2021.7.7

2021.8.20

【Instagram】リポストのやり方とおすすめアプリをご紹介

【Instagram】リポストのやり方とおすすめアプリをご紹介

今回は、SNSの中でも人気のあるInstagram(インスタグラム)での投稿のシェア(リポスト)についてお話をしていきたいと思います。

Instagramのリポストとは

SNSをみていると面白い動画や癒される画像を見たら、他の人と共有したくなりますよね。Facebookでは「シェア」をすれば、Twitterでは「リツイート」をすれば他の人の投稿を「共有」することができます。Instagramでは直接の機能はありません。投稿を共有するときには「リポスト」という機能を利用します。「リグラム」ともいわれます。英語ではrepostと書き、意味合いはpostが「投稿」という意味ですので、repostは投稿をし直すという意味となります。利用するときは、有益な情報を他のユーザーの投稿で見つけたときや、自身のアカウントを検索にヒットさせたいときなどに使います。リポストは自分で投稿のための素材を用意していなくてもできるので、コストが抑えることができ、また、フォロワーも増えやすいため有効な投稿の仕方といえます。方法は二種類あります。

Instagramのアプリからリポストする方法

それでは、ひとつ目の方法のInstagramから再投稿(リポスト)する方法についてお話していきます。

  1. 投稿のなかで、シェア(共有)したい画像を見つける

まず、投稿からリポスト(共有)したい画像を見つけます。検索で人気のある画像を再投稿すると自分の投稿も検索されやすくなります。無差別に選んでいると投稿内容がごちゃごちゃした印象に思われてしまうことがあります。世界観を維持するためにはルールを決めて選ぶといいでしょう。たとえば、とても鮮やかな写真のみを選んでみたり、オシャレなものだけを選んでみたり、動物のみ選んでみたりなど統一感があったほうが見る側は見やすくなりますし、フォロワー数も増えやすくなります。

画像が見つかったら、サムネイルから表示させましょう。

  1. シェアしたい画像を「ストーリー」に投稿する

画像を表示させて、下の方にある紙飛行機のアイコンをタップします。そして、一番上の「ストーリーズに投稿を追加」を選びます。

画面が変わったらコメントなどを入力し投稿をします。このとき、引用する画像に対しての編集は絶対しないようにしましょう。大きさを変えることに対しては、元々の画像がすべて表示されているようでしたら大丈夫ですが、色を変えたり画像を切り取ったり、画像に何か加えるなどの編集をしてしまうと著作権の侵害となってしまいます。引用する画像はそのままの状態でリポストをしましょう。

また、再投稿をすると元の投稿者へリポストされたとの通知が届きますが、事前に引用の許可を連絡しておきましょう。その方が元の投稿者に対して失礼とはなりませんし、丁寧な対応となります。ストーリーズの投稿は24時間のみ表示されます。そして、タイムラインに画像が表示されているか確認してみましょう。

  1. 投稿としてシェアをして、キャプションを入れて投稿する

フィード上に表示させたいときはもう一度ストーリーを表示させて、右下にあるアイコンの「もっと見る」をタップしてください。そして、「投稿としてシェア」をタップしてコメントなどをして投稿します。そうすれば、「ストーリーズ」と「フィード」の両方に画像を表示させることができます。

このようにいくつかの行程がありますが、慣れてしまえばすぐに出来ることでしょう。

投稿する際には、元々の画像に編集するようなことはしないでください。また、引用元の方の紹介をすることと、この投稿内容がリポストであることを文章に入れること、引用させていただいたお礼もコメントで残しましょう。それから、引用元の「タグ付け」をすると投稿を見た方が、元の投稿に遷移できますので、とても丁寧でしょう。

ストーリーは投稿から24時間を経過すると自動的に削除されますが、日本においてのアクティブアカウントの70%はストーリーズを使っているため、リーチ数をあげるためには必須といっても過言ではありません。自分の端末に保管するときは、ストーリーズの画面の右下にある「その他」を選択し「保存」をすると可能です。それから、公開を終了したものはハイライトとしてまとめて公開することも可能です。こちらには上限はなく100個まで追加することができるので、分類してまとめておくのもいいかもしれません。

