2020.12.11

ネットECショップの写真素材の撮影方法とポイントまとめ

ネットECショップの写真素材の撮影方法とポイントまとめ

上手に商品写真を撮影するためにはどのようなポイントを抑えておくべきなのでしょうか。
また、それと同時に個人撮影ではなく外注するメリットや料金についても気になるところですね。

今回は、ECショップ運営者のかたに向けて、そのあたりをまとめてご紹介していきます。

ECショップに商品画像を掲載するまでの流れは3ステップ

最初に、ECショップに商品写真を掲載するまでの流れを抑えておきましょう。

  1. 商品の撮影
  2. 写真の加工
  3. ECショップへ写真をアップロード

基本的にどんなECショップでも撮影からアップロードまでの流れは共通です。

①商品の撮影

商品写真の撮影は、主に4つの選択肢があります。

  • 一眼レフカメラなど本格的な機材で撮影(個人撮影)
  • スマホで撮影(個人撮影)
  • 商品写真代行業者に依頼(外注)
  • プロカメラマンに直接依頼(外注)

個人撮影と外注はそれぞれにメリットとデメリットがあるため、後半の解説記事を参考にしながらベストな選択肢を探してみてくださいね。

②写真の加工

商品を撮影したら必要に応じてレタッチと呼ばれる写真の加工編集をおこないます。

  • ぼかし
  • 彩度
  • 明度
  • コントラスト(彩度や明度などの対比調整)
  • サイズ、など

写真のレタッチで何ができるのかは、レタッチで使う編集ソフトの機能によります。

レタッチ職人というプロの職業があるほどに、写真の加工や編集はかなり奥が深い作業です。

商品写真は必ずしもレタッチが必要というわけではありませんが、よりクオリティの高い商品写真を求めるほどレタッチは欠かせない作業になりやすいです。

写真撮影を外注する場合は、レタッチも対応してもらうことができます。

③ECサイトへ写真をアップロード

商品撮影からアップロードまでの工程は、ECショップ運営において商品マスター管理の1つの業務となります。

  • 商品登録
  • 在庫管理
  • 文章作成
  • 価格設定
  • 写真掲載

商品写真を掲載すると同時に価格設定や文章作成もおこなう必要があるため、販売する商品が増えるほど個人撮影は業務負担が大きくなります。

この点も踏まえて、個人撮影と外注のどちらにするのかを判断していきたいところです。

撮影機材はなにが必要?実際にどれくらいの費用がかかるの?

個人で商品撮影をおこなう場合、主に「本格的な機材で撮影」と「スマホで撮影」があります。

それぞれを見てみましょう。

【本格的な機材で撮影】代表的な必要機材と総費用

機材 費用
カメラ 一眼レフカメラ:約50,000円~450,000円
ミラーレスカメラ:約50,000円~450,000円
デジタルカメラ:約15,000円~150,000円
フィルムカメラ:約1,000円~2,000円
カメラスタンド カメラスタンド:約200円~950,000円
レンズ ズームレンズ:約30,000円~300,000円
マクロレンズ:約15,000円~750,000円
望遠レンズ:約10,000円~3,600,000円
広角ズームレンズ:約28,000円~1,010,000円
ストロボ フラッシュストロボ:約3,000円~138,000円
大型ストロボ(モノブロック&ジェネレーター):約30,000円~710,000円
クリップオンストロボ:約4,000円~140,000円
ストロボスタンド ストロボスタンド:約500円~20,000円
背景 背景紙:約1,000円~90,000円
背景スタンド:約1,000円~50,000円
アンブレラ(傘) アンブレラ:約1,500円~70,000円
ソフトボックス:約600円~130,000円
オパライト:約5,000円~20,000円
トレーシングペーパー トレーシングペーパー:約700円~3,000円
ライトスタンド ライトスタンド:約1,000円~40,000円
カポック カポック:約2,000円~9,000円

本格的な撮影をするために必要な機材は本当にいろいろとありますが、絶対に必要となるのがカメラです。

カメラだけでもいくつかの種類がありますが、商品撮影として使われることが多いのは「一眼レフカメラ(ミラーがある)」と「ミラーレスカメラ(ミラーがない)」です。

  • 一眼レフカメラ:ミラーで反射させた映像を見ながらリアルタイムに撮影可能
  • ミラーレスカメラ:ミラーがない変わりに液晶モニターで映像を確認しながら撮影可能

