2020.8.7

2021.8.27

【2021年最新版】Shopifyで使える在庫管理システム比較

【2021年最新版】Shopifyで使える在庫管理システム比較

Shopifyで使える在庫管理システムは、どのようなサービスがおすすめなのでしょうか。

今回は、Shopifyで使える在庫管理システムの機能と料金を比較してご紹介していきます。

Shopifyで使える在庫管理システム一覧

Shopifyで使える在庫管理システムは、システム会社がShopifyに対応しているなら使うことができます。

  • オープンロジ
  • はぴロジ
  • illustrious
  • LOGILESS
  • ロジクラ
  • mylogi
  • NEXT ENGINE
  • SHIPPINNO
  • Zoho Inventory

2021年時点、オフィシャルでShopifyとの連携を公表している在庫管理システムを見ていきましょう。

オープンロジ

オープンロジ

オープンロジは、商品1個から利用できる物流業務ができるサービスです。Shopifyの公式アプリで、在庫管理や出荷作業の自動化できます。

  • 出荷手配を自動化
  • 在庫管理が自動化
  • 商品登録の管理
  • Shopifyの受注処理や在庫管理が行える
  • Shopifyの情報を自動同期
  • 外部倉庫と連携可能
  • 月や店舗の利益を分析できる

初期費用とシステム利用料は0円で固定費は一切かかりません。配送料は沖縄・離島を除く全国一律料金で海外発送も対応しているのが特徴です。

公式サイト オープンロジ

倉庫利用料金

サイズ SS
(A4以内)
60
(60cm以内) 
80
(80cm以内)
100
(100cm以内)
120
(120cm以内) 
140
(140cm以内)
入庫料 18円 18円 18円 18円 18円 18円
保管料 0.2円 0.2円 0.2円 0.2円 0.2円 0.2円

配送料金

サイズ SS
(A4以内)
60
(60cm以内) 
80
(80cm以内)
100
(100cm以内)
120
(120cm以内) 
140
(140cm以内)
国内配送料 370円 700円 800円 900円 980円 1,220円
沖縄配送料 0円 600円 1,100円 1,600円 2,100円 2,600円
離島配送料 0円 500円 500円 500円 500円 500円

EMS運賃

サイズ SS
(A4以内)
60
(60cm以内) 
80
(80cm以内)
100
(100cm以内)
120
(120cm以内) 
140
(140cm以内)
海外配送料 300円 300円 500円 500円 500円 500円

はぴロジ-ASIMS

はぴロジのASIMS(自動出荷管理システム)は、在庫管理から出荷まで対応できるシステムです。

  • 出荷手配を自動化
  • 複数倉庫からの出荷を自動化
  • ショップデータ取り込みを自動化
  • 任意で同梱制御を自動化

在庫管理に関しては、「在庫分散」・「在庫分析」・「在庫一覧」などの機能があります。

公式サイト はぴロジ

料金

データ微量費 10円
商品マスタ追加
(2,000点単位)
1,500円/月

illustrious-lismo

illustriousのlismoは、商品や受注など在庫管理に特化したシステムです。

  • 商品管理
  • 在庫管理
  • 受注管理
  • データ分析

フリープランの完全無料でも受注や在庫管理の機能を使うことができるので、お試しで選びやすいでしょう。

公式サイト illustrious

料金

   機能 料金
FREE ・チャットサポート
・受注と在庫管理機能
・アカウントAPI連携
0円/月
Lite ・チャットサポート
・受注と在庫管理機能
・アカウントAPI連携
・複数ユーザーログイン
・分析レポート機能
5,500円/月
Pro ・チャットサポート
・受注と在庫管理機能
・アカウントAPI連携
・複数ユーザーログイン
・分析レポート機能
・データ処理無制限
22,000円/月

