2021.7.8

2021.7.8

【マーケ担当者必見】SNS市場は2025年には1兆1,171億円(2020年比約2倍)規模に!

【マーケ担当者必見】SNS市場は2025年には1兆1,171億円(2020年比約2倍)規模に!

今後SNS市場は、更に発展する事が予想され多くの企業等や個人の方は、よりSNSを意識したマーケティングや生活をすると考えられます。2025年には1兆円を超えると言われているSNSは、誰にとっても便利なツールとして活用されています。企業ではSNSを上手に利用することで会社としてのマーケティングの質を上げることが可能です。インフルエンサーといマーケティングについて影響力のある方が多くいるので、こちらの市場もかなり発展すると予想されます。この記事では、2025年には1兆1,171億円の規模になるSNS市場について解説します。

SNS市場の調査概要について

SNS市場についての調査の概要は、広告の会社、インフルエンサーのマーケティング会社、ソーシャルメディアマーケティング会社などのデータ等を利用して行われました。多角的に分析した内容なので2025年にどの様な市場になっているか考える際の参考になります。調査の結果の大きな特徴としては、2020年に国内のソーシャルメディアのマーケティングの市場における規模が5,519億円であるのに対して、2025年では1兆1,171億円になると推測される点です。SNSは、ソーシャルメディアの1つで多くの方が利用しているtwitterやInstagramなどです。良く知られるこれらのSNSは今後は更に利便性が高くなり、規模が拡大する傾向があります。

SNSマーケ市場は2025年には1兆1,171円規模に!

1兆1,171億円規模に2025年になると予想されるSNSマーケの市場は、様々な影響で規模が拡大すると考えられます。2020年における国内のソーシャルメディアのマーケティングにおける市場5,519億円と言われて前の年と比べると107%となっています。この原因は、新型コロナウィルスによる感染拡大により企業の販売戦略がインターネットを利用したものへ移行したことも関係しています。ソーシャルのメディアを利用したマーケティングでは、キャンペーンなども効果があり市場の拡大につながっています。

引用元:“ソーシャルメディアマーケティング市場は2025年には1兆1,171億円(2020年比約2倍)規模に”

2020年のソーシャルメディア広告は4,932億円

2020年のソーシャルメディアにおける広告は、4,932億円となっています。これは、SNSのマーケ市場全体の89.4%にもなり多くを占めているのが特徴です。ソーシャルメディアの広告の市場拡大は、企業が重要性を認識している事により起きている状況と言えます。ソーシャルメディアは、Facebook、Instagram等を含むため簡単に消費者に情報を共有する事が可能なので今後はより利用価値の高いものになると考えられます。Facebookで広告を行う場合は、消費者の立場になって必要とされる情報を掲載することで継続して消費者がFacebookを見てくれるようになるので効果的な広告でしょう。

インフルエンサーマーケティングは2020年で317億円

別の広告としてインフルエンサーのマーケティングがあります。市場に対して影響力のあるインフルエンサーによるマーケティングは、2020年は317億円でした。これは市場全体の5.7%になっていますが、今後更に伸びると予想されています。消費者の立場から見てみると、商品のイメージにあったインフルエンサーがPR等している商品には興味がわく事があります。企業としてもインフルエンサーと共に商品の販売促進を行うことは効果の高いPR方法なので、これからは更に重要視されるのがインフルエンサーによるマーケティングです。

2020年のSNSアカウント運用支援は145億円

次にSNSアカウント運用についての支援を見てみると、2020年では、145億円という結果になっています。これは全体の2.6%ですが今後は更に伸びると予想されています。アカウントの運用は、企業内だけで実施するよりも支援してもらうことでより市場に対して効果のあるSNSの利用が実現します。アカウントを考える時に重要なのが分析ですが、経験の多い企業に分析してもらうことで、消費者の動向を把握することが出来るのでアカウントの支援の重要性は高まっていくと考えられます。

インフルエンサーマーケ市場は2025年には723億円規模に!

