2021.7.17

2021.8.20

拡大し続ける越境EC!インバウンドを上回る越境ECの可能性についてわかりやすく紹介

拡大し続ける越境EC!インバウンドを上回る越境ECの可能性についてわかりやすく紹介

規模を拡大している越境のECを利用するには、サイトを使う時の注意点等を知っておく必要があります。メリットやデメリットを事前に知っておけば、より効率的に越境のサイトを行う事が可能です。実際のサイトの利用では、売上を上げる為の注意点も知っておくとスムーズに進める事が出来ます。この記事では、インバウンドの消費を越えて拡大傾向にある越境のサイトの可能性に関して解説します。

拡大を続ける越境EC

販売のサイトは、拡大を続けていて沢山の方に販売網を広げています。スマートフォンでの購入が一般的となっている最近では、越境ECで商品を買う方も増えている傾向があります。以前はスマートフォンはかなり高価な物でしたが、買いやすい金額になりつつあります。スマートフォンは時間のある時に直ぐに欲しい物をリサーチ出来る利点がある為、購入してもらう機会も多くなります。また、日本製の製品はサイトの販売でも好調に推移していて品質の高さが売りとなっているので、海外の方へ売りたい日本の企業にとっては良い環境になっていると言えます。通販が始まった頃は、インターネットで買う事が心配な方も多くいましたが、今は沢山の方が利用して欲しい物を購入しています。

越境ECの意味

意味は国際的な電子商取引を意味します。越境が国際的を意味していてあとはエレクトロニックコマースです。通販は知っている方も多いですが、越境ECは知らない方もいるでしょう。普段生活していてECを意識する事もそれほど多くないので取引について知らなくても普通でしょう。インターネットで行いますが、海外では英語等の販売している国での使用言語でサイトを運営します。英語圏はかなり多いですが、その他の言語圏も沢山あるため広く展開する時は、言語の対応だけで大変な場合が見られます。それでも店舗が海外に不要で販売でき、経費削減をして海外で売れます。

拡大傾向の市場規模

拡大を続ける越境の市場規模を見てみると、2014年から2018年までの間で日本では1.4倍です。市場規模で4年間で1.4倍なのは今後も含めて確実に拡大傾向のあると言えます。これだけ増加しているので今後の更なる拡大が予想されます。2018年を確認してみるとアメリカと中国からの購入は合計で2,765億円となり、2017年と比べると7.6%増加しています。特にアメリカの方が多く購入している傾向は大きいです。他の国を見てみると、アメリカは中国と日本から13,921億円購入している事から、日本よりも多額となっています。中国の製品は世界中の方が入手する機会があり発展してきました。

引用元:“拡大し続ける越境ECとは?越境EC導入事例までわかりやすく紹介”

スマートフォンでの購入が確立された影響

以前よりも安価でスマートフィンが買えるようになり、通販もより多くのお客が集まります。スマートフォンで多くの仕事を処理する方がいるほど便利なツールとなりました。世界中でスマートフォンを利用する方が増加して、サイトを使いスマートフォンで購入する事が普通になっているのが現状でしょう。インターネットの普及率を見てみると世界で2019年で56%で、多くの国で利用環境が確立されています。2018年よりも10%高い普及率である事から、毎年普及が拡大してます。これらは販売において重要な要素ですが、今後も普及率も増加していくと予想されるので追い風です。

信頼性の高い日本製品が越境ECで好調

日本製品の信頼性は高く、販売でも良い効果です。日本に来日して帰国した後で、日本の製品を自国で買う方も多く、どの程度の観光やビジネスで来日する方がいるかも重要です。もともと秋葉原等に行って製品を買うのを目的にしている外語人も多いです。日本製品の持つ品質の高さは、他の国とは違うので、継続して日本製を購入する国外の方も多く取引が好調な理由の1つです。来日して日本製を買った事で日本の信頼性の高いのを理解しますが、帰国した後もある意味では日本製品のファンとなる国外の方も多く、日本に来日して日本製の商品に触れる機会も大切です。日本製品は、壊れにくく長持ちする特徴があるので多くの方が購入します。

越境ECのメリット・デメリット

売るエリアが拡大する利点だけでなく、国内の需要が冷え込んでも対処出来る利点があります。日本の中小企業は国内の販売ルートでは、売上を伸ばせない場合もあり、サイトは売上を上げる為に不可欠なものと言えます。デメリットとしては、海外への販売となるためトラブルが発生した時に処理に困る事です。国内は簡単に対処出来る事でも、国外へ売った事で処理が難しいトラブルもあります。国外のトラブルで返品では送料が問題となる時があります。国外での取引では、他言語な為にその国の言語や慣習をある程度知っている方でないと対処出来ない問題もあります。国によっては、英語が使えない国もあり更に対応が難しい時もあります。

