2019.5.12

2021.8.28

【パッケージ】ってなに?ECサイトの4種類の構築方式|その3

【パッケージ】ってなに?ECサイトの4種類の構築方式|その3

インターネット人口が飛躍的に増加したため、ECサイトの市場は年々拡大を続けています。今後も市場の拡大が見込めるため、市場参入を計画する企業も多く存在します。
この記事では、まずECサイトを構築する4種類の方法と各方式のメリット・デメリットについて説明します。
次に4種類のうちの1つである「パッケージ」を活用した導入事例を紹介し、EC市場におけるパッケージの利用状況を確認します。

4種類のECサイト構築方法

ECサイトの構築方法には大きく分けて以下の4種類があります。

  • ASP
  • オープンソース
  • パッケージ
  • フルスクラッチ

どの構築方式を選択するかは自社のECサイトが重視する点によって異なります。サイト構築期間やコスト、また独自性の追求といった点です。各方式の特徴とともにメリット・デメリットについて確認していきましょう。

各方式のメリット・デメリット

【ASP】

ECプラットフォームをインターネットを通じて利用(レンタル)するサービスです。既に完成した機能を利用するため、低価格かつ短期間でサービスを展開することが可能です。但し、機能カスタマイズには制限がありますので、独自性のあるECサイトの構築には向きません。

【オープンソース】

インターネット上に公開されているソフトを、無料でインストールしECサイトを構築します。コストは抑えられますが、オープンソースのため不具合が発見されても自社で対応する必要があります。またセキュリティに対する対策も必要なため、構築後の運用や知識の点で負担がかかります。

【パッケージ】

ECサイト構築に必要な基本機能がパッケージとして用意されています。パッケージを利用することで、充実した基本機能にプラスし独自性を追求できます。一方、ASPやオープンソースと比較すると価格が高くなる傾向にあります。現在名の知れたECサイトの多くは、パッケージを利用して構築しています。詳細は後程説明します。

【フルスクラッチ】

既存の仕組みやソフトウェアなどを一切利用せずにゼロから構築する手法です。どのような要件にも対応できる一方で、構築完了までに時間がかかり、加えてどうしてもコストは高くなります。現在、ECパッケージの柔軟性が拡張しているため、フルスクラッチの強みである独自性は弱まりつつあり、この方式によるサイト構築は減少傾向にあります。

どんなパッケージがあるの?

先程、多くの企業ではECパッケージを利用していると説明しました。ECパッケージには多くの種類が存在しますが、ここでは代表的なものを紹介します。

  • ecbeing
  • EC Orange
  • コマース21
  • えびすマート
  • SI Web Shopping

実は皆さんがよく目にするECサイトも、パッケージを利用して構築していることが多いんです。例えば、ふるさと納税サイトで有名な「さとふる」はEC Orangeのパッケージを利用しています。導入事例を見ると「短納期でスモールスタートして、後々やりたいことをどんどん追加した」と当時の状況を説明されていて、パッケージのメリットをうまく活用していることがわかりますね。他にもau online shopはコマース21、BEAMSやNano Universeといったファッションサイトはecbeingを利用していて、EC市場におけるパッケージの重要性が見て取れます。

パッケージの良さは基本機能が用意されているため、サイト構築のスピードアップが図れる上に、独自機能を容易に追加実装できるところにあります。競合他社がひしめき合うEC市場では各企業が独自性のある機能またサービスを展開し、差別化を図っていますので、自ずとパッケージが利用される理由がわかりますね。

パッケージを利用して独自性のあるサイトを構築しよう

ここまでECサイト構築における4つの方式と、その中でも「パッケージ」の特徴について説明してきました。パッケージは競合他社との差別化を図るのに適した構築方法と言えます。なお当然ながら、各パッケージで使い勝手が異なりますので、是非パッケージ毎の特徴を確認してください。自社サイトの構築にピッタリなパッケージを見つけていただければと思います。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
黒岩俊児
黒岩俊児

shopify 制作チーム責任者・テクニカルディレクター 株式会社セルフプラスCEO

Shopifyサイト制作のスペシャリスト。本業であるサイト制作に加え、公認のShopify expertとして数々のShopifyサイトを手掛けている。2021年7月よりShopifyに関する様々な一次情報を得るため、自らShopify本社のあるカナダへ移住。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。