2021.8.24

【徹底解説】Instagramの「IGTV」とは? 特徴と使い方、動画制作ポイントについて

【徹底解説】Instagramの「IGTV」とは? 特徴と使い方、動画制作ポイントについて

InstagramはSNSの中でもとても人気があり、マーケティングとして利用する会社が増加しています。

Instagramの一般的な投稿は「写真」や短い動画の「ストーリーズ」がありますが、「IGTV」という60分まで動画をアップできる機能があり、スマホの全部の画面で見られるのが特徴です。

また、IGTVを使って商品の宣伝や、ショッピング機能が利用できることから、関心が向けられています。

この記事は、IGTVの使い方やポイントについて解説しているので、今後ビジネス活用する予定の方は、ぜひ参考にしてください。

IGTVとは? 特徴を詳しく解説!

IGTVの8つの特徴はこちらです。

  • 無料で使える
  • 縦・横型の動画
  • データが反映される
  • ハッシュタグやURL、文章を載せられる
  • ストーリーズからIGTVへ促せる
  • 動画プレビュー
  • Instagramの検索にも出てくる
  • PCからも可能

それぞれ解説していきます。

無料で使える

YouTubeみたいにIGTVは、どんな人でも無料で使えます。

利用するには下記のリンク先からダウンロードをしてください。

iPhoneはこちらから

Androidはこちらから

縦・横型の動画

1番の特徴と言えるのが、スマホ全体の画面で動画を見られることや、長い動画です。

多くのユーザーは、縦にして動画を見ることがほとんどですが、2019年からは横の画面も可能になりました。

縦より横の方がダイナミックになるので、クリエイターの表現が広くなります。

データが反映される

Instagramと繋げると、フォロワー数などのデータが反映されます。

したがって、IGTVでフォロワー数が増えると、Instagramのフォロワー数も増えるので、Instagramヘの、ファン獲得にも繋がるというもの。

また、プロフィールページにはIGTVタブあるので、フォロワーが閲覧しやすくなります。

ハッシュタグやURL、文章を載せられる

IGTVの場合は、ハッシュタグやURL、文章を載せられます。

Instagramの通常の投稿ではURLを貼ることはできず、ストーリーズでもフォロワー数によってはURLを載せることはできません。

IGTVはスマホ全体の画面を使った動画なため、ユーザーに楽しんでもらってからURLを付けることで、ユーザーを遷移させたいサイトへ誘導できるので、マーケティングとして多いに役立ちます。

さらに、ハッシュタグや長い文章を載せると、Instagramの検索結果に出やすくなります。

ストーリーズからIGTVへ促せる

Instagramと繋げてからストーリーズに動画を載せると、IGTVへ促せます。

また、フォロワーとコミュニケーションが取れやすくなる「アンケート機能」などを使って誘導するやり方もあります。

動画プレビュー

タイムラインに、動画プレビューを1分程ですが流すことができ、気になったIGTVを選択すると全部の動画を見られます。

動画プレビューが流れることで、多くのユーザーに認知されるようになります。

Instagramの検索にも出てくる

発見タブにIGTVが出てくるので、フォロワー以外からもIGTVを見てもらえるチャンスが広がり、新しいファン獲得に繋がります。

また、たくさんの動画が出てきますが、気になったアカウントの動画を検索することも可能です。

PCからも可能

PCから投稿するなら、動画の編集(BGMやテロップ、カット部分)がしやすいのでおすすめです。

スマートフォンからも動画を投稿し、パソコンとスマートフォンの2つを使っていくとスムーズに行えるでしょう。

PCなら、こちらのWEB版から投稿してください。

「IGTV」と「ストーリーズ」と「Instagram動画」の違い

Instagramの動画違いをそれぞれ比べてみましょう。

IGTVストーリーズ動画
時間ノーマル:15秒〜15分
フォロワーが多い:15秒〜60分
1〜15秒3〜60秒
画面の大きさスマホ全部
縦・横
スマホ全部縦フィードフォーマットに準拠
特徴60分までの投稿
IGTVアプリが有る
24時間で消失写真と一緒に投稿できる

IGTVは他の動画と違い、長い動画で作れるのが1番の特徴です。

また、IGTVだけが撮影機能はなく、予め作った動画のみしか投稿できません。

IGTVで動画を視聴する方法

動画を見るためには、どうしたら良いか方法を見ていきましょう。

IGTVアプリをリンク

最初にアプリをダウンロードします。

iPhoneはこちらから

Androidはこちらから

動画だけを見るためのアプリとして分けて使用したい人や、インフルエンサーのようにたくさん投稿する人は、IGTVアプリを取得しておくと手間があまりかからないので役立ちます。

ダウンロードが完了したら、Instagramのアカウントでログインです。

Instagramから視聴

下記の項目にIGTVが示されている所をタップします。

  • フィード
  • プロフィールページ
  • 検索画面

フィード

IGTVのアイコンを選択すると動画は見られます。

投稿者のプロ画

IGTVのプロ画にある「IGTVタブ」から動画をチェックできます。

検索画面

「IGTVボタン」があるので、そこから動画が見られます。

IGTVアプリから視聴

アプリを開くとすぐに、いろいろな動画が流れてきます。

見たい動画を選ぶと、スマホ全部の画面になるので大きく動画が見られるように。

動画の下にはボタンがあって、Instagramと一緒の「いいね!」や「コメント」ができるようになります。

また、見たい動画を探したい時は、IGTV画面の上の方に虫眼鏡のアイコンがあるのでそちらをタップ。

そうすると、検索画面になるので気になるワードを入力して探してみましょう。

【スマホ編】IGTV動画を投稿する方法

スマホを使用して投稿する順序はこちらです。

  1. カバー画像と動画を準備する

動画を撮ることがIGTVはできないので、事前に動画を作っておきます。

下記の2つを準備しておきましょう。

  • アップロードする動画
  • サムネイル画像

それぞれのフォーマットは、こちらを参考にしてください。

  • 再生時間:15秒〜60分まで (1分以上が好ましい)
  • 動画ファイル:MP4ファイルフォーマットにする
  • 動画のサイズ:縦型アスペクト比9:16 横型アスペクト比16:9

