Shopify POSとは?機能やメリット、使い方を徹底解説

Shopify POSとは?機能やメリット、使い方を徹底解説

商品における売上、在庫等を管理するPOSは以前から利用されていて、Shopifyでも利用が可能です。
POSは売上管理に要する時間を削減出来るメリットがあるので利用を検討する企業は多いです。

スマートフォンにインストールする事でPOSを使える利便性も評価が高いのと、複数のスタッフでPOSを利用して売上、在庫の管理が可能な点はShopifyのPOSの利点。コストを気にしないでPOSを使えるShopifyは検討する価値があります。

ここでは、ShopifyのPOSのポイントやアプリの機能、メリット、料金、使い方を分かりやすく紹介します。

Shopify POSとは 

POSとは以前から利用されている商品の売上、在庫を管理する為のシステムです。Shopify POSも同じ用途で利用されるシステムですが、特徴として実際の店舗とオンラインのストアを一緒に管理出来る利点があります。

仮に一緒に管理出来ないケースでは、在庫管理で問題になるケースがあります。実店舗で在庫切れになった商品を、オンラインストアで販売してしまうと実際には在庫が無いためお客の信頼を失う事もあり得ます。

POSは、販売に必要な様々なツールを集めたプラットフォームとなっています。

POSは商品の売上や在庫を管理するシステム

一般的に言われているPOSは、英語でPoint Of Saleを意味する販売時点の情報管理。商品の支払い時点における売上情報を記録して、売上や在庫を管理するシステムであって実際の店舗でも利用されているのでイメージしやすいです。

スキャナー等でバーコードを読み取るシステムはPOSになります。コンビニではPOSを利用して商品単位の集計の機能があり、ストアのコンピュータで集計しています。

実店舗とオンラインストアを連携するPOSレジ

ShopifyのPOSの特徴は、実際の店舗とオンラインを連携するプラットフォームなので在庫管理等に特にメリットがあります。

どこの店に何個の在庫があり、それとは別にオンラインストア在庫がどれ位なのか分かる事でしっかりとした在庫管理を可能とします。リアルタイムで実店舗とオンラインストアの売上と在庫を同期させるので、上手に利用する事で在庫切れ等で販売出来る機会を逃がす事を少なくします。

引用元:“Shopify POSのご紹介”

販売に必要なツールを統合したプラットフォーム

POSは販売に必要なビジネスの管理やマーケティング等におけるツールを統合したプラットフォームです。

複数のプラットフォームを利用した場合と比べて統合したPOSは、作業効率も上がります。別々のシステムを使ってビジネスを展開する事は多くの時間を販売の管理に費やす事になります。

基本機能として、支払いの処理を統合している点や購入する可能性を高くする決済の画面、SEOも含むマーケティングツールがあり、これらの機能を駆使する事で売上を伸ばすのが可能でしょう。

引用元:“Shopify(ショッピファイ)とは?”

Shopify POSの機能

POSの特徴的な機能として無料版でも利用出来るオンライン、オフラインの連携があります。実店舗とオンラインストアの売上等の情報を同期する事は、マーケティングを行う上でも即座に次の販売戦略へとつなげる事を可能とします。

有料版では各スタッフによる売上を管理出来るシステムもあるので、マーケティングにおける状況を把握する際にも便利。POSの機能を理解して売上アップのための戦略を検討してみましょう。

無料版ではオンライン、オフラインの連携も可能

無料版で使用出来る機能としてオフラインとオンラインの連携が挙げられます。

無料で連携が可能であれば、コストを気にせずに販売の管理に掛かる時間を削減出来ます。他にはデータ分析が可能なのでマーケティングにおける現状の把握と今後の販売戦略を考えるのに役立ちます。

外部のレジやスキャナーと連携も無料版で済むので、費用を気にせずに利用開始が出来るメリットもあります。

引用元:“0からはじめるShopifyストアとShopify POSの連携方法”

スタッフごとの売上管理等の高度な機能が使える有料版

それぞれの販売のスタッフおける売上を管理出来るのが有料版の1つの特徴と言えます。

各スタッフの売上の状況を捉える事が出来れば、迅速なマーケティングの対応が可能となります。スタッフ管理機能には、スタッフの役割だけでなく権限を設定出来るので、スタッフがどの情報にアクセスするか決められます。

情報における権限をスタッフごと決められるのは、安心してビジネスを展開する上でも大切です。

引用元:“ECサイトとリアル店舗の連携を実現する「Shopify POS」とは”

