントで、フォロワー数じゃ9.7千人と少ないものの、ユーザーによるUGCによって多くの新規ユーザーを獲得し、商品販売につなげています。

よりリアルなユーザーの声によるUGC投稿で、商品コンバージョン率も1pt向上した成功事例です。

※いずれも2021年7月時点の数値です

リポストする際に気を付けること! 

リポストは、ユーザーの投稿を利用して再投稿することですから、むやみに行うと著作権を侵害してしまうといったリスクも否めません。

ですから、企業側でリポストをするときは、マナーの意味も含めて次の3つのことに注意しておきましょう。

ユーザーから事前にリポストの許可を得ておく

法人アカウントでリポストしたいのであれば、自社商品を投稿してくれたユーザーに、リポストの許可を取っておくということです。

リポストしたい投稿や、紹介したい画像を投稿しているユーザーへコメント欄で直接、リポスト使用の許諾を依頼する方法もあります。

また、DM機能で個別にリポストの許可を得る方法もあります。

リポストの掲載元をわかるように記載する

リポストは、公式のInstagram機能には備わっていません。

なので、リポストをするときは次のような専用アプリを使って、もともとの掲載元がわかるように配慮しましょう。

  • Repost for Instagram
  • PackeD
  • Regrann – Repost for Instagram

上記のアプリを使うと投稿に「リポストマーク」が表示されるようになります。

また、この「リポストマーク」に加えて掲載元アカウントのタグ付けをして記載しておくのもマナーです。

リポスト後はお礼のメッセージを

リポストの許可がもらえたら終わりでなく、リポスト投稿後は掲載したユーザーにしっかりとお礼をしましょう。

そうすることで、リポスト後の信頼関係を築くこともでき、ひいてはファンとなってくれるといった企業ブランディングにもつながりますから、

  • リポスト掲載したユーザー情報をメンションで入れる
  • リポストのお礼の言葉を添える
  • リポスト後のDMやその後のやりとりで感謝を伝える

というカタチで、ユーザーとの接点を大切にしていきましょう。

リポスト型投稿アカウントの事例を紹介! 

リポスト機能をうまく利用し、集客に成功しているアカウントは次のとおりです。

【成功事例1】IKEA:@ikeajapan

家具や生活雑貨で人気のIKEAはフォロワー数99.9万人。

リポスト機能を利用し、ファンを増やすという方法をとっています。

実際にIKEAの家具を生活に取り入れたユーザーの投稿をリポストし、雑誌のカタログみたいに利用できるよう上手に構成されています。

【成功事例2】みんなのパーソナルトレーナー@公式:@diet_minpaso

楽にできるトレーニングを掲げる優良パーソナルトレーニング情報サイトで、フォロワー数15.5万人。

さまざななパーソナルトレーナーが投稿した動画を、すべてリポストでまとめたアカウントとして人気をあつめています。

【成功事例3】mogmogグルメ:@mogmog_gurume

食べたいメニューでお店を探せるグルメ情報をまとめたアカウントで、フォロワー数3.3万人。

ユーザーが投稿した写真や動画にリポストの許可をもらい、エリアとメニューで分類まとめしたアカウントなので、ハッシュタグ検索が容易に出来る知る人ぞ知る人気アカに成長しています。

※いずれも2021年7月時点の数値です

まとめ:キーワードはUGC?InstagramでのUGC活用について

以上が、企業にオススメしたい『UGC の活用方法』です。

特にリポストで運用するアカウントは、ひとたび認知されると爆発的に伸びるので、試してみる価値は充分にあります。

UGCやリポストを上手に利用して、企業のインスタアカウントづくりに取り込みましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。