LOGILESS

LOGILESSは、受注から出荷までを管理できます。

  • 商品マスタ登録
  • 在庫管理
  • 賞味期限管理
  • ロット管理
  • 入荷予定管理

在庫管理は上記の機能が搭載されています。

公式サイト LOGILESS

料金

LOGILESSの料金はオフィシャルで公表されていないため、お問い合わせしてみてください。

個別にヒアリングの見積もりから料金が提示されます。

ロジクラ

ロジクラは入荷から出荷まで対応しているシステムです。

  • フリーロケーション管理
  • リアルタイムの在庫管理
  • 拠点毎の在庫を把握
  • 社員間で在庫情報を共有

在庫管理は上記のような機能があります。

公式サイト ロジクラ

料金

   機能  料金
無料プラン

◆3拠点まで
◆月間出荷300件まで
・商品登録無制限
・入荷管理
・出荷管理
・在庫管理
・0円
スタータープラン

◆3拠点まで
◆月間出荷300件まで
・商品登録無制限
・入荷管理
・出荷管理
・在庫管理
・棚卸し
・ログ機能
・9,000円/月
・導入支援費用が100,000円
スタンダードプラン

◆3拠点まで
◆月間出荷1,000件まで
・商品登録無制限
・入荷管理
・出荷管理
・在庫管理
・棚卸し
・ログ機能
・スマホでピッキング
・納品書や送り状
・セット品管理
・公開API(開発中)
・29,000円/月
・年間一括払いで25,000円/月
・導入支援費用が100,000円
・Shopify連携は+10,000円/月
WMSプラン

◆3拠点まで
◆月間出荷1,000件まで
・商品登録無制限
・入荷管理
・出荷管理
・在庫管理
・棚卸し
・ログ機能
・スマホでピッキング
・納品書や送り状
・セット品管理
・公開API(開発中)
・ロケーション管理
・ABC分析機能
・49,000円/月
・年間一括払いで40,000円/月
・導入支援費用が100,000円
・Shopify連携は+10,000円/月

各プランの対応拠点数は、キャンペーン等の関係で変更されている可能性が高いので、都度確認してくださいね。

mylogi

mylogiは物流管理や倉庫管理を全般的にカバーできるシステムです。

  • バーコード管理
  • 複数倉庫の在庫管理
  • 在庫自動引当て
  • 伝票発行
  • 検品機能

在庫管理は上記のような機能があります。

公式サイト mylogi

料金

  初期費用 月額費用 1ユーザー追加費用  契約内容
entry 100,000円 30,000円/月 10,000円/月 ・最低契約期間:6ヶ月
・倉庫数:3
・ユーザー数:3
・月間出荷件数目安:1,500件
standard 500,000円 50,000円/月 10,000円/月 ・最低契約期間:6ヶ月
・倉庫数:10
・ユーザー数:10
・月間出荷件数目安:3,000件
pro 800,000円 75,000円/月 10,000円/月 ・最低契約期間:1年
・倉庫数:調整可
・ユーザー数:調整可
・月間出荷件数目安:調整可

NEXT ENGINE

NEXT ENGINEは受注や商品登録など、在庫管理がメインなシステムです。

  • 在庫自動連携
  • 棚卸
  • 指定在庫数の設定
  • 上限在庫数の設定
  • 割合在庫数の設定
  • 在庫履歴
  • 商品情報
  • セット商品の管理

在庫管理の機能はかなり豊富です。

公式サイト NEXT ENGINE

料金

月額料金 10,000円/月
従量課金 ・401件~:25円/件
・1,001件~:20円/件
・3,001件~:15円/件
・5,001件~:10円/件
・7,001件~:5円/件

SHIPPINNO

SHIPPINNOはShopifyと連携して、FBA倉庫の在庫数を自動同期することができます。

  • 10分おきにShopifyの注文情報を取得
  • Shopifyの在庫同期
  • FBA倉庫の在庫情報を自動同期
  • 出荷完了メールを自動送信
  • FBA以外の倉庫にも対応

在庫管理だけではなく、出荷情報や配送情報も管理できます。

公式サイト SHIPPINNO

料金

月額料金 ・1連携(1ストア):9,800円/月
・2連携以降(2ストア以降):4,800円/月
自動出荷の微量課金 ・~30件:無料
・31件~:30円/件
・301件~:26円/件
・501件~:21円/件
・1,001件~:16円/件
・3,001件~:10円/件
全ストアSKUの課金 ・~500件:無料
・501件~1,000件:5,000円/月
・1,001件~3,000件:10,000円/月
・3,001件~:お問い合わせ
保守費用 15,000円/年
無料トライアル 1ヶ月

