2021.11.5

ShopifyアプリPageFlyを活用しておしゃれにページをカスタマイズ

ShopifyアプリPageFlyを活用しておしゃれにページをカスタマイズ

PageFlyとは

Shopifyを使えば、あらかじめ用意された商品ページやコレクションページなどを使ってコンテンツを作成することができますが、新たなページを設けたいときはどうしたらいいのでしょうか。

Shopifyを使って新規ページを作成することは可能なものの、デザインがシンプルで満足できないかもしれません。

そこで役に立つのが、PageFlyというアプリなのです。

通常、新しくページを作るときには専門的なコードを記述して全体のデザインや配置などを設定していきます。

しかし、PageFlyを使えば、専門的なコードを知らなくてもオリジナルのページを作成できるため、ショップにとっては非常に助かることに違いありません。必要なものは、ページに載せたい写真や記事、商品情報で十分ですので、エンジニアでなくとも見栄えの良いページができあがります。

PageFlyはショップのサイトに新しいページを追加できるだけではなく、簡易な操作で済む点にも注目したいところです。

ウェブサイトやブログ、ランディングページなどさまざまなニーズに合わせて、コンテンツをドラッグ&ドロップしていくだけで編集することもできます。

また、24時間年中無休でチャットサポートを受けられる点も安心です。言語は多岐にわたりますが、日本語でも対応してくれるので不安な点や心配な点などを気軽に問い合わせることができるでしょう。

PageFly2つのメリット

便利さと充実したサポートを兼ね備えたPageFlyには大きく3つのメリットがあります。

クオリティの高いページを簡単に作ることができる

ページを作るために必要な専門コードを知らなくても、エンジニアでなくても簡単に好みのページを作成することができます。

専門知識をもった人であれば、さらにクオリティの高いページを作ることができるでしょう。

ページを自由にデザインすることができる

1つのページを作るためには、カラム数や各コンテンツの配置、フォントサイズなど実に細かな設定が必要になります。

PageFlyであれば、これらの難しい作業を行うことなく簡単に見栄えがよく高いユーザビリティを持ったページをデザインすることができます。

PageFlyのデリット

トータルで見ればメリットの方が多いのがPageFlyの特徴ですが、強いていえばアプリの操作に慣れる必要がある点をデメリットとして挙げることができるかもしれません。

慣れてしまえば非常に簡単に扱えますが、それまでの間は使い勝手がわかりませんし、管理画面を見ても理解するのに時間が要ります。最初は使い方がわからないのも当然ですので、使いながら徐々に慣れていくことを目標にしてみるといいでしょう。

PageFlyの機能

PageFlyはさまざまなパターンのページ作成に対応できますので非常に便利です。

具体的な機能としては、以下が挙げられます。

ページの種類

  • ランディングページ
  • 概要ページ
  • コンタクトページ
  • FAQページ
  • ホームページ
  • 商品ページ
  • コレクションページ
  • ブログ
  • 「近日公開」設定のページ
  • 「作成中」のページ
  • 要パスワードの限定ページ

テンプレートのパターン

PageFlyにはいろいろなパターンのテンプレートが備わっているので、ショップのテイストや取扱商品などによって最も適切なものを選ぶことができます。

例えば、特集ページや伽ペーン情報、シーズン商品など特に目立たせたいトピックがある場合はスライドショーのテンプレートを使うとユーザーの目に留まりやすくなるでしょう。ユーザーが使用する媒体によって適切な画面サイズに自動表示されるカスタムページの作成もできます。

この場合、ユーザーがパソコンやスマートフォン、タブレットのどれを通してサイト閲覧しても、画面の崩れが起こることがありませんので、ストレスを与えず快適にショップでのお買い物を楽しんでいただけます。

サイト管理機能

サイトには管理機能を組み込むことができるため、次のようなデータを取得してショップサイトの改善に役立てることができます。

大切なデータとしてパフォーマンスの追跡が挙げられ、コンバージョン率や収益、商品ページ閲覧数やページ滞在時間、訪問者数などを把握し、ユーザーが持つニーズやショップサイトに不足しているものを洗い出すことも可能です。

また、複数ページで同じ機能を使えるよう、PageFlyではカスタマイズしたHTMLやCSS、JavaScriptコードのパーツを保存しておくことができます。

なお、プランごとに作成できるページ数には上限が設けられていますが、ショップサイトの規模が大きくなりページ数上限に近づいてきたら、1つ上のプランにアップデートして継続利用するといいでしょう。

売上アップのために設けられている機能

PageFlyは売上アップのための機能も充実しています。

例えばページ読み込み速度を改善するためのLazy Loadingや、時限式キャンペーンなどに役立つカウントダウンタイマーを設置できるFear Of Missing Outといったものがあります。

また、ショップの権威付けや信頼性アップに貢献するパーツとして、推薦文の掲載やトラストバッジの表示なども可能です。

その他にも、ショップ画面に動きをつけるためのアニメーションやホバーなどを使うことで、ショップページがよりいっそう魅力的になるでしょう。

PageFlyは既存の以下機能を組み込んで使うことができる点も非常に魅力的かつ便利です。

レビューと評価のための機能

Ali Reviews、Yotpo、Loox、Product Reviews、Opinew、Growave、Judge.me、Stamped.io、TRUST

アップセルやクロスセルのための機能

Cross Sell、LimeSpot Personalizer、Bold Bundles、WISER

定期購入

PayWhirl、ReCharge

注文の追跡

ParcelPanel

メールマーケティング

Klaviyo

PageFlyの料金

ここでは、PageFlyの4つの料金プランと含まれる機能についてご紹介します。

無料

  • PageFlyの全ての機能を利用可能
  • カスタマイズしたパーツを1つ保存可能
  • 3つまでの変更バージョン管理
  • 各1ページのテーマ
  • アクセス解析

