2021.9.20

Shopifyアプリ「配送日時指定」をご紹介!

Shopifyアプリ「配送日時指定」をご紹介!

Shopifyは、ネットショップ運営のノウハウや機能をクラウドで提供してくれるサービス。

いま世界的に最も注目を集めるネットショップ運営プラットフォームの一つで、お手軽な

プラン設定と豊富な拡張機能性が支持され、個人から大手まで幅広いビジネス層に利用されています。

ですが、Shopifyの基本機能には『配送日時指定』の機能がありません。

これは、Shopifyの通常プランだと決済画面をカスタマイズできない仕様になっているからです。

なので、ネットショップに配送日時指定などの機能を追加したい場合は、外部アプリを連動させる必要があります。

ですが、配送日時指定のできる海外製のアプリは、日本の配送業者に対応していない場合もあるのです。

そこで、ここでは、日本向けの配送日時指定機能のある『配送日時指定(株式会社and.d)』というアプリをご紹介します。

すでにShopifyで累計導入数400ストア以上に利用されているアプリですから、この機会に機能や設定方法を知っておきましょう。

Shopify「配送日時指定」とは

日本国内において、ネットショップを利用するお客様のほとんどが、配送日時のことを気にします。

つまり、注文した商品はいち早く届けてほしいというニーズとともに、

  • 自分の都合の良いタイミングで商品を受け取りたい

という配送日時要望に答えられるかどうか?が重要視されているのです。

たとえば、誕生日や記念日の贈り物をネットショップで注文するときなどは、商品がいつ届くのかというのはとても重要です。

また、昨今のライフスタイルの変化により、お客様の在宅時間が増える一方で、逆に在宅時間に制限のある世帯も増えるなど多種多様になってきています。

なので、お客様の希望する日時に確実に商品をお届けする体制が重要なのです。

そのような、日本国内にいるお客様の荷物の受け取りニーズに対応するのが『配送日時指定アプリ)』。

いわゆる、

  • 日本の配送会社事情にマッチした配送日時のお客様要望を受け付けできるアプリ

このアプリを使えば、商品を購入したお客様のニーズに合わせた配達を実現できます。

「配送日時指定」の機能

配送日時指定アプリの機能は、次のとおりです。

柔軟な配送設定ができる

配送業者への商品配送時間帯の指定、商品置き配指定、当日テイクアウトの指定ができます。 

また、最短~最長で指定できる商品配達希望日の設定や、年末年始などの配送休止期間といった長期休暇設定などもできます。

日本向けの配送アプリ

日本の宅配業者の営業スタイルに合わせた設定や、祝日を休みにするといった営業日設定できます。

簡単セットアップですぐ導入できる

Shopify標準テーマに対応済みなので、面倒なソースコード編集などをしなくても簡単セットアップできます。

また、Liquidコードを編集すれば、デザインを自由に変更できます。

その他の詳細情報

  • 購入時に配送希望日時を指定できる
  • カート画面に配送希望を指定するモジュールを表示
  • ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便などに標準対応
  • 任意の配送設定も追加で対応可能
  • 最短~最長で受け取り希望日を指定できる設定
  • 年末年始、連休など、配送を受け付けしたくない長期休暇の設定
  • 置き配希望の対応

期待できる効果

  • お客様の購入時の荷物受け取り不安を取り除くことができる
  • 商品購入時の受け取り設定でカート離脱率を低くすることができる
  • 再配達の不安を軽減できる
  • 再配達による受け取り遅延を減らすことができる