Zoho Inventory

Zoho Inventoryは、在庫管理をメインに倉庫や出荷もカバーできるシステムです。

  • 受注管理
  • 全面的な商品管理
  • 複数出荷を連携
  • 会計とSRMの連携
  • 倉庫管理

小規模ストアでもリーズナブルな料金で選びやすいでしょう。

公式サイト Zoho Inventory

料金

    機能 料金
ベーシック ・1500オンライン注文/月
・1500オフライン注文
・150出荷ラベル/月
・150配送状況追跡/月
・2倉庫
・10ユーザー
・複合商品
・eコマースとの連携
・10ワークフローの自動化/タブ
5,880円/月
スタンダード ・10000オンライン注文/月
・10000オフライン注文
・1000出荷ラベル/月
・1000配送状況追跡/月
・5倉庫
・15ユーザー
・複合商品
・eコマースとの連携
・10ワークフローの自動化/タブ
・シリアル番号追跡
・バッチ追跡
11,800円/月
プロフェッショナル ・30000オンライン注文/月
・30000オフライン注文
・3000出荷ラベル/月
・3000配送状況追跡/月
・10倉庫
・20ユーザー
・複合商品
・eコマースとの連携
・10ワークフローの自動化/タブ
・シリアル番号追跡
・バッチ追跡
29,880円/月

年間一括払いなら、上記価格よりも多少お得に契約できます。

Shopifyで使える在庫管理システム比較

  主な在庫管理機能 月額料金 その他料金
はぴロジ-ASIMS ・在庫一覧
・在庫分析
・在庫分散
・出荷手配を自動化
・複数倉庫からの出荷を自動化
・ショップデータ取り込みを自動化
・任意で同梱制御を自動化
・0円 ・データ微量費:10円
・商品マスタ追加:1,500円/月
illustrious-lismo ・商品管理
・在庫管理
・受注管理
・データ分析
・Free:0円/月
・Lite:5,500円/月
・Pro:22,000円/月
・0円
LOGILESS ・商品マスタ登録
・在庫管理
・賞味期限管理
・ロット管理
・入荷予定管理
・お問い合わせ ・お問い合わせ
ロジクラ ・フリーロケーション管理
・リアルタイムの在庫管理
・拠点毎の在庫を把握
・社員間で在庫情報を共有
・無料プラン:0円/月
・スタータープラン:9,000円/月
・スタンダードプラン:29,000円/月
・WMSプラン:49,000/月
(キャンペーン価格はオフィシャルを参照)
・導入支援費用:100,000円
(プラン共通)
・Shopify連携:+10,000円/月
(スタンダードプラン、WMSプラン)
mylogi ・バーコード管理
・複数倉庫の在庫管理
・在庫自動引当て
・伝票発行
・検品機能
・entry:30,000円/月
・standard:50,000円/月
・pro:75,000円/月
・1ユーザー追加費用:10,000円/月
(プラン共通)
・entry初期費用:100,000円
・standard初期費用:500,000円
・pro初期費用:800,000円
NEXT ENGINE ・在庫自動連携 棚卸
・指定在庫数の設定
・上限在庫数の設定
・割合在庫数の設定
・在庫履歴
・商品情報
・セット商品の管理
・10,000円/月 ・従量課金:5~25円/件
SHIPPINNO ・Shopifyと在庫同期
・ShopifyとFBAの在庫数を自動同期
・10分毎に注文情報を取得  
・無料トライアル:1ヶ月
・1連携:9,800円/月
・2連携以降:4,800円/月  
・保守費用:15,000円/年
・微量課金:10~30円/件
・SKU課金:5,000円~/月
Zoho Inventory ・受注管理
・全面的な商品管理
・複数出荷を連携
・会計とSRMの連携
・倉庫管理
・ベーシック:5,880円/月
・スタンダード:11,800円/月
・プロフェッショナル:29,880円/月
・0円

まとめ:【2021年最新版】Shopifyで使える在庫管理システム比較

在庫管理システムは、その役割からも「出荷管理」や「倉庫管理」などほかのシステムとセットになっていることが多いです。

もし、物流システムをお考えなら、以下のページも合わせて参考にしてみてはいかがでしょうか。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
片岡弘一
片岡弘一

shopi labメディア運営統括・クリエイティブディレクター ウェブ・コロ株式会社 代表取締役

Web/SNSマーケティング、EC集客のスペシャリスト。前職ではWeb制作会社マーケティング部門の立ち上げを経て独立。現在は本業のWeb/SNSマーケティング運用に加え、新たに新会社を設立しWeb以外の分野にも挑戦中。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。