Shopify POSを使用するメリット 

POSの利用をするメリットは、実店舗とオンラインの売上在庫を連携するだけでなく、スマートフォン等にアプリをインストールして使える利便性があります。iPadでも利用出来るので幅広い使い方があります。

どこにいてもストアの管理を色々な端末で可能な事は、販売における時間的なロスも減らす事につながります。POSを使っていち早く売上や在庫情報を把握し、迅速にお客の動向に対応出来るメリットは大きいです。

実店舗とオンラインストアの売上を連携可能

実際の店舗とオンラインの売上を連携して管理する事で、商品を売る為の戦略に集中する事が可能です。業務の効率を上げる事は売上を伸ばすことにも良い影響なので、売上と在庫について連携する事は大きな利点と言えます。

実店舗とオンラインで別の管理をしていると、それだけ管理に割く時間が多くなります。POSでは、一括で管理しているため売上の分析も行いやすく、スムーズにマーケティングを展開出来ます。

アプリをインストールして利用出来る利便性

POSでは、サイトからアプリをダウンロード、インストールする事で使えるので便利です。
ダウンロードはApp StoreとGoogle Playで行えるので多くの方が利用可能です。

無料版はコスト不要でダウンロードして使えるのが魅力で、インストール出来る端末がスマートフォンやタブレットでも使えるので使いやすいアプリと言えます。端末の表示はスマートフォンとタブレットとも見やすく工夫されているアプリなので利用を検討すると良いでしょう。

Shopify POSを使用するデメリット

逆にPOSを利用するデメリットは高度な機能を使いたい場合には有料になる点です。

しかし、その他のPOSシステムに比べると、比較的安価に抑えられており、決して高額ではありません。また、基本的な機能のみを利用する場合には無料版でも十分です。

クレジットカード決済の利用に端末が必要

クレジットカードを利用する際には、外部の端末を別で準備する必要があります。

基本的にShopify POSは売上の管理や在庫管理を連携するものなので、アプリそのものに決済機能はありません。Shopify POSと連携するには、アプリ側の管理画面と決済サービス端末で操作を行って、データを同期させなければなりません。

なお、デフォルトの外部端末もありますが、日本ではまだ使えないので、楽天ペイやAirペイなどの決済サービスを使うと良いでしょう。

Shopifyアカウントの契約が必要

Shopify POSを利用するには、Shopifyのアカウントが必要になります。Shopifyのアカウントがない場合は無料トライアル(14日間)の利用が可能です。

顧客管理や顧客情報などの情報はすべてストアで管理されており(※)、Shopify POSで設定を行わなければなりません。Shopifyストアでの利用を前提にリリースされたものなので、Shopifyのアカウントは最低限用意しておきましょう。

※管理画面や顧客情報、商品在庫などの情報は各種ブラウザでアクセスできます。

Shopify POSの料金 

POSの基本機能については無料。コストが気なる方にも利用出来ます。無料で使える機能は、Shopify POSアプリ、商品管理と注文等となっているので事前に把握しておくと良いです。

有料版のPOS Proは、無料のPOSに加えて在庫管理、スタッフの役割と権限の設定、実店舗における分析データを利用可能ですが、1ロケーションあたり月額89米ドル必要になります。

ロケーションは、商品の販売、在庫管理を行う実際の場所やアプリを意味します。

引用元:“どこでも販売を可能にするPOS機能”

基本機能は無料で利用出来る

POSの無料版は基本機能が使えますが、Shopifyの利用料金はベーシック、スタンダード等の種類によって別途必要となります。Shopifyの利用には別料金が必要な点は注意が必要です。

無料のPOSでは、商品のページで店舗での受取が出来るか表示します。他のサービスとして、お客が実際の店舗で見た商品をオンラインで購入出来るシステムもあります。決済方法は外部のクレジット端末も使えて便利です。

別の機能として追加商品が無制限、在庫ステータス、顧客管理、レポートとストアの分析、メールマーケティングやソーシャルメディアと統合してFacebookユーザーに店舗に来てもらう事も出来ます。

ビジネスにおけるサポートもあり安心です。

POS Proはロケーションごとに費用が掛かる

月額が必要なPOS Proの注意点は、ロケーションごとにコストが掛かる事です。1つのロケーションに対して月額89米ドル必要になるので利用の検討をする際には慎重に決めると良いです。

機能は、無料版の全ての機能と自動でのディスカウント、配送料を迅速に計算、商品の交換、在庫調整等があります。

引用元:“どこでも販売を可能にするPOS機能”