       10分以内のファイルサイズは上限650MB 60分は上限3.6GB

  • 写真のサイズ:420ピクセル×654ピクセル

参考元:Instagramヘルプセンター

  1. 動画を投稿する

画面上にある「+」をタップすると、スマホで撮った動画が出てくるので、アップロードしたいものを選びます。

次に「サムネイル画像」を設定するページになり、事前に作成した画像か、カメラロールから追加するか選んで設定します。

ユーザーの目に止まる印象的な画像にしましょう。

キャプションとタイトルを入力しますが、URLやハッシュタグも載せられるので、自社サイトへ遷移するためには設定すると良いでしょう。

  1. ストーリーズに共有する

動画をスマホ全部の画面にしたら、紙飛行機のアイコンをタップしてください。

次に「ストーリーズに動画を追加」を選んでタップ。

そうすると、IGTV動画が見られるカードが入ります。

  1. インサイトをチェックする

IGTVには「インサイト機能」が付いていて、いいね!や再生数、コメント数などのデータが確認できます。

チェックする方法は「…」をタップし、「インサイトを表示」の項目が出てくるので選択。

そうすると、動画のインサイトが見られるようになります。

ちなみに、動画は3秒見られると1再生と数えられます。

【PC 編】IGTV動画を投稿する方法

最初にPCからInstagramを開いて、自分のアカウントにログインしてから、プロフィールページを出しましょう。

プロフィールページになったら、上の方にある「IGTVタブ」を選択。

タブをクリックすると、今まで作成した動画が出てきます。

「アップロード」をクリックすると、新しく動画を追加できるページになるので、事前に作成した動画を選んで必要な項目を入力していきます。

入力が終わったら、「投稿する」をクリックすると完了です。

ユーザーの興味を引くIGTV動画制作のポイント

制作に重要な点をチェックしていきましょう。

動画は数分くらい短めにしておく

60分までの時間ですが、長い動画はユーザーの離脱率が高いため、全て見てくれる人は少ないでしょう。

よって、動画は短い時間で制作した方が良いです。

どうしても長い時間で配信したい場合は、質の高い動画にする必要があります。

最初にインパクトを与えられるようする

動画が始まる1秒くらいから、ユーザーにインパクトを与えられることが重要です。

関心が向けられない動画はすぐに離脱となってしまうので、キャッチーなテロップを入れるなどして興味が湧くような冒頭にしましょう。

サムネイルは印象的にする

サムネイルが印象的でなければ、ユーザーは見向きもしてくれません。

したがって、冒頭のインパクトも大事ですが、サムネイルも印象的な画像にする必要があります。

スマホで見ることを前提に縦型の動画が基本

スマホを縦にして使う人が多いので、縦型の動画を意識して制作しましょう。

IGTVは横にしても見られますが、場合によっては縦・横、両方とも視聴しやすい動画にすると良いです。

しかし、基本は縦型の動画にしておくことは念頭に置いておきましょう。

Instagramと同じくIGTVも統一性を出す

アカウントのイメージと、動画や画像のデザインやスタイルに統一性があると、ユーザーに強く宣伝できます。

特にサムネイルはIGTVのプロ画になるため、多くの人にフォローされるかどうか決め手となります。

よって、デザインやスタイルを統一させるように意識しましょう。

IGTVを活用した企業の事例

IGTVを使っている企業の事例を見ていきましょう。

クラシル

引用元:Kurashilu(クラシル) Instagram

クラシルはInstagramの投稿で料理の動画を上げていますが、IGTVでは人気の高い料理をピックアップして投稿しています。

また、通常の動画だと一時停止や巻き戻しが無いのに対し、IGTVはそう言った機能が付いているので、巻き戻して料理の作り方を見直したい場合は便利です。

JAL

引用元:Japan Airlines Instagram

新型コロナウイルスの影響で航空会社は大打撃を受けましたが、JALはコロナ禍でも積極的にユーザーに向けて前向きな発信をしています。

IGTVには、消毒やマスクの徹底、手洗い、うがいなどを投稿しています。

Dior

引用元:Dior Official Instagram

ディオールは、IGTVを広告の代わりに利用している訳ではなく、イメージを確立するために投稿しています。

通常の動画は最大1分ですが、IGTV動画を使えば長い再生時間になるため、ディオールの動画はだいたいが5分前後の動画が多いです。

長いものだと30分の動画もあります。

ピーチ・ジョン

引用元:PEACH JOHN/ピーチ・ジョン Instagram

ピーチ・ジョンはライブ配信したもの、ほとんどをIGTV動画にしています。

ほとんどのIGTV動画は10分程度になっており、あえて短い時間に小分けして見やすく工夫しています。

動画は商品のPRや、スタッフの方がルームウェアを着て話し合っている内容のものが多いです。

まとめ:【徹底解説】Instagramの「IGTV」とは? 特徴と使い方、動画制作ポイントについて

IGTVは再生時間が長く、スマホ全画面で動画を見ることができ、縦だけでなく横にしても見られます。

また、ハッシュタグやURLも載せられるので、マーケティング活用に大いに期待できるでしょう。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。