シルバー

  • 月額19ドル
  • PageFlyの全ての機能を利用可能
  • カスタマイズしたパーツを5つ保存可能
  • 10件までの変更バージョン管理
  • 20件分の固定ページを用意
  • 各2ページのその他ページタイプ
  • アクセス解析

ゴールド

  • 月額39ドル
  • PageFlyの全ての機能を利用可能
  • カスタマイズしたパーツを20件保存可能
  • 30件までの変更バージョン管理
  • 5つまでのホームページ作成
  • 5つまでのパスワード付きページ作成
  • 各30ページのその他ページタイプ
  • アクセス解析

プラチナ

  • 月額99ドル
  • PageFlyの全ての機能を利用可能
  • カスタマイズしたパーツを無制限に保存
  • 50件までの変更バージョン管理
  • ページ数は無制限
  • アクセス解析

PageFlyの使用方法

PageFlyを有効にするための手順について説明します。まずはアプリをインストールしましょう。

言語は日本語を指定します。

管理画面の設定メニューから操作画面を選びます。

ページの作成

次にページの編集を進めていきましょう。

管理画面からページタイプをクリックして編集画面に移ります。レギュラーページを使ってランディングページを作成することも可能です。この場合、レギュラーページをクリックし新規ページ作成に進みます。

次に、セクションと呼ばれるページ要素を追加していき、ページとして成形していきます。

具体的には以下の流れで作業を行っていきましょう。

  1. 追加するページ要素:要素追加、Shopifyの要素追加、外部サービスの要素追加、セクションを追加、のなかから追加したいものを選んでください。
  1. 追加する要素が決まったら、その要素を画面の中央までドラッグしドロップします。すると自動的に要素が追加されます。
  1. 要素がページに追加されるので、あとは編集を行うだけです。

なお、テンプレートを追加してページ編集を行うこともできるので、とても便利です。

この場合、画面右上の「…」マークをクリックしてページテンプレートを選択します。すると、さまざまなテンプレートが表示されるので、気に入ったものを選んで、このテンプレートを選択するをクリックすればOKです。

作ったページをショップサイトに追加する

ページ編集を終えたらショップサイトにページを追加する作業をしていきます。

まずは作成したページをShopifyのショップサイト上に公開しなければなりません。

この場合、ページの編集画面に行きドロップダウンメニューからSave&Publishをクリックするところから始めます。英語なので抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、直訳すると、保存して公開する、という意味になります。

次に、表示されたポップアップ画面上で、ページタイトル・パーマリンクを設定し、ページを公開するをクリックしましょう。これで、サイトに新しくページを追加することができました。

ここまでできたら、実際にサイトのメニューから新規ページを表示できるようにしましょう。

Shopify管理画面で、オンラインストアを選択肢、メニューをクリックします。次に、メインメニューかフッターのいずれかから追加したいものを選びます。

ここまでできたら、メニュー項目を追加、をクリックします。するとまたポップアップ画面が表示されるので、メニュータイトル・編集済みページのリンク指定を行いましょう。

なお、リンクのところでは、ページ>作成したページの順に選択し追加をクリックして、最期に保存するをクリックすれば完了です。

プレビュー画面でサイトの状態を確認しておきましょう。

ページカスタマイズのポイント

より多くのユーザーを惹き付けるためには、いくつかのカスタマイズポイントを押さえておく必要があります。

1つ目にはやはり商品画像の質です。

画像が粗いだけでユーザーの購買意欲は低下してしまうので、高解像度で見た目にもきれいな商品画像を掲載するようにしましょう。アパレルショップの場合は、モデルの着用写真を掲載するのも効果的です。

2つ目には商品名の工夫です。

単に商品名だけを記載するのではなく、ブランド名を入れたり用途をタイトルに組み込んだりするだけでも、検索に引っかかりやすくなるのでぜひやっておきましょう。

3つ目には購入者のレビュー掲載です。

多くのユーザーはオンラインで品物を購入する際、思っていたのと違うといった経験をしないよう十分にリサーチする傾向があります。

そこで役に立つのが、すでに購入経験のある人によるレビューなのです。レビューがあり評価が高いだけでも、かなりのアプローチ材料になるといえるでしょう。

まとめ:ShopifyアプリPageFlyを活用しておしゃれにページをカスタマイズ

もともと海外のサービスであるShopifyと連携できる、海外で開発されたアプリがPageFlyですので、最初のうちは言語がわかりにくかったり英語に慣れなかったりするかもしれません。

しかし、使っているうちに感覚的に操作を覚えていけるようになりますし、そうすると逆に使いやすいアプリとして定着することでしょう。

カスタマイズするページの目的にもよりますが、工夫したいのはやはり商品ページそのものや、キャンペーンあるいはシーズンセールなどのページです。

目に付くページ、目立つページにすることでより多くのユーザーを惹き付け、そこから売上アップを狙うことができるからです。

もちろん、慣れないと十分にPageFlyのメリットを活かしきれない点もあります。

もしShopifyを使ったショップサイトの作成・管理を委託しているのであれば、PageFlyを使ってよりユーザビリティが高く魅力的なページを作ってもらえるよう、委託先に依頼するという手段をとることもできるでしょう。

基本的に、PageFlyは無料で誰でも使える機能ですから、本来であれば売上アップを目指したいショップには非常に合っているものなのです。

セクションやテンプレートの種類も豊富にありますので、あとはどうカスタマイズするかによってページの完成度も上がります。

ぜひ、積極的にPageFlyを取り入れ、操作に慣れて、ショップサイトをより魅力的に仕上げてみましょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab
監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。