ところで、リポストをされた通知が来たときは、どのようにすればよいのでしょうか。通知が来たらまず、その写真をいいねしましょう。そして、お礼のコメントを残しましょう。してくれた相手にリポストのお返しをすると相手は喜んでいただけると思います。

おすすめのリポストアプリ

つぎに、リポストを簡単にできるアプリについてお話していきます。アプリは無料のものが多数ありますのでストアを検索してみてください。その中でも定番といわれているものは「Repost for Instagram」です。
このアプリはとても簡単にリポストが出来るようになっています。また、アンドロイド版でおすすめなのは「Ash Save」です。ダウンロード数や評価で見てみると、「Repost for Instagram」が圧倒的ではありますが、ご自分の使いやすいアプリを探してみてください。ストアにはたくさんのアプリがありますが、なかには広告が前面に表示されるものや違う名称なのに中身が同じものもあるようですので、よく確認してから使うようにしてください。ほどんどのものが無料となっていますが、有料となるとリポストマークを変えてみたりできるようになっています。

リポストアプリを使った方法

続きまして、今度はふたつ目の方法について説明していきます。リポストをするときに通常では「リポストマーク」を付けます。有料になってしまうかもしれませんが、デザインを変えられるアプリもありますのでお気に入りの形を見つけてみてください。

  1. アプリをストアでダウンロードする

ストアに無料のアプリがいくつもありますので、気に入ったものをダウンロードしてください。代表的なものとしては「Repost for Instagram」や「Ash Save」があります。内容としては無料のもので十分です。

  1. リポストアプリを開き、シェアする画像を表示する

つぎに、ダウンロードしたアプリをひらき、Instagramにログインします。そして、リポスト候補の画像を表示させてください。

  1. 画像のURLをコピーして、アプリに貼り付ける

ここで、引用元である投稿者にリポストの許可を取っておくと安心してリポストできます。ダイレクトメッセージを送ってみましょう。許可が得られましたら、お礼を伝えましょう。

表示させた画像や動画の右上にInstagramのアイコンがありますのでタップしてください。すると、Instagramの画面に変わります。画面の右上のメニューアイコンから「リンクをコピー」をタップして、共有したい画像のURLをコピーします。その状態で、アプリをひらくと自動的にコピーした投稿の画像が取り込まれ、編集できるようになります。

  1. リポストアプリ上で投稿用に作成した画像を保存する

そうしましたら、リポストマークの配置などを設定して保存してください。自身のスマートフォンに保存されます。

  1. 保存した画像を投稿する。

「再投稿」を選択するとInstagramに移動し、ストーリーズまたはフィードに投稿するのか選択し、作成した画像を載せて投稿しましょう。

ここまででいかがでしたでしょうか。ふたつの方法について触れてきましたが、どちらの方法でも簡単に再投稿(リポスト)することができますので、利用しやすい方法でおこなってみてください。方法を習得したら、どのように活用していくかということが課題となります。

ポイントは、頻繁にリポストしないこと、統一感をだすこと、事業の内容に関係するものを選ぶことです。

リポストの事例

ここで、リポストを活用している企業アカウントの事例についてお話してきます。最近では営業の新たなコンテンツとして多くの企業がInstagramを運用しています。しかし、ただ投稿するだけではなかなか情報は拡散されません。そこで、一般の方の投稿を「リポストして」距離を縮めてファンを増やしていくスタイルと、「リポストをしてもらう」ことでキャンペーンを盛り上げて営業活動につなげるスタイルをとることで、結果としてフォロワーを増やして情報の発信に成功している事例があります。いくつかのアカウントを紹介していきましょう。

「おかしのまちおか」の公式アカウントでは、リポストをしてもらうことに特化して運用しています。内容は、フォローをすることとリポストをすることでプレゼントがもらえるというものです。このようなキャンペーンをおこなう場合は、リポストをしてもらい情報をフォロワーに広めてもらうスタイルとなります。フォロワーにとっては参加がしやすく、企業側も低コストで企画をおこなうことができます。