ソーシャルのメディアにおいてインフルエンサーに関する市場は2025年に723億円になると予想されています。新型肺炎により広告費を削減している企業もありますが、インターネットを利用したインフルエンサーの市場は拡大傾向にあります。インフルエンサーは、消費者から見た場合購買意欲につながるような魅力があり、実際にインフルエンサーの影響力で購入する方が多いでしょう。2025年に向けてはインターネットで商品を買う方が多い状況が想定され、インフルエンサーによる市場の規模の拡大も自然な形と言えます。

インフルエンサーマーケ市場が拡大する理由とは?

インフルエンサーの市場が拡大する傾向にあるのは、You tubeやTwitterなどのSNSの利用が多いのも関係しています。You tubeでは、ユーチューバーを利用したプロモーションが盛んに行われています。すでにあるSNSとインフルエンサーを結びつけることで市場が拡大していると考えられ、今後も拡大傾向が続くと推測されています。芸能人等も影響力が強く、マーケの市場では色々な世代への情報の発信を可能としています。Instagramでは、芸能人が販売促進で起用されていて、よりインパクトのあるマーケティングを実現しています。

You tubeが可能とした様々な世代への情報発信

You tubeでは、既に多くの芸能人が情報を発信していますが、その理由として多くの方に認知されているサービスである点が特徴です。特に10代や20代の利用率が高くマーケティングとしてYou tubeを利用する価値はかなり高いと言えます。幅広い年代層に知られているYou tubeをPRで使用する事は、企業にとってもメリットが大きいです。また、50代、60代の方も多く利用しているので、この年代をターゲットにした商品のPRなどでもYou tubeの使ったプロも―ションは効果的です。

販売にも利用されるInstagramのメリット

Instagramは芸能人の情報の発信で利用されたりしますが、影響力のある芸能人がメーカー等とタイアップして商品のPRをする際に使用されます。Instagramは画像で消費者に情報提供出来るメリットがあり、簡単に動画等も配信出来るのでの利便性の高いSNSの1つです。まとめて沢山の消費者にアプローチ出来るInstagramは今後も広い範囲の世代の方に利用されるでしょう。メリットの多いInstagramですが、画像や動画が必要なため企業がマーケティングで使用する場合は、準備する必要があります。動画や画像の撮影にはコストが掛かる事もあるので企業がInstagramを採用する際にはコスト面も考慮する必要があります。

SNSアカウント運用支援市場は2025年には436億円規模に!

2020年に307億円であったSNSアカウント運用の支援市場は、2025年に436億円になると推定されています。これは、SNSの重要性が高まる中で消費者をファン化する目的を達成したい企業が増えて市場が拡大すると考えられます。SNSのアカウント運用には、分析を行って消費者の動向を見てSNSのアカウントを成長さえていくことがポイントです。SNSの専門でない企業にとっては、分析自体もかなり大変な仕事となるので支援する市場は拡大傾向にあります。

SNSアカウント運用支援の今までの市場規模

SNSについてのアカウント運用の支援の規模は、2020年に307億円でしたが前年と比べると112%となっていて拡大傾向がありあす。アカウントの運用には、最初にどの様な戦略で実施していくか方針を決める必要がありますが、支援をする企業は戦略の段階から助言をします。そのためSNSについての経験や知識が乏しい企業でマーケティングをしたい時は、支援を提供する企業に依頼することになります。多くの会社がこれからSNS運営を拡大する戦略を採ると推測すれば、今後の支援業務の需要は高いでしょう。

ソーシャルメディアマーケティングにより消費者をファン化する事が可能

SNSのメリットとして様々な消費者とつながることで多くの情報を発信できる点が挙げられます。コンテンツの質を良くすれば、消費者を自社のファンにする事が可能であって、最終的に商品を購入してくれるケースもあります。簡単にSNSマーケティングは始められるので積極的にお客にアプローチしたい場合の選択肢としてSNSは有効です。SNSを見てくれている消費者をファン化する事は、長い目で考えると見込み客を増やす事を意味します。多くの方に商品や企業の事を知ってもらうことは、企業のイメージを向上させて売上を上げる事になります。