Shopify POSの使い方 

POSアプリの使用方法は、それほど複雑ではありません。

流れとして初めに基本的な管理の設定をして、アプリのダウンロードをします。その後に商品の追加と分類を行い税金の設定をします。最後にカードリーダー等のPOSのハードウェアを必要に応じて設定します。

基本設定をしてアプリのダウンロード

最初のステップとして、基本的な管理の設定をしますがストアのアドレスやメールアドレス、その他のストアの設定を最新情報を元に入力します。

複数のスタッフで管理する場合は、スタッフアカウントの追加を行います。他のスタッフに管理画面へのアクセスを出来ない様にする事も可能なので知っておくと良いです。

アプリのダウンロードはサイトから行いますがiOSとAndroidのデバイスに対応しています。

引用元:“【2021】Shopify POSとは?日本でも使える?メリット&デメリット・使い方”

商品の追加分類後、税を設定する

次の手順は、管理画面又はPOSアプリを利用して販売する商品の追加を行います。

税金の設定をして商品をカテゴリーに分類し、POSに公開の状況を設定します。
POSのあるロケーションで在庫を保管して、在庫と仕入れを把握してストアの商品の追跡を可能にします。

POSハードウェアの設定

最後にカードリーダー等のPOSハードウェアの設定を行います。

カードリーダーは、クレジットカードとデビットカードの支払いをしてもらう為のデバイスです。
サポートされているカードリーダーを確認するには、Shopifyのサポートセンターのカードリーダーのサイトを見ると分かります。

引用元:“カードリーダー”

Shopify POSを使用する際の注意点

Shopify POSを利用する際には注意点があります。以下のポイントに注意することで、Shopify POSを導入した際にトラブルが生じることなく、スムーズに利用をスタートさせることが可能です。

以下に詳しくまとめましたので、最後までご覧ください。

外部決済サービスに外部の端末が必要

先述した通り、Shopify POSにはクレジットカードやQRコードなどの決済システムは搭載されていません。また、Shopify POSと直接連携できる外部サービスはないことも念頭に入れておく必要があります。

現在、Shopify POSはアメリカとカナダの利用者以外が連携できるサービスがありません。そのため、クレジットカードなどの決済方法を導入させるために、外部の決済サービスを必ず用意しましょう。

日本国内では、クレジットカード以外にも、スマートフォン決済や交通系ICカードの決済など、幅広く利用されています。これらの決済にも対応できる、楽天ペイやAirペイ、Square(スクエア)などを併用して利用してみるのがおすすめです。

その際には、Shopify POSと決済サービスとの間でデータの同期を行っておく必要があります。
様々な決済方法を用意しておけば、ユーザーの利便性が高まり、より商品を購入してもらいやすくなるでしょう。

まとめ:Shopify POSとは?機能やメリット、使い方を徹底解説

POSアプリは、基本的な機能であれば無料で開始出来るメリットがあります。

注意点としてPOSアプリはShopifyのプラットフォームで利用するのでベーシックのプランであっても月額29米ドルが別途必要な事は知っておいた方が良いです。POSアプリの機能の利点はオフラインとオンラインの売上、在庫管理を連携して行える点であり、忙しい企業の販売担当の方におすすめです。

POSアプリの料金は、無料版であれば費用が掛かりませんがPOS Proは、月額89米ドルがロケーションごとに必要となります。

POSの使い方は、アプリをインストールして設定を行う流れになっています。
普段忙しく実店舗やオンラインストアの管理に時間を多く割いている企業にとっては、売上と在庫管理を統合して管理出来るPOSアプリは管理の時間短縮を可能とするので利用を検討する価値があります。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティング手段について分かりやすく説明していて、ネットショップの運用の後のサポート等も行います。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

よくある質問
Q.

POSとはなんですか?

A.

POSとは以前から利用されている商品の売上、在庫を管理する為のシステムです。Shopify POSも同じ用途で利用されるシステムですが、特徴として実際の店舗とオンラインのストアを一緒に管理出来る利点があります。

Q.

Shopify POSを利用するメリットは何ですか?

A.

Shopify POSを利用するメリットとしては以下があげられます。

  • 実店舗とオンラインストアの売上を連携可能
  • アプリをインストールして利用出来る利便性

 

Q.

Shopify POSにデメリットはありますか?

A.

Shopify POSのデメリットとしては以下があります。

  • クレジットカード決済の利用に端末が必要
  • Shopifyアカウントの契約が必要

監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて5年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。