こういう人にオススメ

  • 食品など、商品を早く受け取って欲しい人
  • 商品購入段階のカート離脱率が高いので改善をしたい人

料金

  1. 14日間の無料体験
  1. NORMAL $9.80/月

・配送日の指定機能

・配送時間帯の指定機能

・配送時間帯のカスタマイズ

・最短で指定可能な配送希望日のカスタマイズ

  1. ADVANCED $19.80/月

・NORMALプラン機能のすべて

・Create NextEngine format data

・ネクストエンジン連携用データフォーマット生成

※いずれの料金も2021年8月末現在時点

※料金はすべてUSDで請求

※月額や使用料などの定期請求は30日ごとに請求

「配送日時指定」の設定方法

『配送日時指定』は、Shopifyで次のように設定します。

アプリのインストール

通常はShopifyアプリストアでアプリを検索して追加。

※アプリストアで『配送日時指定』と検索しても表示されないときは、『delivery date and time』と検索。

アプリを追加しShopify管理画面でインストール。

インストールをするとプラン選択する画面に移るので『プラン選択』をクリック。

プラン選択

まずはノーマルプランを選択。

最後に『サブスクリプションの承認』でアプリ利用開始。

※最初の14日間は無料お試し期間なので『無料体験をはじめる』をクリック。

配送時間帯の設定

設定は『配送業者と時間帯の設定』で行う。

配送業者と時間帯の設定

ヤマト運輸、日本郵便、佐川急便、はデフォルトで配送時間が表示されるので、

  • 『配送業者』> 利用する配送業者を選択 >『変更する』

『変更する』をクリックすると配送業者毎も配送時間帯設定可能。

他の配送業者を利用する場合

『カスタム配送業者の追加・管理』で登録。

  • 『カスタム配送業者の追加・管理』>『+新規追加』で配送業者を追加

カスタム配送業者の新規追加は、希望する配送業者名を入力し、『追加/更新する』をクリック。

配送時間帯の入力

配送時間帯を編集は、『配送時間帯』の下にある『+新規追加』で行う。

配送時間帯の新規作成

配送時間の表示順序を数字で入れ、配送時間帯は『午前中』『12時〜14時』などを配送業者に合わせて直接入力。

表示順序は入力しなくても登録可能ですが、ナンバリングすると早い時間帯から順に並べることが可能。

配送希望日の設定

配送希望日の設定は『配送希望日の設定』で行い、商品注文日を起点に何営業日から希望日を指定するかを設定。

この設定をしないと、

  • 自動的に最短で指定できる配送希望日は4営業日後
  • 最長で指定できる配送希望日は120営業日後

となってしまうので要注意。

また、『日数を営業日換算にする』にチェックを入れると、土日祝日を除いた営業日数での換算が可能。

商品注文の〆時間は『1~24』の間で指定でき、設定した時間以降の注文は自動的に翌日注文となり、たとえば、指定を『24』としたら24時以降の注文が翌日注文扱い。

『2』としたら、当日2時以降の注文が翌日注文扱いに。

また、午後に入った注文の発送には時間の余裕が欲しいというときは、設定を『12』にすれば翌日注文扱いにすることが可能。

置き配の設定

置き配の設定をするときは

  • 『置き配達の設定』>『置き配オプションを有効にする』にチェック

これで、ユーザーが置き配を選択可能。

ただし、置き配の指定があったときは、配送業者にその旨を伝えなければならないので、

配送業者ごとに予め連携をしておく必要あり。

長期休暇期間の設定

年末年始、お盆、ゴールデンウィークなど、注文を受けても発送の準備ができない期間は『長期休暇期間の設定』で設定。

「配送日時指定」の口コミ

実際にshopifyで『配送日時指定』を利用されている企業の口コミです。

平安伸銅工業オンラインショップ

URL:https://ec.heianshindo.co.jp/

評価:☆☆☆☆☆

“ネクストエンジンとの連携に対してそのままではエラーが起こったのですが、ご相談の上カスタマイズいただいたので、問題なく連携が出来ました。日本の土日祝日を自動的に除外する機能や、到着の日付を指定できる機能があるアプリは皆無だったので助かりました。”

HINEMOS

URL:https://www.hinemos.info/

評価:☆☆☆☆☆

“疑問点があったときに問い合わせたら、弊社の.liquidを確認していただき的確にアドバイスをいただきました。神対応かと思いました。簡単に実装することができて満足しています。”

SIRI SIRI

URL:https://sirisiri.jp/

評価:☆☆☆☆☆

“本当にシンプルなアプリで、カートの所に配達希望日と希望時間の選択BOXを設置できます。使用のテーマによってはコードの追加編集が必要ですが、問い合わせをすると丁寧に教えてくださいます。(Gridを使用中)”

引用元:shopifyアプリストア『配送日時指定 .amp』

(2021.08時点)

まとめ:Shopifyアプリ「配送日時指定」をご紹介!

以上が、Shopifyで累計導入数400ストア以上に利用されていて、日本向けの配送日時指定ができるアプリ『配送日時指定(株式会社and.d)』の機能や設定方法です。

ネットショップで商品を購入するときに、日時指定機能のあるナシは、お客様の購買心理にとても影響します。

それは、商品を注文しても配達日がいつになるのかわからないとなると、すぐに別のショップで購入をしようとするお客様が確実にいるから。

そんな注文時に配送日時を指定する機能があれば、お客様は荷物の受け取り日までを確実にイメージでき、安心して購入をすることができます。

今のShopifyでお客様に配送日時を指定してもらうには、外部アプリを導入するしかありません。

その点『配送日時指定』は日本のアプリですから日本語で操作できますし、日本の配送業者対応という安心感もありますから、ネットショップの運営には欠かせないアプリといえるでしょう。

また、『配送日時指定』アプリを提供する株式会社and.dは、今後も新しい機能を搭載したアプリを開発していくそうですから、Shopifyユーザーであれば先取りしておいたほうが良いかもしれませんよ。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
舩本慶都
舩本慶都

shopi lab blog ディレクター

Google 広告「検索広告」認定資格取得
Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)取得
Webライティング検定2級取得
Shopify Partner Boot Camp修了
中央大学在学時代からshopi labにてインターンとしてWebメディアやWeb広告の設計・運用など幅広いWebマーケティング手法に取り組んだ。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。