この2つは内部にミラーがあるかどうかが主な違いで、シャッターチャンスを撮影テクニックで攻略していくなら一眼レフカメラ、明るさなどを考慮して映像を確認してから安定した撮影をしていくならミラーレスカメラが向いています。

そのほかの機材については、どのような撮影環境を求めるのかによって必要性が変わってくるため、実際に撮影しながら必要と思った機材を揃えていくのがおすすめです。

プロレベルの商品撮影をするなら結局は必要な機材が増えてくるため、総額として約500,000~1,500,000円ほどは見ておくほうがいいでしょう。

【スマホで撮影】メリットとデメリット

メリット デメリット
・持ち運びが簡単でいつでも撮影できる
・コストが安い
・写真管理が楽
・パソコンへのアップロードがお手軽
・アプリで加工や編集ができる
・一眼レフやミラーレスに性能が劣る
・小さな商品は至近距離で撮影しなければならず、ピントが合わない
・レンズ交換ができない
・暗いところでは不向き
・背景紙などの補助機材は必要

スマホはカメラ専用機器ではないため、一眼レフカメラやミラーレスカメラに比べて機能は確実に劣ります。

しかし、明るいところで撮影すると思った以上にクオリティの高い写真を撮れるなど、レタッチも含めて使い方によってはスマホだけで商品写真を対策していくことは可能です。

実際、すべての商品写真をスマホで撮影している運営者もいますが、それが正解かどうかは写真に求めるクオリティ次第です。
今すぐにでも試せる方法なので、機材を揃える前にまずはスマホでやってみるというのもアリでしょう。

その結果、やはりスマホで撮影した写真では売上が伸びないと判断されるなら、一眼レフカメラやミラーレスカメラを検討してみるといいですね。

スマホで商品撮影をする場合、とくに絶対に必要となる機材はありませんが、「スマホスタンド(2,000円~3,000円)」や「背景紙(安価なもので1,000~5,000円)」あたりを用意しておくと便利です。

顧客の購買意欲が高まる!撮影方法で抑えておきたい7つのポイント!

 

個人撮影は機材だけではなく、上記のように見栄えのいい写真を撮るためにも撮影方法のポイントを抑えておきたいところです。
顧客の購買意欲を高めるために7つのポイントを意識しながら撮影に挑んでみてください。

①商品に汚れや傷がないかを確認する

最初に撮影する商品に汚れや傷がないかをしっかり確認しましょう。

②撮影パターンと撮影枚数を決める

アパレル写真のように商品によってはパターンの異なる写真を掲載するほうがいいケースがありますね。

撮影前にパターンと枚数(カット数)を決めましょう。

③背景を決める

商品写真の背景は好みの世界ですが、基本的には白がおすすめです。

白背景は好印象を与えやすいという意外にも、ECモールによっては背景が白でなければならないというケースがあるのも理由です。

Amazonの場合、メイン画像の背景には純白を使用するようにルールが決められています。

参照:Amazon

https://sellercentral.amazon.com/gp/help/external/help.html?itemID=201164480&language=ja_JP&ref=efph_201164480_cont_16881

