2019.5.12

2021.8.28

【フルスクラッチ】ってなに?ECサイトの5種類の構築方式

【フルスクラッチ】ってなに?ECサイトの5種類の構築方式

EC(electronic commerce)サイトは、インターネット上で自社の商品やサービスを販売するサイトです。

ECサイトの構築方式は、市販のECパッケージを使って構築する、オープンソースのECパッケージを使って構築する、ASP(Application Service Provider)のサービスを利用する、クラウドECを使い構築する、フルスクラッチで1から構築するの5種類があります。

それぞれメリット・デメリットがありますが、この記事ではフルスクラッチで構築する場合のメリット・デメリットについて説明します。

フルスクラッチはもう古い?主流はパッケージやASP

2019年現在、ECサイトを1から作成するフルスクラッチで構築するのは、かなり少なくなっており、多くの企業がECパッケージをカスタマイズしたり、ASPを利用したりする方式で構築しています。
これは費用対効果の問題で、フルスクラッチで作成するよりパッケージやASPを利用した方が、コストが安く、開発も早く進むからです。
しかし、ユニクロやZOZOTOWNなど日本を代表するメーカーがフルスクラッチを選択している例もあります。どういう種類のECサイトがフルスクラッチを必要とするのでしょうか?

フルスクラッチを採用するメリット

フルスクラッチの開発は、既存のプログラムを一切使わずに1からシステムを構築します。そのため、他の方式に比べて、最も自由度が高く、費用を考えなければ全ての要望を実現することができます。
したがって、特殊な販売形態のECサイトを作らなければならない企業はこの方式を採用せざるを得ません。
また、自社で開発可能な場合、ハードからソフトまで全ての開発・運用管理を内製化できます。実はフルスクラッチでもっとも大きなメリットはこの内製化にあります。

「開発費用をかけて、なおかつ自社内に開発・運用管理要員を置くのはコストがかかりすぎるのでは?」と疑問に思う人もいるでしょう。商品を販売するのが目的なのに、開発リソースまで自社に抱えるのは過剰投資に見えるからです。
しかし、ECサイトで得られる消費者の行動データを分析して、コンバージョンレート(サイト訪問客の内、実際に購入した人の割合)を上げるために「高速PDCA」を実行するには内製化が必要なのです。

「高速PDCA」は、データ分析から売上向上に役立つと思われるサイトの改善案を企画(Plan)し、実際に適用(Do)して結果を検証(Check)し、さらに改善(Action)する。このPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルを高速に回すことで、どんどん利用者が買い物しやすいようにサイトを作り替えて売上を伸ばす手法です。
これを実践するには分析、企画、開発・運用管理を行なう人間が全て社内にいなければ高速化できません。

システム開発を外部委託していると意思疎通に時間がかかる上、システムの改修にも時間がかかります。
パッケージでは仮説を検証するための機能が実装できない可能性があります。
したがって、システムに関わるリソース(ハード、ソフト、人材)を全て社内に持っている必要があり、実際にフルスクラッチしている企業として例に挙げたZOZOTOWNは、ZOZOの100%出資した子会社であるZOZOテクノロジーがこのPDCAの実行部隊になっています。

カスタマイズ性の広さ

また、5種類の構築方式のなかでも、フルスクラッチが最もカスタマイズ性が広い構築方式と言えます。

EC業界では、フルスクラッチの自由度、カスタマイズ性の高さが注目されてきました。

要件定義以外は、まったくなにもないところからシステム構築をスタートしますので、資金や人材、または時間さえ許すなら、インターネットであらゆることが可能であると考えても良いでしょう。

他の構築方式でも、相応のカスタマイズ性は備えていますが、やはり限界はあります。例えばASPにおいては、かなり進化してきているとはいえ、カートのカスタマイズは基本的に困難となっています。その点、フルスクラッチの代表格であるユニクロやZOZOTOWNサイトでは、高速PDCAを回しつつ、コンバージョン率を高めるために、カート周りを随時改善しています。

さらには、あらゆるシステム連携が可能になりますので、フルスクラッチ以上にカスタマイズ性が高い構築方式はないと言ってよいでしょう。

フルスクラッチを採用するデメリット

フルスクラッチを採用するデメリットは、1から作り上げるため、パッケージやASPを利用して作るより費用が高く、開発期間が長くなることです。
またサーバなどのハード購入費用と設置場所、システム開発・運用管理の人員が必要となります。
そして、システムを更新した際の、開発・運用ドキュメントなどのシステム資料への反映が遅れがち(最悪最新版にならない)になることです。
特に費用や開発期間の面から考えた場合、前述した特殊な販売形態をしていたり、ECサイトの「高速PDCA」を実践する予定がなかったりする場合は、フルスクラッチはほとんどメリットがありません。

競争の激しいネットビジネスの世界では何よりもスピードが求められるので、よほど大規模なECサイトを作って市場のシェアの大半を奪うような構想がない限り、フルスクラッチを選択するのは間違いである可能性が高いです。

フルスクラッチを選択するECサイトは内製化によるメリットを活かせるサイト!

5種類ある構築方式の中からフルスクラッチを選択するECサイトは、ZOZOTOWNのように内製化によるメリットを活かせる大規模ECサイトでしょう。

中小のネットショップや一般的な企業の通販サイトなどはパッケージやASPを利用した方が、間違いが少なくなります。
しかし、ECサイトの分析データを活かした「高速PDCA」による売上の最大化を目指すのであれば、フルスクラッチ+内製化でチャレンジすべきです。

5つのECサイト構築手法の比較

構築方式 費用 開発期間 メリット デメリット
ECパッケージ 数百万~ 短い 機能が充実しており、カスタマイズ可能 コストがかかる システムが古くなる
オープンソース 無料~ 短い~ 月額費用が安価 ベンダーの力量に幅がある
ASP 数万~ 短い すぐに運用可能 カスタマイズや連携が困難
クラウドEC 数万~ 短い カスタマイズ可能 社内で保守管理不可
フルスクラッチ 1千万~ 長い~ すべて可能 大きなコストがかかる システムが古くなる

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。