ソーシャルメディアマーケティング全体の需要が伸びるため今後も拡大傾向

アカウントにおける運用の支援は、デジタル広告全体の需要が続伸すると考えられるので拡大傾向であると言えます。メディアマーケティングにおけるデジタル広告は、企業が宣伝する際にはじめに検討するマーケティングです。動画を利用した広告も最近では多いですが、これもデジタル広告の1つとなっていて動画による広告の効果は、場合によっては静止画よりも高いケースがあります。IT化が進んだ現状でSNSのアカウントを運用していくことは一般的であり、もしもSNSを利用しないでマーケティングをする企業の場合、他社に差を付けられるケースもあります。

2025年には約2倍へ成長?

SNSにおける市場は2025年には2倍の1兆1,171億円になると予想されています。具体的には、2023年に8,947億円になり2025年に倍の1兆を超えるとされています。傾向としては、2021年から安定して増加傾向を示すと考えられています。この傾向はスマートフォンの普及も関係していてSNSを簡単に利用できるツールとしてスマートフォンがあり、いつでもSNSをチェックすることが一般的となっています。ソーシャルメディアは、消費者の目にとまることで効果を発揮しますが、スマートフォンで頻繁にソーシャルメディアを見る機会があるのでソーシャルメディアの価値はさらに増加傾向にあり、結果的に2025年に2倍の成長をすると推測されています。

ソーシャルメディアマーケティングが拡大する要因とは?

SNSマーケティングは、企業のブランディングにも役に立つためメディアマーケティングとして利用されています。企業にとってブランドのイメージを消費者に持ってもらうことは、長期的に商品を購入してもらうためにも重要なことです。以前であればブランディングは、大変なイメージがありましたが最近ではSNSマーケティングを行うことで企業のイメージを動画や画像、コンテンツで表現出来るので以前よりもブランディングしやすくなっています。ブランディングが上手く働けば、企業に対するイメージを良く出来てブランドのファンを持つことが可能となるので、メディアマーケティングは拡大する傾向にあります。

今後成長が見込める市場

これからSNS市場は更に成長が予想される市場ですが、過去の経緯を見てみると2018年から2020年までに順調に成長してきた市場でもあります。市場の拡大傾向は今始まった事ではなくて、以前からあってこれからより規模を拡大すると予測されます。SNSが誕生してからSNSマーケ市場も一緒に伸びてきた経緯があり、実は着実に拡大してきた市場である事もポイントです。SNSは個人で利用するのは簡単ですが、SNSアカウントを企業として運用してファンを増やす事はそれなりの経験則を知らないと難しいです。最近では、SNSのアカウントの運営をする企業等が増えたので、SNS市場もより認知される市場となり成長が見込めるものとなっています。

2020年までのソーシャルメディアマーケティングの市場傾向

2018年におけるソーシャルのメディアマーケティングの市場は、4,186億円でした。2019年には、5,173億円となり2020年に5,519億円となっています。この傾向で市場の動向としては、確実に成長してきたのが分かります。FacebookやtwitterなどのSNSについては、色々な意見があり利用する方とそうでない方がいます。それでも長期に渡って利用され利益を上げているのがSNSの結果であり、スマートフォンの普及により更に身近なものとなっています。市場が拡大しているのは、SNSに対する利便性を消費者が理解して、セキュリティーの面では安全性を確保しようとSNSの企業が努力している結果だと考えられます。

まとめ:【マーケ担当者必見】SNS市場は2025年には1兆1,171億円(2020年比約2倍)規模に!

SNS市場は今後更に規模を拡大して1兆円以上の市場となると推測されていますが、その背景を見てみると利用者が継続してSNSを利用している事が分かります。SNSは更新を続けてより利用者が安心して使える様にサービスを展開しています。インフルエンサーの存在もソーシャルメディアのマーケティングの規模を拡大しています。SNSの運用支援の規模は、2025年には436億円となり多くの企業がSNSを利用して消費者に情報発信していくことが予想されます。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティング手段について分かりやすく解説していて、ネットショップの運用の後のサポート等も行います。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。