④角度を決める

商品写真の角度は、お客様に商品の詳細を伝えられる最適な角度を探しましょう。

ECショップに掲載する写真に統一感を出したい場合は、カメラをスタンドで固定しながら角度を探すのがおすすめです。

複数パターンを撮影する場合、各パターンごとに角度を決めておくと撮影がスムーズです。

⑤光の当て方を決める

商品写真の光加減は、暗くならないように光加減を調整しながらも、明るくなりすぎないようにバランスを意識しましょう。

適度な明るさをキープして撮影すれば、あとはレタッチで明るさを微調整することができるため、かなり強いこだわりがない限りはそこまで神経質になる必要はありません。

⑥商品を大きく映す

商品を撮影するときは、写真内の「商品」と「背景」の割合を考える必要があります。

ここを意識しなければ商品が小さくなりがちなので、カメラの中心に商品を置いて大きく撮影するように心がけてください。

⑦ピントを合わせる

ピントを合わせるのは商品撮影の基本です。

ピンぼけした写真はその時点で使えないため、カメラに慣れていないかたはピントを合わせて撮影できるように練習しておくのが好ましいです。

商品撮影を外注するメリットと費用

初心者でも「機材」と「撮影練習」と「レタッチ勉強」によっては、クオリティの高い商品写真を準備できるようになります。
しかし、ECショップを運営しながらも撮影やレタッチの業務をこなすのは、とても負担が大きいですよね。

そのようなときに検討したいのが商品撮影の外注です。

ハイクオリティの商品写真を簡単に準備できる

外注はプロのカメラマンに商品を撮影してもらえるため、簡単にハイクオリティな商品画像を準備できることが一番のメリットです。

  • イメージの提案をしてもらえる
  • 希望や要求を加味して撮影してもらえる
  • 撮影の段取りをすべて任せられる
  • ECショップ運営の業務負担を軽減できる
  • レタッチも対応してくれる

ブランドのイメージで売り上げが変わる、膨大な商品を販売しているなど、このようなECショップではプロに依頼するケースは少なくないでしょう。

例)ティファニーオフィシャルの商品写真

こちらはティファニーオフィシャルサイトのトップ画像です。

高級感はもちろんながらも躍動感もありますよね。

こちらはティファニーオフィシャルの商品画像です。

実物よりもクオリティが高く見えるという、画像の強みが最大限に活かされており、まさにプロの商品撮影です。

引用元:TIFFANY&CO.

https://www.tiffany.co.jp/

商品撮影代行業者の相場

業者名 料金プラン
SHOUHIN SATSUEI

https://shouhinsatsuei.shop/satsueiryoukin-hikaku-shurui/

ハンガー吊るし撮影:1,000円/点(4カット)
平置き撮影:1,300円/点(5カット)
トルソー撮影:1,500円/点(4カット)
ピン留め吊るし撮影:1,800円/点(4カット)
反射・光沢品の撮影:2,000円/点(3カット)
Virtual In

https://photo-o.com/photo/

商品撮影:300円/1カット、1,000円/5カット
集合写真撮影:600円/1カット
トルソー撮影:1,000円/1カット
ディレクターズカット:800円/1カット
イメージ撮影:2,000円/1カット
全身マネキン撮影:1,500円/1カット
ハンガー撮影:500円/1カット
立体加工プラン:3,500円/1カット
背景白加工:100円~/1カット
モデル撮影:1,000円/1商品5カット
ジュエリー撮影:2,000円~/1カット
特殊撮影:2,500円~/1カット
高品質画像加工:5,000円/1カット
商品写真どっとコム

https://www.shohinshashin.com/

Aランク商品撮影:980円コース
Bランク商品撮影:1,980円コース
Cランク商品撮影:2,980円コース
Dランク商品撮影:3,980円コース
フルオーダー商品撮影:4,980円コース
時間制商品撮影:8,000円~12,000/時間
サブカット撮影:980円/1カット
出張撮影:40,000円/半日、70,000円/全日
リアルタイムサービス:1,500円/1カット
印刷使用の高解像度撮影:500円~1,500円
3~11カット
EANO CREATION

https://eano.jp/

立会い撮影プラン1時間:19,800円
立会い撮影プラン3時間:39,800円
立会い撮影プラン5時間:59,800円(目安25品)
立会い撮影プラン7時間:74,800円(目安40品)
商品お預かりプラン:10,000円~
物撮り.jp

http://butsu.jp/

通常価格:720円/4商品+4カット
反射物:通常価格+330円/1カット
アイロンがけ:通常価格+220円/1商品
切り抜き:通常価格+220円/1カット
追加撮影:通常価格+180円/1カット
大型商品撮影:通常価格+540円/1カット
集合撮影:通常価格+100円/1商品
高解像度画像(1500万画素):通常価格+330円/1カット
高解像度画像(2000万画素):通常価格+540円/1カット