販売エリアが拡大する利点

国よって必要とされている商品も違い、取引で国外で売れる事は大きな利点です。国内であまり売れない物でも他の国だと好調に売れるケースもあります。自国だけの販売で全てを決めるのではなくて、他国の需要も考慮する事も大切です。取引の利点として、国内で認知されずに売れない商品でも、国民性等が違う国外で売れると時もあります。この様に、販売エリアの拡大は、様々な段階で効果的なので上手に利用すれば売りにつながるでしょう。エリアの拡大は。コストがその分掛かる事も考慮した上で利益が上がる様に工夫するのも大切です。計画的でない拡大は逆効果となり、余計なコストが掛かってしまう問題もあるので注意です。

国内の需要が低下しても対応可能

国の需要が低迷しても取引であれば、対処出来ます。同じ物であっても需要が低く自国では売れにくくても、国外で経済的に安定し購入の意欲が高い国は販売しやすい事もあります。他国で売れるかどうかの判断は難しいですが、リサーチを時間を掛けて行う事です。需要と供給のバランスが取れている事も売りでは大切ですが、他国であればこのバランスが取れて売れる事も多いです。需要がある国を見つけるには、リサーチが必要となりお金を掛ける事で入手可能な情報と自社で調べて概要をつかむ方法とがあるので、リサーチのコストを考慮して調べるのも重要です。リサーチを外注するとかなり高額になる事もあるので事前に知っておいた方が良いです。

トラブルが発生した際に処理が問題

越境の取引における問題として、トラブルが起きた時の対処が問題となります。国により法律等が違う事を事前に知らない時は、発生するトラブルについて直ぐに対処出来ない事があります。自国と同じ感覚で売ると、国によっては後で売ってはいけない物である事が判明する事も想定されます。売った後に問題が分かると処理するのが難しい時あります。販売する国についての関連法規は目を通す事も大切な事です。たとえ英語が得意でない方でも、英語の法規を読まなくてはいけない事もあるでしょう。越境の取引のトラブルが発生した時の対処は、事前にどこまで該当の国について調査したかと、その国の言葉を理解して対処する必要があります。

言語や規制が異なるデメリット

取引では言葉と法規制が国内と違う問題があり、自国であれば簡単に規制内容を読んで理解する事が出来ても、取引では読む事自体が難しいです。英語は、学校で勉強する機会があっても他の言語についてはそれほど勉強する機会が乏しいです。中国語でしか対応できない事が発生したら、解決に時間を要するでしょう。国よって英語をほとんど話していないエリアもあるので注意が要ります。多言語で売る為のサイトを構築しても、これらの言語で対処出来る言語力があるかは、別の問題になります。

取引では国によって物がカテゴリー別で規制されている事を大切な事項です。様々な国で販売する時は、国ごとに物に対する規制をしっかりと知っていて、何かあっても対処出来る様な体制が必要です。

越境ECを始める手順

他のビジネスと同様、取引でも調査から開始します。調査をしていく中で、国外の需要を知ってどの品物をどこで売るか決めます。他の販売している方が既に売っている物は出来れば避けた方が無難です。もしも同じ商品であれば、値段を抑える必要もあるでしょう。売る方法を考える時は、他社がどの様な方法で売れているか等を見ていくつかの方法をシミュレーションする事です。海外で売る場合は、早い時期で売りのリスクを予測して管理出来る事も大切でしょう。

国内で売ってる企業は、国内を基礎と捉えて国外用にアレンジする事で展開出来ます。この様な意味でも、商品を国内で売った事のある企業は、取引を始める際にも様々な知識や経験が活かせます。

市場調査をして商品を決める

取引を展開するには、他社が似な様な品物を売ってないかや、どの程度の価格で売っているかマーケティングします。調査には時間を掛けた方が良く、売り始めてから似た商品が発覚した場合は問題になり得ます。初めから1つの物に絞らないで複数の品物を検討してみると最終的な品物を決めやすいです。調査をしてすでに安価にその国で購入出来る様な物は選択しない方が無難です。国外で販売する際も取り扱う製品が他社の製品よりも勝っている部分がある事が販売出来るかどうかを決めるので、お客の立場になって品物の決定をするのも大事です。

