2019.5.12

【Shopifyの使い方】管理画面で商品情報を登録しよう!役立つアプリもご紹介

【Shopifyの使い方】管理画面で商品情報を登録しよう!役立つアプリもご紹介

誰でも簡単にECサイトを構築することができるサービスとして注目を集めているのが、カナダ発祥のネットショップ作成サービスであるShopifyですよね。そんなShopifyを使いこなすためのマニュアルとして、商品情報の登録を行って管理画面に慣れていくことが大切だとされています。
そこで今回は、Shopifyの管理画面からできる商品情報の登録方法について解説していきます。

商品情報の登録方法について

Shopifyでは、ECサイトに掲載・販売する商品情報を管理画面から登録することが可能です。

使い方としては、まずShopifyの管理画面にログインした後に左側に表示されているメニューを確認します。その中に「商品管理」の項目があるのでクリックすると、商品管理を行うことができるページに飛びます。商品管理のページでは商品情報の登録や編集などの管理を行うことができるのですが、商品情報を登録したい場合は右上にある「商品を追加」をクリックします。

商品登録画面に移行した後は、まず登録する商品の名前と画像を登録します。この時商品の概要や説明文も記入でき、ただ文章を入力するだけではなくテキストに装飾を施したり画像やビデオ、表なども挿入したりすることが可能です。

商品に関する概要を入力した後は、商品の価格や在庫、配送情報を登録します。価格は販売価格とセール価格にする場合の定価に分けて入力できるほか、1アイテム当たりの費用、税込み価格での表記など細かい部分に対応しています。在庫に関しては在庫切れでも客が商品を買えるように設定や、入荷中の表記も可能です。
あとは同じ商品でもカラーバリエーションやサイズが異なるものがある場合には、商品のバリエーションも登録できます。

あとは商品ページのSEO設定で検索エンジンで検索した時のプレビューを確認すれば、商品情報に関する基本的な登録は完了です。
最後に右側に分類というグループがあるので、そちらで商品のカテゴリーを分類すれば商品情報の登録は全て終わります。ちなみにカテゴリーの分類に関しては必ずしなければいけないわけではないものの、登録する商品情報が増えた時に管理しやすくなることから分類しておくと便利だとされています。

Shopifyでの商品情報の登録は簡単

Shopifyでは商品情報を登録することで作成したECサイトに商品に関するデータを反映させることができるのですが、その使い方や登録方法は難しい操作を必要としていないため誰でも簡単にできるようになっています。この基本操作を覚えることができればShopifyを使いこなしやすくなるので、管理画面の使い方を覚えておくことが大切です。

【Shopifyアプリ】商品情報管理に役立つCustom Fields

商品名や説明書きなどショップ運営を行ううえで最低限必要な機能がShopifyにはあります。ただ、販売する商品やサービスによっては、より詳細な情報を記載したいと考える人も多いでしょう。もちろんHTMLに直接コードを記入してWebサイトをカスタマイズすることも可能です。

しかしHTMLでコードを記入するとき、専門的な知識が必要になります。もし該当以外の場所を書き換えてしまったときは、Webサイトが正常に機能しなくなることもあるのです。その結果、面倒な作業が増えることもあります。こんな悩みを解決できるのが、商品情報管理に役立つアプリ「Custom Fields」です。

「Custom Fields(カスタム・フィールド)」とは

「Custom Fields」とは、Shopifyを運営する人が商品情報を追加したり編集したりできるアプリのことです。Shopifの管理画面から商品情報を記入することもできますが、最低限の機能しかないため物足りなさを感じる人も少なくありません。そんな時に役立つのが、より詳細な情報を記入できる「Custom Fields」なのです。

「Custom Fields」は、アプリをインストールしてから14日間は無料で使えます。興味がある人は、まず無料体験から試してみるのがおすすめです。また「Custom Fields」には、無料プランの他にライトプラン・プレミアムプラン・プラスプランの4つがあります。費用は下記のとおりです。

プラン 費用(月額)  機 能 フィールドの作成可能数
フリー 無料 ・基本テキスト
・番号フィールド
カスタムフィールド(最大10個)
ライト 7ドル ・日付
・Eメール
・電話番号
・リンク
・コード埋め込み
無制限のカスタムフィールド作成
プレミアム 19ドル ・無制限の画像
・ファイルのアップロードフィールド
バルクデータのインポートとエクスポート
プラス 29ドル Amazon S3バケットにファイルをアップロード 店舗間でのフィールド設定の同期

「Custom Fields」のインストール方法

無料プランを使いたい場合は、まずアプリのインストールが必要です。そこで、「Custom Fields」のインストール方法を紹介します。手順に沿ってインストールしてみましょう。

  1. Shopifyのアプリストアから「Custom Fields」を検索
  2. 画面に検索結果が表示されたら「Custom Fields」を見つけてクリックします
  3. 「アプリを追加する」のボタンをクリック
  4. 画面の下に「インストールapp」と表示されるのでクリックします
  5. インストールが完了すると画面にプランが表示されます。4つのプランから好きなものを選んで「Select」を押します
  6. プランの選択が済んだら、「Custom Fields」のインストールは完了です

「Custom Fields」の商品管理に備わる機能

「Custom Fields」のインストールが完了したら、管理画面を表示してみましょう。商品画面から商品ページを編集することが可能です。ここで使える機能は下記のとおりになります。

機 能 特 徴
Serach キーワードや条件からコンテンツの検索ができる
Bulk Edit フィールドの表示有無を編集できる
Configure Fields フィールドの並び替えや追加ができる
Import CSV形式でフィールドや商品をインポートできる
Export CSV形式でフィールドや商品をエクスポートできる
Install チュートリアルをインストールできる
Add Field フィールドを追加できる

新規のフィールドを作成する方法

次は、フィールドの作成方法を見ていきましょう。フィールドとは、「項目」のことで商品における情報を追加できる機能です。新規のフィールドを作成する場合は、まず「Configure Fields」から「+ Add Field」を選択。新規フィールドが画面に表示されるので、必要事項を埋めます。必要事項は以下のとおりです。

必要事項 特 徴
Field Name 新規で作成したフィールドの名前
Machine Name 小文字・数字・アンダースコアのみで構成した名前
Basic フィールドの入力が「テキスト」「数値」のどちらかを選ぶ
Advanced フィールドの入力でHTMLやリンクが使用できる
Upload ファイルや画像を設定したいときは選択する
Reference 商品ページから参照する場合に使用する

作成したフィールドを編集する

新規のフィールドを作成したら、次は編集を行います。編集の手順は以下のとおりです。

  1. 管理画面にある「More actions」から「Edit Custom Fields」を選択
  2. 画面が表示されたら編集開始

このように新規のフィールドは簡単に編集することができます。他の商品を編集したい場合は、編集画面の左上にある「Products」を選択して、編集したい商品を選びましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
黒岩俊児
黒岩俊児

shopify 制作チーム責任者・テクニカルディレクター 株式会社セルフプラスCEO

Shopifyサイト制作のスペシャリスト。本業であるサイト制作に加え、公認のShopify expertとして数々のShopifyサイトを手掛けている。2021年7月よりShopifyに関する様々な一次情報を得るため、自らShopify本社のあるカナダへ移住。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。