商品撮影を代行業者に依頼する場合、各社によってプラン料金がさまざまなため、「時間内無制限」や「カット数」など、目的に応じてコストを計算して選べるのが便利です。

遠方の場合は出張撮影に対応している業者が多く、商品を預けて未立会いで撮影してもらえる業者もあります。

1点あたりの相場は約500円~1,500円あたり、時間で料金が決まっている場合でもそれほど大きな料金差にはならないでしょう。

プロカメラマンに直接依頼する相場

福永 俊樹 500円/1点
谷崎春彦 T-Studio 出張撮影:32,400円/~10点
スタジオ撮影:50,000円/150カット
photomagic24 Goodプラン(JPEG撮影):16,000円/2時間
Greatプラン(RAW撮影):28,000円/2時間
合同会社ミックスドスタイル 15,000円/10商品2カット
森 健児 30,000円/4商品
50,000円/雑誌表紙
50,000円/商品カタログ写真

プロのカメラマンに直接依頼する場合、こちらもプラン料金はさまざまです。

  • リーズナブルな価格帯:19,500円
  • 標準な価格帯:30,000円
  • プレミアムな価格帯:52,300円

Meets Moreでは、平均相場が1商品あたり1,000円~3,500円、大まかな予算は19,500円~52,300円となっています。

依頼内容から柔軟に料金を見積もってもらえるケースもあるため、この点は代行業者にはないメリットでしょう。

参照:Meets More

https://meetsmore.com/

商品写真は個人撮影と外注のどちらがおすすめ?

スマホ
(個人撮影)

本格機材
(個人撮影)
代行業者
(外注)

プロカメラマン(外注)

必要機材 スマホ
スマホスタンド
背景紙
カメラ
カメラスタンド
レンズ
ストロボ
ストロボスタンド
アンブレラ(傘)
トレーシングペーパー
ライトスタンド
カポック
なし なし
費用 約10,000円 約500,000円~1,500,000円 1点あたり500円~1,500円ほど 1点あたり1,000円~3,500円
メリット ・コストが安い
・撮影も写真管理もスマホで完結できる
・持ち運びが楽
・長期になるほどコストが安い
・自由自在に写真を撮影できる
・コストが安い
・写真のクオリティが高い
・対応できる写真の幅が広い
・コストが安い
・写真のクオリティが高い
・対応できる写真の幅が広い
・代行業者よりも対応が柔軟なケースがある
・代行業者よりも料金が安いケースがある
デメリット ・写真のクオリティに限界がある
・商品によってはスマホで対応できない
・暗闇の撮影に弱い
・業務負担が増える
・勉強や練習が必要
・コストが高い
・機材選びが難しい
・業務負担が増える
・勉強や練習が必要
・業者によってプランや料金がピンキリ
・少ない枚数の依頼は割高になりやすい
・少ない枚数の依頼は割高になりやすい
・実績が低いと依頼しずらい
・個人で運営しているだけに割高なケースがある
・代行業者よりも相場の波が激しい

最終的に商品写真をどのように準備するのかは、運営者によってかなり答えが変わりそうです。

個人撮影の場合、スマホも本格機材もメリットとデメリットが極端なため、ECショップの運営状況と予算がまずポイントになりそうですね。

それに対して外注は、必要な商品写真の枚数分だけにコストを抑えることができ、さらにプロが撮影する写真なのでクオリティも約束されています。

このように比較すると、個人撮影にこだわりがないのであれば、外注を試してみるのがいいかもしれません。

まとめ:ネットECショップの写真素材の撮影方法とポイントまとめ

商品写真を個人撮影する場合は、撮影方法のポイントだけではなく、機材にどこまでのコストをかけるのかも合わせて考えていく必要があります。

カメラの機材は種類が多い上に価格がピンキリなので、これが初心者にとって難易度が高く感じる要因にもなっています。

自社で商品写真を準備するのが難しいときは、商品写真代行業者やプロカメラマンへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
菅原健義
菅原健義

ELENORE 副代表 クリエイティブディレクター

大手インターネット広告事業で営業経験を経て、2015年にELENOREを立ち上げ。
ELENOREではクリエイティブディレクターとして大手企業のCMや大型看板などの広告を手掛ける。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。