また、「ユニクロ銀座店」や「GU for all」などのアカウントでは、一般の方の投稿をリポストして、身近な写真から自社商品を広めることに成功しています。公式サイトの商品写真で見るよりも、ストリート写真のような形でおしゃれなコーディネートを見ることができるので、自分も試してみようという気持ちを駆り立てます。企業としては、自社のカタログとは別のカタログができるのですからコストダウンとともに、良い広告宣伝となるでしょう。紹介された投稿者もモチベーションがアップするでしょうし、フォロワーを増やすことができるかもしれません。

このようにビジネスで利用する際には、リポストを使って商品などを違和感のない形で宣伝することができ、関心も集めることができます。ただ気を付けなければならないのは、広告感の強いキャンペーンは敬遠されがちですので投稿文は程よい長さにすることや、ハッシュタグの数も多すぎないようにしましょう。

リポストする際の注意点

リポストは自分で作成した内容ではなく、他の投稿者の投稿を再発信しています。引用元の投稿者への気配りをすることでお互いに気持ちの良い利用をしましょう。

Instagramでのリポストでは、まず必ずその投稿がリポストであることを書きましょう。ハッシュタグに「#repost」をつけたり、キャプションに記載したりする方法があります。

それから、引用元の方へのお礼を伝えましょう。投稿に加えてもいいですし、メッセージで感謝の意を伝えることもよいでしょう。マナーとしても一言伝えるべきですので注意してください。

そして、アカウントを投稿文に載せたり、リンクを投稿に貼り付けたりして投稿を見た方が元の投稿へすぐに移動することができるようにするのも親切です。相手の気分を害するような形ではなく、わかりやすく載せることも必要です。無断転載と受け取られてしまうと通報されてしまうこともあります。アカウントの紹介やリンクの貼り付けは見やすい形にしましょう。

また、先ほどリポストの方法の際に少しお伝えしましたが、投稿の内容は決して編集はしないようにしましょう。著作権の侵害に該当してしまいます。Instagramに投稿した内容には、投稿したユーザーの権利が発生しています。投稿した内容、例えば写真が載っているとしたら、その写真の色合いを変えたり、フィルターにかけて雰囲気を変えてしまったり、または文字やスタンプで写真を編集してしまったり、トリミングをして写真の形を変えてしまったりしてしまうと、すべて著作権の侵害となりますので注意してください。リポストをする際には引用元の投稿内容は変えないと意識しておこなってください。

Instagramは利用者同士がお互いの思ったことや表現したいことを共有して交流する場です。リポストされることは引用元も嬉しいものです。投稿することを目的としているクリエイターもいます。良いなと思ったことは積極的にリポストをして、他の投稿者と共有してみましょう。フォロワーが増えて共感できるユーザーとのやり取りができるかもしれません。しかし、内容についてはプライベートなものはリポストしない方が無難でしょう。

トラブルとなるようなことは避けて、マナーを守っていきましょう。

まとめ:【Instagram】リポストのやり方とおすすめアプリをご紹介

いかがでしたでしょうか。今回は、リポストの仕方についてご紹介させていただきました。また、リポストするときにおすすめのアプリについてもお話をしてきました。個人アカウントや企業アカウントなど、Instagramの利用目的はさまざまとなっていますが、情報の共有としても、ビジネスとしても、リポストはされた側もする側も嬉しいですしフォローやフォロワーが増えるきっかけにもなります。リポストをうまく使ってみるとアカウントのフォロワーの数やリーチ数の変化に期待ができますので、ぜひこの機会にリポストを積極的に使っていただければと思います。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
佐藤沙知
佐藤沙知

shopi lab SNSコンサルタント

大手SNSマーケティング企業で、インフルエンサーマーケティング、SNSコンサル、SNS運用を手掛け、
現在アパレル、美容系など多くの企業へのコンサルタントとして活動中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。