海外の需要を見極めてターゲットの決定

どの様な国のどの世代の方を目標にして売るか決定する事は、しっかりと需要を見極める事です。その為にもいつもニュースを見て、市場の動きを理解しておくと参考になります。目標は、年齢、国、収入、趣味等を絞っていく作業ですが、この時点で売上をかなり左右する事にもなるので目標の決定には時間を多目に割いた方が良いでしょう。目標は広くとった方が良いですが、あまり広すぎても売上につながらない場合もあるので、リサーチをして目標をある程度絞ります。

販売方法を比較して検討

売り方を検討する時は、国外でも展開しているサイトや自社のサイトを構築する場合が考えられます。どれを選択するかは、どの様な物を、どこの国で売るかによっても異なってきます。売る国で多くの消費者が使ってるフォームをいくつかリサーチする事で、売り方を決める際の貴重な情報となります。売るフォームの使用の料金は様々なので、はじめに調べてコスト面を知った方が良いです。国外で売る時は、その国で広く使われているフォームを利用するのは、良い選択の1つと言えます。

早い段階から販売におけるリスクを管理

取引を始める手順として、早い時期に売るリスクを管理出来ると良いでしょう。売る以上はリスクがあるので、どうしたらリスクを回避出来るかも同時に考えてみると良いです。事業計画の段階で、メリットだけでなく、リスクも考慮しておくと何か問題があっても対処出来る可能性が上がります。取引は、フォームで簡単に販売出来る反面、準備が不十分な状態でも売れてしまい、結果的に返品や交換等のトラブルになり得ます。実際には、フォームに自社の製品を載せる事自体でもかなりの労力を必要としますが、売った後の事も十分に考えて進める事です。

越境ECを始める際の注意点

海外の場合は、商品による規制の違い等を知っておく事が大切です。自分の感覚で規制をイメージしていると、想定外の事になるのでリサーチが要点です。売る国の規制で、自社の物がどのカテゴリーになるか調べて、その規制を理解して知っておく事が要点です。国外の規制事項は英語やその他の言語で記載されていて、言語力も要求されるため自社の社員で他言語に強い方がいない時は、新たに他言語に強い社員を採用するか、外注して翻訳等をしてもらう事も考慮します。

商品によって規制が異なる

国外で売る時は、その国で輸出入の規制対象となる場合があります。詳細な事は、それぞれの国の税関に関するホームぺージを参考にします。不明な点がある場合は、メールか電話で国外の税関に問合せします。どのカテゴリーの物なのかにより規制の内容は違うので事前の確認は必須です。国内と同じとは限らないので、規制については各国についてしっかりと把握する事です。

海外への送料等を初めから考慮

国外で売る時は、国外への送料、消費税、関税の額等を商品代に上乗せになる点に注意です。国内で安く売れても、これらの金額を合計するとかなり高額になり得ます。早めに国外での売る金額を計算して、どの程度のコストが必要か理解するのも大切です。消費者が購入時にこれらの金額について商品代も含めて支払う事になりますが、物自体にそれだけの金額を払う価値があるかどうかか大切な点です。関税については物によってかなり差があるのでリサーチを確実に行います。

関税は商品によって違う

関税は商品により異なり、かなり高くなる事もあります。関税は消費者が負担する時があり、事前に関税を負担してもらう内容を消費者に伝えておくのも大切です。前もって関税の負担について知らせていないと、クレームになる事もあり得ます。関税は、重さや数などに対して払う従量税、商品の価格に掛かる従価税等があるので関税について全体像を理解する事も要点です。関税は自分でリサーチしただけでは不明な点もあるので、電話等で問合せて質問すると良いです。

色々ある越境ECの形態から販売方法を選択

取引には様々な形態があり、フォームはモール型と自社サイト型が存在します。モール型は、Amazonのように多くの販売者が集合体となってプラットフォームで売っている形態です。有名なモール型では、多くの方に見られると考えがちでも商品自体にどの程度の魅力があるかが要点です。それに対して自社は、独自のドメインを準備して出店します。それぞれ良し悪しがあるので、モール型か自社で売るかは費用対効果も含めて良く検討します。

越境ECを伸ばすためのポイントとは

売上を伸ばす為には、自国の売上分析する事で要点を押さえる事が出来ます。自国で売った結果を調べてみると、どの様にして国外で売るか見えてきます。他の重要事項として現地の言語を使用する事です。当たり前ですが、現地の言語を使用するには別のスタッフが要る時もあります。取引で成功した企業を見て何が要点なのか調べてみるのも売るには良いです。

