2021.1.29

D2Cのエコシステムとは?仕組みを解説!

D2C(Direct to Customer)とは、ユーザーに直接商品を販売する事業モデルのことを指します。

D2Cは、小売店や広告代理店を介さずに、生産者が消費者と直接つながり、販売までを行うビジネスモデルであるため、中間マージンを排除することが可能となります。通常よりも高品質な商品を低価格で提供することができ、収集した顧客データをD2Cエコシステムの構築に活用することができる点もメリットとして挙げられます。

今D2Cのエコシステムは急速に拡大してきています。
本記事ではD2Cエコシステムの仕組み、D2Cエコシステムを支援するサービスの事例をご紹介いたします。

D2Cエコシステムとは?仕組みを解説!

エコシステムとは?

エコシステムという言葉は、元々は生態系を意味する言葉です。
ビジネスにおけるエコシステムとは、自然の生態系がビジネスや経済の条件に重ねられ、産業や製品、サービスなどが互いに協力し合うことで巨大な利益構造を持つことを指します。IT産業においては、各サービスが共存共栄することで高い相互作用効果を生み出すことができます。

D2Cとは?

D2Cとは、Direct-to-Consumerの略で、広告代理店や直営店が関与することなく、自社で企画・制作した商品を消費者に直接販売する販売方法のことを指します。ソーシャルメディア(SNS)やECサイト、直営店などを通じて消費者と繋がり、自社で企画・制作した商品を販売しています。

D2Cのエコシステムを支援するサービスが登場!「D2C &Co.」

D2C&Cо.とは?

「D2C&Cо.」とは、丸井グループ(本社:東京都 中野区)が新たに設立したD2Cエコシステムを支援する企業です。

同社は、D2Cエコシステムに関わる様々な “仲間” と連携し、協力し合うことで、ビジネスのあり方を根本から変える可能性を秘めたD2C事業を成長・発展させていくことを目指しています。

「D2C&Cо.」は、D2Cスタートアップ企業への投資だけでなく、マルイの年間来店数2億人、エポスカード会員数700万人以上、小売業に精通した人材など、マルイのリソースを最大限に活用しています。

資金調達の支援

D2Cブランドは、従来のビジネスに比べて初期投資が少ないものの、成長期には運転資金が恒常的に不足する傾向にあります。これに対応するため、「D2C&Cо.」では融資プランを充実させ、柔軟な融資を行なっています。

ストアオープンの支援

Eコマースの競争が激化する中、オンラインでの顧客獲得コストは増加しており、オフラインでの顧客エンゲージメントがLTV(生涯顧客価値)の向上に繋がっています。丸井グループでは、開発期間や規模、メニューに応じて柔軟に出店できるポップアップショップや常設店、店舗什器や店舗装飾のノウハウを提供しています。すでに「FABRIC TOKYO」は有楽町マルイ、なんばマルイなど7店舗、「MEDULLA」は有楽町マルイに、「BASE」は渋谷マルイにそれぞれ常設店をオープンしており、「FABRIC TOKYO」は有楽町マルイ、なんばマルイなど7店舗を展開しています。D2Cブランドのマルイ店舗への出店が続々と行われています。

ショップの運営支援

「D2C&Cо.」では、同社社員の実店舗運営ノウハウを活かして、D2Cブランドの店舗への支援を積極的に行なっています。同社では、ワコムブランドの店舗に加え、FABRIC TOKYOに社員を派遣してD2Cブランドの店舗運営を受託式で行っています。同社が持つ実店舗でのコミュニケーション力を活用し、D2Cブランドの出店を受託でサポートしていく体制を整えています。

キュレーションメディアの運用

D2Cブランドを集積させたキュレーションメディアを構築することにより、相互送客の支援を行うことを予定しています。それぞれのD2Cブランドは、ビジネスを通じて社会的課題を解決するという経営理念を持ち、その世界観を様々な形で表現している点で共通点があるため、キュレーションメディアが存在することで、より親和性の高い顧客を相互に紹介することが可能となります。お客様にとって、自分と似た価値観を持った新しいブランドとの出会いの場を作ることが出来ます。

まとめ:D2Cのエコシステムとは?D2Cの支援サービスが登場!

本記事では、D2C エコシステムの仕組みや、エコシステムの支援を行う企業をご紹介いたしました。D2C型で事業を始められる場合は参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考URL
https://ecnomikata.com/ecnews/25110/
https://romsearch.officestation.jp/strategy/8031#i-2
https://note.com/foody_style/n/na3ac0ffbc368

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab blog

Shopi Lab blogをご覧のみなさまへ

Shopi Lab blogでは、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する 上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためSh opify works Blogでは、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。
企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。
また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフ ォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab blogではさらにShopifyの魅力を発信していきます。