国内での売上を分析して越境ECにおけるポイントを把握

取引を行う前に日本の自国で売る意義は大きいです。国は異なっても、国内の消費者の動向を把握出来れば他国での取引の基礎となります。自国でどの様な客層の方が購入しているのか分かれば、他国では何を求めている消費者が購入するか予想出来ます。大切な事として自国の消費者の動向をそのまま他国でイメージするよりも、その国の消費者の動きと自国での動向を踏まえてマーケティングしていくことも大切です。

現地の言語で対応可能にする

現地で使われている言葉に対処する事は、取引において基礎的な事です。現地の消費者が理解出来ないフォームで売っても購入する可能性は低いでしょう。英語は世界の共通語なので様々な国で話されています。英語に対応したフォームに取組んでみて、様子を見て他の言葉にも挑戦してみるのも良いです。英語のフォームを構築すれば、多くの国をカバー出来る事になります。英語でフォームを作る時は、難しい表現でなく、誰にでも分かる様にシンプルな表現でフォームを構築出来れば多くの方がスムーズに理解出来ます。

購入者の立場になった決済方法の決定

購入者が安心して利用できる決済の選択は、取引においても重要な事です。決済が限られている為に購入しない事もあります。特にクレジットカードによる決済は、世界で採用されていて取引する時に必要な決済です。モール型では、サービスに決済も含まれているので利便性が高いです。多くの販売者が使うモール型には、決済等について不明な点があってもサポートスタッフが解決してくれるので良いです。

配送に必要な日数を事前にリサーチ

取引では、配送日数が自国よりも長く掛かります。配送の日数と配送料も高くなるため、取引を始める前に考えに入れておく方が良いです。配送の日数が多く掛かる事は、在庫を切らした場合に消費者に待ってもらう期間も長くなる事も考えられます。消費者によっては物が手元に届くのが遅くなるなら購入をやめる方もいるので注意です。配送の日数をリサーチしておくと、より具体的にどの様な取引かイメージ出来て、販売の全体像を見る事にもつながります。

まとめ:拡大し続ける越境EC!インバウンドを上回る越境ECの可能性についてわかりやすく紹介

インターネットの普及と共に取引は拡大を続けています。今後の更なる可能性は、モール型の利便性の向上による取引の規模拡大があります。Amazon等では、サポートスタッフに不明な点を聞いて上で取引を実施する事が出来ます。取引では、関税や輸送コスト等は消費者が負担する時があるので、進出しやすい点も利点と言えます。取引の良し悪し、要点を知った上で開始すれば、売上が上がる可能性も高くなります。

Shopi Labでは、Shopifyの運用のマーティング手段について分かりやすく説明していて、ネットショップの運用の後のサポート等も行います。気になる方は気軽にお問合せ頂ければ丁寧に対応致します。

Shopify experts(エキスパート)ならShopi Lab

監修者
木村太一
木村太一

木村太一 越境(海外)マーケティング・動画クリエイター

2021年6月より越境マーケティングをさらに強化するため、アメリカ ロサンゼルスにて駐在。以前はフィリピンに約3年滞在し、留学・現地学校での勤務・現地就職を経験。海外歴は計5年程。主にコンテンツ作成やマーケティングを担当し、現在は登録者30万人のYoutuberのマネージメントも手掛ける。内閣府認証 留学協会認定カウンセラーとしても活動中。留学協会・大阪支部長代理。

この監修者の記事一覧

あなたにおすすめの記事

よく読まれている記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お問い合わせ

Shopi Lab(ショピラボ)

Shopi Lab(ショピラボ)をご覧のみなさまへ

Shopi Lab(ショピラボ)では、Shopifyのアプリや構築制作方法、運用マーケティング手段についてはもちろん、自社のECサイトを構築・運用する上で必要な情報を紹介しております。現在日本では開発業者の数が少ないため、検索しても役立つ情報が少ないことが現状です。そのためShopi Lab(ショピラボ)では、今後Shopifyの導入を検討している企業担当者様へ向けて、正確な役立つ情報を発信して行くことを心掛けております。 企業担当者様については、Shopify導入に対してご不明点や懸念事項がございましたら、お問い合わせ窓口よりお気軽にお問い合わせください。 また他カートをご利用中でShopifyへの乗り換えをご検討中の企業様についても、ご支援が可能でございます。世界シェアNo.1のECプラットフォームが日本で展開を初めて2年が経ちましたが、Shopi Lab(ショピラボ)ではさらにShopifyの魅力を発信していきます。